最近 小泉今日子に関するニュース

「小泉今日子にイケメンを持ち帰られた」私怨うずまくタレコミ情報!

サイゾーウーマン / 2013年01月07日13時00分

本当は言いたいのに、言えないネタを持ってる芸能記者さん、集まれ~! 芸能ニュースの摩訶不思議なお話からウソか真か分からないお話まで、記者さんたちを酔わせていろいろ暴露させちゃった☆A......スポーツ紙記者 グラドルからジャニーズまで、芸能一筋16年の芸能記者B......週刊誌デスク 日中はラジオでタレントの発言をチェック、夜は繁華街に繰り出し情報収集 [全文を読む]

「キツすぎる」小泉今日子の鬼嫁役にドン引き?

日刊大衆 / 2017年01月26日12時00分

「小泉今日子は、今回の鬼嫁役に対して“個人的には、完全なるミスキャストだと思っています”とコメントを寄せていましたが、ここ最近では映画『毎日かあさん』で肝っ玉母さんを演じたりもしていますし、かなりノリノリなようですね。ドラマの公式サイトには、円子について“自分はいいが、他人が左江内を悪く言うのは許せない”という設定が書かれてあります。ドラマ終盤には、左江 [全文を読む]

能年玲奈改め「のん」!復活のカギは「母親」の小泉今日子の映画監督デビュー作品!?

Business Journal / 2016年07月25日19時00分

実際、かつてはNHKの朝の連続テレビ小説「あまちゃん」でヒロインを演じ、映画「ホットロード」で主演を務めた能年も、最近では大幅に露出を減らしている。 もはや事実上の芸能界引退の窮地に立たされているといっても過言ではない能年だが、数少ない心の拠り所といってもいいのが、“母親”の小泉今日子の存在だ。 小泉といえば、「あまちゃん」で能年扮する天野アキの母親役の [全文を読む]

小泉今日子はなぜ「劣化」しないのか? 「変化する力」「プロデューサー目線」を育んだ母親との歪な愛のかたち

リテラ / 2015年10月22日13時00分

1982年のデビュー以来目立った停滞期間もなく芸能界の第一線で活躍し続け、49歳の今でもさらに魅力を増し続ける彼女にはいったいどんな秘密があるのか? 最近出版された、助川幸逸郎『小泉今日子はなぜいつも旬なのか』(朝日新聞出版)を読みながら、その謎に迫ってみたい。 彼女が成功し続けている秘密。助川氏はそれを「変化する力」という言葉で表現する。確かに、小泉今日 [全文を読む]

しっかり叱る父?寛容な父?やっぱり包容力!ドラマ史に残る名物パパ10選!

日本タレント名鑑 / 2015年10月08日12時55分

ドラマなどでそういったシーンが多かったせいか、特にドラマ全盛期を経てパパになった最近のお父さんは、セルフケアもしっかりしているので臭いもせず、むやみに権力を行使するなんて事も少ないようです。おかげで「パパと中学生くらいまでお風呂に入る」という女の子もいるとか。男の子でもお父さんと買い物に行く人もいるようです。 今回は、そんな記憶に残るドラマに出てきた印象 [全文を読む]

「紅白に出てほしい80年代アイドル」ランキング女性編

WEB女性自身 / 2013年09月12日07時00分

それでもいくつかのヒット曲があるので、順位には納得です」 9位のおニャン子クラブには、「AKB48とのコラボが見たい」「新旧アイドル対決をしてほしい」と、最近のアイドルとの共演を求める声も。「今はAKBを中心に、グループのアイドルがほとんど。おニャン子のデビューは28年前ですから、彼女たちの子供世代がAKBというわけです。どんな世代差が出るのか、コラボが見 [全文を読む]

神田うのがブチギレ!? 派閥を揺るがす「香里奈事変」とは

メンズサイゾー / 2012年12月10日08時00分

男性社会にも「派閥」は存在するが、最近よく耳にするのが、芸能界で幅をきかせているというママ友勢力「神田うの一派」と、小泉今日子率いる独身女優たちの集い「小泉会」だ。神田うのはアパレル事業で成功を収めた億万長者にして、パチンコ産業の日拓グループ御曹司で代表取締役社長・西村拓郎氏を夫に持ち、子宝にも恵まれたセレブママ。彼女の豊富な人脈と金の臭いには多くのママタ [全文を読む]

山田裕貴、前田司郎監督に「いいやつ止まり」と見抜かれる?

