演技 松坂慶子に関するニュース

桐谷美玲、憧れの松坂慶子と“異色の共演”「こんなに綺麗すぎていいのかな」「とってもゴキゲン」

モデルプレス / 2015年12月01日13時47分

人のなりをしているが、実はその正体は猫という難解かつ妖しげな役を、ミステリアスな雰囲気と確かな演技力を兼ね備えた及川がしなやかに体現していく。 また、すみれの初恋の相手となる大学生・真白勇征には、劇団EXILEの町田啓太。さらに、小日向文世も、ドラマ・オリジナルの役、霊感の強い住職・天野早雲を演じる。(modelpress編集部) ■桐谷美玲コメント 20 [全文を読む]

渥美清さん、8月4日で没後20年。秘蔵写真満載のムック『寅さんの向こうに』が発売!

PR TIMES / 2016年07月29日19時10分

本書では、シリーズの解説はもちろん、若尾文子、吉永小百合、松坂慶子、竹下景子ら歴代マドンナをはじめ、倍賞千恵子、前田吟、佐藤蛾次郎といった縁の深い俳優ら、総勢約50人もの人々が語る渥美清、山田洋次監督、浅丘ルリ子、黒柳徹子、永瀬正敏らの語り下ろし、寅さんとは一味違う演技が光る出演作の紹介、親交の厚かった写真家・ムトー清次が捉えた秘蔵グラビア、早坂暁の特別 [全文を読む]

深田恭子、相武紗季…芸能美女たちがドラマで意外な大胆熱演!?

アサ芸プラス / 2015年05月30日09時57分

「セカンド・ラブ」(テレビ朝日)で奔放な女教師に扮した深田は第1話から大胆な演技全開。男と公園で熱いキスを交わし、こう誘惑する。「これだけ? 好きだったら私を抱いて」 男の部屋に入ると、「自分で脱ぐ」 と、自慢のFカップで白いキャミソールをこんもりととがらせる。寝室の暗がりで、なんとも言えない熱い情事を演じるのだ。 アイドル評論家の織田祐二氏が絶賛する。「 [全文を読む]

“天使すぎる”橋本環奈、“隠し子役”に挑戦?初々しい演技に釘付け

モデルプレス / 2014年03月31日19時37分

美少女ぶりが「天使すぎる」とネットを中心に話題となっているダンスボーカルユニット・Rev.fromDVL(レブ・フロム・ディー・ブイ・エル)の橋本環奈が、初々しい演技を披露した。 ◆橋本環奈、白戸家と初共演 橋本は、3月29日よりオンエア中のソフトバンクの新CM「娘」篇と「鑑定結果」篇に出演。白戸家のお父さん行きつけのバーのママの娘役として登場している。バ [全文を読む]

邦画の質低下 女優の体当たり演技減少が重大な要因か

NEWSポストセブン / 2017年06月26日16時00分

日本映画全体の質が下がっているのは、女優たちが“体当たりの演技”をする場が減ってしまったことが、最大の要因かもしれません」 名女優たちの“魂”と“覚悟”が詰まった伝説の名濡れ場を振り返ることで、日本映画の未来を考えるヒントとしたい。 ※週刊ポスト2017年7月7日号 [全文を読む]

伊武雅刀 最終的には演技をしないで成り立つ存在になりたい

NEWSポストセブン / 2017年06月18日16時00分

映画史・時代劇研究家の春日太一氏がつづった週刊ポスト連載『役者は言葉でできている』。今回は、印象的な芝居をすることが多い役者・伊武雅刀が、今村昌平監督と相談して芝居をした思い出について語った言葉を紹介する。 * * * 伊武雅刀は短い出演時間でも観る者に強烈なインパクトを残す芝居をすることが多い。1998年の今村昌平監督作品『カンゾー先生』での、料亭の女将 [全文を読む]

女優が封印した「生涯ただ1度の濡れ場」を厳選発掘(1)ついに見せた女優編・安達祐実は子役から大人の女性へ

アサ芸プラス / 2016年06月18日17時57分

あどけなさはそのままに、感じると体に花が浮かび上がるという淫靡な体質を、抜群の演技力でこなした。小柄だが張りのある乳房と、バックから突かれるたびに「あん、あんッ‥‥」と響かせる声も悩ましい。 同じように、童顔とのギャップで驚かせたのが富田靖子(47)の「南京の基督」(95年、日本・香港合作)である。公開時にはまったくノーマークだったが、ソフト化されて「激し [全文を読む]

「激太り演技」松坂慶子と「世界31位の顔」桐谷美玲のギャップに落胆の声

アサジョ / 2016年02月27日09時58分

放送中のドラマ「スミカスミレ 45歳若返った女」(テレビ朝日系)に出演する2人の美人女優の演技に賛否両論が飛び交っている。 ストーリーはというと、恋愛経験もないまま65歳になってしまった松坂慶子が若返って学生時代に戻る、というもの。松坂が20歳になった役を演じるのが、桐谷美玲である。 桐谷といえば、アメリカの映画情報サイトが発表した「世界で最も美しい顔10 [全文を読む]

ドラマ美女たちの「フェロモン合戦」をナマ報告!(4)桐谷美玲が松坂慶子にフェロモン伝授志願

アサ芸プラス / 2016年01月31日17時57分

「結婚前はアイドルっぽい演技でしたが、出産して復帰後は女優として開眼したような存在感を見せています。それを高く評価するプロデューサーが仲さんにオファーを出しました」(NHK関係者) 冬ドラマはまだ始まったばかり。打倒・真田丸に向けて、低迷ドラマ連合軍の尻をまくった戦いはこれからだ。そのケツ末やいかに! [全文を読む]

深作欣二のバイオレンス、撮影中はずっとビビってた

アサ芸プラス / 2012年12月18日10時00分

原田美枝子が日本アカデミー賞・最優秀助演女優賞を獲得した「火宅の人」(86年/東映)もまた、女たちの烈しい演技が見ものだ。演技だけでなく、原田は緒形拳とのケンカのシーンで顔が10センチ以上も切れてしまう事故が起こった。原田は、後に自伝で当時の心境を綴っている。 「もう俳優として仕事ができないかもしれないと思いショックでした」 全治10日という治療の日々に [全文を読む]

フォーカス