クスリ 酒井法子に関するニュース

高相やASKAも同じ? 依存経験者が語る覚せい剤をやめられない真の理由

週プレNEWS / 2016年12月14日06時00分

なぜ、彼はクスリをやめられなかったのか? 薬物依存者回復支援団体「日本ダルク」の三浦陽二ディレクターが、自身の依存経験を踏まえ、その難しさを語ってくれた。 「まず『覚醒剤やめた?』と聞かれて、すぐに『やめた』と言ってるうちはダメです。一時期やめるのは簡単なんです。でも、またやりだして、またやめての繰り返し。僕も100回以上、覚醒剤をやめてますから。 覚醒 [全文を読む]

アサヒ芸能「スクープ大事件史」Vol.15(1)酒井法子が溺れた「ドラッグと性」

アサ芸プラス / 2017年01月03日17時51分

夫だけならまだしも、クスリを欲しくなったら耐えられないんだろう。彼女が直接1人で買いに来ることもあったってさ」〉(09年8月27日号) 逮捕後にさかんにワイドショーなどで流された、クラブ好きだったのりピーの“キメてる”さまは当時の流行言葉にもなったくらいだった。 奇行が目立ちだしたのは00年ごろからのこと。ある民放ディレクターが明かした。〈「のりピーの遅刻 [全文を読む]

小向美奈子、復帰絶望の深層

NewsCafe / 2015年02月17日17時00分

「歌手、酒井法子(44)やシンガーソングライターの槇原敬之=のりゆき=(45)などクスリで捕まっても、数年後には復帰する芸能人がほとんどですが、小向の場合、3度目というのはもうクスリを離せない体質になっているからです」と先のデスクは断定する。 どうしてそうなった? 「男とセックスにだらしない女というレッテルが貼られたからでしょう。小向は初犯で執行猶予判決 [全文を読む]

薬物依存で<人里離れた施設に隔離>は古い?~街中でも治療可能な「SMARPP=スマープ」

ヘルスプレス / 2016年11月27日07時14分

生活の優先順位が<クスリを使えること>に――松本先生は、覚せい剤の一番の危険性はどのようなことだと思われますか。 覚せい剤は最初、「気力が出る」「眠らなくても平気」という理由で使い始める人が多い。ところがすぐに、覚せい剤を使ってようやく<普通の状態>を維持し、クスリが切れると<疲れきった状態>に陥ります。 最初は「24時間を30時間ぶん頑張れるように」と始 [全文を読む]

酒井法子“お色気路線”で復活機運も、芸能界で相次ぐ「薬物疑惑」にイメージ払拭できず……

日刊サイゾー / 2016年12月05日18時00分

「高相、ASKA両容疑者の逮捕で、一度クスリに手を出したらやめられないという印象を世間に与えました。当然、酒井も……と思われてしまうのは必至。また、成宮のコカイン疑惑によって、テレビ業界の薬物に対する意識がいっそう厳しくなるはずです。酒井としては地上波のテレビ番組への出演を復活の一定の目安にしていたと思いますが、これでは地上波出演は遠のくばかりです」(週 [全文を読む]

酒井法子の「ベストアルバム」発表でネット民があの“不埒な名曲”に注目!?

アサ芸プラス / 2016年08月16日09時59分

「それは『白いクスリ』です。これは酒井が歌った曲ではなく、彼女が逃亡中にネット民が『碧いうさぎ』の歌詞を変えて作ったものです。それをボーカロイドの初音ミクが歌い、ネット上では何万回と再生されました。とてもよくできていると評判で、当時はニュースサイトでも取り上げられたほどです」(芸能ライター) 歌詞は「碧いうさぎ」が「白いクスリ」になっており、他にも「あとど [全文を読む]

キムタク、あの女優とのカンケイ

NewsCafe / 2016年07月01日18時54分

クスリで逮捕された元俳優の高知東生(51)がらみでも、キムタクの名前が浮上してる」 記者「高知が高島礼子(51)との前に結婚していた元AV女優、あいだもも(46)のことですね。笑っちゃいました。キムタクが昔、あいだの大ファンだったということが蒸し返されています」 デスク「あいだは高知との結婚を機にいったん引退したんだけど、キムタクが『SMAP×SMAP』で [全文を読む]

