相手 織田裕二に関するニュース

織田裕二さん・土屋太鳳さん出演、イーデザイン損保の“事故解決のプロフェッショナル”シリーズ 新CM「事故現場でもお任せを」篇を12月1日より放映開始

PR TIMES / 2016年12月01日18時40分

CMギャラリー:http://www.edsp.co.jp/lp/cm/◆「事故現場でもお任せを」篇 ストーリー事故現場で、事故の相手の方との対話にお困りのお客さま。そんなお客さまからのご要望にお応えし、事故受付担当の安西優実(土屋太鳳さん)が、事故の相手の方との対話をお客さまに代わって行います。専任担当者(織田裕二さん)による示談交渉だけではなく、事故現 [全文を読む]

吉田羊が織田裕二の妻役を語る「愛について改めて考えさせられた」

Movie Walker / 2016年11月04日14時57分

織田を相手に、絶妙な受け手の芝居を見せた吉田が、織田との撮影エピソードを語った。 織田の妻役ということで、プレッシャーを抱えたまま現場に臨んだ吉田だが、初対面の時の織田の心遣いに感銘を受けたそうだ。「織田さんが私に『ずっと共演したいと思っていました』と言ってくださり、そのひと言ですごく楽になりました。あの天下の織田裕二さんが私の名前を知っていてくださったん [全文を読む]

菜々緒、加速するドSイメージ...大物俳優相手に効果絶大!?

メンズサイゾー / 2016年01月18日22時30分

相手役を務める織田も一軒家を夢見る犬を演じるが、そんな彼に向かって菜々緒が、「あんた、捨てられるわよ」と呟く姿はまさにSキャラといった印象。オンエア直後から、ネット上には「今度はドSなネコか」「セクシーキャットだな」といった声が寄せられ、さらにイメージを固めた視聴者も多いようだ。 「織田裕二さん相手に強気なキャラクターを演じている菜々緒さんですが、視聴者 [全文を読む]

織田裕二、4年ぶり映画決定も「ウッチャン主演でいいのに」「また吉田羊か」の声噴出

サイゾーウーマン / 2015年11月18日15時54分

余命宣告を受けたことで、愛する妻・彩子の再婚相手探しに奔走するという愛の物語となる。脚本を読んだ織田は「クスッと笑えて、涙が流れた。こんな役は演じたことがない。この作品に出会えてとても嬉しい」と語っているが、世間では織田の配役を不安視する人が多いようだ。 「『Oh,My Dad!!』(フジテレビ系)は全話平均視聴率9.3%、僧侶を辞めた新人講師を演じた『奇 [全文を読む]

大ヒットの『踊るFINAL』撮影現場秘話 "ぼっち"の織田裕二が唯一話しかけた相手とは......?

日刊サイゾー / 2012年09月30日08時00分

ホントのところは誰にもわからないですよ」(同) そんな話を聞くと、ますます"続編"が見たくなる......?【関連記事】・「織田裕二と柳葉敏郎の確執は解消できず......」来月公開の『踊るFINAL』打ち上げも開かれない異常事態・『踊る4』大コケ続きのSMAP香取慎吾がゲスト出演も織田と柳葉の不仲は継続中......・いよいよ動き出した映画『踊る大捜査線 [全文を読む]

織田裕二が「世界陸上」から消える説が浮上するザ・芸能界なワケ

アサ芸プラス / 2017年09月11日05時59分

今年8月に2年ぶりで開催されたロンドン大会の中継番組でも、11回連続でコンビを組む、フリーアナウンサーの中井美穂を相手に終始ハイテンションで番組を盛り上げた。 今や同番組の“顔”と言ってもいい織田だが、その迷MCぶりが2度と見られなくなる可能性もあるという。 同局の関係者はこう語る。「バラエティ番組や情報番組、ニュース番組など、最近はジャニーズさんがやた [全文を読む]

