作品 真木よう子に関するニュース

真木よう子のツイッターが強烈すぎ キャラに困惑する人続出

しらべぇ / 2017年06月30日20時00分

(画像はTwitterのスクリーンショット)『最高の離婚』『問題のあるレストラン』(ともにフジテレビ系)などの作品で知られる女優・真木よう子。ミステリアスで妖艶な魅力から男性女性ともに高い人気を誇る女優だ。そんな彼女がこの度ツイッターを開始。なかなか刺激的な投稿をしてくれているようだ。■「ワタクシ通り名真木よう子」「中空きナウ」28日に突如ツイッター世界に [全文を読む]

いよいよ7月12日(金)東京からスタート! 『“PHOTO IS”想いをつなぐ。30,000人の写真展 2013』 佐々木希さんなど著名人4名からスペシャルメッセージ

PR TIMES / 2013年07月11日17時19分

■ 佐々木希さんも参加! 著名人が選んだ作品とは!? 富士フイルムが開催する「“PHOTO IS”想いをつなぐ。30,000人の写真展2013」は、全国から寄せられた出展者の想いがこもった作品を全国28会場に展示し、写真を通して“絆”を生む写真展です。著名人・プロの写真家10名が全応募作品の中から“心に響いた作品”を合計100作品選出して特別展示する特別企 [全文を読む]

『カルテット』ロスのママにおすすめ! 脚本家・坂元裕二のドラマ4選

Woman.excite / 2017年03月21日22時50分

毎週楽しみにしていた作品が終わってしまうと、心にぽっかり穴があいてしまいそう…なんて、心配してしまうかも!?そんなときは、同作の脚本を手掛けた坂元裕二さんの作品をチェック! テンポのよいかけあいなど、カルテットにハマった人なら共感できるツボが満載です。© furtseff - Fotolia.com■『Mother』(2010年春・日本テレビ系)キャスト: [全文を読む]

UULA「I LOVE YOU」スマートフォン向け配信ドラマが国際映画祭の舞台で大喝采!

WEB女性自身 / 2013年11月12日00時00分

UULA「I LOVE YOU」スマートフォン向け配信ドラマが国際映画祭の舞台で大喝采!ソフトバンクモバイルのスマートフォン向け総合エンタメアプリUULA(読み:ウーラ)で、戸田恵梨香、多部未華子、真木よう子といった豪華女優陣を主演に迎え、UULA視聴数ランキング歴代1位を記録するなど大ヒットしたオリジナルドラマ「I LOVE YOU」が、山形国際ムービー [全文を読む]

真木よう子、二階堂ふみに「自分にはないものを持っている」【インタビュー後編】

Woman Insight / 2016年04月03日19時30分

そして監督は、ジャンルを超越した強烈な世界観で熱狂的な支持を受け精力的に作品を創りつづけている石井岳龍監督が務めました。 今回Woman Insightでは、そんな『蜜のあわれ』にて、金魚の少女・赤子を演じる二階堂ふみさんと、幽霊であり、おじさまこと老作家の過去の女・ゆり子を演じる真木よう子さんのおふたりにインタビューしました! 今回はその後編。 ★前編 [全文を読む]

『海よりもまだ深く』 是枝裕和監督が撮り下ろし!池松壮亮主演! ハナレグミ「深呼吸」ミュージックビデオ解禁

NeoL / 2016年05月18日16時07分

是枝監督の作品世界を代弁するような、とてもさりげなくて、作品と共にある感じがすごくいいなぁと感じました。 僕自身大好きな曲なので、今回こうしてMVという形で、是枝監督とハナレグミさんというタッグにご一緒させていただけることは本当に嬉しいです。映画よりも町田というキャラクターにもう一歩踏み込んだ内容になっているので、映画とMVと両方を見ていただき、あわせて面 [全文を読む]

真木よう子、「必死でウグイスのフォローしてました(笑)」【二階堂ふみ&真木よう子インタビュー前編】

Woman Insight / 2016年04月02日21時00分

そして監督は、ジャンルを超越した強烈な世界観で熱狂的な支持を受け精力的に作品を創りつづけている石井岳龍監督が務めました。 今回Woman Insightでは、そんな『蜜のあわれ』にて、金魚の少女・赤子を演じる二階堂ふみさんと、幽霊であり、おじさまこと老作家の過去の女・ゆり子を演じる真木よう子さんのおふたりにインタビューしました! Woman Insigh [全文を読む]

