最近 織田裕二に関するニュース

放送当時の評価はいまいち!?後から高く評価(注目)されたドラマの名作たち!

日本タレント名鑑 / 2016年02月04日14時55分

最近は、映画化前提でドラマが製作されたりもしますが、以前はドラマの映画化といえば、じわじわと人気が高まりとうとう映画化!というような視聴者支持の高い、固定ファンの多い作品ばかりでした。 バブル崩壊前のドラマ界では、人気が高まると延長、人気が下がると打ち切りや方向転換なんて事もザラでした。 たとえば、『西部警察』の後番組、1984年『私鉄沿線97分署』。西 [全文を読む]

【独占インタビュー】GETWILDだらけのアルバムに小室みつ子さん「眠れない午前2時」「チープなスリルにおびえてるかい?」「みんなGETWILDのこと忘れないでいてくれてありがとう」

ガジェット通信 / 2017年02月10日21時00分

―― おおっと!(笑) そうなんですね みっこ: ここ1~2年、私事で忙しくてお仕事できてなかったんですが、最近ゆとりが出てきました。twitterも再開しました(笑)。 ―― 本当よかったです みっこ: 『GET WILD』について何言えばいいのかなぁ。私の知らないバージョンばっかり、いっぱいあります(笑)。ライブバージョンとか、私も全て網羅してないの [全文を読む]

織田裕二「黒すぎてライトが熱い」撮影の不満を吐露!?

日刊大衆 / 2016年10月18日20時00分

また、タレントのぺえ(24)から「ディズニーランドとかは行くんですか?」と聞かれると、織田は「ディズニーランド行ったことずっとなくて、最近初めて行った」と明かし、スタジオを驚かせていた。さらに、島崎和歌子(43)に「(織田がいて)ミッキーもびっくりしただろうね」と言われると、織田は「珍獣みたいな言い方しなくても」とツッコんでいた。 次の質問で「家ではどん [全文を読む]

まさかのヘアスタイル!?あまりに奇抜で驚いた芸能人の髪型をピックアップ!

日本タレント名鑑 / 2016年06月10日10時55分

最近では、綾野剛さんの『コウノドリ』の鴻鳥サクラ役などでしょうか。原作漫画のモジャモジャ。ドラマでは「モジャモジャ」という通り名の通り、パーマで上手に表現されています。 同じく2015年末の連ドラ『掟上今日子の備忘録』での新垣結衣さんの髪型も実生活では微妙すぎる“白髪パッツンボブカット”。最近では、コスプレも普通に趣味として認められてきている事もあり、そこ [全文を読む]

筆頭はやはり福山雅治!?ミュージシャンと役者の両立について考えてみた!

日本タレント名鑑 / 2016年02月24日10時52分

最近はむしろ役者としての活動の方が活発かもしれません。2015年『ようこそ、わが家へ』のお父さんや、アイスクリームのCMでもお馴染みです。 ダウン・タウン・ブギウギ・バンドの宇崎竜童さんも多角的な才能の持ち主。作曲家として国民的スター山口百恵さんの楽曲を担当。作曲家としても超一流でありながら、ご自身も『港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ』などのヒット曲を出され [全文を読む]

<恋愛ドラマが見たい!>「東京ラブストーリー」をSNS時代にリメイクしたらどうなる?(前編)

メディアゴン / 2014年12月28日02時05分

(メディアゴン編集部)* * *黒田麻衣子(以下、黒田):最近、恋愛ドラマって、ホントに少なくなりましたよね-。医療モノと事件モノばっかりで飽きる。岩崎未都里(以下、岩崎):ドラマのいいところは、3ヵ月いちばん密着しますよね、人の生活に。映画は2時間で終わるから。黒田:でもね、そう考えると、やっぱ恋愛ドラマを最近みんなが見ないのは、3ヵ月後の結末まで待てな [全文を読む]

