事務所 石原慎太郎に関するニュース

「都議会のドン」に追われた男が、小池都知事と共に仕掛ける復讐劇

まぐまぐニュース! / 2016年08月19日05時00分

浜渦は、東京都知事選の期間中、小池事務所に出入りしていたのを目撃されている。小池と浜渦にはこれまでにどのような接点があったのだろうか。小池氏の父と浜渦氏を結んだ意外な政治家の名 一つの手がかりは、小池の父、勇二郎(故人)が昭和40年代、浜渦武生、鴻池祥肇(現参院議員)らとともに「青年作家・石原慎太郎を総理に」という運動に参加したという縁だ。浜渦は昭和45 [全文を読む]

東国原英夫氏宅にちょくちょくお泊まりするグラドルのKさん

NEWSポストセブン / 2014年01月14日07時00分

家に行くと、最初は事務所の関係者がたくさんいるんですが、そのうちみんな帰ってしまう。それで2人きりで深夜のお笑い番組を見るのだとか。ずいぶんしつこく『秘書になってほしい』と頼み込んでもいるそうです」 かわい瞳とはどんな芸歴を持つのか。芸能プロダクション関係者が語る。 「10代のころからアイドルを目指してユニット活動をしていました。その後、エイベックス主催の [全文を読む]

掟破りのマスコミ圧力にエラソーな態度...無名時代の猪瀬直樹と距離を置いたワケ by岡留安則

東京ブレイキングニュース / 2013年12月25日15時20分

麻布にある数億円の三階建ての豪華事務所を維持するだけでも大変だろう。 かつてのように、CM出演によって大金を得る途も閉ざされた。後は、事務所を撤退し、自宅で細々と物書きとして生活するしかないのではないか。都知事としての実績は消え去ったが、都知事時代の舞台裏の知られざる話に関しては、知りたいと思う読者もいるだろうから、それは売りになるかもしれない。もっとも、 [全文を読む]

自民大敗を笑えない。偏向報道を続けるマスコミの終わりの始まり

まぐまぐニュース! / 2017年07月08日17時10分

選挙事務所を持たず借りず、事務所の電話・FAXもないいわゆる住所不定候補も数名。公開討論会にも不参加、マスコミアンケートに一切答えずに何と当選した猛者も多数w — 2017都議選 政局ウォッチNOW❤️ (@Chijisen) 2017年7月4日 こうした批判はもっともで、我が町・足立区でも後藤なみ氏なる、文字通り「ぽっと出」の新人候補が都民ファーストから [全文を読む]

渦中の辻元清美に訊く「デマと保守」

文春オンライン / 2017年04月01日07時00分

そんな矛盾は突かざるを得ないでしょ」 小林よしのりさんと「なんか最近、波長が合うんですよ(笑)」 辻元事務所を訪ねる前、コンビニで『SAPIO』(4月号・小学館刊)をパラパラめくっていると、小林よしのりさんの連載漫画『ゴーマニズム宣言』の一コマで手が止まった。これから会う辻元が美人に描かれているではないか──。 美醜論争を仕掛けたいわけではない。『ゴー宣』 [全文を読む]

沈没船「財宝引き揚げ」10億円詐欺の狡猾手口!(4)「キーマン」を直撃すると…

アサ芸プラス / 2016年12月28日17時53分

そこで、松田氏とたもとを分かち、「インセプション」なる新会社を立ち上げた一瀬氏と水江氏に話を聞くため、博多市内の事務所へ。こちらも窓ガラスには全て目張りされ、施錠されていた。「ここ1カ月ほどお見かけしませんね。ブラインドは下りたままだし、人の出入りもない」(近所の商店主) 長崎県佐世保市内の高台にある一瀬氏の自宅を直撃してみた。車で帰宅した妻に話しかけると [全文を読む]

知事選出馬上杉隆氏「東京は都民のもの。党の都合関係ない」

NEWSポストセブン / 2016年07月13日07時00分

そして、鳩山事務所出身の秘書の仲間たちの多くが、私のことを応援すると約束してくれた。都知事選挙での鳩山事務所は、最強の秘書軍団です。邦夫さんのお別れ会が済んで、喪が明けたら、出馬会見をしようと決めました。 〈上杉氏は、「わがラディカル、環境革命」と題した資料を提示した。1998年に鳩山氏が行なった講演の抄録である〉 雑木林や草原といった自然を潰してしまう [全文を読む]

「ファンだから」石原慎太郎氏の自宅で「ピンポンダッシュ」 どんな罪になる?