清原和博の“表舞台復帰”を阻む「暴力団との音声データ」

デイリーニュースオンライン / 2016年04月26日08時05分

クスリを断つことができて、反社会勢力とも縁が切れる」 4月21日、都内のトークイベントに登場したのは、学校法人「日本航空学園」梅沢重雄理事長(63)。その場で清原の復帰プランについてこうぶちあげた。 梅沢氏は2011年、高校の野球指導者として清原に直接オファーを出した経緯がある。今回、同氏が提案するプランは、設立計画を進めているドロップアウトした少年少女の [全文を読む]

【ウラ芸能】「激怒」で終わり?長渕剛の心中

NewsCafe / 2016年02月16日15時00分

デスク「元プロ野球選手のタレント、清原和博容疑者(48)の覚せい剤騒動であの男が大激怒ってか」記者「先日発売された週刊新潮が、清原が歌手、長渕剛(59)に覚せい剤を渡していた過去がある、とはっきり書きましたからね」デスク「長渕は1995年1月に大麻所持の現行犯で逮捕されているけど、当時は覚せい剤についてはシロだった」記者「その後も、何かというとクスリ疑惑で [全文を読む]

清原容疑者の次は?捜査当局が狙う”クスリ芸能人”のイニシャル

デイリーニュースオンライン / 2016年02月04日17時00分

阿蘭澄史の「芸能人は因果な商売である」 酒井法子、小向美奈子、ASKAに次ぐ大物の薬物逮捕。今回、清原和博を逮捕したのは通称・組対5課、警視庁組織犯罪対策第5課(銃器・薬物取締担当)という部署だ。ASKAも組対5課によって逮捕されており、「警視庁管内の各所轄から優秀な捜査員が集められる本丸。日頃から歓楽街に出て、足で情報収集するなど想像以上に地味な捜査を厭 [全文を読む]

ベッキーにのりピー…「サンミュージックの呪い」の元凶は四谷怪談ではなかった!?

tocana / 2016年01月21日08時00分

恋愛や宗教、クスリなどは1度依存してしまうと周りが見えなくなってしまう。もしかしたらサンミュージックの呪いはこのイメージ戦略にあったのではないか。タレントのイメージ戦略は売り込みやすいがタレント自身を壊してしまう危険性を孕む諸刃の剣なのである。 (文=加藤宏和) ※イメージ画像:『木部本』(ポプラ社) [全文を読む]

高部あい“コカイン妊娠”発覚!? オトコと薬の「壮絶転落」にネット民呆然も、これはチャンスか

日刊サイゾー / 2015年11月12日17時00分

クスリを得るための地盤は完全に整っており、いわゆる“キメセク”を楽しみ続けた末の妊娠ということではないでしょうか」(芸能記者) 「いろんなモノが浮き出て見える」「精霊が見える!」など、当時から“ジャンキー”を匂わせる発言を繰り返していたという高部容疑者。当局も高部容疑者から一緒に薬物を使用した人物を聞き込んでいくことは確実で、“芋づる逮捕”というのも十分に [全文を読む]

入手ルートは音楽業界内? 覚せい剤逮捕の作曲家にクスリを流したのは“超大物の右腕”か

日刊サイゾー / 2015年10月18日12時00分

「薬物中毒のウワサもある大庭クンがもし入手先を隠していたなら、罪を償っても、またクスリをやってしまうのではないかと心配」(同) いずれにせよ、大庭容疑者の罪状についてはこれから捜査が進んで詳しく解明されることだろうが、音楽業界では「路上で薬物購入」とは思われていないようだ。 (文=片岡亮) [全文を読む]

