演技 松坂慶子に関するニュース

渥美清さん、8月4日で没後20年。秘蔵写真満載のムック『寅さんの向こうに』が発売!

PR TIMES / 2016年07月29日19時10分

本書では、シリーズの解説はもちろん、若尾文子、吉永小百合、松坂慶子、竹下景子ら歴代マドンナをはじめ、倍賞千恵子、前田吟、佐藤蛾次郎といった縁の深い俳優ら、総勢約50人もの人々が語る渥美清、山田洋次監督、浅丘ルリ子、黒柳徹子、永瀬正敏らの語り下ろし、寅さんとは一味違う演技が光る出演作の紹介、親交の厚かった写真家・ムトー清次が捉えた秘蔵グラビア、早坂暁の特別 [全文を読む]

深田恭子、相武紗季…芸能美女たちがドラマで意外な大胆熱演!?

アサ芸プラス / 2015年05月30日09時57分

「セカンド・ラブ」(テレビ朝日)で奔放な女教師に扮した深田は第1話から大胆な演技全開。男と公園で熱いキスを交わし、こう誘惑する。「これだけ? 好きだったら私を抱いて」 男の部屋に入ると、「自分で脱ぐ」 と、自慢のFカップで白いキャミソールをこんもりととがらせる。寝室の暗がりで、なんとも言えない熱い情事を演じるのだ。 アイドル評論家の織田祐二氏が絶賛する。「 [全文を読む]

邦画の質低下 女優の体当たり演技減少が重大な要因か

NEWSポストセブン / 2017年06月26日16時00分

日本映画全体の質が下がっているのは、女優たちが“体当たりの演技”をする場が減ってしまったことが、最大の要因かもしれません」 名女優たちの“魂”と“覚悟”が詰まった伝説の名濡れ場を振り返ることで、日本映画の未来を考えるヒントとしたい。 ※週刊ポスト2017年7月7日号 [全文を読む]

伊武雅刀 最終的には演技をしないで成り立つ存在になりたい

NEWSポストセブン / 2017年06月18日16時00分

映画史・時代劇研究家の春日太一氏がつづった週刊ポスト連載『役者は言葉でできている』。今回は、印象的な芝居をすることが多い役者・伊武雅刀が、今村昌平監督と相談して芝居をした思い出について語った言葉を紹介する。 * * * 伊武雅刀は短い出演時間でも観る者に強烈なインパクトを残す芝居をすることが多い。1998年の今村昌平監督作品『カンゾー先生』での、料亭の女将 [全文を読む]

女優が封印した「生涯ただ1度の濡れ場」を厳選発掘(1)ついに見せた女優編・安達祐実は子役から大人の女性へ

アサ芸プラス / 2016年06月18日17時57分

あどけなさはそのままに、感じると体に花が浮かび上がるという淫靡な体質を、抜群の演技力でこなした。小柄だが張りのある乳房と、バックから突かれるたびに「あん、あんッ‥‥」と響かせる声も悩ましい。 同じように、童顔とのギャップで驚かせたのが富田靖子(47)の「南京の基督」(95年、日本・香港合作)である。公開時にはまったくノーマークだったが、ソフト化されて「激し [全文を読む]

「激太り演技」松坂慶子と「世界31位の顔」桐谷美玲のギャップに落胆の声

アサジョ / 2016年02月27日09時58分

放送中のドラマ「スミカスミレ 45歳若返った女」(テレビ朝日系)に出演する2人の美人女優の演技に賛否両論が飛び交っている。 ストーリーはというと、恋愛経験もないまま65歳になってしまった松坂慶子が若返って学生時代に戻る、というもの。松坂が20歳になった役を演じるのが、桐谷美玲である。 桐谷といえば、アメリカの映画情報サイトが発表した「世界で最も美しい顔10 [全文を読む]

