テレビ 川島なお美に関するニュース

川島なお美さん 常に芸能マスコミに愛され続けた理由とは

NEWSポストセブン / 2015年09月26日07時00分

カリスマDJの坂上みきさんがテレビに再進出したばかりの日本テレビ系の帯番組『i-Z』(イーズィー・97年4月~99年3月)である。 この時期と言えば、「ミスDJの川島なお美」「お笑いマンガ道場の川島なお美」から「女優・川島なお美」に、彼女が生きるステージを変えたときと重なる。『失楽園』や『くれなゐ』(共に読売テレビ制作・日本テレビ系)での体当たり演技が世 [全文を読む]

川島なお美にスティーブ・ジョブズ…がん患者が最後にすがる民間療法の闇

デイリーニュースオンライン / 2015年09月28日08時00分

川島さんと同じ事務所のタレント・山田邦子(55)は9月25日、TBSテレビ系「情報ライブ ビビット」で、川島さんが2013年7月に「余命1年」と告げられていたことを明かした。テレビなどの報道で川島さんの深刻な病状を知った人からは、「好きなことをして亡くなったのなら」と同情する声もあった。 民間療法の是非はさまざまな意見があるだろう。しかし、がんと向き合っ [全文を読む]

名作ドラマ“至高の最終回”の謎を総直撃!(2)「<1997年9月22日・失楽園>国広富之」

アサ芸プラス / 2016年03月07日17時57分

デビュー作の「岸辺のアルバム」(77年、TBS系)は、同年のテレビ大賞に輝いた。それから20年後に出演した「失楽園」(97年、日本テレビ系)もまた、国広富之(62)にとって、忘れがたい最終回となった。 どこにでもある普通の家族が、小さな事件の積み重ねによって少しずつ崩壊する。そして、最後に家そのものが濁流に流されるラストは、ドラマ史の金字塔と呼ばれた。「僕 [全文を読む]

フジ・川島なお美さん追悼番組、6.4%で民放4位! 「なぜイブのゴールデンに」と疑問の声

サイゾーウーマン / 2015年12月28日12時45分

9月24日に胆管がんのため死去した女優・川島なお美さんの追悼番組『独占秘話!女優・川島なお美物語』が、24日、フジテレビで放送された。9月7日、夫・鎧塚俊彦氏とともにイベント出席した際には、その痩せ細った体に「体調が心配」「休んでほしい」といった声が多数上がっていたが、そのわずか17日後に急逝。あまりにも早すぎる死に、日本中が驚きと悲しみに包まれたが、今回 [全文を読む]

川島なお美の「遺品」大量処分で夫・鎧塚氏を直撃!

アサ芸プラス / 2015年11月21日17時57分

90年代、女優として伸び悩んでいた川島が飛躍のきっかけをつかんだのは、97年放送の主演ドラマ「失楽園」(日本テレビ系)だ。「原作にほれ込んだ川島さんが渡辺さんに直訴して、主役の座を手に入れたと言われています。実際、月刊誌『噂の眞相』(04年休刊)が96年と98年の2度にわたって密会旅行を報じています」(前出・芸能記者) 2人は恋人のようであり、師弟のような [全文を読む]

松居一代が「死者でマーケティング」? 夫と川島なお美さんの過去を暴露する本当の理由

日刊サイゾー / 2015年10月11日12時00分

本の宣伝のみならず、話題性を得てその先にあるテレビのオファーなども見越した発言かもしれないですが、こんな“危険人物”はテレビでは使いにくいでしょう。逆にお呼びがかからなくなる可能性のほうが大きい。『すべてお話して生きてまいりました』なんて言ってますが、かつてあった自身と、夫の父である故・船越英二との確執に関してはダンマリを決め込んでいます。説得力も何もあっ [全文を読む]