田代まさしがエッセイ出版、小向美奈子は保釈…クスリにハマる芸能人の共通点

週プレNEWS / 2015年03月19日06時00分

クスリにハマってしまう人に共通の星とは? “最強の占い師”ゲッターズ飯田氏が、『週刊プレイボーイ』本誌連載中のコラム「ゲッターズ飯田の占い放浪記」で彼らを占ったところ…。 *** 最近、田代まさしさんが本を出されたというニュースがありました。また芸能界の復帰を目指されるのかな。まぁ芸能界っておおらかなところですから、まじめに頑張ればまたチャンスがあるのかも [全文を読む]

【ウラ芸能】田代まさし、目指せ! 最強「トリオ」

NewsCafe / 2015年02月25日15時00分

デスク「覚せい剤絡みで2度の刑務所暮らしをしてたタレント、田代まさし(58)が芸能界復帰に意欲を見せてるってな」記者「2011年7月にクスリで懲役3年6カ月、2回目の実刑判決を受けたのですが、昨年7月に東京・府中刑務所から出所。今月20日になって自身のツイッターを再開して、近況を報告しています」デスク「クスリ以外でも盗撮やらのぞき、ナイフを持っていたことで [全文を読む]

酒井法子の元夫・高相祐一が事件の真相を激白(4)本当に薬物依存から立ち直れたのか?

アサ芸プラス / 2015年02月04日09時57分

── どうしてもクスリから離れられないんですか? 「とにかく働ければよかったんです。でも、客には評判がよくて、天職だと思ったほどでした。合法ドラッグにはサンプルがあって、僕はバンバン配るほうだったから。それに行政の薬事課の人が来て、成分を調査するために商品を買っていく姿を見ていたら、合法ではないけど黙認されているんだなと。やはり、嫌いじゃないから、自分でも [全文を読む]

酒井法子の元夫・高相祐一が事件の真相を激白(3)「白い粉騒動はハメられた」

アサ芸プラス / 2015年02月04日09時56分

基本的にはクスリなしで生活するつらさを分かち合う場所でした。門限は23時で外出は自由、1日2000円の小遣いをもらって、それで生活します。ただし、酒とギャンブル、それにオンナは厳禁でした」 ── ということは、1年半は自分で処理するだけ? 「それは禁止されていないけど、相部屋で生活しているから、なかなかできるものじゃないですよ」 ── でも、結果的にはやめ [全文を読む]

元妻・のりピーへの胸中を独占懺悔、高相祐一「正月に息子と一緒に会った」

週プレNEWS / 2015年01月28日06時00分

ほとんど眠らないままクスリをやっていました。 東京に戻ってきても眠れない。昂(たか)ぶった気持ちをなんとかしようと普段は行かない渋谷のヘルスに行こうとしていたんだから、普通ではなかったですね。店を予約して、向かっていたところで警官に声をかけられて…。 ―ヘルスに行く予定だったんですか…? 高相 その店までもう少しってとこだったんだけど、近くの路地裏で職質を [全文を読む]

のりピー元夫婦、別れても似た者おバカ

NewsCafe / 2015年01月23日17時00分

「離婚とクスリ断ちで完全に過去と決別しての復帰と思われていましたが、ここにきて高相氏の発言から、夫婦がまだつながっていることが発覚したんです」 まぁ、子供がいるだけに離婚しても連絡は取り合うだろうが、そもそも高相氏の発言とは? 「先日、大阪のクラブで行われたトークライブに高相氏が出演。酒井との薬物生活や、更生施設で一緒だったという歌手・ASKA(56)の [全文を読む]

清原和博、離婚で“黒い疑惑”噴出! 「クスリ仲間暴露」「愛人に求婚」「自宅はゴミ屋敷」

サイゾーウーマン / 2014年09月25日13時00分

また、マスコミ関係者が注目しているのが、清原が周囲に“クスリ仲間”の名前を語っているという報道。捜査関係者が、清原の薬物疑惑に関する内偵が継続されていること、そしてミュージシャンや五輪選手など、交友関係も含めて捜査が行われていると証言しています」(同) 今回の離婚は、いよいよ清原の逮捕カウントダウンへと直結してしまうのだろうか? 今後の展開に注視していきた [全文を読む]

フォーカス