メジャー 石井一久に関するニュース

【プロ野球】菊池雄星はメジャーで通用するのか!? 日本人左腕メジャーリーガーの成績を総ざらい!

デイリーニュースオンライン / 2017年01月12日16時05分

現在のプロ野球界で、最もメジャーリーグに近い選手といえば大谷翔平(日本ハム)。「いつ行くのか」が話題になっているが、そんななか突然(?)、菊池雄星(西武)のメジャー移籍話がスポーツ新聞の一面を飾った。 最近は花巻東の後輩である大谷の陰に隠れているが、菊池自身も2009年のドラフト会議前にはメジャーリーグへの憧れを口にし、メジャーの8球団と面談した過去を持つ [全文を読む]

「プロ野球チームをつくろう!ONLINE 2」 WinterキャンペーンPart.1&カムバックキャンペーン開催のお知らせ

PR TIMES / 2014年11月25日17時56分

WinterキャンペーンPart.1では、国内&メジャーで活躍したあのサウスポー投手がレジェンド選手として新たに登場します。<WinterキャンペーンPart.1開催概要>1.野球つくコイン(YC)を購入すると、新登場の"ノーヒッター左腕"やSSスキルなどがまとめてもらえる!○期間2014年11月25日(火)定期メンテナンス終了後~2014年12月16日( [全文を読む]

メジャーリーガーを目指すプロ野球選手たちの理想の妻は木佐彩子!?

アサ芸プラス / 2014年02月13日09時59分

メジャーの舞台で活躍できるかできないか、命運を担っているのはなんといっても夫人の存在が大きいと言われている。 「2年前にテキサス・レンジャーズ入りした兄貴分のダルビッシュは、当時、紗栄子夫人と離婚が成立したばかり。子供を始め様々な問題を抱えてシーズンに臨んだだけに、相当苦労したようです。楽天にいた田中将大投手に『メジャーに行くなら女を選べ』とアドバイスし [全文を読む]

石井一久氏、ヤクルト・奥村に珍しいアドバイス!?

ベースボールキング / 2017年07月18日10時00分

続けて「僕もメジャー初白星のボールとメジャー初ヒットのボールが、どちらだか分からなくなっています」と石井氏らしいエピソードを披露。 石井氏は自身の経験を踏まえて、「奥村選手も(記念球に名前を)書いておいた方がいいですね」とアドバイスを送っていた。 (ニッポン放送ショウアップナイター) [全文を読む]

【里田まいも困惑?】手料理よりもチャリティ活動? 日米でこんなに違う「野球選手の妻」

ダ・ヴィンチニュース / 2014年06月29日07時20分

メジャーリーグ1年目にして大活躍を見せているニューヨーク・ヤンキースの田中将大。今年1月に念願のメジャー移籍が決まったとき、その大型契約と共に日米のメディアから注目を浴びたのが田中の妻、里田まい夫人だった。関連情報を含む記事はこちら メジャーで活躍する日本人選手の妻には、幼少期に海外在住経験があり、もともと英語が堪能だった人が少なくない。たとえば、現ニュー [全文を読む]

【石井一久クロスファイア】“面食らった”阪神・鳥谷の羽子板打ち

スポニチアネックス / 2017年09月13日09時26分

メジャーからヤクルトに復帰した06年。初めての対戦(6月24日)は甲子園で、二塁手の頭上をライナーで越える中前打を打たれた。その時の感覚が、バットではなく、羽子板でポ~ンと打たれたように感じた。 点ではなく、バットの面で打つ。もちろん、羽子板のような広い面はないが、それぐらいバットとボールの接地時間も長く、面ではじかれたように感じた。僕のキャリアの中でメジ [全文を読む]

テレ朝の猛プッシュが「うざい」 オールスター戦で「最新技術」の数字連発

J-CASTニュース / 2017年07月15日13時30分

メジャーでホームランになっている打球速度の平均値は166キロですから、だいたいそれと同じですね」 解説・古田敦也氏「平均値ぐらいのスピードなんですが、平均値なので引っ張ったほうが明らかに早い。だから流し打ちで平均値を出せるのは相当速い」 石井一久氏からも「一言」 地上波初の試みとなった「トラックマン」導入だが、インターネット上での評価は真っ二つに分かれた。 [全文を読む]