第21回「刑事ドラマの歴史」

ソーシャルトレンドニュース / 2017年06月09日18時00分

例え、相手が犯人であっても――。 それが、渡瀬恒彦サンが刑事ドラマを通して僕らに教えてくれた、いわば遺言である。(文:指南役 イラスト:高田真弓) [全文を読む]

プロデューサーも脱帽 ディーン『IQ246』での精密役作り

WEB女性自身 / 2016年11月26日06時00分

また、関節技で相手の動きを制する接近戦用の武術は、ディーンさんが大変こだわった点です。『派手ではないけど、華麗に見せるアクションもあるんですよ』と教えてくれて。賢正を象徴するポイントになりました」 ■思いを伝えるのはセリフではなく花言葉で 「第3話で、観月ありささん演じる美晴との花言葉のやりとりは、『賢正の美晴への思いを伝えたほうがいい』というディーンさん [全文を読む]

4年ぶりの主演映画が大コケ! 織田裕二の“オワコン”ぶりが露呈してしまった……

日刊サイゾー / 2016年11月25日09時00分

「末期のすい臓がんで余命6カ月と宣告された主人公のテレビの放送作家が、自分が死んだあとを憂い、妻の再婚相手を探すというストーリー。業界内ではなかなか高評価だったものの、興行通信社が発表する週末の興行成績の動員数をもとにした『国内映画ランキング』では、初週6位。2週目は8位で、3週目でトップ10圏外に陥落してしまった。興行収入は、大規模公開館数なら10億円 [全文を読む]

もしも余命1ヶ月と言われたら…「相手のために離婚する」人

しらべぇ / 2016年11月16日08時30分

主演の織田裕二・吉田羊の演技や、「余命半年」と宣告された主人公が妻のために新しい結婚相手を探すストーリーに、号泣してしまう人が続出している。では、もしもこの映画のように自分が余命宣告されたら...配偶者に何をしてあげるだろうか。■若い人ほど「生きてるうちに別れる」既婚者を対象に「余命1ヶ月と言われたらどうするか」しらべぇ編集部で調査したところ、9.8%の人 [全文を読む]

織田裕二&玉木宏のドラマ 「名前対決」という見方ある

NEWSポストセブン / 2016年11月16日07時00分

裏で何人もの女性を泣かす小松平は、そのひとりに襲撃されて警察批判をするが、結局、他の相手に六股を暴露され、「夜も暴れん坊」などと報道されることになった。 日曜夜にどこまで続くのか、名前対決。当て字、パロディ、文字違い。やるならあっと驚くところまで突き詰めてほしい。夜露四苦。 [全文を読む]

織田裕二「普段はまったく演技で泣けないのに」涙ボロボロの主演作とは?

anan NEWS / 2016年11月10日20時00分

余命宣告を受けた夫が奥さんの再婚相手を探すなんて突拍子もないストーリーに、僕も最初は『え?』と思ったけど、三村修治という役を演じているうちに、彼の行動の意味が少しずつ理解できたような気がして。普段はまったく演技で泣けないのに、涙がボロボロ止まらなかったのも初めての経験でした。まるで夢の中でシャワーを浴びて、自分自身が生まれ変わったような、そんな気持ちになっ [全文を読む]

「織田裕二さんは真面目」吉田羊に30の質問【後半】

WEB女性自身 / 2016年11月06日17時00分

それを言ったところでという感じなので、できるだけ見せないようにしています」 【Q23】理想の結婚相手の条件を3つ挙げるとしたら?「面白がれること。リスペクトできること。ちゃんと愛してくれること(笑)。その愛を感じられれば信じていられる、と思います」 【Q24】おすすめのお酒は?「そばソーダ(笑)」 【Q25】お酒のおつまみは?「枝豆!」 【Q26】大活躍の [全文を読む]

