ジャーナリスト 上杉隆に関するニュース

小泉純一郎ツイッター騒動に「上杉隆」氏が関与か?

秒刊SUNDAY / 2014年01月21日09時42分

ジャーナリスト(現在休業中)の上杉隆氏が、今回の小泉純一郎アカウントのツイートを真っ先にリツイートしているということだ。上杉隆氏は細川陣営の選対スタッフに入るという噂が流れており現に、細川氏のツイートを多くリツイートしている。となるとこのアカウントがツイッター側が確認を取っている、事務所側は否定しているという事情がある程度納得できそうだ。 臨時休業のお知 [全文を読む]

「上杉隆君の名誉回復を祝う会」取材のお願い

DreamNews / 2016年05月18日18時00分

一部ネット上で「ウソ杉」「デマ杉」などと叩かれまくっているジャーナリストの上杉隆氏の名誉回復を祝い、励まそうという会が明日5月19日(木)12:00から東京・永田町の憲政記念館で行われます。 上杉氏のかつてのボスだった衆議院議員の鳩山邦夫氏をはじめ、お兄さんの鳩山友紀夫氏、ジャーナリストの田原総一朗氏、下村満子氏のほか、中尾ミエ氏、田村淳氏、堀江貴文氏など [全文を読む]

ロンブー淳と上杉隆の放送禁止対談。「あの2人はTVに出る資格なし」

まぐまぐニュース! / 2015年11月04日08時00分

ロンドンブーツ1号2号の田村淳と、メールマガジン『ニッポンの問題点』などで精力的に活動を続けるジャーナリストの上杉隆が、世の中で話題になっている様々なニュースを取り上げ、生放送でゲストと共に制約無しのトークを繰り広げる異色の番組だ。その番組から今回、『淳と隆のなんだかおかしいニュースの裏側』という本が上梓された。 本の内容はテレビの裏側から、ネットメディ [全文を読む]

偽りの人気。TVの「忖度」が作り上げた、田中眞紀子フィーバー

まぐまぐニュース! / 2017年08月28日18時30分

しかし、メルマガ『上杉隆の「ニッポンの問題点」』の著者で元ジャーナリストの上杉隆さんやTV局関係者が知る彼女の姿は、全く異なるものだったようです。田中眞紀子氏の実像と、「忖度」を繰り返したマスコミについて、元鳩山邦夫氏の公設秘書でもあった上杉隆さんが真っ向から切り込んでいます。※この原稿のオリジナルは「草思」2002年8月号に掲載されたものです。 テレビ報 [全文を読む]

民主党の原口一博衆議院議員「私は上杉さんを本当のジャーナリストだと思っています」ツイートを何故か削除

ガジェット通信 / 2016年07月15日18時00分

都知事選に立候補している元ジャーナリストの上杉隆さん(@uesugitakashi)は上記ツイートを引用し 原口総務大臣時代は東京は「情報の春」でした。いまは窮屈です。首都の選挙で政策論争をなくしていいのか?東京は政党のものでも、テレビのものでもないですよね。原発事故の際はありがとうございました。 とツイート。原口議員はそれに対し 上杉さん、私は上杉さん [全文を読む]

上杉隆氏 鉢路前経産相は記者の談合による虚報で辞任と指摘

NEWSポストセブン / 2012年01月03日07時00分

2011年12月31日をもってジャーナリスト活動を無期限休業する上杉隆氏が、権力と記者クラブなどによる「官報複合体」の内情を暴くべく、政治記者たちが政権幹部などを取材した40万枚にも及ぶオフレコメモなどを暴露する。政治とメディアの癒着の構造を上杉氏が改めて検証する。 * * * 書くべきものを書かず政治家や政府のいいなりになってきた記者クラブの限界が、3. [全文を読む]

上杉隆氏が都知事選出馬宣言「政治とカネの問題は皆無です」

NEWSポストセブン / 2016年07月10日07時00分

7月12日に政治の師である鳩山邦夫さんのお別れの会を終えてから、出馬表明する予定です」 そう語るのは、ジャーナリストの上杉隆氏(48)である。彼の名は、一部の政界関係者の間では取り沙汰されていたものの、出馬はあり得ないと思われていた。ところが、完全極秘のなかで出馬準備を進めていた。出馬会見を1週間後に控えた7月5日、本誌に決意を語った。 上杉氏は、東京を地 [全文を読む]