石井一久氏、デビュー当時の五十嵐亮太に「僕がいえることではないが…」

ベースボールキング / 2017年06月22日11時15分

プロ入りから続く連続リリーフ登板も820試合(日本:737試合、メジャー:83試合)に伸ばしている。 6月14日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人-ソフトバンク戦』の解説を務めた石井一久氏は「入ってきた頃は球が速かったが、僕がいえることではないんですけど、コントロールが悪かった。ストライクを取るのがやっとというピッチャーでした」とヤクルト [全文を読む]

長友と交際の平愛梨が目指すべき「選手のアモーレ妻」は誰?

NEWSポストセブン / 2016年06月14日16時00分

料理に関してもアスリートフードマイスターの資格を取得し、アメリカでも彼の好きな和食を食卓に並べるなど工夫している」(スポーツ紙メジャー担当記者) 今年も田中は名門ヤンキースのエースとして大車輪の働きを見せている。 田中と同期で、今年からメジャーリーガーとなったドジャースの前田健太もすでに5勝を挙げている。元東海テレビアナの妻・成嶋早穂の存在が大きい。 「実 [全文を読む]

元フジの看板・木佐彩子アナ「私が野球選手の妻になるまで」

NEWSポストセブン / 2015年05月12日11時00分

彼はその頃から、「メジャーに行きたい」と話していたので、私がアメリカで育ったことも、妻候補としては大きかったのかもしれませんね(笑い)。 結婚を決めたときには、「僕の結果であまり一喜一憂しないでほしい」といってくれました。「負けたら僕の責任だし、勝っても僕のおかげだから」と。少し気が楽になりました。 私は「何かあったら、私が食べさせてあげる」っていいました [全文を読む]

セ・パ12球団の「爆弾男」に要注意!(4)楽天・大久保監督は“根性路線”を変更中?

アサ芸プラス / 2015年02月05日09時56分

トレーニングやサプリメント、故障防止などのサポートを受けるのだが、吉本と契約中の野球関係者14人のうち9人がメジャーに挑戦していることから、「岸もメジャー流出するのでは」との懸念が噴出。球団が警戒しているという。 最後に、ロッテに浮上した新たなトラブルを。球団関係者が声を潜めて言う。 「今年から選手のユニホームやボールなど用具の使い古しを、球団が売却するこ [全文を読む]

石井一久 “よしもと転職”を支えた「アナ妻の言葉」

WEB女性自身 / 2014年06月20日07時00分

メジャーでも活躍した彼は、今年4月から“高卒枠”で入社した“よしもと”で、サラリーマンとして人生を再出発させた。この人生の転身を支えたのは、元フジテレビアナウンサーの妻・木佐彩子さん(43・現フリーアナ)だという。「現役引退と第二の人生について奥さんに話すと『いいんじゃないの』と。彼女は、仕事は何であれ、僕が生き生きとして輝いていてくれればいいみたいです。 [全文を読む]

里田まい メジャー妻へ球団が用意する“驚嘆のおもてなし”

WEB女性自身 / 2014年02月20日07時00分

12日、田中将大(25)のメジャー第一声は「ハロー」の挨拶で始まった。グラウンドで闘うのはあくまでも選手だが、球団はもちろん、妻・里田まい(29)の献身的なサポートがなければ結果が出ないことも、また確かである。 なかでも、体が資本の野球選手にとって「食」は重要なポイントだ。里田まいが「フードマイスター」の資格を取って話題になったが、日本と米国では考え方に大 [全文を読む]