織田裕二 中島美嘉のサプライズをまさかのネタバラし

NEWSポストセブン / 2016年10月29日16時00分

同作は、織田裕二演じる放送作家の三村修治が膵臓がんで余命6ヶ月と診断され、家族に残せる「最後の企画」として、妻・彩子(吉田羊)の結婚相手を探すという物語。修治が見初めた相手・伊東正蔵を演じるのは、ネプチューンの原田泰造だ。 ちなみに、中島はサプライズで『Forget Me Not』を歌う予定だったが、織田が「今日、生で聴けるんですよね」とまさかのネタバラ [全文を読む]

織田裕二「夫婦二人でご飯を」貴重なノロケ話を披露

日刊大衆 / 2016年10月26日20時30分

映画では、自分の死後にも妻には幸せでいてほしいと願って、妻の再婚相手を探す夫を演じているが、実生活でもいい旦那さんであるようだ。今月23日に都内で行われたカップル限定試写会で話した、妻とのラブラブなエピソードが話題になっている。 「織田さんは、プライベートについてなかなか話しません。バラエティ番組にゲスト出演するたび、家族や恋人の話題を広げようと司会者から [全文を読む]

織田裕二が4年ぶりの主演映画で「奇跡の映画を作れた…」

NEWSポストセブン / 2016年10月18日16時00分

余命半年と宣告された主人公の放送作家・三村修治(織田)が愛する妻・彩子(吉田)の再婚相手探しに奔走するというストーリーだ。三村が見初めた男・伊東正蔵を原田が演じる。 今回の作品について織田は「ようやく巡り会えたなと思った」「みんなと奇跡の映画を作れた」と感慨深げに語った。 撮影■浅野剛 [全文を読む]

織田裕二の“ウザキャラ”が大好評!「クセになってくる」

日刊大衆 / 2016年10月18日15時00分

ホームズばりの推理力で初対面の相手の出身地やクセなどをネチネチと言い当て、「頭がいいなどという範疇では収まりきらん。そんなものはるかに凌駕してしまったわ」とかなり上から目線の発言も多く、聞く人によってはいらだちを覚えるかもしれないクセのあるキャラ。 実際にSNSの反応を見ても、放送開始すぐに「なんだ、このしゃべり方……」「これはギャグなのか?」と違和感をあ [全文を読む]

織田裕二、土屋太鳳を介抱した“瞬時の行動”に「見る目が変わった」と称賛の嵐

アサ芸プラス / 2016年10月16日17時59分

仕事では先輩相手でも演技に対する考え方などで衝突することも多いといわれる織田ですが、自分が正しいと思ったことを貫き通せる精神が今回のような瞬時の行動に出るのだと思います」(女性誌記者) 好感度アップがドラマ視聴率にも繋がれば、これ以上ないファインプレーとなりそうだ。(田村元希) [全文を読む]

「IQ246―」に織田裕二の盟友・石黒賢がゲスト出演!

Smartザテレビジョン / 2016年09月21日06時00分

相手に不足なしです。芝居には緊張感が必要だと思いますが、二人とも大人になりましたから、緊張感だけじゃない、ゆとりみたいなものがちょうどいい具合に出たらいいなと思っています。 【石黒賢 コメント】 織田さんはすごく芝居に対して真面目な人なので、一緒に芝居をするのが楽しいです。すでに撮影に入っている他の出演者の方はもうお分かりだと思いますけど、彼は真面目がゆえ [全文を読む]

芸能界「結婚しない女たち」のオフレコ“オトコ事情”(2)吉田羊はあのスキャンダル後も株は急上昇

アサ芸プラス / 2016年09月18日09時57分

その相手が「Hey! Say! JUMP」の中島裕翔(23)で、吉田の自宅に7連泊とあって、芸能マスコミの格好のネタとなった。スポーツ紙記者によれば、「昨年の未年に大ブレイクした吉田は、女性マネージャーと二人三脚でコツコツと実績を積んできた苦労人。それこそ話題を呼んだドラマ『HERO』(フジ系)の頃まで『借金がありました』と話していたほどです。それだけに芸 [全文を読む]

フォーカス