女優 森光子に関するニュース

追悼 森光子さん 出演番組のお知らせ(CS放送「TBSチャンネル2」)

PR TIMES / 2012年11月15日14時46分

株式会社TBSテレビ(以下TBS)の運営するCS放送「TBSチャンネル2」では、11月10日(土)にご逝去された女優・森光子さんがご出演された番組を下記の日時で放送します。 森光子さんは、長きにわたり数々の舞台や映画、テレビドラマなどにご出演され、また国民栄誉賞や文化勲章などを受賞されるなど、日本を代表する女優としてご活躍されました。 TBSにおいても、代 [全文を読む]

森光子、ワイドショー司会抜擢で袋叩き

アサ芸プラス / 2012年11月28日10時00分

“遅咲き”の名女優は、1920年(大正9年)に京都木屋町の料亭に生まれた。母は芸妓で、父が大学生という境遇だった。 高校1年生の時に肺結核で母を亡くし、その数カ月後に父も他界する。その後、芸能界入りを果たすが、戦火が激しくなり、慰問団として戦地を回った。それが、女優・森光子の“原点”となった。 「森さんは、慰問団として戦地に行く前は、軍歌ほど勇ましいものは [全文を読む]

森光子、でんぐり返しな「裏」放浪記

アサ芸プラス / 2012年11月27日10時00分

女優・森光子が92歳でその生涯に幕を閉じた。晩年は舞台「放浪記」で国民栄誉賞まで受賞したが、それまでの道のりは決して平坦ではなかった。親交が深かったジャニーズの面々も知らなかったであろう波乱万丈の「裏放浪記」を、ゆかりの深い人たちの証言で振り返る─。 「本当に残念で寂しく思います。あんなに華奢でしたが、内側からにじみ出てくる強さは、自分の知る役者さんの中で [全文を読む]

”20歳差愛”は吉田羊の魅力ゆえ?それともジャニーズの伝統か

デイリーニュースオンライン / 2016年04月16日13時02分

その場には10代からずっと売れっ子の30代の女優や、今をときめく20代の女優も居た。が、その肌や髪の輝きで、優美な振る舞いで周囲を圧倒したのは、<年齢非公開>ながら40歳代前半と見られる吉田羊だった。 あるドラマの打ち上げで、筆者が実際に目にした光景だ。<舞台で鍛えられた確かな演技力><気さくで面白い人柄>と、女優・吉田羊の魅力を語る言葉は多いが、何より女 [全文を読む]

福田沙紀、テングの鼻が折れた後…

NewsCafe / 2015年11月11日16時00分

女優、福田沙紀(25)のウワサが聞こえてきた。 「脇役女優として生き残れるか、今が女優としての最大の正念場になるでしょう」とはテレビ誌デスク。 福田は大手プロダクションのオスカープロモーションに所属し、テレビや映画、舞台にと大活躍だったが、いつの間にか表舞台から姿を消し、干された感がある。 「ちやほやされて天狗になったせいか、現場ではわがまま放題。遅刻した [全文を読む]

仲間由紀恵の新技に絶賛の声!! 一方、でんぐり返しを求める声も続出

tocana / 2015年10月17日19時00分

今月14日、女優の仲間由紀恵(35)が主演を引き継ぎ、約6年5カ月ぶりに復活を果たした。 「森光子といえばでんぐり返し」「でんぐり返しと言えば森光子」といわれるほど、作品の代名詞ともなった"でんぐり返し"で有名な『放浪紀』。森も、「『でんぐり返し』が出来なくなったら私は女優を辞める」というほど、思い入れが強かった。 そんな伝統芸だが、「新生『放浪紀』出発の [全文を読む]

黒柳徹子が語る、昭和のテレビのとっておき秘話 #1

文春オンライン / 2017年07月01日07時00分

(出典:文藝春秋2016年1月号) 女優になったきっかけは“人形劇” 二〇一五年は戦後七十年という節目の年でした。私のように長年、放送の仕事に携わってきた者にとって、実はもう一つの節目でもありました。NHKが日本でラジオ放送を始めて九十年を迎えたのです。その記念すべき年に、私は文化功労者に選んでいただきました。記者会見では「テレビを文化だと認めてもらえた [全文を読む]

