降板 石坂浩二に関するニュース

<「開運!なんでも鑑定団」でパワハラ?>テレビ東京が石坂浩二に尊敬の念を払わない非礼

メディアゴン / 2016年01月30日07時40分

1月29日付のスポニチによれば、テレビ東京は石坂に低視聴率による番組降板を打診し、対立しているという。さらに、こんなことも書いてある。 「本誌の取材では、話し合いの中で局側は石坂から『少なからぬ出演料を頂いている。それが負担なら大幅に減らしてもらってもいい』と提案を受けた」局は、その提案に応じなかったのである。「ギャラを少なくしてもいい」という提案をさせる [全文を読む]

【悲報】ネットで「不気味すぎる」の声、なんでも鑑定団「石坂浩二」を査定!?

秒刊SUNDAY / 2016年01月28日09時23分

さらに石坂さんを最終的には降板させ、経費を削減したいという番組の狙いのようだが、現時点では詳しいことはわかっていない。YAHOO知恵袋などでも「気味が悪い」との声が相次いでいた。この件に関しスポニチアネックスによると関係者によると昨年9月、テレビ東京や番組制作会社幹部らが都内に石坂を呼び降板通告した。ということもあり、どうやらこのまま降板の可能性も。番組を [全文を読む]

番組責任者と確執?「なんでも鑑定団」石坂浩二”リストラ騒動”の舞台裏

デイリーニュースオンライン / 2016年01月31日17時00分

しかし初代司会者・島田紳助(59)が降板後、2011年9月以降の放送では、石坂が話すシーンや画面に映るシーンが極端に減ってきた。視聴者も当然のように石坂の“異変”に気づき、ネット上でも話題になっていた。 「石坂が“喋らない”理由は番組責任者の意向で、編集の段階で石坂のトークを意識的にカットしているようです。収録中、たくさん喋っているにも関わらず、実際の放送 [全文を読む]

石坂浩二だけではないNEWS23やZEROも TV界のパワハラ病

NEWSポストセブン / 2016年02月06日16時00分

1月31日、石坂浩二(74才)が『開運! なんでも鑑定団』(テレビ東京系、毎週火曜19:54~)を3月末で降板することが発表された。多くの関係者が「ありえない」と口をそろえるこの降板劇。 ことの発端は、2年ほど前の飲み会の席。同番組の制作者が石坂にからみ、口論になったのがきっかけだという。この時期から、石坂のコメントを意図的にカットする、“いじめ”ともいえ [全文を読む]

<「なんでも鑑定団」の危機>島田紳助「石坂さんなしではあの番組の成功はなかった」

メディアゴン / 2016年02月04日07時40分

今回の降板騒ぎは、プロデューサーとの軋轢により、この2年間石坂さんの発言が意図的な編集ですべてカットされていたことが原因と言われています。これをテレビ東京は否定していますが、筆者の経験からもそんなことがあり得るだろうかという疑問が拭えません。筆者は2回ほどですが石坂さんと番組でご一緒したことがあります。発言は明解でテレビのツボを心得た方です。石坂浩二さんは [全文を読む]

「卒業」はクビの言い換え?石坂浩二・めちゃイケなど事例をみると…

しらべぇ / 2016年03月13日16時00分

しかし、芸能界ではレギュラー番組を降板する際に「卒業します」とアナウンスされる。実際には首きりであることが多く、言葉の言い換えで美化していることから、違和感覚える人も多い。いつからこのような言葉の言い換えが始まったのかは不明だが、芸能界以外の身近なところでも行われているのだろうか?■「卒業」という名の首きりにあったことがある?そこでしらべぇ編集部では「卒業 [全文を読む]

「日本一やる気のないアシスタント」吉田真由子、タイムリーすぎるバラエティ出演で注目度アップ!!

メンズサイゾー / 2016年02月01日17時30分

その期間は21年3カ月にも及び、『探偵!ナイトスクープ』(朝日放送ほか)における岡部まり(56)の20年9カ月(降板済)や、『新婚さんいらっしゃい!』(前同)の山瀬まみ(46)の18年6カ月(継続中)を抑えて、「女性アシスタント最長記録ランキング」のトップだ。 それだけ長く番組にかかわっているものの、吉田は「アルバイトみたいな感覚で芸能界に入って、このまま [全文を読む]

石坂浩二、『なんでも鑑定団』降板騒動! 業界最大手・尾木プロが仕掛ける“テレ東への報復”

サイゾーウーマン / 2016年01月31日12時45分

22年間レギュラーMCとして出演した『開運!なんでも鑑定団』(テレビ東京)を、3月いっぱいで降板すると報じられている石坂浩二。局側は番組刷新を理由としているようだが、1月26日発売の「女性自身」(光文社)は、石坂と番組制作陣の知られざる確執をスクープしていた。収録現場での発言を編集時にほぼカットするという、まるでイジメのような仕打ちを約2年間も続けてきたと [全文を読む]

降板・交代劇が相次ぐ今春の改編 番組の「顔」が代わることで変わることとは?

日刊サイゾー / 2016年02月09日22時00分

発端は、『報道ステーション』(テレビ朝日系)のキャスター降板を発表した古舘伊知郎。以降、さみだれ式にというか雪崩のようにというか、さまざまな名物番組で司会者、パーソナリティ、MCの降板・交代劇が相次いでいる。ざっと振り返ってみよう。◎『報道ステーション』古舘伊知郎→富川悠太(テレビ朝日アナウンサー)◎『ニュース23』(TBS系)膳場貴子・岸井成格→星浩( [全文を読む]

「なんでも鑑定団」降板の石坂浩二“変わり者伝説“ 「水戸黄門」に「ざまあみやがれ」、唐沢寿明は「現場でおしゃべりが止まらない」とグチ

リテラ / 2016年02月04日13時13分

最初にこの問題を報じた「女性自身」(光文社)によると、番組制作責任者のA氏が2年以上もの間、石坂のコメントを編集でカットするように指示していたらしく、自主降板に追い込もうとしていたのだという。実際、今週の放送分でも石坂の出演時間はなんと55秒。この変わらぬ露骨さには、ネット上でも「石坂浩二がかわいそう」「番組の功労者なのに!」と、制作陣への批判が相次いでい [全文を読む]

フォーカス