里田まいを待ち受ける「メジャー奥様会」の実態

WEB女性自身 / 2014年02月13日07時00分

夫人の里田まい(29)には、メジャーリーガーの妻としての立ち振舞が要求されるという。とりわけ日本と大きく異なるのは、球場の内外で、妻たちがさまざまな活動をおこなう「メジャー奥様会」。経験者2人が、その実態を初めて明かした。田口美恵子(元カージナルス・田口壮夫人・48・以下 田口)「最初に強く感じたのは、野球と家族の関わり方。米国の場合は、家族もチームの一部 [全文を読む]

プロ野球記録を作っても…容易ではない“平成の奪三振王”への道

ベースボールキング / 2017年06月09日11時45分

単純に比較することはできないが、ペドロ・マルティネスとクリス・セールが記録したメジャー記録にも数字上では肩を並べた。 プロ野球新記録となれば、当然シーズン奪三振記録への挑戦というところにも目が向いてくるところではあるのだが、残念ながらそれはあまり現実的ではない。【シーズン奪三振ランキング】1位 401個 江夏 豊(阪神/1968)2位 353個 稲尾和久( [全文を読む]

里田まい、出産費用は全額球団持ち&世界一の保険で安心。メジャーリーグの手厚い家族待遇

messy / 2015年09月16日17時30分

年俸2200万ドル(約23億円)といわれる田中投手と結婚した里田はかつて“おバカキャラ”としてバラエティー番組に多数出演していたが、その頃の影はもはや皆無で、誰もが羨むメジャーリーガーのセレブ妻へと転身。出産事情も、世間の期待を裏切らないものであった。 ちなみに、メジャーリーグではこうした選手家族への待遇は当たり前。以前、週刊誌「FLASH」(光文社)誌上 [全文を読む]

苦戦を続けるフジテレビ 唯一の明るい話題は女子アナネタ?

NEWSポストセブン / 2015年07月25日07時00分

* * *「フジテレビの女子アナは全種目、制覇するつもりなのか」「野球もセパ両リーグにメジャーも制覇。相撲、競馬、サッカー、バスケにフィギュアまでだからね」 大島由香里アナとフィギュアスケート男子の小塚崇彦選手の交際が発覚した頃、スポーツ紙の記者さんたちがこう言いながら笑っているところに遭遇したことがある。 その両名は小塚選手のオフィシャルサイトで“婚約 [全文を読む]

水卜麻美アナの熱愛は珍しいケース? 女子アナの結婚相手の傾向

tocana / 2015年07月14日07時00分

「イチロー夫人の福島弓子や、松坂夫人の柴田倫世は英語に堪能だったのでメジャー渡米時の通訳係としても活躍したと言われています。女子アナはプロ野球の中でもメジャーな選手と結婚する例が多いのも特徴ですね」(前出・同) プロ野球選手に次いで多いのが、芸能人と女子アナの取り合わせだろう。中でもお笑い芸人は人気だ。ウッチャンナンチャンの内村光良と徳永有美(テレビ朝日 [全文を読む]

MLB帰りの投手 中継ぎはうまくいくが先発希望の松坂は不安

NEWSポストセブン / 2014年11月14日07時00分

ただし、薮田安彦、岡島秀樹、五十嵐亮太といったセットアッパーは、メジャーでの限定的な起用法の中で打者を抑える方法を学んでいる。中継ぎ投手に限るならば、成功の可能性はあると思います」(野球データに詳しい広尾晃氏) その点、ソフトバンクが獲得に乗り出しているメッツの松坂大輔は、本人が先発にこだわって日本復帰を目指しているといわれていることから厳しそうだ。広尾氏 [全文を読む]

FA移籍の「人的補償」の歴史 成功例は福地、赤松、工藤など

NEWSポストセブン / 2013年11月23日16時00分

メジャーに倣い、主力が休養日を取るチームもあるほど。要するに、全体的に選手層が厚くなったのです。レギュラークラスの実力を持つ選手が増え、必然的に良い選手がプロテクトに入りきらなくなったのでしょう」 過去を振り返ると、2008年は人的補償の当たり年だった。西武へFAした石井一久の代わりに、ヤクルトへ入団した福地寿樹は打率3割2分で打撃ベストテン6位に入り、盗 [全文を読む]

フォーカス