弁護士ドットコムニュース / 2015年07月20日11時05分

事務所名:法律事務所あすか事務所URL:http://www.aska-law.jp [全文を読む]

愛知県知事・大村秀章vs名古屋市長・河村たかし “中京維新”バトルの行方

週プレNEWS / 2012年08月31日13時00分

まずは名古屋市内にある河村たかし事務所の関係者がこう話す。 「(大村陣営からの)相談は一切ありませんでした。それに中京維新の会という名前を聞くと、誰でも大阪維新の会の名古屋支部かと勘違いする。それから、わざわざ市長が海外出張で名古屋にいないときを狙って、中京維新の会の設立宣言をやった。なぜ、市長がいるときに堂々とやらんのか」 一方の大村陣営。安城市内にあ [全文を読む]

「小池百合子がCIAエージェントかもしれない“4つの疑惑”」を政府関係者が暴露! 都民ファーストの真の目的とは?

tocana / 2017年07月15日14時00分

ちなみに、朝堂院のフィクサーとしての能力は評価されているものの、黒い噂が絶えないのも事実で、現在は「松浦グループ」の代表である松浦正親にマザーズ上場ストリーム株を巡る相場操縦の容疑がかかり事務所に強制捜査が入っている」第2の疑惑:ニュースキャスターの仕事の裏で「小池百合子がニュースキャスターになったのは、メディアコントロールを実践で学ぶためだったからではな [全文を読む]

コイケの憂鬱。圧勝した都民ファーストを襲う「悪役不在」の脱力感

まぐまぐニュース! / 2017年07月14日04時45分

当時、保守党の衆院議員だった小池氏の事務所に入った。小池氏は小沢一郎氏の自由党に所属していたが、自由党が自公両党との連立政権を離脱したのにともない、政権に残ることを望んだグループによる保守党結成に参加したのだ。 その保守党の公認で、秘書になったばかりの野田氏が2000年の衆院選に兵庫7区から立候補するという離れ業を演じたのも、小池氏の強い後押しがなければで [全文を読む]

豊洲、森友学園、日本会議にも連なる小池百合子・父の怪人脈

NEWSポストセブン / 2017年03月17日11時00分

そういう縁で、稲田先生が政界に出馬されたときも、父は応援していました」 本誌がこの内容を稲田事務所にぶつけたところ、稲田龍示・弁護士と森友学園の関係について「そうした事実はない」と否定した。ところが、その後の報道では、稲田氏は「夫の弁護士活動の内容は守秘義務があるので答えられない」「(夫は)土地売却にはかかわっていない」となぜか、全面否定から微妙に説明を変 [全文を読む]

小池百合子都知事 同級生明かす過去、「あだ名はラージ」

WEB女性自身 / 2016年12月26日06時00分

高2のとき別棟できょうだいで暮らすようになったのも、父・勇二郎さんが選挙に出ることになり、自宅が選挙事務所代わりに使われたため。無類の政治好きで、若き石原慎太郎氏の支援などをしていたが、小池さん17歳のとき、自ら衆院選に立候補したのだ。 「落選したら、どうなるの」と問う娘に恵美子さんは、「一家心中かしらね」と答えたという。 結果は落選。小池さんは多くの同 [全文を読む]

