ファミリー 小室哲哉に関するニュース

華原朋美の「嫌いだったTKファミリー」暴露……20年以上続く“大物”安室奈美恵への怨嗟?

日刊サイゾー / 2017年07月07日07時00分

歌手の華原朋美がレギュラー出演する『じっくり聞いタロウ~スター近況(秘)報告~』(テレビ東京系)において、嫌いだったTKファミリーのメンバーを暴露して話題となっている。 6月29日深夜の放送では、元モーニング娘。の福田明日香が18年ぶりにテレビ番組に登場。「普通に原宿を歩きたかった」と脱退の真相を激白した。話題がメンバー同士の不仲エピソードになると、華原が [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】H Jungle with tのナンバーもランクイン “小室哲哉の作品売上ランキング TOP5”

TechinsightJapan / 2017年09月06日20時56分

彼が1990年代に生み出した楽曲の数々は“小室哲哉ファミリー”と呼ばれるアーティストたちによってヒットを続けた。そのCD売上総数は1億7000枚以上となる。 9月5日に放送されたお昼のバラエティ『バイキング』(フジテレビ系)では、そんな彼にスポットを当て「90年代に大ヒットTKサウンド!小室哲哉の作品ランキング」と題して売上ランキングのうちTOP5を紹介し [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】小室哲哉が“久保みねヒャダこじらせライブ”出演決定 ヒャダインとのコラボに期待

TechinsightJapan / 2016年07月28日12時16分

小室哲哉と言えば『2016 FNSうたの夏まつり~海の日スペシャル~』で小室ファミリーによる“小室哲哉90年代スーパーヒットメドレー”は圧巻だった。昨年はファミリーのDJ KOOでオープニングから盛り上がったが、今回は本家の登場でさらに熱くなるだろう。また、『久保みねヒャダこじらせナイトSTAFF(kojirase_STAFF)ツイッター』によると千葉雄 [全文を読む]

超特急×TRF、熱狂の2マンライブ『アツイ夜だから…』開催

okmusic UP's / 2015年06月17日23時00分

TEXT: 土屋恵介 PHOTO: 米山三郎(SignaL)、冨田 望■【超特急 国立代々木競技場 第一体育館 ワンマンライブ2days】12月23日(水・祝) 国立代々木競技場 第一体育館 12月24日(木) 国立代々木競技場 第一体育館 <チケット> ■料金・席種 指定席 ¥6,980円(税込) ファミリー号車席 ¥6,980(税込) ※ファミリー[全文を読む]

浜崎あゆみ、SHU-YAとの熱愛疑惑が再燃! 人気維持は小室哲哉とヤンキー頼み?

おたぽる / 2015年12月26日09時00分

人気維持に躍起となっているようですが、その浜崎を支えるファンに関しては、氣志團の綾小路翔が13日に放送された『関ジャム 完全燃SHOW』(テレビ朝日系)で“ヤンキーを制するアーティストは日本を制する”という講義をし、その例として浜崎の名前を挙げ、『ヤンキーが大好きなファミリーを大事にする』と指摘。浜崎のTwitterにはたびたび、バックダンサーやライブスタ [全文を読む]

華原朋美が過去の男たちの酷すぎる仕打ちを告白! 小室哲哉の冷酷な別れ方、加護亜依元夫のDV、そして薬物...

リテラ / 2015年09月28日13時00分

「何かのイベントが催されていたのか、大勢の人でごった返すそこには、TRFのSAMさんやDJ KOOさん、それから『メンノン(メンズノンノ)』でよく見かけていたマーク・パンサーさんがいました」(以下、「」内は同書より) いきなりセレブなパーティー会場に足を踏み入れた華原は、すぐにファミリーの一員となる。小室は華原を頻繁にスタジオに呼び寄せるようになり、あっ [全文を読む]

再進撃中の小室哲哉を嫉妬させた宇多田、ミスチル、スピッツ

NEWSポストセブン / 2015年05月01日07時00分

小室ファミリーがヒットチャートを独占するのは当たり前、という時代。 「小室さんが自分であの時代のブームの終焉を振り返るなんて、音楽業界も唸る衝撃的内容でした」(音楽業界関係者) 小室は宇多田の他にも、ミスチル『Tomorrow never knows』、スピッツ『ロビンソン』、SMAP『夜空ノムコウ』、ELT『Time goes by』の4曲を挙げ、 「ミ [全文を読む]

華原朋美が「イラッとした」スタイル抜群の小室ファミリーとは?