浅丘ルリ子 本人が語る小林旭、石坂浩二とのオープンな恋愛

WEB女性自身 / 2015年05月05日07時00分

旭さんは父に結婚の申し込みをしてくれたのですが、父が『あの子はまだ女優をしていかなきゃならないので、今は結婚させられません』と断わったんです。それから次第に旭さんとは疎遠になり、結局結婚はしませんでした。しばらくすると、旭さんの撮影現場に、(美空)ひばりさんがよくいらっしゃるようになった。当時、すでに大スターのひばりさんですから、車を降りずに、車の中から撮 [全文を読む]

親族に20億円騙し取られた森光子、実兄のせいで数億円失った江川達也…家族とお金の話

Business Journal / 2014年07月30日01時00分

●森光子氏、消えた20億円の遺産 まず、特集記事『「渡鬼」5姉妹の相続問題は? 信用しながら安心できない身内ならではの難しさ』では、人気テレビドラマ『橋田壽賀子ドラマ 渡る世間は鬼ばかり』(TBS系)のプロデューサー・演出家である石井ふく子氏が、ある女優から受けた相談について打ち明ける。「先ごろ亡くなったある女優さんから生前、直接こんな相談を受けました。年 [全文を読む]

桃井かおり、沢田亜矢子らを育て、守った男……急逝した名芸能マネジャーを偲ぶ

日刊サイゾー / 2014年02月24日09時00分

所属女優は、森さん、黒柳徹子、佐久間良子、松原智恵子、和泉雅子、波乃久里子、沢田亜矢子、桃井かおりといった、そうそうたるメンツ。山口智子や天海祐希らが所属する「研音」以前に、“女優の宝庫”と称された、日本を代表する芸能事務所だった。 そんな事務所で、筆者が記憶している限り、堀内氏は、吉永小百合・松原智恵子と“日活の3人娘”と呼ばれた和泉雅子を担当していた。 [全文を読む]

俳優・山本學「人が下手に見えたら、気をつけろ」

NEWSポストセブン / 2017年01月27日07時00分

今回は、数々の大女優たちの相手役を務めてきた山本學が、共演のなかで培った自分の役割について語った言葉からお届けする。 * * * 山本學は舞台やTBSの「東芝日曜劇場」などで、数々の大女優たちの相手役を務めてきた。 「僕ぐらい、いろいろな女優さんと共演している役者はいないと思います。山田五十鈴さん、杉村春子さん、森光子さん、当時の大女優さんはほとんど絡んで [全文を読む]

有名人衝撃死の真相「大原麗子」“親友が明かした晩年の精神状態”

アサ芸プラス / 2015年08月06日17時57分

あれほどの人気と出演本数を誇りながら、最後の10年は女優として活動しなかった。長く愛された大原麗子(享年62)に、いったいどんな心身の変化があったのか──。「親友」が回想激白する。「もう七回忌ですか? あまりにもいろんなことがあったから、そんなにたったとは思わなかった‥‥」 女優・鹿沼絵里は、ありし日の大原の写真を見ながらため息をつく。 鹿沼は日活映画の名 [全文を読む]

心配される森光子の健康状態 重度の認知症説も浮上

メンズサイゾー / 2012年11月13日17時00分

国内最高齢女優である森光子(92)の健康状態が心配されている。2010年の舞台『放浪記』降板発表以降、静養のために表舞台から完全に遠ざかっており、たびたび危篤説や引退説が報じられてきた。今年2月には久々に近影を公開したが、合成写真のような不自然な写真で逆に体調不安を感じさせていた。その病状はかつての北の将軍さながらの極秘扱いとなっており、芸能マスコミの間で [全文を読む]