花火と命

クオリティ埼玉 / 2015年09月27日20時06分

テレビに最後に映った姿はあまりに痩せていた。その姿に非難や批判を浴びた。 彼女はそれをわかっていたはず。なのに最後まで女優を演じていた。そしてその舞台を最後に命の幕をおろす。 花火は一瞬で消える。 でも、その時間は関係ない。いかに、美しく舞うかだ。命も同じだ。その年月ではない。 初秋の熱海の花火を観ながら、目頭が熱くなった。 そしてその音が鼓動に突き刺さ [全文を読む]


「再婚しないでほしい」ガンから復帰した川島なお美が夫宛てに書いていた遺書

アサジョ / 2015年09月10日09時59分

今はさすがに禁酒しているようですが」(テレビ関係者) 番組によると、手術前に夫には内緒で遺書をしたためていたことも告白した。「そこには『一緒にお墓に入りたいから、再婚しないでほしい』という、川島の想いがつづられていました」(前出・テレビ関係者) つらい手術を乗り越え、現在出演中の舞台に加え、11月には20年ぶりのソロコンサート、さらに11月から12月にかけ [全文を読む]

「放送コードに挑んだ」TVドラマ(1)川島なお美が喪服姿で…

アサ芸プラス / 2015年05月03日17時56分

前クールではKAT-TUN・亀梨和也と深田恭子が濃厚なラブシーンを演じたドラマ「セカンド・ラブ」(テレビ朝日系)。視聴率こそ低調に終わったが、それでも氷河期と呼ばれるドラマ界に一石を投じたのは間違いない。「記録」ではなく、「記憶」に残る女優たちの「美しき名場面」を称えたい! 昨年話題になった「昼顔~平日午後3時の恋人たち」(フジテレビ系)のルーツともいえる [全文を読む]

川島なお美 渡辺淳一さん一周忌で明かした追憶秘話

WEB女性自身 / 2015年04月29日11時00分

不倫愛の代名詞となり、’97年の流行語大賞にもなった『失楽園』は同年にテレビドラマ化。ヒロイン凛子を、体当たりで演じたのが川島なお美(54)だった。「私にとって渡辺先生は“恩師”でもあると同時に、作品を通しての“戦友”でもありました。『失楽園』(日本テレビ系)、『くれなゐ』(’98年・日本テレビ系)そして映画『メトレス・愛人』と、渡辺文学のヒロインを3人も [全文を読む]

故・渡辺淳一と川島なお美の“失楽園愛”真相

アサ芸プラス / 2014年05月20日09時58分

それでも渡辺氏と特別な関係になった川島には、テレビ版「失楽園」の主役が与えられ、彼女は当時のテレビの放送コードギリギリのヌードシーンを惜しみなく演じたのだ。 「当時、2人は情実関係を否定しましたが、渡辺さんが川島に夢中になってしまったようで、関係が進行するにつれ、川島はテレビ版『くれなゐ』(98年)、さらには映画で『メトレス・愛人』(99年)の主演を射止め [全文を読む]

ドラマで肌の露出が減る一方で描写ばかり過激化した理由は?

NEWSポストセブン / 2012年12月27日16時00分

有名女優の代表作を例にあげても、豪快な脱ぎっぷりが見られるのは、新人時代の常盤貴子が風俗嬢役でバストトップを見せた『悪魔のKISS』(フジテレビ系・1993年)や、川島なお美がフルヌードで迫真の不倫愛を再現した『失楽園』(日本テレビ系・1997年)ぐらい。その代わり、脱がずに描かれる性描写の内容はレイプシーン、レズシーンなどといった、より過激な行為を想像 [全文を読む]

鎧塚俊彦氏 川島なお美の過干渉に辟易してサウナに入り浸り

NEWSポストセブン / 2012年11月01日07時00分

10月21日放送の『行列のできる法律相談所 さんまVS怒れる美女軍団SP』(日本テレビ系)に夫婦でゲスト出演した際、鎧塚氏はこんなエピソードを明かしている。 彼が男友達5人と飲み会をしているときのこと。店名を川島に告げて遊びに行った鎧塚氏にこんなメールが来た。 <そろそろ一緒に帰らない?私、隣の店で飲んでいるんだけど> ストーカーともいえそうな、その行為 [全文を読む]