Woman Insight / 2016年07月18日15時14分

「若く見られるんですけど、『けっこういってるね』って最近言われるようになりました」(山田さん) 本作では、会話のひとつひとつがリアルな日常のひとコマのように描かれているのに、ふとしたシーンに落とされた“非日常的なモノ”に、思わず目を奪われる場面も。 そこに込められた前田監督の想いを知った山田さんは、「すごく考えさせられる映画だし、いろんな意味が散りばめられ [全文を読む]

小泉今日子が『徹子の部屋』初出演で明かした「老眼鏡」

NEWSポストセブン / 2016年07月04日07時00分

最近では、黒柳の半生を描いた『トットてれび』(NHK)のナレーション役を小泉、「100才の徹子」役を黒柳が演じ、共演したばかり。 『トットてれび』や『ザ・ベストテン』の裏話、小泉が髪の毛をバッサリと刈り上げた時の話、小泉の生い立ちなど話が盛り上がるなか、黒柳は、“キョンキョンの噂”に切り込んだ。 「最近渋谷でナンパされたって?」 黒柳が聞くと、小泉は苦笑し [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】真木よう子&小泉今日子の2ショットに「似てる!」「まるで美人姉妹」

TechinsightJapan / 2015年12月06日17時15分

最近は笑顔の写真が見られず、また痩せ気味だったことから、体調を心配する声が少なくなかった。しかしこの日の真木は、そんなモヤモヤを吹き飛ばしてくれそうなとびきりの笑顔を見せている。 実は10月に真木よう子がロングヘア姿をInstagramで公開したところ、「小泉今日子さんみたい!」というコメントが寄せられていた。6日の『真木よう子 yokomaki_offi [全文を読む]

小泉今日子 「金より義理人情」な芸能活動で“小泉イズム”が浸透中?

アサ芸プラス / 2015年01月27日09時57分

そんな“小泉イズム”こそ、最近の若手芸能人に足りないもの。そこで松下村塾ならぬ「小泉塾」が発足することとなった。 「若手女優は売れてくるとすぐにテングになり、事務所も扱いに苦慮することがある。そんな時、業界の合言葉になっているのが『キョンキョンと会え』です。小泉さんと食事をさせることで、モノの考え方や芸能界のイロハを学ばせる狙いがあるようです。塾は事務所の [全文を読む]

小泉今日子 外タレに熱中で「最後の恋」はいつ来る!?

アサ芸プラス / 2014年06月25日09時59分

もっぱら最近は、気の合った仲間と蕎麦屋で、日本酒を飲むのが楽しみだとか」 さらには、こんな話も。 「引越しした際に、テレビを買い換えたみたいで、自宅では海外のテレビドラマ三昧だとか。最近は『ハンニバル』のレクター博士の若い頃を演じているマッツ・ミケルセンがお気に入りみたいです」(芸能関係者) ミケルセンも48歳と小泉と同世代。どうも「最後の恋」の成就はまだ [全文を読む]

小泉今日子 朝ドラ好演の陰に、乗り越えたパートナーとの別れ

WEB女性自身 / 2013年04月17日07時00分

最近の女性誌の取材で小泉はこう語っている。「朝ドラの撮影が始まって忙しくなってきて、海辺に住んでいる場合じゃなくなってきたので、今、都会に部屋を借りています。久しぶりの都会暮らし」(『GLOW』13年5月号)小泉は09年末から、湘南に暮らしていた。「東京のほうが朝ドラ収録に便利なのはもちろんですが、引っ越しを決断したのは彼女なりに心機一転したかったからだと [全文を読む]

小泉今日子 舟木一夫の言葉に大号泣し「生涯アイドル」を宣言

NEWSポストセブン / 2012年09月01日07時00分

ステージ中央の椅子に座ると、「私はとっても出不精なんですけど…」と明かし、最近心に残ったテレビ番組の話になった。 それは7月29日放送の『ザ・ノンフィクション』(フジテレビ系)。舟木一夫(67才)の特集だった。 昭和38年。舟木は詰襟姿でデビュー曲『高校三年生』を歌い、230万枚の大ヒット。橋幸夫、西郷輝彦とともに「御三家」と呼ばれ一気にスターダムにのしあ [全文を読む]

「酔って米倉涼子にバレエを躍らせる」女優・小泉今日子が「小泉会」で"酒豪"全開も、地元に帰ると......