『踊る』裏話 織田裕二の提案で小栗旬の役が伊藤淳史に変更

NEWSポストセブン / 2012年09月14日16時00分

最近、織田は、やはり柳葉と共に受けたインタビューでこう語っている。 「青島と室井は作品の背骨なので、全然空気が…あんまり、こんなにそばに座ってないんですよ。あえて離れたところに椅子が置いてあるように(笑い)。いつの間にかスタッフもそうしていたんですけど。(中略)だから、こうやって雑談めいたこと話せるのは、15年経って初めてです、今日が」 どうやら、互いに役 [全文を読む]

『東京ラブストーリー』から今、有森也実が語る後悔と解放「女の幸せも味わってみたかったな…」

週プレNEWS / 2017年05月13日17時00分

最近、フラメンコを始めたんですよ! ―まさに情熱的! エネルギー、相当溜まってきてるんじゃないですか? 有森 そうかも。今、あり余ってるんです(笑)。 (構成/篠本634[short cut] 撮影/五十嵐和博) ●有森也実(ありもり・なりみ) 神奈川県横浜市出身。雑誌モデルとして活躍後、86年に映画『キネマの天地』のヒロイン役で注目されると、91年には大 [全文を読む]

「相葉雅紀と心中する覚悟」を決めたフジテレビ月9陣が犯したミス

messy / 2017年03月31日17時30分

アツこと、秘密のアツコちゃんです! 桜は咲いたのに粉雪が舞ったり冷たい雨が降ったり、嵐か花冷えかと震えていたら、今度は急に温かくなったりと最近のお天気は本当に気まぐれ。まったく予想のつかない天候だけど「お花見、ど~する?」なんて友達とノンキに話していた矢先、事情通の先輩からこんなお知らせが……。「フジテレビの人から聞いたんだけど、月9スタッフが『相葉雅紀と [全文を読む]

「台本に難癖をつけない」織田裕二に異変!? TBS『IQ246』視聴率2ケタ維持なら、シリーズ化へ

日刊サイゾー / 2016年11月11日11時00分

最近は、ドラマの放送前に映画化を決めて失敗した例もあるので、基本的には放送が終わる頃に決めたいようです。ただ、今でも織田さんのギャラが1話300万円近くなので、そのあたりの交渉も必要になりそうです」(芸能事務所関係者) 果たして、華麗なる視聴率となるか――。 [全文を読む]

「織田裕二さんは真面目」吉田羊に30の質問【後半】

WEB女性自身 / 2016年11月06日17時00分

試写で見て号泣し、完パケで号泣し、何回泣くんだって』 【Q28】最近、大満足だった買い物は?「冬物の、シンプルなツイードのコートを買いました。買い物する気がなかったのに、呼ばれたかなと思うくらいピンと来て。長く着倒していくつもりです」 【Q29】生まれ変わるなら男性と女性、どっちがいい?「男性ですね。陰気じゃないし、つるまないし、人の噂話しないし。けんかす [全文を読む]

ディーン・フジオカ 織田裕二も心開いた収録現場での神対応

WEB女性自身 / 2016年10月27日17時00分

「今回のロケの際もスタッフにスイーツを差し入れていましたが、そのような細かい気遣いと余裕は海外を転々とした 修行体験 で学んだものなんでしょうね」(前出スタッフ) 去年ブレイクしたディーンのことを、9月1日にクランクインするまでよく知らなかったという織田だが、最近、ディーンに留学経験があることを知り、親近感を抱くようになったという。 「ディーンさんが英語 [全文を読む]

織田裕二「夫婦二人でご飯を」貴重なノロケ話を披露

日刊大衆 / 2016年10月26日20時30分

10月13日に放送された『櫻井・有吉THE夜会』(TBS系)にゲスト出演した際は、オフの日の過ごし方を聞かれ「ディズニーランドにずっと行ったことなくて、最近初めて行った」と答えており、これにも「家族で行ったのなら、なんだかほっこり」とネットでは好意的に捉えられているようだ。有吉弘行(42)から「プライベートが分からないのは高倉健か織田裕二」と言われるほど [全文を読む]

織田裕二、IQ246の“天才貴族役”に「ミスキャスト!」の声 ディーン・フジオカとの交代要請止まず?