安倍首相の一言で動揺。鈴木宗男氏がこぼした官邸の「甘いケーキ」

まぐまぐニュース! / 2016年02月21日19時00分

メルマガ『上杉隆の「ニッポンの問題点」』の著者でジャーナリストの上杉隆さんが、「ニュースオプエド」と「淳と隆の週刊リテラシー」で鈴木宗男氏と対面。次の選挙で自民党候補の推薦を決めた新党大地の戦略を伝える中、鈴木氏はどうしてもある男の動向が気になっていたそうで……。 首相官邸の甘いケーキ 鈴木宗男と小沢一郎 鈴木宗男さんがゲストだった。 「ニューズオプエド」 [全文を読む]

“ありのままで”いいのか、ニッポン!?『2014年衆議院選挙特別番組列島タイムライン』放送!

PR TIMES / 2014年12月08日19時44分

第2部「“ありのままで”いいのか、ニッポン!?」(23:30-23:55 JFN系列38局ネット、24:00-24:30東京+14局ネット)では、ジャーナリストでTOKYO FM『TIMELINE』(月-木19:00-19:52)水曜を担当している上杉隆氏をコメンテーターに迎え、2015年を展望。福島、沖縄などの声も拾いながら、「この道」途上で考えねばなら [全文を読む]

取材現場の可視化で記者にも質問力、責任・覚悟が問われる

NEWSポストセブン / 2012年06月16日16時00分

一切の加工をせずに流すのは橋下氏の方針だが、こういったネットでの公開が記者を変えると、ジャーナリストの上杉隆氏は指摘する。 * * * 記者会見という取材現場を可視化する「ダダ漏れ」スタイルが、メディア側の“駄目さ加減”を白日の下に晒しているのは、橋下氏の記者会見に限った話ではない。 例えば、近年で言えば、小沢一郎氏の記者会見が典型的だ。反小沢のメディアほ [全文を読む]

【今週! 11月16日・水曜日 19:30から】 上杉隆が語る! トランプ現象から小池都政の舞台裏まで 自由報道協会が斬る!2016トークライブVOL.22

DreamNews / 2016年11月14日13時00分

鈴木 毅(ジャーナリスト)上杉さんに同行してトランプ陣営に密着! 開票当日もトランプタワー内部へ潜入【ホスト】山口一臣(理事/元週刊朝日編集長)伊田浩之(監事/週刊金曜日副編集長)http://fpaj.jp/問い合わせは山口(090-3040-4994)まで [全文を読む]

赤旗 優秀な記者は自分で記事を書かないから信用される

NEWSポストセブン / 2016年09月15日07時00分

18歳で共産党入りし、2005年の離党まで共産党No.4として辣腕をふるった筆坂秀世氏(元参議院議員)と、ジャーナリストとして赤旗と関わり、先般の都知事選では共産党と対峙した上杉隆氏が、赤旗の「諜報力」について語りあった。 筆坂:僕が共産党に入党したのは、三和銀行員時代に先輩から「これを読め」と赤旗を勧められたことがきっかけです。入党後は「党勢拡大のため、 [全文を読む]

「知事の給与はゼロに」上杉隆氏が都知事選に出馬した本当の理由

まぐまぐニュース! / 2016年07月12日23時59分

参院選が終わり東京都知事選に注目が集まる中、一部メディアで出馬が噂されていた、まぐまぐの有料メルマガでもおなじみ、元ジャーナリスト・上杉隆氏の東京都知事選の立候補会見が7月12日に行われた。 ジャーナリズムではなく、東京に恩返し 立候補を決めた理由は「都営アパートに住んでいた」「都の奨学金で高校を卒業し、大学へ行くことができた」など、自身の境遇から「東京に [全文を読む]

上杉隆・石田純一・鳥越俊太郎…… 夕刊紙が報じる「野党統一候補」がカオス 上杉氏はポスターをアップ!?

