映画 松重豊に関するニュース

佐々木希もビックリ!中村倫也「撮影中●●しちゃって、2時間待ち」【インタビュー後編】

Woman Insight / 2016年03月11日20時00分

3月5日(土)公開の映画『星ガ丘ワンダーランド』。 日本が世界に誇る若手CMクリエイター、柳沢翔が満を持して監督デビューを飾った本作。そんな才能に、今まさに旬の、主役級の超豪華キャストが集結。柳沢監督が生み出す、切なくも心温まる至極のミステリーが幕を開けます。 今回Woman Insight編集部では、主演の中村倫也さんと佐々木希さんにお話を伺ってきました [全文を読む]

『星ガ丘ワンダーランド』中村倫也インタビュー

NeoL / 2016年02月27日18時23分

各界の注目を集める俊英が日本映画を支える俳優たちを随所にちりばめて撮った本作『星ガ丘ワンダーランド』は、まさに才能と才能の化学変化に満ちたアーティスティックな名作に仕上がった。そんな中、物語の芯の部分をしっかりと担い、なおかつ多くの出演者とまみえながら透明な空気を発露させていく存在こそ、主演の中村倫也だ。確たる実力と研ぎ澄まされた存在感とで観客を魅了し、 [全文を読む]

やっぱり可愛い大杉漣!おじさんたちのテラスハウスが濃くてハァハァする/『バイプレイヤーズ~もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら~』第一話レビュー

messy / 2017年01月16日23時00分

「バイプレイヤー」とは、多くの映画やドラマに出演し、主演俳優に引けを取らない人気のある名脇役のことを表します。このドラマは、遠藤憲一(55)、大杉漣(65)、田口トモロヲ(59)、寺島進(53)、松重豊(53)、光石研(55)<※50音順>と、まさに日本の映画・ドラマ界に欠かせないバイプレイヤー6名が本人役で登場。現在公開中の蒼井優主演映画『アズミ・ハルコ [全文を読む]

北野武が『アウトレイジ』完結編を撮る理由

日刊大衆 / 2016年12月19日16時00分

北野武監督の人気映画『アウトレイジ』シリーズの完結編が、2017年に公開されることが分かった。 「裏社会の男たちの抗争を描いた同作品は、第1弾が10年に、続編『アウトレイジ ビヨンド』が12年に公開。完結編となる『アウトレイジ最終章』では、前作『ビヨンド』のその後が描かれるそうで、反社会的組織の幹部を演じた西田敏行や、刑事役の松重豊など前作に登場したメンバ [全文を読む]

【インタビュー後編】「ソロモンの偽証」イケメンすぎる板垣瑞生の好きなタイプは○○な女の子

Woman Insight / 2015年04月18日17時00分

ベストセラー作家・宮部みゆきの最高傑作とも謳われるミステリー巨編『ソロモンの偽証』を、日本アカデミー賞ほか数々の映画賞に輝く成島出監督をはじめとする『八日目の蟬』チームが再集結し、完全映画化! 本作ではキーマンとなる“神原和彦”を演じ、 予告編が公開されるやいなや「あの美男子は誰?」「イケメンすぎる!」と話題になっている板垣瑞生さんのインタビューの後編をお [全文を読む]

「嵐」、2017年は“俳優”として大活躍!『ナラタージュ』『ラストレシピ』ほか待機作も

CinemaCafe.net / 2017年09月09日11時00分

■大野智…『忍びの国』 「のぼうの城」和田竜・原作、『殿、利息でござる!』の中村義洋監督による映画『忍びの国』が7月1日より公開されており、主人公の伊賀最強の忍び・無門を演じたのは、時代劇映画初主演を果たした大野智。史実に基づき、天正伊賀の乱を題材に織田軍と伊賀忍びとの合戦を、石原さとみや伊勢谷友介、鈴木亮平、知念侑李らを迎えてダイナミックに描いた本作で [全文を読む]

永瀬正敏、松重豊も出演していた!幻の名監督ハル・ハートリーの現在

シネマトゥデイ 映画情報 / 2017年07月04日18時50分

ヒロイン・ミホに、後にハートリー作品の常連となる二階堂美穂を迎え、映画監督役で自らも出演。その助手を永瀬正敏が、ミホを治療する医師を若き日の松重豊が演じていた。ハートリーが作曲した映画音楽を曽我部恵一や嶺川貴子ら当時渋谷系と呼ばれていたミュージシャン勢がカバーしたCDがリリースされたこともあり、日本との関わりは深い。 2000年以降、中編の『はなしかわって [全文を読む]