おたぽる / 2016年09月19日12時00分

しかし、その一方で、現在ギネスブックで、“最も高いIQの持ち主”として認定されているアメリカ人女性のIQは228ですから、それを上回るIQ246という数値は、ありえない数値ということで、『天才と馬鹿は紙一重っていうから、コメディタッチなんじゃない?』『蓋を開けてみれば、通常運転の熱血キャラを演じているのでは?』などと指摘する声も飛び交っています」(芸能関係 [全文を読む]

織田裕二がディーン・フジオカに見せつけた「芸能界のヒエラルキー」

アサジョ / 2016年08月05日09時59分

最近はCMでしか姿を見せなかった織田裕二が、10月スタートのドラマ「蘇る男」(TBS系)での主演が決まった。放送される日曜劇場の枠はドラマ視聴率が軒並み低迷している中、13年には堺雅人主演の「半沢直樹」、15年には阿部寛主演の「下町ロケット」で視聴率20%超えを果たしているため、久しぶりのドラマ出演となる織田には期待がかかっている。「織田は91年放送の『東 [全文を読む]

好調TBS「日曜劇場」枠 織田裕二がディーン・フジオカとのW主演を拒否していた!?

日刊サイゾー / 2016年07月28日09時00分

タイトルは『甦る男』(仮)で、織田は自分を冤罪に陥れた人物へ復讐するために甦った弁護士役だと聞いています」(テレビ関係者) 『踊る大捜査線』(フジテレビ系)のヒットなどで、かつては“高視聴率俳優の代表格”だった織田だが、最近は賞味期限切れの声も目立ち、ドラマからは遠ざかっていた。TBSとしては大きな賭けに出たともいえるが、その舞台裏を業界関係者が耳打ちする [全文を読む]

織田裕二が「余命6カ月」!? 映画『ボクの妻と結婚してください。』ハマらなすぎの主演を受けた切ない理由

日刊サイゾー / 2015年11月18日17時00分

最近は『世界陸上』(TBS系)の大興奮ぶりくらいしか印象がない。そのうち役者であることを忘れられてしまう可能性も……。 [全文を読む]

中井美穂の急速劣化の裏で織田裕二がまったく歳を取らない理由とは?

アサジョ / 2015年09月04日09時59分

その結果、10年間パワーを吸い取られ続けているようにも見えるが、織田の若さの秘密はひょっとしてコレ? そういえば、松嶋も最近劣化が囁かれ始めたがもしかして‥‥!? [全文を読む]

織田裕二ナシじゃありえない!『世界陸上』MCに対する陸連の圧力に非難殺到

日刊サイゾー / 2015年09月02日17時00分

そんな織田のハイテンションMCがなりをひそめたことで「なんか元気ない」「最近ドラマ出てないからかな」などネット上でも心配の声が上がっていた。 しかし、この織田の変貌ぶりには明確な理由があった。 「織田の我を忘れたようなMCぶりに対し、前回のモスクワ大会の時点で日本陸上競技連盟からTBSへ『純粋なスポーツ中継をしてくれ』と番組構成変更の申し入れがあったそうで [全文を読む]

僧侶役でも坊主頭はNG! ドラマ初出演の日テレでもプライドを捨てきれなかった織田裕二

日刊サイゾー / 2014年07月03日13時00分

『奇跡の教室』を手がけたのは、かつて『マネーの虎』、最近では『踊る!さんま御殿!!』などを手がける栗原甚プロデューサー。ドラマ畑の人間ではなかったが、心機一転したかった織田はオファーを快諾。脚本や演出に、まったく口を挟まなかったようだ」(日テレ関係者) 「女性自身」(光文社/7月15日号)によると、織田は現場で自分のシーンにOKが出てもモニターチェックすら [全文を読む]

フォーカス