ドラマ美女たちの「フェロモン合戦」をナマ報告!(4)桐谷美玲が松坂慶子にフェロモン伝授志願

アサ芸プラス / 2016年01月31日17時57分

「結婚前はアイドルっぽい演技でしたが、出産して復帰後は女優として開眼したような存在感を見せています。それを高く評価するプロデューサーが仲さんにオファーを出しました」(NHK関係者) 冬ドラマはまだ始まったばかり。打倒・真田丸に向けて、低迷ドラマ連合軍の尻をまくった戦いはこれからだ。そのケツ末やいかに! [全文を読む]

深作欣二のバイオレンス、撮影中はずっとビビってた

アサ芸プラス / 2012年12月18日10時00分

原田美枝子が日本アカデミー賞・最優秀助演女優賞を獲得した「火宅の人」(86年/東映)もまた、女たちの烈しい演技が見ものだ。演技だけでなく、原田は緒形拳とのケンカのシーンで顔が10センチ以上も切れてしまう事故が起こった。原田は、後に自伝で当時の心境を綴っている。 「もう俳優として仕事ができないかもしれないと思いショックでした」 全治10日という治療の日々に [全文を読む]

戦国史上最大の決戦に見る日本社会の原風景とは? “三成”加藤剛vs“家康”森繁の超豪華版『関ヶ原』

日刊サイゾー / 2017年08月21日18時00分

そして、家康の腹心の部下・本多正信には演技派・三國連太郎(佐藤浩市のパパ)。この2人が耳打ちしているだけで、物凄く腹黒い陰謀が張り巡らされているような気がしてならない。加藤剛&三船敏郎vs森繁&三國連太郎という、原作小説のイメージにとても忠実な配役。映画版では有村架純が演じた三成の愛妾・初芽には、当時28歳だった松坂慶子が起用され、加藤剛とのベッドシーンを [全文を読む]

爆死ドラマに光?松嶋菜々子「43歳のウインク」「肉体営業」にオジサン卒倒!

アサ芸プラス / 2016年08月09日17時59分

もはやドラマの存続は、43歳の美熟艶演技にかかっているかも?(本多ヒロシ)関連記事:清楚でいたい!?松嶋菜々子が「放送禁止用語」で咄嗟に取った行動とは? http://www.asagei.com/excerpt/61361 [全文を読む]

NHKドラマ『恋の三陸~』が“爆死”の松下奈緒 民放連ドラ主演で“大胆キャラチェンジ”は大丈夫か

日刊サイゾー / 2016年03月11日21時00分

これまた、これまでの松下のイメージとは大きく異なった演技が見られるかも……。 (文=森田英雄) [全文を読む]

やっぱり桐谷美玲主演じゃ……『スミカスミレ』第2話にして視聴率5%割れの窮地に!

日刊サイゾー / 2016年02月18日13時00分

いろんなイケメンがいっぱいいて、目の保養になる」「古風な女性の演技が、想像以上に桐谷にはまっていて面白い。町田の優しさは、見てるこちらのハートにもキュンキュンくる」といった調子で、おおむね好評なのだが……。 桐谷といえば、昨年9月から映像配信会社「Netflix」で先行配信された後、同11月よりフジテレビ系で放送された主演ドラマ『アンダーウェア』が、金曜の [全文を読む]

ぱるる、菜々緒らが初登場!邦画各社のカレンダー、今年の顔は?

Movie Walker / 2015年12月30日09時00分

島崎は現在公開中の『劇場霊』で主演を務めるなど、演技の面でもこれから注目を集めていきそう。ほかにも『シンデレラ』(15)で吹替えに初挑戦し、『植物図鑑』(16年6月4日公開)が控える高畑充希、『トイレのピエタ』(15)や『愛を積むひと』(15)などで高い演技力を見せつけた杉咲花も初登場だ。 誰もが知る映画界のスターから、これからの活躍が期待される若手まで、 [全文を読む]

桐谷美玲主演ドラマで及川光博が妖しい化け猫に!