真木よう子の「激情型ヒロイン」に疲れてしまう『セシルのもくろみ』初回視聴率は5.1%

messy / 2017年07月14日22時00分

異なるタイプの女性2人(大体20~40代)が主人公で視点を交互に書きながら物語が進行していく形式の作品が多く、女性2人の非対称性やすれ違い、双方が相手に抱くコンプレックスが浮き彫りになるのが面白かったです。2人どころか3~6人ほどの女性の視点を順番に書いた作品もありました。 女性の境遇も性格も容姿はさまざまで、既婚だったり未婚だったりバツ2だったり、専業主 [全文を読む]

え?あの刑事ってそんなに偉かったの!?日本ドラマの刑事たちを階級で比べてみた!

日本タレント名鑑 / 2017年06月14日07時30分

「古畑任三郎」「踊る大捜査線」「相棒」、古くは「西部警察」や「太陽にほえろ!」などなど名作と呼ばれるドラマ作品にも、刑事ものはたくさんあります。このドラマに出てくる数々の名刑事たち。作品の中での上下関係は分かりますが、作品を飛び越えた階級の比較っていまいち分かりません。 そこで今回は、刑事ドラマ(一部アニメ)に出てくる刑事たちを、階級で比較してみました。あ [全文を読む]

『呪怨』の「俊雄」だけじゃない!子どもが怖すぎるジャパニーズホラー

dmenu映画 / 2017年06月10日07時00分

過去に公開された日本のホラー映画には、『こどもつかい』のように子どもが怖すぎる作品が存在します。純粋無垢、だからこそ怖い! そんな彼らが観る者を恐怖に陥れるジャパニーズホラーを紹介します。 邦画史上最恐の白い子ども「俊雄」 日本のホラー界に金字塔を打ち立てた作品といえば、『こどもつかい』で監督を務めている清水崇の代表作『呪怨』(2003年)ですよね。この [全文を読む]

【Yahoo!映画ユーザーが選ぶ 】今週末みたい映画ランキング(11月2日付)

ガジェット通信 / 2016年11月04日19時52分

本ランキングは週ごとにその週の月曜から日曜に劇場公開される作品を対象とし、『Yahoo!映画』のユーザーの投票数の総合計をとっているもので、『Yahoo!映画』独自のランキングです。 ■【11月2日】今週末みたい映画ランキング 対象:10月31日(月)~11月6日(日)劇場公開作品 1位『溺れるナイフ』(http://yahoo.jp/BE0OfJ) ■公 [全文を読む]

はやくも明暗くっきり?今期”夏ドラマ”の意外な勝ち組と負け組

デイリーニュースオンライン / 2017年07月25日11時45分

本ドラマは雑誌『YOU』(集英社)に連載された同名漫画の実写化作品。渡辺演じる主人公のファッションデザイナーが、子育てや家事に奮闘する姿が描かれている。脇役陣には、イケメンでゲスな夫を要潤(36)、そして姑役を“おばあちゃん役”初挑戦の斉藤由貴(50)が演じている。 『カンナさーん!』が放送されている火曜22時台は、前クールに放送された波瑠(26)主演の『 [全文を読む]

TSUTAYA高橋さん推薦!観ればハマる「女性にオススメ映画DVD」11選

Woman Insight / 2014年01月01日11時00分

そんな人は、テレビに飽きたらDVDです! 今回は、みんなが知ってる大ヒット作品や大作モノではなく、“観ればちょっとハマっちゃう”という視点で、TSUTAYA 広報の高橋祐太さんに“11本”をご紹介いただきました。ひとりで観るもよし、カップルや家族で観るもよし。洋画、邦画、アニメと幅広いジャンルをご紹介しますので、この正月休みに是非チェックしてみてください! [全文を読む]

