エピソード 勝新太郎に関するニュース

勝新太郎元マネージャーが初めて明かす「オヤジの素顔」(1)初対面は「ベラミ」だった

アサ芸プラス / 2017年06月27日09時57分

そんな勝を間近に見てきた元マネージャーが初めて明かす女優との交流や“禁断”エピソードを以下──。「勝プロが倒産した(1981年)直後のこと。九州朝日放送から『勝さんとスティービー・ワンダーとの対談をお願いしたい』という電話が入った。もしかしたら相手は勝プロが倒産したことを知らないんじゃないかと思って『実はうちは倒産したんですが、ご存じですよね?』と尋ねると [全文を読む]

ASKAの奇行よりヤバい? “薬物で逮捕された“芸能人たちのトンデモ話!

tocana / 2015年02月16日09時00分

そこでは、高相と同じ覚せい剤取締法違反で世間を騒がせたASKAと、病院で一緒に治療を受けたエピソードを明かしている。また、自身が暴露し、話題になっていた「洗濯物を干す場所に、お菓子のサブレを干していた」というASKAの奇行についても触れ、こう語った。「あれは奇行じゃなくて、彼のお茶目なところなんですよ。決してドラッグで頭がおかしくなってお菓子を干したという [全文を読む]

「イケメン」よりも「いい男」!映画ファン必見の名著『ボンクラ映画魂』が復刊!

日本タレント名鑑 / 2016年03月30日11時25分

今は亡き往年のスターたちの仰天エピソードも多数 実際に杉作氏が役者たちに会った話も多く、安岡力也にエロ本を買っているのを見つかった話、先ほど逝去した安藤昇と記念撮影する際に、安藤の薦めで1つの椅子に2尻した話……などなどいい話が満載だ。時が経ったためか、前の刊行時よりも多くのスター、男たちがいなくなってしまっているのは誠に残念である。しかし、大幅に加筆修 [全文を読む]

お笑い怪獣・明石家さんま、たけし・タモリ・所ジョージらから言われて嬉しかった言葉とは?

AOLニュース / 2015年12月14日17時00分

12月12日に放送されたMBSのラジオ番組『ヤングタウン土曜日』で、明石家さんまが今まで自身が褒められて嬉しかったエピソードについて語り、話題を呼んでいる。あるリスナーから「先日、90歳の卒寿を迎えられた笑福亭松之助が、テレビ番組のインタビューで、『弟子の明石家さんまさんに言いたいことは?』と訊かれ、『なんであの男に言うことがあんの?何もない。最高、日本一 [全文を読む]

中村勘三郎さんの選手宣誓で明石家さんまは芸人になると決意

NEWSポストセブン / 2012年12月05日21時33分

勘三郎を襲名した直後の中村さんのエピソードをここで振り返る。(女性セブン2005年5月12・19日号より) * * * 「おでんの大根みたいなものですよ。襲名初日の口上のときは、つゆにいれたてでまだ味が染み込んでない。それがやっと“勘三郎”という具に、つゆが少し染みてきた感じですね。これもみなさんのおかげです」 2005年3月3日に十八代目中村勘三郎という [全文を読む]

ジェームズ・ディーンがいなければ『座頭市』も『子連れ狼』も存在しなかった!? 時代劇研究家が語るハリウッドスターと勝新太郎・若山富三郎兄弟の関係

ニコニコニュース / 2017年04月05日20時00分

兄弟の幼少期や気になる兄弟仲の話から、二人が映画界に入るきっかけとなった、ジェームス・ディーンとの出会いのエピソードが明かされます。すべての写真付きでニュースを読む本当の天才は、勝新太郎ではなく若山富三郎春日: (若山富三郎さんの実弟である)勝新太郎さんの本を書く時に『天才 勝新太郎』というタイトルをつけているんですけれども。僕は勝新太郎さんは天才だと思っ [全文を読む]

「『俺の空』は衝撃的な出来事だった」水道橋博士が語り下ろす『週刊プレイボーイ』50年【前編】

週プレNEWS / 2017年03月04日10時00分

記憶に残る記事やグラビア、それにまつわるエピソード等、氏にとっての週プレの想いを語ってもらった。 * * * ―日記で言及されておりましたが、創刊50周年記念出版『熱狂』を読んでいただいたと? 「ボブ・マーリーと中上健次の対談が再録されているよね? 原稿はもちろん、こういった貴重なページの写真が欲しいんだよね。それをTシャツにして、すっと着ていたらかっこい [全文を読む]

「松本人志は後輩に1億円おごった!?」芸人たちの太っ腹伝説

日刊大衆 / 2016年08月15日11時00分

そんな渡辺に限らず、芸人には都市伝説級の、さまざまな太っ腹エピソードが残っている。映画監督や俳優など多彩な才能を世界中で絶賛されているビートたけし(69)は、たけし軍団のラッシャー板前(53)が引っ越すとき「祝いはなにがいい?」と質問。ラッシャーが「洗濯機が欲しいです」と答えると、後日引っ越し先にタライと洗濯板が届いたという。ラッシャーは「これはたけしさ [全文を読む]

<テレビで辛辣なショウビズ批評は可能か?>芸能ジャーナリズムの最先端を走る「サンデージャポン」

メディアゴン / 2016年04月03日07時40分

現在、安住紳一郎アナが司会を務めている「ぴったんこカン・カン」(2003〜・TBS)とは全く別物で、芸能人・有名人の個人エピソードをクイズにするという番組だ。この番組は常時、視聴率30%を越えていた。エピソードをクイズにすることなどない時代だったから、芸能人には警戒された。「『スター千一夜』のクイズ版です」と説明した。 「たくさん聞きますけど、僕たちは週刊 [全文を読む]

長州力を活写した作家・田崎健太に吉田豪が「次は『真説・藤波辰爾』を書いてくださいよ!」

週プレNEWS / 2015年09月27日06時00分

田崎 藤波さんらしい、微笑ましいエピソードですね(笑)。僕が取材したレスラーもみんな濃くて、プロレスマスコミだけに独占させるのはもったいないですよ。 吉田 じゃあ、次は『真説・藤波辰爾』を書いてください。かわいらしいエピソード満載で。すごく読みたいですよ! ■吉田豪(よしだ・ごう) 1970年生まれ、東京都出身。プロ書評家&インタビュアー、ライター。近著 [全文を読む]

フォーカス