日刊サイゾー / 2012年08月29日08時00分

今年1月クールではドラマ『最後から二番目の恋』(フジテレビ系)に中井貴一とW主演し、日本の放送文化に貢献した優秀な番組・個人・団体に贈られる「ギャラクシー賞」を受賞するなど高評価を受けたが、最近では仕事よりもその華やかなプライベートが業界内で注目されているという。 「週刊文春」(文藝春秋)8月30日号によると、小泉は今や芸能界の最強女子会といわれる「小泉会 [全文を読む]

ワカパイ、メロンパイ、それとも妊婦......次に脱ぐのはアノ清純派女優か? グラドルか?

メンズサイゾー / 2012年01月09日18時00分

最近めっきり色っぽくなったといわれる石原は、1月公開の映画『月光ノ仮面』で"青姦SEX"シーンに挑戦。これを機にセクシー女優にシフトし、初ヌードを披露するというのだ。記事は、さらに今年は堀北真希のセクシー演技にも期待でき、小泉今日子には映画で濃厚な濡れ場のオファーが届いていると続く。 「脱ぐ」といえば、ここ数年熱望されているのが小池栄子だ。夫・坂田亘の借金 [全文を読む]

発見!小泉今日子が密かにつぶやいているツイッターがあった

アサジョ / 2017年05月22日10時14分

最近はもっぱら、5月25日から上演される明後日プロデュースの舞台第2弾「芝居噺 名人長二」にかかりっきりのようだ。「この作品は、モーパッサンの『親殺し』を江戸から明治の落語界の巨匠、三遊亭圓朝が落語に仕立てた人情噺『名人長二』がもとになっています。今回、小泉は裏方に徹しており、俳優の豊原功補が企画・脚本・演出・主演の4役を務めます」(芸能事務所関係者) ス [全文を読む]

小泉今日子 堤真一との禁断「路上暴走」一部始終!(2)数々の酒豪エピソード

アサ芸プラス / 2017年04月15日17時57分

最近は部屋飲みが多いそうです。いわゆる『小泉会』というやつで、大親友のYOU(52)や飯島直子(49)を中心に、長澤まさみ(29)や蒼井優(31)らも参加しているそうです。アラフィフの姉さんらしく、酒席で興味のないオトコに誘われた時の効果的なトーク談議は有名です。『今日は見せられるような下着じゃないの。今度ね』がベターだとか(笑)」 映画関係者も、小泉の [全文を読む]

語っていいとも! 第36回ゲスト・鈴木奈々「ギャルのお友達も出川さんに抱かれたいって言ってます」

週プレNEWS / 2017年01月29日12時00分

―出川さんが最近そういうリスペクトキャラになってますよね、みんなから。 鈴木 最初キモいと思ってたけど!(笑)、今はすごくカッコいいなって。だって、うちの周り、女のコたちも出川さんに抱かれたいって言ってますからね。マジで。 ―時代が“抱かれたい男”にひっくり返ってきた(笑)!? 鈴木 そう、この間までは“抱かれたくない男”1位とかだったのに、周りのギャル [全文を読む]

CDが売れないのになぜ「紅白」は話題なのか

プレジデントオンライン / 2017年01月20日09時15分

ヒットチャートは知らない歌手ばかり、「最近のヒット曲って何?」と聞かれてもピンとこないという人も多いはずだ。それでも「紅白」は40%前後の視聴率を記録している。 「音楽不況」という言葉が喧伝されて久しいのに、なぜ「紅白」は話題を集めるのか。実はその問いは「前提」を間違えている。今は決して「音楽不況」の時代ではないからだ。 たしかに音楽CDの市場規模はピーク [全文を読む]

フォーカス