近影に「合成写真」疑惑まで浮上! 現役最高齢女優・森光子の現状はいかに

サイゾーウーマン / 2012年06月01日12時00分

ぎんさんの娘たちの平均年齢と同じ92歳で、現役女優である森光子だ。年長であった女優・長岡輝子、北林谷栄が2010年に亡くなって以来、森は現役最高齢女優となった。 しかし昨年、立て続けに入院や体調不良が報じられ、毎週のように女性週刊誌に近況が掲載された森。最近では、報道も落ち着きつつあるが、その年齢を考えれば、やはり周囲から不安の声が上がるのも致し方ないだ [全文を読む]

米倉涼子VS泉ピン子のバトル懸念で「ドクターX」撮影現場は超ピリピリムード

アサジョ / 2016年09月24日09時59分

背も高いし、サッパリしていて男前! 本当に素敵な女優さん」と大絶賛した。 しかし、泉の起用に現場はピリピリムードだという。「泉といえば“性格が悪い”と言われていますが、かつて、あの大女優の森光子さんにも盾突く姿を目撃したことがあります。しかも、捨て台詞まで残してね。泉は“私は大女優”という意識が高いので、名前の並びにも扱いにもうるさい。ただ今回は、西田がい [全文を読む]

高畑淳子、息子・裕太の不起訴でイメージ最悪に! 森光子ファンから舞台降板の申し入れが殺到?

おたぽる / 2016年09月14日19時10分

先月23日に息子の高畑裕太が強姦致傷容疑で逮捕された際、憔悴しきった体に鞭を打つようにして、本人に代わり謝罪して回る姿が痛々しく、「バカ息子をもって可哀想」「淳子さんは何も悪くないよ!」などと、同情の声が寄せられていた女優の高畑淳子だったが、今月9日、裕太と被害者側の間で示談が成立し、不起訴処分となったことが報じられると、雲行きが大きく変わってしまった。 [全文を読む]

女優の夏帆が、三船敏郎、黒澤明ら著名人の墓参りに…「掃苔のすすめ」で自分を見つめ直すきっかけに

PR TIMES / 2015年10月15日12時35分

今回、掃苔人を務める女優の夏帆がその足跡に触れる人物は、俳優の三船敏郎と映画監督の黒澤明、女優の森光子と田中絹代、作家の開高健と劇作家の寺山修司といった、一時代を築いたそうそうたる面々だ。この企画を聞いた夏帆は「一時代を築いた方たちのお墓を巡る機会はなかなかないですし、お墓を通じて故人の人生をひもといていくなんて興味深い。ぜひ出演したいなと思いました」と [全文を読む]

仲間由紀恵の“巨大化“は宿命付けられていた? 沖縄美女が劣化するワケ

tocana / 2015年08月25日08時00分

「彼女は『NHK紅白歌合戦』の司会を4度務めるなど、幅広い年齢層に受ける女優でもありますね。『ごくせん』(日本テレビ系)や『TRICK』(テレビ朝日系)など人気ドラマシリーズにも出演し、実力派女優としても知られます。そんな彼女も今年で36歳。デビューが15歳と早いですから、十代のうちから見ている分、劣化が目立つというのもあるでしょう」(業界関係者) 仲間 [全文を読む]

森光子生誕95年記念 『全身女優~私たちの森光子~』 5月9日発売。

PR TIMES / 2015年05月08日16時47分

株式会社KADOKAWA(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:松原眞樹)は、2015年5月9日に、 『全身女優 ~私たちの森光子~』を発売いたします。 各界の著名人が語る女優・森光子との想い出 [画像1: http://prtimes.jp/i/7006/1497/resize/d7006-1497-821363-0.jpg ] 2012年11月に多くの [全文を読む]

米倉涼子 小泉今日子から「ヨネはさぁ」とダメ出しされ泣く

NEWSポストセブン / 2012年12月01日07時00分

主演ドラマ『ドクターX~外科医・大門未知子~』(テレビ朝日系)は平均視聴率17.7%と、今クールのドラマでNo.1の高視聴率を記録するなど、女優として好調な米倉涼子(37才)。 そんな米倉の年の離れた友人だったのが、11月10日に亡くなった森光子さん(享年92才)だ。2005年にドラマ『ハルとナツ』(NHK)で共演して以来の仲で、米倉は森さんのことを<図々 [全文を読む]

フォーカス