松重豊が衝撃スリラー『ミュージアム』の壮絶な撮影現場について明かす 「正直もう昼ごはん、夕食も食べられないほどナマなましかった」

AOLニュース / 2016年11月16日20時00分

映画『ミュージアム』連続インタビューの最後は、関畑刑事役の松重豊。カエル男の劇場型殺人事件の一連を俯瞰して見ている関畑刑事役を通して、松重自身は何を感じたか。「現場で冷静になることが難しくなる」と述懐する松重に映画『ミュージアム』について聞く。――そうとうショッキングなシーンもありましたが、撮影現場の様子はいかがでしたか? 脚本のト書きになっている箇所と、 [全文を読む]

橋本淳が舞台中心となるきっかけは、朝ドラの共演者。「年間100本観劇」をノルマに

Woman Insight / 2016年10月06日20時00分

TVや映画、舞台と幅広く活躍中の俳優、橋本淳(はしもと あつし)さん。 芸能界デビューして約12年。淡々と着々と芸能活動を積み重ね、気づけば“舞台人”として名の知れた存在に。 これまでを振り返り、「キラキラ系からギラギラ系に変わり、いまは暗い人間(笑)」と笑った後、続けて「そんな中でいろんな人に出会い、たくさん感謝しています」と、優しい口調で言葉を添えてい [全文を読む]

「どこまでグロ描写をやってくれるのか期待」漫画『ミュージアム』が小栗旬主演で実写映画化! カエル男はいったい誰に…?

ダ・ヴィンチニュース / 2016年07月01日17時30分

漫画『ミュージアム』が実写映画化されることが決定した。数々の謎と罠、そして猟奇的な方法で次々と殺されていく人々。巴亮介による猟奇サイコスリラーがついに実写化するとあってファンたちは「こりゃまたグロさに期待出来そう」「ミュージアム実写化とかほんとに見たい!!」「ミュージアム映画化とか激アツじゃんかよ!!」と期待を寄せている。 雨の日にのみ起こる連続猟奇殺人事 [全文を読む]

黒木華『重版出来!』7%台連発で爆死中!! パクリ炎上騒動の『僕のヤバイ妻』に敗北の危機

サイゾーウーマン / 2016年05月22日16時00分

大ヒットコミックが原作かつ、『天皇の料理番』(TBS系)でブレークし、映画『母と暮らせば』で日本アカデミー賞最優秀助演女優賞を受賞し、同賞連覇の快挙を遂げた黒木の初主演作ということで、大きな期待がかかっていたが、その期待を大きく裏切るかたちとなってしまった。 「さらに期待を裏切っていることといえば、裏番組の伊藤英明主演ドラマ『僕のヤバイ妻』(フジテレビ系) [全文を読む]

映画『ミュージアム』のグロ描写の再現度の高さに反響続々「このシーンそのままやるのかwww これはトラウマ確定」

ダ・ヴィンチニュース / 2016年11月23日11時00分

2016年11月12日(土)に同作品の実写映画が小栗旬主演で公開され、その圧倒的な残虐描写が早くも話題を呼んでいる。 【画像あり】詳しくはダ・ヴィンチニュースへ 漫画『ミュージアム』のストーリーをざっと説明すると、物語は顔をカエルのマスクで覆った猟奇殺人犯「カエル男」と彼を追う「沢村刑事」の間で繰り広げられる。ターゲットの一番嫌がる殺害方法を調査し殺人を行 [全文を読む]

主演:小栗旬×監督:大友啓史による衝撃のノンストップスリラーエンターテイメント

NeoL / 2016年09月16日07時18分

興行収入45億を記録した大ヒット映画『信長協奏曲』を始め、主演映画が連続ヒット、今最も勢いのある俳優・小栗旬と、『るろうに剣心』シリーズで累計興行収入125億円を叩き出し、日本映画に新風を巻き起こした大友啓史監督の史上最強のタッグが世におくる衝撃のノンストップ・スリラーエンターテイメント『ミュージアム』が11月12日に全国公開。 原作は漫画大国日本を震撼さ [全文を読む]

