仕事 織田裕二に関するニュース

<テレビドラマADの仕事[2/2]>過酷なAD時代の先にある「乗り越えた者しかわからない感動」

メディアゴン / 2014年12月11日01時58分

「衣装合わせ」で挨拶したといえ、仕事の出来ない下っ端ADの名前まで、スターさんが覚えてくれる訳がありません。但し、下っ端にはスターさんと直に接する重要な業務があります。それが撮影現場での「呼び込み」です。スタジオ撮影の場合、カメラリハーサルや本番前に俳優を「呼び込み」ます。カメラテストやセットの装飾直しが終了すると、チーフ助監督がそのシーンの出演者を「呼ん [全文を読む]

<『ワンダ “金”ブランド』新TV-CM> 織田裕二さん、難解な仕事に前向きに立ち向かう サラリーマン役を熱演

PR TIMES / 2014年08月18日09時11分

20年振りに共演する山崎努さん演じる社長の苦言を痛快にかわす / 8月19日より『登場』編、『味に自信アリ』編を全国でオンエア開始 アサヒ飲料株式会社(本社 東京、社長 本山和夫)は、『ワンダ 金の微糖』、『ワンダ ゴールドブラック -金の無糖-』をリニューアル発売するにあたり、CMキャラクターに俳優の織田裕二さんを起用した新TV-CM『登場』編、『味に自 [全文を読む]

『世界陸上』10回連続起用の中井美穂 その理由はどこに?

NEWSポストセブン / 2015年08月15日07時00分

中井さんが30歳でフリーになってから最初の大仕事が“世陸”。当時は、フリーになりたての人気女子アナを起用した…ということで、視聴者も納得していたと思う。 もちろん、TBSの局アナたちは納得しておらず、「ウチのスポーツ局の幹部は自局の女子アナを信用していないらしい」「フリーになった女子アナを最初に使うのがウチ」などと同局のアナウンサーたちが嘆いているのを聞 [全文を読む]

第11回「フジテレビ物語(後編)」

ソーシャルトレンドニュース / 2016年10月22日12時00分

その仕事は痛快だ。深夜の編成部長は、まず1年分の制作予算を“本物の編成部長”から託される。そこから先は、企画からスタッフィングまで自由にやっていいルール。先輩や上司は一切口出しできない。ちなみに、先の小牧次郎サンは2代目深夜の編成部長、石原隆サンは3代目深夜の編成部長となる。かくして、まるでカンブリア紀の大爆発のように、自由で独創的な番組たちが登場する。■ [全文を読む]

織田裕二の貴族キャラ! ドラマ評論家がキャスト解説

Smartザテレビジョン / 2016年09月24日06時00分

「失恋ショコラティエ」('14年フジ系)のような月9のラブストーリーで、女子力の高い王道ヒロインを演じてきた石原だが、今回彼女が演じるのは仕事に打ち込むオシャレ女子。校閲という一般的には知られていない仕事をどう演じるのか楽しみだ(成馬)。■ コメディエンヌ・新垣の真骨頂なるか!「逃げるは恥だが役に立つ」10月11日(火)スタート毎週火夜10:00-10:5 [全文を読む]

「熱いアラフィフ」は需要なし!?織田裕二がドラマ界からついにリストラ?

アサ芸プラス / 2016年05月17日05時59分

「織田は長男が生まれてから仕事をセーブしているのは事実ですが、実は俳優として使い勝手が悪いために仕事が減っているんです。織田はアラフィフですが、同年代の江口洋介が演じるような父親役が似合いません。かといって、同じく同年代の吉川晃司が演じるような会社の重役も似合わない。ハマる役といえば、織田が現在キャラクターを務めている『佐川急便』や缶コーヒーのCMで演じて [全文を読む]

「干され女優」水野美紀、キムタクと15年ぶり共演までの“暗黒時代”

アサ芸プラス / 2015年03月10日17時59分

「独立後は仕事が一気に減り、ドラマも数年間は出演作がなかった。仕事の電話も水野自身が窓口となり、応対していたといいます。やっとテレビの仕事が来たと思えば、バラエティ番組『リンカーン』(TBS系)の『芸人がドラマを作る』という企画で、おぎやはぎの矢作兼から何十回もキスされるという汚れ役。そして、映画では『恋の罪』で一糸まとわぬ姿を披露し、女優として必死に踏 [全文を読む]