真木よう子『セシルのもくろみ』やっつけ感満載のがっかり最終回

デイリーニュースオンライン / 2017年09月16日11時50分

低視聴率で始まった本作品だが、残念ながら最終回まで数字が上向くことなく、前回よりも1.0ポイント下げてフィニッシュした。 作品の出来もさることながら、真木よう子が放送期間中に巻き起こした数々のトラブルも不人気の理由だったに違いない。打ち切りにより、1話短縮しているので仕方がないが、最終回は駆け足感とやっつけ感が満載で、見ていて非常に切なかった。 初回から意 [全文を読む]

最終回を迎えた『セシルのもくろみ』で得した人と損した人

しらべぇ / 2017年09月08日18時00分

一部スポーツ新聞では、本作品の収録をドタキャンしたと報じられていたが、最終回ではそれを反映したかのようなくだりも。それは、みやじが『ヴァニティ』への熱い気持ちを語るシーンだ。みやじが長台詞を語る流れで、「撮影をドタキャンしたことへの謝罪」や「ネットの声に対する意見」などが述べられ、視聴者の中には「アドリブでは?」と想像するコメントも。・ネットとか数字気にす [全文を読む]

『セシルのもくろみ』真木よう子は痩せすぎ? 作品に集中できない人も

しらべぇ / 2017年07月20日16時00分

先週放送の初回は平均視聴率5.1%(ビデオリサーチ調べ/数字は関東地区)と、正直かなり苦しいスタートとなった本作だが、作品の出来以外にも視聴者離れを招いてしまった要素がありそうだ。それは、主人公を演じる女優・真木よう子が「あまりにも痩せすぎている」ということである。■多く見られる「痩せすぎ」「怖い」の声真木が演じるのは埼玉県に住む、ファッションにまったく興 [全文を読む]

ホストクラブで大豪遊?女優・真木よう子が抱える意外な弱点

デイリーニュースオンライン / 2016年05月07日08時05分

数々の作品に出演し、精力的な活動を見せている女優・真木よう子(33)。先日も週刊誌において、歌舞伎町のホストクラブで大豪遊したという気前のいい男前なエピソードが報じられるなど話題に事欠かず、本業の特に映画での活躍も目立っている。 昨年は『脳内ポイズンベリー』やテレビドラマでも放送された『MOZU』の映画版などの作品に出演。さらに今年も女優の二階堂ふみ(21 [全文を読む]

“独断と偏見”で選ぶ!年末年始にまとめてみたい2015年お薦めドラマたち

日本タレント名鑑 / 2015年12月26日09時55分

この原作は、実は俳優の上川隆也さんがずっと舞台化を希望していた作品との事。上川版もいつかみてみたいですね。 日曜劇場と並ぶドラマ枠といえば、最近人気急上昇中のテレビ朝日の木曜ドラマ枠。先日終了した『遺産争族』も非常に重厚で見応えがありました。まっすぐな善人役や、軽いノリの男性役の多い向井理さん。『遺産争族』ではダークサイドに転じるシーンもあり、また役者とし [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】真木よう子の意味深な言葉と眼差しに心配「何かありましたか?」

TechinsightJapan / 2015年11月25日10時45分

真木よう子は映画『劇場版 MOZU』をはじめ今年だけで3本の作品に出演、ドラマでは『問題のあるレストラン』や『かもしれない女優たち』で主演を務める活躍ぶりだ。そんな彼女が11月24日、『真木よう子 yokomaki_official Instagram』に「あなたが幸せに満たされますように」という主旨の英文とともにアンニュイな感じの1枚を公開して反響を呼 [全文を読む]

中村獅童&ピエール瀧&音尾琢真&中村倫也、白石和彌監督「孤狼の血」に出演!

映画.com / 2017年09月06日05時00分

今回発表された4人は、「日本で一番悪い奴ら」など白石監督作品の常連。同作で存在感を見せた獅童は、今作では悪い噂の絶えない大上を嗅ぎ回る安芸新聞記者・高坂隆文を熱演しており、「監督! またやっちゃいましたね! ウン! こうなったらとことんやっちゃいましょう!!」とコメントを寄せた。 さらに「凶悪」での怪演が見る者を震え上がらせたピエール瀧は、大上と旧知の仲 [全文を読む]

フォーカス