女優 森光子に関するニュース

仲間由紀恵、“こんな哀しみがあった”森光子さんの知られざる人生を描く

モデルプレス / 2014年02月27日11時04分

女優の森光子さんを描いたドラマが放送されることが決定し、仲間由紀恵が森光子さんを演じることがわかった。 2012年11月10日、満92歳でこの世を去った国民栄誉賞受賞者、森光子さんを描いたドラマ「森光子を生きた女~日本一愛されたお母さんは、日本一寂しい女だった~(仮)」(フジテレビ系、2014年春放送予定)を放送することが決定。今作は、森光子さんの知られざ [全文を読む]

追悼 森光子さん 出演番組のお知らせ(CS放送「TBSチャンネル2」)

PR TIMES / 2012年11月15日14時46分

株式会社TBSテレビ(以下TBS)の運営するCS放送「TBSチャンネル2」では、11月10日(土)にご逝去された女優・森光子さんがご出演された番組を下記の日時で放送します。 森光子さんは、長きにわたり数々の舞台や映画、テレビドラマなどにご出演され、また国民栄誉賞や文化勲章などを受賞されるなど、日本を代表する女優としてご活躍されました。 TBSにおいても、代 [全文を読む]

森光子、ワイドショー司会抜擢で袋叩き

アサ芸プラス / 2012年11月28日10時00分

“遅咲き”の名女優は、1920年(大正9年)に京都木屋町の料亭に生まれた。母は芸妓で、父が大学生という境遇だった。 高校1年生の時に肺結核で母を亡くし、その数カ月後に父も他界する。その後、芸能界入りを果たすが、戦火が激しくなり、慰問団として戦地を回った。それが、女優・森光子の“原点”となった。 「森さんは、慰問団として戦地に行く前は、軍歌ほど勇ましいものは [全文を読む]

森光子、でんぐり返しな「裏」放浪記

アサ芸プラス / 2012年11月27日10時00分

女優・森光子が92歳でその生涯に幕を閉じた。晩年は舞台「放浪記」で国民栄誉賞まで受賞したが、それまでの道のりは決して平坦ではなかった。親交が深かったジャニーズの面々も知らなかったであろう波乱万丈の「裏放浪記」を、ゆかりの深い人たちの証言で振り返る─。 「本当に残念で寂しく思います。あんなに華奢でしたが、内側からにじみ出てくる強さは、自分の知る役者さんの中で [全文を読む]

”20歳差愛”は吉田羊の魅力ゆえ?それともジャニーズの伝統か

デイリーニュースオンライン / 2016年04月16日13時02分

その場には10代からずっと売れっ子の30代の女優や、今をときめく20代の女優も居た。が、その肌や髪の輝きで、優美な振る舞いで周囲を圧倒したのは、<年齢非公開>ながら40歳代前半と見られる吉田羊だった。 あるドラマの打ち上げで、筆者が実際に目にした光景だ。<舞台で鍛えられた確かな演技力><気さくで面白い人柄>と、女優・吉田羊の魅力を語る言葉は多いが、何より女 [全文を読む]

仲間由紀恵、“幻の衣装”を身に纏い「思い切り演じることができた」

モデルプレス / 2014年04月15日11時11分

女優の仲間由紀恵が、“幻の衣装”を身に纏った。 仲間は、フジテレビのスペシャルドラマ「森光子を生きた女~日本一愛されたお母さんは、日本一寂しい女だった~」(5月9日よる9時~10時52分)で主演を務め、森光子さんを演じる。 同作は、「日本のお母さん」として親しまれた女優の森光子さんが、「女性としての幸せ」と「女優としての幸せ」の間でもがき苦しんでいた若き日 [全文を読む]

高畑淳子も上位!? 2位八千草薫「理想の姑有名人ランキング」1位は

VenusTap / 2016年09月16日17時40分

■理想の姑No.1は、国民的大女優だった故・森光子上述の調査で、関東圏と関西圏に住む既婚女性620人(姑と同居している嫁310人、姑と別居している嫁310人)に対して、「この人とならうまく同居できそうな理想のお姑さんを有名人で例えるなら誰ですか?」と聞いています。そのランキング結果は以下の通り。<理想のお姑さん女性有名人ランキング>第1位・・・森光子(41 [全文を読む]

福田沙紀、テングの鼻が折れた後…

NewsCafe / 2015年11月11日16時00分

女優、福田沙紀(25)のウワサが聞こえてきた。 「脇役女優として生き残れるか、今が女優としての最大の正念場になるでしょう」とはテレビ誌デスク。 福田は大手プロダクションのオスカープロモーションに所属し、テレビや映画、舞台にと大活躍だったが、いつの間にか表舞台から姿を消し、干された感がある。 「ちやほやされて天狗になったせいか、現場ではわがまま放題。遅刻した [全文を読む]

仲間由紀恵の新技に絶賛の声!! 一方、でんぐり返しを求める声も続出

tocana / 2015年10月17日19時00分

今月14日、女優の仲間由紀恵(35)が主演を引き継ぎ、約6年5カ月ぶりに復活を果たした。 「森光子といえばでんぐり返し」「でんぐり返しと言えば森光子」といわれるほど、作品の代名詞ともなった"でんぐり返し"で有名な『放浪紀』。森も、「『でんぐり返し』が出来なくなったら私は女優を辞める」というほど、思い入れが強かった。 そんな伝統芸だが、「新生『放浪紀』出発の [全文を読む]

浅丘ルリ子 本人が語る小林旭、石坂浩二とのオープンな恋愛

WEB女性自身 / 2015年05月05日07時00分

旭さんは父に結婚の申し込みをしてくれたのですが、父が『あの子はまだ女優をしていかなきゃならないので、今は結婚させられません』と断わったんです。それから次第に旭さんとは疎遠になり、結局結婚はしませんでした。しばらくすると、旭さんの撮影現場に、(美空)ひばりさんがよくいらっしゃるようになった。当時、すでに大スターのひばりさんですから、車を降りずに、車の中から撮 [全文を読む]

フォーカス