『東京ラブストーリー』から今、有森也実が語る後悔と解放「女の幸せも味わってみたかったな…」

週プレNEWS / 2017年05月13日17時00分

しかも、恋も仕事もできてサバサバなリカに対して、潔癖でおしとやかな優等生…。当時から、役とイメージを重ねていた人も多かったですよね。 有森 ですね。そのイメージを払拭できなかったっていのうは後悔ですよね。そういうチャンスはありましたし、私もチャレンジしてきたけど、なかなか払拭までには至らなかった。 ―その後、「恋愛には肉食系」とか「お酒好き」みたいなイメー [全文を読む]

【おすすめ恋愛ドラマ5選】トヨエツにキムタク、ブッキーも!

恋学 / 2017年03月14日10時30分

【恋ノチカラ】(2002)<あらすじ>本宮籐子(深津絵里)は、大手広告代理店に勤めるものの、結婚も恋愛もできず、仕事も楽しくない日々を過ごしていた。そんなある日、人気クリエイターの貫井功太郎(堤真一)が独立し、その会社にどういうわけか籐子が引き抜かれる。だがそれは人違いだったのだ。仕方なく、貫井企画に居座り続ける籐子。仕事バカの貫井から仕事への信念や生き [全文を読む]

【独占インタビュー】GETWILDだらけのアルバムに小室みつ子さん「眠れない午前2時」「チープなスリルにおびえてるかい?」「みんなGETWILDのこと忘れないでいてくれてありがとう」

ガジェット通信 / 2017年02月10日21時00分

(一緒に)お仕事もしている(笑)。仕事をしていないようで意外としている私。 ―― おおっと!(笑) そうなんですね みっこ: ここ1~2年、私事で忙しくてお仕事できてなかったんですが、最近ゆとりが出てきました。twitterも再開しました(笑)。 ―― 本当よかったです みっこ: 『GET WILD』について何言えばいいのかなぁ。私の知らないバージョンばっ [全文を読む]

主題歌は名曲ばかり!今年の聖夜はドラマで楽しもう!クリスマスに観たい懐かしの恋愛ドラマ5選!

日本タレント名鑑 / 2016年12月22日16時55分

仕事も学校も年末に向けてラストスパートといったところでしょうが、まだひとつ大きなイベントが残っています。そう、クリスマス。近年は若干ハロウィンに押されがちではありますが、やはりまだまだキング・オブ・カップルイベント。恋人や家族と目一杯楽しみましょう。 美しく装飾されたイルミネーションを恋人と眺めるのも良いですし、美味しいフレンチで乾杯するのも楽しいでしょう [全文を読む]

織田裕二は「変人」!?視聴者がついていけなかった熱すぎるこだわりとは?

アサ芸プラス / 2016年10月23日17時59分

いつでも仕事をしていたいワーカホリックでもあることから、仕事の暇な『2月はいらなくないですか?』と続けた。現場に行っても寒いだけでいいことなし。どうせ過ごすなら、17~25度がベストと力説した。極めつけは『最近の若者は肌が白すぎる』とダメ出し。色黒俳優には強いライトが当てられるため織田は『現場で熱くてしょうがない』と嘆いていました」(テレビ誌ライター) 織 [全文を読む]

ドラマ『相棒』、相棒本命・仲間由紀恵が再びNGの公算の事情…また不評の反町か

Business Journal / 2016年04月15日07時00分

しかし、人気女優ということもあって、映画や連続ドラマなどの仕事が入っていれば、簡単に産休に入るわけにはいかない。 そこで仲間も所属事務所と相談して、長期間拘束される仕事は入れない方針を取っているのです。現在の仕事が『ミュージックフェア』(フジテレビ系)のMCのみなのは、ドラマや映画に比べれば拘束時間も短く、夫婦で過ごす時間もキープできるためという背景がある [全文を読む]