小栗旬&妻夫木聡の映画撮影でエキストラ暴走…あわやロケ中止の事態に発展

デイリーニュースオンライン / 2015年11月21日12時30分

小栗旬(32)と妻夫木聡(34)が参加した新潟県での映画撮影ロケ中に、一般人とのトラブルが発生していたことが分かった。 “「ハゲタカ」「龍馬伝」「プラチナデータ」「るろうに剣心」の大友啓史監督の最新作ボランティアエキストラ大募集!!” 11月上旬、上記の内容で4日に渡って、300人という大規模なエキストラの募集が行われた。 “作品の内容、キャストは未定です [全文を読む]

世界配給決定!映画『百日紅 ~Miss HOKUSAI~』監督・アニメーション作家 原 恵一 氏 インタビュー

PR TIMES / 2015年05月11日15時25分

クリエイティブなどのプロフェッショナル・エージェンシー事業を展開する株式会社クリーク・アンド・リバー社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:井川幸広)が運営するCREATIVE VILLAGEのインタビューコーナー「VILLAGE CAFE」にて、映画『クレヨンしんちゃん』シリーズや『カラフル』など、大人も楽しめるアニメーションの作り手として、各方面から [全文を読む]

日本の映画・ドラマ界を支えるいぶし銀!名脇役と呼ばれる俳優たちの共通点とは?

日本タレント名鑑 / 2015年05月09日10時55分

プレシーズン1話から出演しているライバル刑事役の川原和久さん(53)、プレシーズン2話から監察医・その後は鑑識として出演されている六角精児さん(52)などは、スピンオフ映画が作られるほどの人気になりました。 他にも山西惇さん(52)、神保悟志さん(52)なども印象が強いですよね。『相棒』に限らず、ドラマを支えるバイプレイヤー、名脇役と言われる演技の上手な役 [全文を読む]

石原さとみ、無人島に行くなら藤原竜也と山田孝之どっちを選ぶ?

Entame Plex / 2014年05月22日12時19分

5月30日(金)公開の映画「MONSTERZ モンスターズ」のジャパンプレミアが5月21日に行われ、主演の藤原竜也、山田孝之に加え、石原さとみ、松重豊、木村多江らキャスト陣と監督:中田秀夫が新宿ピカデリーに集結した。 山田孝之、石原さとみ、松重豊、木村多江ら4名が迎える中会場に現れたのは、人力車に乗った藤原竜也と中田監督の2人。映画のヒット祈願として花園神 [全文を読む]

北野武監督、『アウトレイジ ビヨンド』プレミアで「新しい時代の映画」と自信

AOLニュース / 2012年09月19日10時57分

第69回ベネチア国際映画祭コンペティション部門に正式出品された本作は、現地で上映後に観客が総立ちとなって拍手喝采をするなど非常に高い評価を得た。惜しくも賞は逃したが「向こうではやたらウケました。(現地にある自分の)ファンクラブの会員と酒を飲みながら『最高傑作』と評価してもらった。あ、酒をおごったのはオレなんだけど(笑)」と自信のほどをのぞかせた。 『アウ [全文を読む]

遠藤憲一の妻明かした下積み時代、「結婚後悔したことも…」

WEB女性自身 / 2017年02月17日06時00分

映画やテレビドラマで大活躍の6人の名脇役。遠藤憲一、大杉漣、田口トモロヲ、寺島進、松重豊、光石研(=五十音順)が「本人役」で出演している連続テレビドラマ『バイプレイヤーズ〜もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら〜』(テレビ東京・金曜深夜0時12分〜)が「おもしろすぎる!」「おじさんたち、かわいい!」と視聴者の間で大きな反響を呼んでいる--。 遠藤さん [全文を読む]

名脇役・光石研に「主演したいと思わない?」と聞いたら…

NEWSポストセブン / 2017年01月28日07時00分

決して目立ちはしないものの、ああ、あの映画にもこのドラマにもと、おびただしい数の作品に渋い味を添えてきた。まさに名うてのバイプレイヤーなのだ。 そんなバイプレイヤーを題材にしたドラマ『バイプレイヤーズ~もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら~』(テレビ東京系)が1月13日にスタートした。 光石のほか遠藤憲一、大杉漣、田口トモロヲ、寺島進、松重豊の6人 [全文を読む]

フォーカス