【不人気?】和田アキ子の暴言がヤバイ!? 暴言&言動まとめ5選

ヨメルモ トリビアニュース / 2016年09月01日06時00分

しかし披露宴は長引いてしまい、安田さんの友人として2曲の特別ライブをする予定だったロックバンド・BUMP OF CHICKENの曲数を1曲に減らさせるなどの暴挙を連発したことを、勝俣州和さんが堂々とテレビで明かしたのでした。 これに対してネット上では「和田アキ子の周囲は全員感覚がおかしい。これが笑い話になると勘違いしている」「ひどすぎる。安田美沙子さんが [全文を読む]

“ゲス”ブームは90年代にもあった!? 昔は年上、今は年下が熱い

anan NEWS / 2016年05月19日12時00分

でも、時代とともに昼ドラのメインターゲットだった奥様たちが昼間に仕事でテレビを観なくなって、ついには枠自体がなくなってしまった。それで、夜に移行してきたっていうのもあるんだと思うんです。 杉谷:ドロドロの恋愛ドラマを求めている人が、一定の割合で存在しているのね。 田幸:だから、局側も、どこかしらに枠を設けておかなければいけない、と。 カトリーヌ:じつは不倫 [全文を読む]

川島なお美さん 手術遅かったとの指摘は間違いと近藤誠医師

NEWSポストセブン / 2015年10月28日07時00分

テレビの報道を見ていると、もっと早く手術していればとか、抗がん剤治療を受けていれば助かったのに、という趣旨のコメントが目立ちます。これでは視聴者が誤った認識に誘導されてしまうと危惧を抱いています。川島さんのケースから明らかなことは、手術が遅かったことではなく、手術をしても救えなかったという事実です。なぜそこを誰も突っ込まないのでしょうか」 川島さんは一昨 [全文を読む]

石田純一が川島なお美さん葬儀で超“KY発言”マスコミからは「ボケたの?」と心配の声も……

日刊サイゾー / 2015年10月08日13時00分

川島さんの出世作といえば、故・渡辺淳一さん原作のドラマ『失楽園』(日本テレビ系)。川島さんはヒロインを演じ、俳優・古谷一行との激しい濡れ場は当時大きな話題となった。 その『失楽園』に関して、石田は突然「実は謝らなくちゃいけないことがあって……」と切り出し、次のように続けた。 「このドラマは渡辺淳一先生が僕をイメージして書いたと聞いて、ドラマ化のときは主演 [全文を読む]

川島なお美さん「読めるのは生きてる証」と遺書を読み返した

NEWSポストセブン / 2015年10月01日16時00分

「川島さんはがんが発覚した時点で“余命1年”と宣告されていたんです」 川島と家族ぐるみの親交があった山田邦子(55才)は川島の死後、テレビの生放送でこう明かした。弔問に訪れた山田に、夫・鎧塚俊彦氏(49才)は、「手術までの半年が悔やまれる。早く病院に行けばよかった」と無念さをにじませたという。 手術前日、川島は夫に宛てた遺書を用意していた。銀行預金の使い道 [全文を読む]

川島なお美と渡辺淳一の密会をスクープ、「噂の真相」岡留編集長が語る女優・川島なお美の美学と肝っ玉

リテラ / 2015年10月01日13時14分

その後へアヌード写真集の出版や映画『極道の妻たち』への出演など徐々に女優としての地位を確立していくのだが、それを決定的なものにしたのが1997年に放映されたドラマ『失楽園』(日本テレビ系)に主演女優として抜擢されたことだった。 そしてこの直前、川島は、『失楽園』の原作者でもある渡辺と"不倫密会"を報道されている。だがそれは作家と女優の単なる不倫だったわけで [全文を読む]

フォーカス