アサジョ / 2017年06月30日18時15分

そして、新たに噛みついたのは、“小室ファミリー”に対してだった。 華原は、レギュラー出演している6月29日の深夜放送「じっくり聞いタロウ~スター近況(秘)報告~」(テレビ東京)で、小室ファミリーについて「誰1人ファミリーなんて思ってない」と発言。さらに、小室プロデュースの歌手は「みんな敵」で、「(大物歌手)さんとかはちょっとイラッとしました」と、字幕では [全文を読む]

野外ダンスフェス『ODAIBA DANCE MUSIC FESTIVAL SANCTUARY 2017』に株式会社Extractor(エクストラクター)の協賛決定!

PR TIMES / 2017年06月27日05時00分

[画像1: https://prtimes.jp/i/24973/3/resize/d24973-3-383776-3.jpg ][画像2: https://prtimes.jp/i/24973/3/resize/d24973-3-382520-6.jpg ]東京お台場にて7月16日(日)に開催される新感覚の夏フェスへExtractorのインフルエンサー達 [全文を読む]

篠原涼子 年上夫・市村正親とごぶさた気味で欲求不満の肉声

アサ芸プラス / 2017年03月01日05時57分

かつての“ごっつファミリー”もしくは今田本人と、ベッキー以上の炎上覚悟となる不倫劇を妄想したいですね」 公私ともにひと波乱ありそうな篠原から目が離せそうにない。 [全文を読む]

ベッキーは休養後“復活”できない? 休養していた芸能人4選!!

tocana / 2016年02月15日09時00分

■華原朋美 90年代、一世を風靡した小室哲哉ファミリーの華原朋美。彼女も長い間、休養していた歌姫だ。 華原は90年台初頭、バラエティ番組などに出演するタレントとしてデビュー。その後、華原の声質に惚れた小室がプロデュースし、歌手デビューを果たす。この時、小室と華原は交際しているともいわれ、「恋人を歌手としてプロデュースした」と公言するほど彼女に入れ込んでいた [全文を読む]

超特急が新曲「バッタマン」MVでカンフーに挑戦!?

okmusic UP's / 2015年05月14日10時30分

■「バッタマン」MVhttp://youtu.be/D5hek0Bf1Nk■シングル「スターダスト LOVE TRAIN / バッタマン」2015年6月10日発売 【通常版】(CDのみ) ZXRC-1016/¥1,200+税 <収録曲> 1.スターダスト LOVE TRAIN 2.バッタマン 3.Summer love 【初回完全限定盤】(CD+Blu-r [全文を読む]

人気女優「知られざる歌手時代」(1)小室ファミリーの“末席”にいた仲間由紀恵

アサ芸プラス / 2015年05月09日09時57分

「彼女の悲しいところは、小室ファミリーの一員とは言いつつも、プロデューサーを務めたのがTK御大ではなく、小室の右腕・久保こーじだったこと。つまるところ、ファミリーでもかなり末席に位置していたわけで、隆盛を誇った小室の恩恵をほとんど受けられなかった」(音楽ライター) その後、06年に仲間由紀恵withダウンローズ名義でリリースした、CMからの派生曲「恋のダウ [全文を読む]

「元祖小室ファミリー」宮沢りえ、観月ありさが活躍し続けるワケ

アサ芸プラス / 2014年12月12日09時59分

番組では音楽活動の話になり、宮沢が『私たちが元祖小室ファミリーなんだよ』と言って笑っていましたね。宮沢はデビュー曲『ドリームラッシュ』などシングル2曲、観月さんは4枚目の『TOO SHY SHY BOY!』を含むシングル3曲で小室哲哉さんのプロデュースを受けています。ちなみにプロデュースは受けていませんが、牧瀬さんもファーストアルバム収録の2作品が小室さん [全文を読む]

20代美女と同棲報道のSAM、小室ファミリーの威光いまだ衰えず!?

メンズサイゾー / 2014年01月22日12時00分

50歳を越えてもいまだ輝き続ける、90年代にブームを巻き起こした小室とそのファミリー。両者とも若い頃から第一線で活躍しながら、年を重ねても自身の技術を時代の流れに適応させていき、現役でい続ける姿はブームを目の当たりにしてきた世間の人々を「俺らもまだまだイケる!」と勇気づける存在になるのではないだろうか。 さらに、SAMに至っては娘ほど年の離れた女性に身の [全文を読む]

日韓で20万人を動員!!『YG Family Concert in Japan』遂にグランドフィナーレ!!

PR TIMES / 2012年01月23日17時54分

各アーティスト毎のステージパフォーマンスはもちろんのこと、ファミリーだからこそ成せる豪華組合せによるコレボレーションやお互いの楽曲をカバーし合う演出も盛り込まれており、約3時間半に及ぶ内容ながら、終始興奮冷めやらぬステージの連続は、ファンにとってあっという間に感じる時間となった。昨年7月に、新レーベル『YGEX(ワイジーエックス)』発足し、これまで以上によ [全文を読む]

フォーカス