【永田町炎上】どこの国益が大事なのか?国会議員の「帰化人ネットワーク」

デイリーニュースオンライン / 2016年12月09日12時05分

また「拉致疑惑など存在しない」などと公言し、拉致被害者の一人である有本恵子さんの両親が土井氏の事務所に相談を持ちかけても、すこぶる冷淡に扱い、「在日韓国人政治犯の釈放に関する要望書」が韓国政府に提出された際にも、対象者の中に拉致実行犯と目される辛光洙が含まれているのに菅直人氏らとともに署名している。そのために雑誌『WILL』に「帰化人」と書かれたが、訴訟 [全文を読む]

五輪、都議会、豊洲市場… 小池百合子を取り巻く政治バトル!(4)女性ライバル一番手は稲田防衛相だが…

アサ芸プラス / 2016年10月16日17時55分

大先輩の顔を立てて、まずは森さんの事務所に出向いて話をするなど、根回しをすることも大事です」 将来の「総理のイス」を巡って、女性同士の場外バトルも勃発している。これまで安倍総理の後任として、最有力候補として名前があがっていたのは、稲田朋美防衛相(57)。それが都知事選で支持が集まり、ライバルの一番手に小池氏が急浮上したのだ。「国会議員時代から、総理大臣への [全文を読む]

東京五輪3兆円超えの戦犯・森喜朗のもうひとつの疑惑! 五輪の裏でゼネコン、電通と「神宮外苑再開発」利権

リテラ / 2016年10月04日14時30分

実際、「週刊文春」(文藝春秋)9月15日号では、森事務所で資金集めを行っていたという元関係者が「多くのゼネコンとお付き合いがありましたが、最も近いのが大成」「特に、森氏の元金庫番と大成の幹部とはズブズブと言っていいほどの親しい関係」と証言。森氏の後援会機関誌「春風」では1ページあたり100万円の広告料として受け取っていたというが、この元関係者は「大成には [全文を読む]

「蓮舫出馬説」で民進党リードも根深い都知事選の“後出しジャンケン”理論

アサ芸プラス / 2016年06月18日17時58分

待望論が持ち上がっている前大阪市長の橋下徹氏の弁護士事務所には、出馬を求める電話が多数寄せられているというが、事務所はテレビや講演の予定が入っており「変更はない」と回答。宮崎県知事の経験がある東国原英夫氏も舞台出演があるとのことで出馬を否定。さらに嵐・櫻井翔の父親で総務省事務次官を6月いっぱいで退任する桜井俊氏もキッパリと否定している。 そんななかで、現在 [全文を読む]

舛添都知事のお金にまつわる「セコい話」に唖然

メディアゴン / 2016年05月03日07時30分

税務署を含む行政のトップが総理大臣であるように、都知事は都民に公平な都税負担を求める都税事務所のトップでもあります。もし万が一にも、舛添都知事がファミリー企業を楯に公私を使い分けて節税や諸負担軽減に走っているとしたら、たとえそれが合法であっても世界的大都市の知事さんとしてはいささかセコイと言われるのではないでしょうか。公用車以外でも、飛行機はファーストクラ [全文を読む]

ストレス限界だった!? 『報ステ』降板・古舘伊知郎がトークライブで見せた「本音」と「罵詈雑言」

日刊サイゾー / 2015年12月24日17時00分

自身の事務所である「古舘プロジェクト」社長の闇金営業疑惑など、自身に関連するブラックな情報を提供し続けた古舘。ニュースキャスター終了後、今度はどの活動に身を費やすのか。個人的には、『おしゃれカンケイ』(日本テレビ系)でのデリカシーゼロトークを、また見てみたい気もする。 [全文を読む]

【書評】直木賞作家となるまでの12年を綴った野坂昭如の記録

NEWSポストセブン / 2015年12月04日07時00分

二十七歳で三木鶏郎の音楽事務所にもぐりこみ、やっと定職を得て以後の十二年間、直木賞作家となって一段と飛躍するまでがつづられている。雑誌連載のまま、これまで一度も本になっていなかった。 語られたところはテレビ草創期をめぐり、またとない資料となるものだが、それ以上に語り方がおもしろい。今日のことはボロ屑のように捨てていく。昨日はとっくに忘れたし、明日もまた用な [全文を読む]

フォーカス