仕事は“モテモテ”でも……女優・吉田羊に男の影なし! 張り込み記者「休日は飲んだくれてるだけ」

日刊サイゾー / 2016年01月11日09時00分

以後、オファーが殺到したが、所属事務所は吉田しかいないため、基本的に仕事は断らない。そのため、ほとんど仕事漬けの日々を送っている」(映画業界関係者) 知名度が上がるにつれてバラエティ番組からのオファーも増えているが、売れっ子だけに、気になるのはその男性関係だ。 「張り込んだが、撮影現場と自宅の往復で、まったく男の影がなかった。一時期、先日銀座のホステスとの [全文を読む]

水卜麻美アナへの過剰な「デブいじり」は肥満キャラ強要というセクハラ

messy / 2014年07月11日12時30分

水トアナは、「朝から収録が何本も立て続いていて、それで女優の仕事まで…。プレッシャーがあまりに大きすぎるんです…」とも漏らしていたそうで、あまりに多くの仕事を振られ会社に忙殺されていることを伺わせる。 そもそも「太ってるね」と言われて喜ぶ人間は、男女問わずそうそういないだろう。他人から「痩せろよ」とか「肉感が最高、そのままでいい」とか評価される筋合いはない [全文を読む]

ものすごい美人が、嫁に「キター!」ものまね芸人・山本高広が結婚していた

日刊サイゾー / 2014年03月10日11時00分

今はほとんど仕事がないようですから、少しでも注目されたかったんでしょうね」(芸能事務所関係者) 確かに、昨年のクリスマス直前のイベントでも、「スケジュール空いてます。ぜひお仕事を」と必死に呼びかけていた。ものまね界も、最近ではやしろ優やみかんなど新たな若手の活躍も目立ち、以前ほど山本をテレビで見ることは少なくなっている。 「彼は人柄がいいですから、まったく [全文を読む]

織田裕二 ダメ男ぶりで「女性を敵にまわしそう」と本人談

WEB女性自身 / 2013年07月03日07時00分

20キロ近い子供をおぶったり、遊んでいると一日中筋トレをしているくらいの疲労感はありますね(笑)」 妻に愛想を尽かされ、家も仕事も失い、必死な形相で仕事を求め、職業安定所に通いつつ、一人息子を育てていく、という初めてだらけのダメ男役。織田はちょっと心配そうに、こう言った。「本当に身勝手な男で、女性を相当敵にまわしそうで怖いです(笑)。ただダメな部分は人間臭 [全文を読む]

織田裕二、『踊る』以外にヒットは期待できない!? 格安ギャラに「当然」の声も

サイゾーウーマン / 2013年02月14日09時00分

『踊る大捜査線』(フジテレビ系)が昨年の映画でファイナルを迎えてから、CM以外ではさっぱり仕事がなくなってしまった織田。「女性自身」によれば、織田は同作のプロデューサーを務めていたフジテレビの亀山千広常務に「ドラマに出演したい」と直訴してきたという。 ところが、春のドラマ枠はすでに主演が決まっていたため、同局は土曜の深夜枠を提案。通常、織田のようなトップ [全文を読む]

水野美紀 会議室では決まらない「踊る大捜査線」 復活ウラ事情「織田裕二の直訴で封鎖できなかった」

アサ芸プラス / 2012年09月12日10時54分

その背景として、事務所のパワーで受けていた仕事を自身の実力だと過信していた部分があった。案の定、独立するや仕事は激減。大手プロは、スポーツ紙に自社タレントの記事が載った際、横に水野の名前を見つけると『隣に載せるな』と抗議するほど“水野潰し”を徹底していました」 独立後の水野が苦境に立っていたのは間違いない。 その結果、昨年公開された「恋の罪」(日活)でフル [全文を読む]

岡田将生もあわや!?「失神で倒れた」芸能人たち

日刊大衆 / 2017年09月18日09時05分

幸い大事には至らず撮影も続けられたそうだが、岡田の他にも仕事中に失神してしまった芸能人は存在する。 女優の二階堂ふみ(22)は映画『脳男』(2013年公開)の撮影中に失神。というのも、主演の生田斗真(32)から首を絞められるシーンで監督が生田に「もっと絞めて」と指示。そこで生田がグッと力を入れて首を絞めると、二階堂はガタッと落ちてしまったとか。ちなみに、 [全文を読む]

フォーカス