事務所 川島なお美に関するニュース

川島なお美にスティーブ・ジョブズ…がん患者が最後にすがる民間療法の闇

デイリーニュースオンライン / 2015年09月28日08時00分

川島さんと同じ事務所のタレント・山田邦子(55)は9月25日、TBSテレビ系「情報ライブ ビビット」で、川島さんが2013年7月に「余命1年」と告げられていたことを明かした。テレビなどの報道で川島さんの深刻な病状を知った人からは、「好きなことをして亡くなったのなら」と同情する声もあった。 民間療法の是非はさまざまな意見があるだろう。しかし、がんと向き合っ [全文を読む]

川島なお美さんの亡がらを前にマスコミ同士の怒鳴り合いが勃発、太田プロと遺族の確執も発覚で……

日刊サイゾー / 2015年10月06日11時00分

久しぶりに繰り広げられた小競り合いだったけど、さすがにやりすぎでは……」(同) もうひとつのバトルは、川島さんの所属事務所「太田プロ」と遺族側の“冷戦”だ。 「今月1日の通夜、2日の告別式を手がけたのは、夫で喪主の鎧塚さん。太田プロ側はまったく関与しておらず、戒名の意味、祭壇の詳細などを知らされていなかった。太田プロ幹部も『(鎧塚さん側から)何も聞かされて [全文を読む]

マギー、ダレノガレ明美らが川島なお美さんの死を悼む

モデルプレス / 2015年09月25日13時03分

◆野呂佳代 川島さんと同じ事務所に所属する元AKB48でタレントの野呂佳代も、ブログで川島さんとの共演を「何もわかってない私にも、優しく接していただいて、プロ魂とはこぉよ!というものを知りました」と回顧。「天国でも綺麗で、可愛い川島なお美さんでいてください」と哀悼の意を捧げた。 ◆釈由美子 「曲がり角の彼女」(関西テレビ、2005年)、「7人の女弁護士」 [全文を読む]

夫のスキャンダル暴露も…松居一代が船越英一郎を離さない「ホンネ」

アサ芸プラス / 2016年01月31日17時57分

船越のインタビュー記事にことごとく目を通し、船越の事務所が『OK』を出しているにもかかわらず、横からクレームをつけるのが日常茶飯事だった」(出版関係者) ついに船越は疲れ果ててしまったというのだ。「松居はテレビ番組で『夫の浮気を疑うあまり、携帯を3回折った』などと恐妻ぶりをアピールしていたが、実際はそれ以上だった。最近ではすっかり別居状態ですが、実の子供の [全文を読む]

川島なお美さん告別式、拍手で最後の別れ

モデルプレス / 2015年10月02日15時14分

また、弔電では事務所の先輩である片岡鶴太郎の言葉が代読された。 ◆ガンも前向きに捉える 喪主を務めた鎧塚氏は、「女房は過去を振り返るようなことはしませんでした。自分の体にできた腫瘍でさえも“戒め君”と呼んで前向きに捉えていました」と川島さんのたくましい人柄を表すエピソードを紹介。最近見つかったという、12時間に及ぶ大手術前に書いたとみられるメモの中で、川島 [全文を読む]

“もう一つの総選挙”前田敦子、大島優子、指原莉乃らがランクイン 大波乱の結果に悲喜こもごも

モデルプレス / 2015年06月08日14時58分

これは「AKB48選抜総選挙」に合わせ、有吉が同事務所のタレントを独自にランク付けするもので、今年で5回目の開催となる恒例行事。有吉がTwitter上で繰り広げる架空の現場リポートも見どころとなっており、今回も本家である「AKB48第7回選抜総選挙」から一夜明けた7日にTwitter上で発表された。 今年は、過去2回1位に輝いたが大島に2年連続王座を奪われ [全文を読む]

スタッフから人気の西川史子、更年期障害ではと心配の声も

NEWSポストセブン / 2016年12月11日16時00分

『サンデー・ジャポン』(TBS系)の生放送を欠席し、事務所は「この機会に少しの間お仕事をお休みすることにいたしました」とコメントした。「5月にも2週間入院したそうですが、休んだことに強い責任を感じて、次の本番のときには有名店の高級いなり寿司の差し入れを持って、関係者に平身低頭でお詫びして回っていました。“もう休みませんから”と言っていたので無理をしていたの [全文を読む]

1000人アンケート!もう一度見たい美女の一糸まとわぬ姿(2)「菅野美穂のあの会見の裏側」

アサ芸プラス / 2016年01月17日09時57分

菅野をとがめるような会見だっただけに、こらえ切れなかったようです」(ベテラン芸能記者)「脱いだのは事務所の借金」、はたまた「カメラマンにだまされたから」など諸説飛び交う中、謎の号泣はさらなる疑惑を呼んだ。のちに写真集の仕掛け人である宮崎満教氏が、舞台裏を明かしている。「会見直前の打ち合わせで、『何も言わずに泣けば売れるのではないか』という意見が出た。それを [全文を読む]

故・渡辺淳一と川島なお美の“失楽園愛”真相

アサ芸プラス / 2014年05月20日09時58分

「川島は事務所を通さずに、みずから渡辺さんにアプローチしたといいます。そして96年に月刊誌『噂の眞相』が禁断の北海道旅行を報じて関係が公となった」(ベテラン芸能記者) 川島は映画版「失楽園」の主演に収まりたかったようだが、その大役は黒木に奪われた。それでも渡辺氏と特別な関係になった川島には、テレビ版「失楽園」の主役が与えられ、彼女は当時のテレビの放送コー [全文を読む]

渡辺淳一さん 生前明かしていた「石田純一に僕の言葉が“盗まれた”…」

WEB女性自身 / 2014年05月18日07時00分

前出の知人が都内にある渡辺さんの事務所を訪れたのは、その直後だった。雑談の合間に渡辺さんが、ふと漏らしたのだ。「いま石田純一の“不倫は文化”って言葉が、話題になっているだろ。……あれね、僕が考えた言葉なんだよ」「えっ、先生が石田さんに教えてあげたんですか?」「いや……、川島なお美には話したんだけどね」 渡辺さんは、それ以上は語らなかったという。知人は続け [全文を読む]

フォーカス