仕事 織田裕二に関するニュース

<テレビドラマADの仕事[2/2]>過酷なAD時代の先にある「乗り越えた者しかわからない感動」

メディアゴン / 2014年12月11日01時58分

「衣装合わせ」で挨拶したといえ、仕事の出来ない下っ端ADの名前まで、スターさんが覚えてくれる訳がありません。但し、下っ端にはスターさんと直に接する重要な業務があります。それが撮影現場での「呼び込み」です。スタジオ撮影の場合、カメラリハーサルや本番前に俳優を「呼び込み」ます。カメラテストやセットの装飾直しが終了すると、チーフ助監督がそのシーンの出演者を「呼ん [全文を読む]

<『ワンダ “金”ブランド』新TV-CM> 織田裕二さん、難解な仕事に前向きに立ち向かう サラリーマン役を熱演

PR TIMES / 2014年08月18日09時11分

20年振りに共演する山崎努さん演じる社長の苦言を痛快にかわす / 8月19日より『登場』編、『味に自信アリ』編を全国でオンエア開始 アサヒ飲料株式会社(本社 東京、社長 本山和夫)は、『ワンダ 金の微糖』、『ワンダ ゴールドブラック -金の無糖-』をリニューアル発売するにあたり、CMキャラクターに俳優の織田裕二さんを起用した新TV-CM『登場』編、『味に自 [全文を読む]

『世界陸上』10回連続起用の中井美穂 その理由はどこに?

NEWSポストセブン / 2015年08月15日07時00分

中井さんが30歳でフリーになってから最初の大仕事が“世陸”。当時は、フリーになりたての人気女子アナを起用した…ということで、視聴者も納得していたと思う。 もちろん、TBSの局アナたちは納得しておらず、「ウチのスポーツ局の幹部は自局の女子アナを信用していないらしい」「フリーになった女子アナを最初に使うのがウチ」などと同局のアナウンサーたちが嘆いているのを聞 [全文を読む]

第11回「フジテレビ物語(後編)」

ソーシャルトレンドニュース / 2016年10月22日12時00分

その仕事は痛快だ。深夜の編成部長は、まず1年分の制作予算を“本物の編成部長”から託される。そこから先は、企画からスタッフィングまで自由にやっていいルール。先輩や上司は一切口出しできない。ちなみに、先の小牧次郎サンは2代目深夜の編成部長、石原隆サンは3代目深夜の編成部長となる。かくして、まるでカンブリア紀の大爆発のように、自由で独創的な番組たちが登場する。■ [全文を読む]

織田裕二の貴族キャラ! ドラマ評論家がキャスト解説

Smartザテレビジョン / 2016年09月24日06時00分

「失恋ショコラティエ」('14年フジ系)のような月9のラブストーリーで、女子力の高い王道ヒロインを演じてきた石原だが、今回彼女が演じるのは仕事に打ち込むオシャレ女子。校閲という一般的には知られていない仕事をどう演じるのか楽しみだ(成馬)。■ コメディエンヌ・新垣の真骨頂なるか!「逃げるは恥だが役に立つ」10月11日(火)スタート毎週火夜10:00-10:5 [全文を読む]

「熱いアラフィフ」は需要なし!?織田裕二がドラマ界からついにリストラ?

アサ芸プラス / 2016年05月17日05時59分

「織田は長男が生まれてから仕事をセーブしているのは事実ですが、実は俳優として使い勝手が悪いために仕事が減っているんです。織田はアラフィフですが、同年代の江口洋介が演じるような父親役が似合いません。かといって、同じく同年代の吉川晃司が演じるような会社の重役も似合わない。ハマる役といえば、織田が現在キャラクターを務めている『佐川急便』や缶コーヒーのCMで演じて [全文を読む]

「干され女優」水野美紀、キムタクと15年ぶり共演までの“暗黒時代”

アサ芸プラス / 2015年03月10日17時59分

「独立後は仕事が一気に減り、ドラマも数年間は出演作がなかった。仕事の電話も水野自身が窓口となり、応対していたといいます。やっとテレビの仕事が来たと思えば、バラエティ番組『リンカーン』(TBS系)の『芸人がドラマを作る』という企画で、おぎやはぎの矢作兼から何十回もキスされるという汚れ役。そして、映画では『恋の罪』で一糸まとわぬ姿を披露し、女優として必死に踏 [全文を読む]

<速報>織田裕二、北島康介、有吉弘行ら豪華メンバーが受賞「GQ Men of Year 2012」

モデルプレス / 2012年11月19日17時19分

日本では今年で7回目を迎え、生き方、仕事、スタイルにおいて雑誌「GQ JAPAN」読者をインスパイアし、各分野において圧倒的な活躍を見せた男性に贈られる。この3名のほか、写真家の篠山紀信、音楽クリエイターのヒャダイン/前山田健一、スタートトゥデイ代表取締役の前澤友作氏、ロンドン五輪ボクシング代表の村田諒太選手ら計7名が同賞を受賞。また、今回より日本でも新設 [全文を読む]

『東京ラブストーリー』から今、有森也実が語る後悔と解放「女の幸せも味わってみたかったな…」

週プレNEWS / 2017年05月13日17時00分

しかも、恋も仕事もできてサバサバなリカに対して、潔癖でおしとやかな優等生…。当時から、役とイメージを重ねていた人も多かったですよね。 有森 ですね。そのイメージを払拭できなかったっていのうは後悔ですよね。そういうチャンスはありましたし、私もチャレンジしてきたけど、なかなか払拭までには至らなかった。 ―その後、「恋愛には肉食系」とか「お酒好き」みたいなイメー [全文を読む]

【おすすめ恋愛ドラマ5選】トヨエツにキムタク、ブッキーも!

恋学 / 2017年03月14日10時30分

【恋ノチカラ】(2002)<あらすじ>本宮籐子(深津絵里)は、大手広告代理店に勤めるものの、結婚も恋愛もできず、仕事も楽しくない日々を過ごしていた。そんなある日、人気クリエイターの貫井功太郎(堤真一)が独立し、その会社にどういうわけか籐子が引き抜かれる。だがそれは人違いだったのだ。仕方なく、貫井企画に居座り続ける籐子。仕事バカの貫井から仕事への信念や生き [全文を読む]

フォーカス