Smartザテレビジョン / 2015年12月01日05時00分

ある意味、異色の共演となる2人の演技合戦に期待が高まる。 二人三脚で一人のヒロインを立体化していく桐谷、松坂を取り囲むキャストには、個性豊かな顔触れがそろった。 65歳の澄を20歳のすみれへと若返らせる“化け猫”黎役は、独特のミステリアスな存在感を放ち続ける及川。人の風貌をしているものの、その正体は猫という、難解かつ妖しげな役を及川がしなやかに体現していく [全文を読む]

生駒里奈、白石麻衣…乃木坂46“十福神”出演も伸び悩む『花燃ゆ』視聴率にスタッフ困惑

デイリーニュースオンライン / 2015年07月27日07時00分

演技どころか着物の作法も知らない彼女達は、着物姿のまま食堂で騒ぐなどして周囲のひんしゅくを買っていたそう。 もちろん演技力もまったくともなわず、共演の松坂慶子を呆れさせたうえに、『バカ殿』に出演するアイドルの方がマシなレベルと言われる始末だった。 路上キスが原因で紅白出場逃す? 乃木坂は2014年に発表した曲すべてヒットし、同年末の『紅白歌合戦』の出場内定 [全文を読む]

長渕剛、冨永愛との“健全な関係”アピールは無意味? 業界ではしらけムードも

日刊サイゾー / 2015年03月09日09時00分

今回の報道は、どのように受け止められているのだろうか? 「長渕の女癖の悪さは昔から有名な話で、古くは自らが主演した映画『ウォータームーン』(89年)では、撮影後に打ち合わせや演技指導など何かにつけてヒロイン役の松坂慶子を呼び出し、途中降板寸前まで追い詰めたといわれています。08年に事務所スタッフが一気に辞職したと報じられた際には、女性スタッフに『好きだ』と [全文を読む]

ソフトバンクCM撮影でかわいすぎる橋本環奈に全員見とれる

NEWSポストセブン / 2014年06月02日07時00分

それどころか、演技の経験はあまりないのに、監督の“驚いている感じを少し強めに”などといった指示にもすぐに笑顔で対応していたと聞いています」(赤澤さん) 将来が恐ろしすぎる! ※女性セブン2014年6月12日号 [全文を読む]

孫正義 長者日本一への⑦決断 「ドコモに勝つには『物語性』『ナゼ?』がほしい」(4)

アサ芸プラス / 2012年10月04日10時54分

さらに「ホワイト家族」シリーズは、全日本シーエム放送連盟のテレビ部門グランプリとベスト演技賞に選ばれた。 ソフトバンクモバイルのCMは、新作が出るたびに好感度ランキングでトップとなっている。 白戸家だけのドラマだけでは、飽きられてしまう。NHK大河ドラマ「篤姫」に出演して話題となっていた女優の松坂慶子を行きつけのバーのママ役として登場させたり、「無料のワ [全文を読む]

熟女ブーム 72歳五月みどり「29年ぶりに脱いでもいいかな」

NEWSポストセブン / 2012年03月22日16時00分

女優としての仕事の幅を広げたいと思うようになったんです」 五月さんは、1984年放送のテレビドラマ『昨日、悲別で』で演技派に転向した。同時に、彼女が裸体をみせることもなくなってしまう。 近年では、2007年『伊東家の食卓』で演じた、美人で気さくなお母さん役が思い出されよう。だが、それで“熟女のアイコン”としての五月さんを慕うファンが、減ったわけではなかった [全文を読む]

「僕達急行 A列車で行こう」とタイアップ開始!前売り券を買って特別コロカを手に入れよう

PR TIMES / 2012年02月23日14時28分

現代日本映画を代表する演技派ふたりが、21世紀ならではのナイーヴな男の子コンビを絶妙の距離感で体現する。汗臭くないひたむきさ、淡々とした真面目さ、そして、さり気ない思いやり。ふたりをつなぐそんなファクターは、混迷の時代を生きる私たちを、ふっと優しく和ませるピュアなパワーにあふれている。脇を固めるのは、貫地谷しほり、ピエール瀧、松坂慶子、笹野高史、西岡徳馬、 [全文を読む]

フォーカス