最近 織田裕二に関するニュース

放送当時の評価はいまいち!?後から高く評価(注目)されたドラマの名作たち!

日本タレント名鑑 / 2016年02月04日14時55分

最近は、映画化前提でドラマが製作されたりもしますが、以前はドラマの映画化といえば、じわじわと人気が高まりとうとう映画化!というような視聴者支持の高い、固定ファンの多い作品ばかりでした。 バブル崩壊前のドラマ界では、人気が高まると延長、人気が下がると打ち切りや方向転換なんて事もザラでした。 たとえば、『西部警察』の後番組、1984年『私鉄沿線97分署』。西 [全文を読む]

【独占インタビュー】GETWILDだらけのアルバムに小室みつ子さん「眠れない午前2時」「チープなスリルにおびえてるかい?」「みんなGETWILDのこと忘れないでいてくれてありがとう」

ガジェット通信 / 2017年02月10日21時00分

―― おおっと!(笑) そうなんですね みっこ: ここ1~2年、私事で忙しくてお仕事できてなかったんですが、最近ゆとりが出てきました。twitterも再開しました(笑)。 ―― 本当よかったです みっこ: 『GET WILD』について何言えばいいのかなぁ。私の知らないバージョンばっかり、いっぱいあります(笑)。ライブバージョンとか、私も全て網羅してないの [全文を読む]

星野源には嫉妬!? 木村拓哉は…同世代の男に好かれない有名人4人

Menjoy / 2016年12月06日20時00分

最近はドラマの影響か女性ウケは抜群ですが、同世代の男性ウケはあまりよくないようです……。 「どこにでもいる顔だよね?」 星野源をあまり好きになれない理由を同世代の男性に聞いたところこのような意見がありました。 「芸能人らしさがない」(38歳/コンサル) 「どこにでもいる顔だよね?」(35歳/ライター) また、歌手や文筆家という彼の恵まれた才能に嫉妬を感じる [全文を読む]

織田裕二「黒すぎてライトが熱い」撮影の不満を吐露!?

日刊大衆 / 2016年10月18日20時00分

また、タレントのぺえ(24)から「ディズニーランドとかは行くんですか?」と聞かれると、織田は「ディズニーランド行ったことずっとなくて、最近初めて行った」と明かし、スタジオを驚かせていた。さらに、島崎和歌子(43)に「(織田がいて)ミッキーもびっくりしただろうね」と言われると、織田は「珍獣みたいな言い方しなくても」とツッコんでいた。 次の質問で「家ではどん [全文を読む]

まさかのヘアスタイル!?あまりに奇抜で驚いた芸能人の髪型をピックアップ!

日本タレント名鑑 / 2016年06月10日10時55分

最近では、綾野剛さんの『コウノドリ』の鴻鳥サクラ役などでしょうか。原作漫画のモジャモジャ。ドラマでは「モジャモジャ」という通り名の通り、パーマで上手に表現されています。 同じく2015年末の連ドラ『掟上今日子の備忘録』での新垣結衣さんの髪型も実生活では微妙すぎる“白髪パッツンボブカット”。最近では、コスプレも普通に趣味として認められてきている事もあり、そこ [全文を読む]

筆頭はやはり福山雅治!?ミュージシャンと役者の両立について考えてみた!

日本タレント名鑑 / 2016年02月24日10時52分

最近はむしろ役者としての活動の方が活発かもしれません。2015年『ようこそ、わが家へ』のお父さんや、アイスクリームのCMでもお馴染みです。 ダウン・タウン・ブギウギ・バンドの宇崎竜童さんも多角的な才能の持ち主。作曲家として国民的スター山口百恵さんの楽曲を担当。作曲家としても超一流でありながら、ご自身も『港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ』などのヒット曲を出され [全文を読む]

<恋愛ドラマが見たい!>「東京ラブストーリー」をSNS時代にリメイクしたらどうなる?(前編)

メディアゴン / 2014年12月28日02時05分

(メディアゴン編集部)* * *黒田麻衣子(以下、黒田):最近、恋愛ドラマって、ホントに少なくなりましたよね-。医療モノと事件モノばっかりで飽きる。岩崎未都里(以下、岩崎):ドラマのいいところは、3ヵ月いちばん密着しますよね、人の生活に。映画は2時間で終わるから。黒田:でもね、そう考えると、やっぱ恋愛ドラマを最近みんなが見ないのは、3ヵ月後の結末まで待てな [全文を読む]

『踊る』裏話 織田裕二の提案で小栗旬の役が伊藤淳史に変更

NEWSポストセブン / 2012年09月14日16時00分

最近、織田は、やはり柳葉と共に受けたインタビューでこう語っている。 「青島と室井は作品の背骨なので、全然空気が…あんまり、こんなにそばに座ってないんですよ。あえて離れたところに椅子が置いてあるように(笑い)。いつの間にかスタッフもそうしていたんですけど。(中略)だから、こうやって雑談めいたこと話せるのは、15年経って初めてです、今日が」 どうやら、互いに役 [全文を読む]

『東京ラブストーリー』から今、有森也実が語る後悔と解放「女の幸せも味わってみたかったな…」

週プレNEWS / 2017年05月13日17時00分

最近、フラメンコを始めたんですよ! ―まさに情熱的! エネルギー、相当溜まってきてるんじゃないですか? 有森 そうかも。今、あり余ってるんです(笑)。 (構成/篠本634[short cut] 撮影/五十嵐和博) ●有森也実(ありもり・なりみ) 神奈川県横浜市出身。雑誌モデルとして活躍後、86年に映画『キネマの天地』のヒロイン役で注目されると、91年には大 [全文を読む]

「相葉雅紀と心中する覚悟」を決めたフジテレビ月9陣が犯したミス

messy / 2017年03月31日17時30分

アツこと、秘密のアツコちゃんです! 桜は咲いたのに粉雪が舞ったり冷たい雨が降ったり、嵐か花冷えかと震えていたら、今度は急に温かくなったりと最近のお天気は本当に気まぐれ。まったく予想のつかない天候だけど「お花見、ど~する?」なんて友達とノンキに話していた矢先、事情通の先輩からこんなお知らせが……。「フジテレビの人から聞いたんだけど、月9スタッフが『相葉雅紀と [全文を読む]

フォーカス