楽曲 小室哲哉に関するニュース

超特急、デビュー3周年で感じる変化と進化 メンバー・ファンとの絆を語る モデルプレスインタビュー

モデルプレス / 2015年06月07日08時00分

小室哲哉氏とヒャダインこと前山田健一氏より楽曲提供を受けた今作は、超特急初となるプロデューサーを迎えた作品だ。ビッグネームの2大プロデューサーとタッグを組んだ心境にも迫った。 ◆小室哲哉、ヒャダインこと前山田健一より楽曲提供 思うところとは ― デビュー3周年記念シングルのリリース、おめでとうございます。小室哲哉さんと前山田健一さん、ビッグネームお二方に楽 [全文を読む]

globe20周年MVプロジェクト始動 池田エライザ、三吉彩花、新川優愛が主演

モデルプレス / 2016年03月15日05時00分

「FACE」「DEPARTURES」など、90年代を象徴する大ヒット曲であるにも関わらず、MV自体が存在していなかった楽曲、そして「FACES PLACES」などglobeの代表曲が、時代を超え、現代のファッション・アイコンで女優の池田エライザ、三吉彩花、新川優愛を主演に迎えて映像表現される。◆第1弾「FACE」は池田エライザが主演 プロジェクト第1弾楽曲 [全文を読む]

小室哲哉とボカロPの生対談&生ライブが実現

リッスンジャパン / 2012年03月24日09時00分

小室哲哉 - アーティスト情報3月28日に発売される小室哲哉「初」公認のボカロアルバム『小室哲哉 meets VOCALOID』は、「DEPARTURES」「My Revolution」「恋しさと せつなさと 心強さと」などTKメガヒット楽曲の数々とボーカロイドが初共演。ボカロPによるサウンドメイキングに加え、小室自身もボカロシーンに参加した話題作。今回の [全文を読む]

小室哲哉、globe20周年の“真実” 過去の葛藤と「FACES PLACES」の意味を初告白 モデルプレスインタビュー

モデルプレス / 2015年08月05日11時30分

それが、すべての楽曲に当てはまるわけじゃないのですが、ほんの1行2行の歌詞に“貫きたいけど揺らぐ”“揺らいでいるけど貫く”みたいな、行ったり来たりの感情の揺れを書いてきました。みんなそこの葛藤と共に生きている。そういう生活をしていることを伝えたかったんです。 ― 具体的な楽曲を挙げるとしたら? 小室:安室さんの「SWEET 19 BLUES」。少し若い方向 [全文を読む]

小室哲哉・TM NETWORKデビュー30周年メモリアルブックが4月21日(月)、発売!

ダ・ヴィンチニュース / 2014年04月18日15時10分

歌詞・楽曲・アレンジなどに込めた想い、これまで語られなかった名曲成立のエピソードなど、往年・新規ファンへ、必見の特集。 【TM30周年スペシャルトーク】 (1)TM NETWORK座談会:宇都宮隆・木根尚登とともに、30年のキャリアとこれからを、じっくり語りつくす (2)バンドメンバー・歌姫が語る、小室哲哉&TMNETWORK:小室哲哉の出世作「My Re [全文を読む]

90年代、J-POPの栄華を極めたT・Kと『HEY!HEY!HEY!』の深すぎる関係とは

週プレNEWS / 2015年08月22日06時00分

それ以前からも渡辺美里や宮沢りえ、観月ありさらへの楽曲を提供。さらに、92年からは自らも参加したtrfを始動させていたが、転機は“with t.komuro”名義で自身が前面に出た、94年7月発売の篠原涼子の『恋しさと せつなさと 心強さと』。この曲の大ヒットがその後、続くことになる華々しい小室時代の幕開けとなる。 そんな小室哲哉のスゴさを音楽業界に詳しい [全文を読む]

日笠陽子コラボAL『Glamorous Songs』に小室哲哉が楽曲提供!

okmusic UP's / 2013年06月18日10時00分

アニメ「けいおん!」の“秋山澪”役などで知られ、真夏のビッグイベント“Animelo Summer Live 2013 -FLAG NINE-”への初出演も決定した人気声優の日笠陽子が、7月17日にリリースするコラボレーションアルバム『Glamorous Songs』に、音楽プロデューサー・小室哲哉が楽曲提供で参加することが明らかになりました!【その他の画 [全文を読む]

住吉美紀のラブコールに応えて、小室哲哉が書下ろし!『Blue Ocean』新エンディングテーマ曲、6月1日よりオンエア!

PR TIMES / 2016年05月31日11時40分

そんなTM NETWORKがデビュー30周年に向け精力的に活動していた数年前、『Blue Ocean』で楽曲をオンエアしたり、小室哲哉をゲストに迎えたりしたことから、交流がスタート。「それからは個人的に食事会に呼んで頂いたり、ファンの集いの司会をやらせて頂いたり・・・」。そんな関係の中で、2014年12月、『Blue Ocean』の生放送に小室哲哉が出演 [全文を読む]

小室哲哉、HYDEが「DEPARTURES」をカバーした理由&制作秘話…そしてKEIKOへの想いを語る モデルプレスインタビュー

モデルプレス / 2015年12月20日12時08分

globeメモリアルイヤーとして、8月5日にシングル・アルバムから小室自身がセレクトした楽曲を新たにリアレンジした2枚組アルバム「Remode 1」をリリース、20周年当日にはリリース記念イベントを開催するなど、マーク・パンサーとともに勢力的に活動している。そんな中、12月16日には20周年第2弾プロダクトのカバーアルバム「# globe20th -SPE [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】小室哲哉、「宇多田ヒカルちゃんが僕を終わらせた」と証言。ELTに時代の流れ感じたとも。

TechinsightJapan / 2015年04月23日19時25分

小室哲哉が最盛期だった1990年代に、注目して「嫉妬」すら感じた楽曲を『水曜歌謡祭』で語った。中でも当時、センセーショナルにデビューした宇多田ヒカルは「僕を終わらせた」というほど衝撃的だったようだ。 ミュージシャンで音楽プロデューサーでもある小室哲哉が、4月22日放送の『水曜歌謡祭』(フジテレビ系)で“1990年代に「ああ…やられた…」と嫉妬した楽曲”を5 [全文を読む]

フォーカス