事務所 川島なお美に関するニュース

川島なお美にスティーブ・ジョブズ…がん患者が最後にすがる民間療法の闇

デイリーニュースオンライン / 2015年09月28日08時00分

川島さんと同じ事務所のタレント・山田邦子(55)は9月25日、TBSテレビ系「情報ライブ ビビット」で、川島さんが2013年7月に「余命1年」と告げられていたことを明かした。テレビなどの報道で川島さんの深刻な病状を知った人からは、「好きなことをして亡くなったのなら」と同情する声もあった。 民間療法の是非はさまざまな意見があるだろう。しかし、がんと向き合っ [全文を読む]

川島なお美さんの亡がらを前にマスコミ同士の怒鳴り合いが勃発、太田プロと遺族の確執も発覚で……

日刊サイゾー / 2015年10月06日11時00分

久しぶりに繰り広げられた小競り合いだったけど、さすがにやりすぎでは……」(同) もうひとつのバトルは、川島さんの所属事務所「太田プロ」と遺族側の“冷戦”だ。 「今月1日の通夜、2日の告別式を手がけたのは、夫で喪主の鎧塚さん。太田プロ側はまったく関与しておらず、戒名の意味、祭壇の詳細などを知らされていなかった。太田プロ幹部も『(鎧塚さん側から)何も聞かされて [全文を読む]

松居一代、”フナノート”の中身判明?疑心暗鬼になったメモ書き

デイリーニュースオンライン / 2017年07月11日19時38分

さらに船越が所属する大手事務所「ホリプロ」も援護射撃に乗り出したという。 「松居さんはブログだけでなくYouTube動画で『バイアグラ100ml男』などと船越さんを中傷。インパクト抜群だったため、ワイドショーなどで繰り返し流されている。しかし、これに事務所サイドが『放送すれば名誉棄損に加担することになる』とテレビ各局に警告。あくまで低姿勢なお願いの形だっ [全文を読む]

夫のスキャンダル暴露も…松居一代が船越英一郎を離さない「ホンネ」

アサ芸プラス / 2016年01月31日17時57分

船越のインタビュー記事にことごとく目を通し、船越の事務所が『OK』を出しているにもかかわらず、横からクレームをつけるのが日常茶飯事だった」(出版関係者) ついに船越は疲れ果ててしまったというのだ。「松居はテレビ番組で『夫の浮気を疑うあまり、携帯を3回折った』などと恐妻ぶりをアピールしていたが、実際はそれ以上だった。最近ではすっかり別居状態ですが、実の子供の [全文を読む]

松居一代、船越英一郎の”不倫糾弾”だけで終わらない暴走の末路

デイリーニュースオンライン / 2017年07月11日08時00分

唯一不倫に関しては事務所が否定コメントを出すに留まっている。 「松居による連日の暴走に対して、世間ではその都度船越に対する同情ムードが広がっています。また、松居の話題も『恐ろしいことが起きている』『大変な状況』などと綴っている割には、さして大きなことでもなかったりする。もはやネットユーザーからは笑いのネタにされているような状態です。その分、松居は注目が集ま [全文を読む]

松居一代出演直訴も『Mr.サンデー』拒否の裏に、船越英一郎とホリプロへの配慮あった?

日刊サイゾー / 2017年07月11日07時00分

松居さんは携帯電話を壊したなんて恐妻エピソードも好き勝手に話していましたけど、船越さんの事務所からすれば、出演作でのイメージづくりもあって、営業妨害レベルの話だったはず。一説には、ホリプロが船越さんに『松居の言動を止めるか、別れるかできないなら、今後の仕事は続けられない』と契約解除もあり得るような話をしたともいわれています。本当にそうなら船越さんの持ち出し [全文を読む]

自殺未遂騒動で決意か 船越英一郎が松居一代に離婚調停

NEWSポストセブン / 2017年07月05日13時30分

すると、松居は「離婚してやる!」と逆ギレし、船越が所属する芸能事務所に「明後日、〇〇ホテルの△階で離婚会見を開きます」という旨のファクスを突然送ったというのだ。 実際には離婚会見は開かれなかったが、船越は万が一を想定し、クライアントへ謝罪行脚に出ていたという。 松居のブログに何度も登場する「1年5ヶ月前」には、初めての離婚危機報道があった。2016年1月、 [全文を読む]

スタッフから人気の西川史子、更年期障害ではと心配の声も

NEWSポストセブン / 2016年12月11日16時00分

『サンデー・ジャポン』(TBS系)の生放送を欠席し、事務所は「この機会に少しの間お仕事をお休みすることにいたしました」とコメントした。「5月にも2週間入院したそうですが、休んだことに強い責任を感じて、次の本番のときには有名店の高級いなり寿司の差し入れを持って、関係者に平身低頭でお詫びして回っていました。“もう休みませんから”と言っていたので無理をしていたの [全文を読む]