ガジェット通信 / 2016年07月07日17時30分

一方、7月7日の『東スポWeb』には ジャーナリスト・上杉隆氏が都知事選出馬!小池百合子氏に驚敵 http://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/562845/ という記事が掲載される。こちらは、ジャーナリストの上杉隆さんが小池議員の刺客として浮上しているという内容。 その上杉さん、ブログにて なんと [全文を読む]

2015年まぐまぐ大賞&MAG2 NEWS賞が発表!栄冠はどのメルマガに?

まぐまぐニュース! / 2015年12月30日23時00分

人気記事 家族が自宅で亡くなった時に救急車を呼ぶと、遺族はさらに辛い目に遭う MAG2 NEWS賞3位 高野孟のTHE JOURNAL 『インサイダー』編集長として知られる、ジャーナリスト・高野孟さんによる時事ニュース解説メルマガ。今年の秋に大きな話題となった、アベノミクスに対して真正面から異を唱えた記事「アベノミクスは終わった…海外主要メディアによる「 [全文を読む]

上杉疑惑で対応ミス連発のTOKYO MX、面白発言が炸裂!

Business Journal / 2012年11月22日13時00分

このように一部ジャーナリストとしての活動において問題提起を行い、経緯の是非はあれ自由報道協会の立ち上げと運営に奔走したと評価する声があるものの、これらの上杉氏の「遍歴」は厳密な取材に基づかない捏造を含むものと指摘され批判を受けるのもやむを得まい。 今回のTOKYO MXの問題においては、2012年10月26日放送の『5時に夢中!』内で上杉氏が自ら希望して [全文を読む]

自由報道協会賞の授賞式が開催 大賞の岩上氏「自分が受賞しては格好がつかない」

ニコニコニュース / 2012年01月28日02時17分

同協会は1周年を記念して、優れたジャーナリスト・作品を表彰する「自由報道協会賞」を創設。第一回の各部門賞・大賞の発表と表彰式が27日に開催された。授賞式では、大賞(日隅一雄賞)を受賞したジャーナリストでIWJ代表の岩上安身氏が、同賞の創設の経緯について「ゴタゴタしたこともあった」と打ち明ける一幕もあった。 表彰式冒頭には、民主党元代表の小沢一郎衆院議員が登 [全文を読む]

自由報道協会が1周年を記念する"賞"を創設し候補を発表 授賞式は27日

ニコニコニュース / 2012年01月25日11時29分

同協会では1周年を記念して、「ジャーナリズムの信用と権威を高めた」ジャーナリストや作品を表彰する「自由報道協会賞」を創設した。同協会公式ホームページ上では、1月25日に同賞の候補が発表された。 昨年の設立以来、「報道の多様性と自由な取材機会の保障」を訴えてきた自由報道協会。「取材」「報道」を目的とするすべての記者が自由に参加できるような記者会見の主催を続け [全文を読む]

長谷川豊アナの「人工透析患者を殺せ」発言に上杉隆、茂木健一郎が痛烈反論!

アサ芸プラス / 2016年10月03日09時59分

この降板劇の数日前、ジャーナリストの上杉隆氏はメルマガで、脳科学者・茂木健一郎氏がブログで、長谷川アナに反論したことが話題となった。 上杉氏は亡くなった父親が人工透析を受けていたことを明らかにし、医療費負担など公的な支援には家族も救われたこと、不摂生だけが腎臓病の原因ではないこと、病で苦しむ人を救うのは国や政治の責任であることなどを挙げ、長谷川アナの主張 [全文を読む]

自民党関係者が政敵蹴落とすため赤旗に情報流すこともある

NEWSポストセブン / 2016年10月03日07時00分

2005年の離党まで共産党No.4として辣腕をふるった筆坂秀世氏(元参議院議員)と、ジャーナリストとして赤旗と関わり、先般の都知事選では共産党と対峙した上杉隆氏が、なぜ彼らが赤旗に登場したのかについて語った。 上杉:敵対関係に見える自民党と共産党は、実はつながりが深い。自民党にとって赤旗は党内派閥や大手メディアと違い、「永遠の敵」で利権が重なりません。自民 [全文を読む]

フォーカス