1000人アンケート!もう一度見たい美女の一糸まとわぬ姿(2)「菅野美穂のあの会見の裏側」

アサ芸プラス / 2016年01月17日09時57分

菅野をとがめるような会見だっただけに、こらえ切れなかったようです」(ベテラン芸能記者)「脱いだのは事務所の借金」、はたまた「カメラマンにだまされたから」など諸説飛び交う中、謎の号泣はさらなる疑惑を呼んだ。のちに写真集の仕掛け人である宮崎満教氏が、舞台裏を明かしている。「会見直前の打ち合わせで、『何も言わずに泣けば売れるのではないか』という意見が出た。それを [全文を読む]

故・渡辺淳一と川島なお美の“失楽園愛”真相

アサ芸プラス / 2014年05月20日09時58分

「川島は事務所を通さずに、みずから渡辺さんにアプローチしたといいます。そして96年に月刊誌『噂の眞相』が禁断の北海道旅行を報じて関係が公となった」(ベテラン芸能記者) 川島は映画版「失楽園」の主演に収まりたかったようだが、その大役は黒木に奪われた。それでも渡辺氏と特別な関係になった川島には、テレビ版「失楽園」の主役が与えられ、彼女は当時のテレビの放送コー [全文を読む]

渡辺淳一さん 生前明かしていた「石田純一に僕の言葉が“盗まれた”…」

WEB女性自身 / 2014年05月18日07時00分

前出の知人が都内にある渡辺さんの事務所を訪れたのは、その直後だった。雑談の合間に渡辺さんが、ふと漏らしたのだ。「いま石田純一の“不倫は文化”って言葉が、話題になっているだろ。……あれね、僕が考えた言葉なんだよ」「えっ、先生が石田さんに教えてあげたんですか?」「いや……、川島なお美には話したんだけどね」 渡辺さんは、それ以上は語らなかったという。知人は続け [全文を読む]

驚異の50代、川島なおみの官能美を見よ! 『チャイ・コイ』で目指したエロスとは?

AOLニュース / 2013年12月27日23時00分

最初事務所の人は反対でしたが、けんかしながら説得しました(笑)」と満足そうに回想する。 また、"驚異の50代"と評判の美しい肢体を惜しげもなく披露して、孤独を抱く女性を情感たっぷりに体現した川島だが、「男性スタッフが多かったので、男性だけが感じるようなエロスにならないように希望を出していました(笑)」と撮影中は世界観の構築・維持に余念がなかったそう。しかし [全文を読む]

渡辺淳一 日経新聞に書かなかった有名女優との性豪交遊(2)「パーティでの猛アプローチ」

アサ芸プラス / 2013年02月13日09時59分

「どうにかして主役の座を取りたい一心でのアプローチであり、事務所にも相談していなかったと聞いています」(芸能ジャーナリスト・安良佳人氏) その結果、2人は親密な関係となり、北海道不倫旅行へとつながっていく。 ところが、蓋を開けてみれば、映画の主役に納まったのは黒木瞳(52)。先の文壇関係者が明かす。 「渡辺氏は『あいつに映画なんかやらせるわけないじゃない [全文を読む]

TV美女42人が大咆哮!「アイツは絶対許せない」(1)堀北真希→宮﨑あおい「主役は私」

アサ芸プラス / 2012年02月14日11時00分

「布施は昨年も石野真子(51)に言い寄ったことを暴露されるなど、送り狼として事務所マネジャーたちから警戒されていたぐらいです。古村比呂(46)との離婚騒動以来、くすぶり続けているので恥を忍んでの出演でした」 布施は北村晴男弁護士から「明白なる暴行」と断罪され、菊池幸夫弁護士も「再犯の可能性」を指摘。 「いつかまた訴えられますよ」 と木村健太郎弁護士が揶揄 [全文を読む]

TV美女50人「女優力」最新ランキング(6)オフレコ楽屋現場

アサ芸プラス / 2012年01月29日11時00分

「彼女の場合、もともと宝塚出身だし、現在の事務所もスタッフも皆、女性。いわゆる女の園で、スタッフの目も気づかず着替えも平気でしてしまう。楽屋で呼ばれた時も、『はいはいっ』とスケスケのババシャツのまま出てくることも多い」(芸能記者) 若手では、宮沢りえ(38)が“裸族”の筆頭格だ。 「最近、大河ドラマ『江』の控え室で、急にりえが脱ぎだしたのを共演した水川あ [全文を読む]

フォーカス