手術 川島なお美に関するニュース

【訃報】川島なお美さん死去。ネットにも衝撃「早すぎる」

秒刊SUNDAY / 2015年09月25日00時26分

2014年に肝内胆管がんの手術を行うも、今年9月に報道陣の前に姿を見せた際「あまりに痩せ過ぎではないか」と心配する声もあった。最近では自宅療養を行っていたということではあったが復帰はかなわなかったようだ―オフィシャルブログにも訃報を伝えるコメント川島なお美さんのオフィシャルブログにも以下の様なコメントが掲載されている。弊社所属の女優、川島なお美は、都内病院 [全文を読む]

川島なお美「胆管ガン」で12時間の大手術を受けていた!

WEB女性自身 / 2014年03月26日07時00分

病名は肝内胆管ガンだった」(医療関係者) 女優・川島なお美(53)が今年1月、極秘入院し、手術を受けていたという。肝内胆管ガン(胆管細胞ガン)とは、肝臓で作られた胆汁を十二指腸まで送り出す働きを持つ胆管の、肝臓内にある部分にできたガンのこと。原発性肝ガンの3〜5%と発生頻度としては少ない腫瘍だが、初期は無症状のため、定期的に健康診断などを受けていないと、早 [全文を読む]

がん新時代「見つけ方&治し方」超入門

プレジデントオンライン / 2017年06月10日11時15分

3つ目は当然ですが、そのがんに対する有効な治療法(手術、放射線、抗がん剤など)が確立されているか、ということです」(若尾氏) 胆管がんは管の壁に沿って発育するため、また膵臓は身体の奥深くに位置しているため、一般的な画像検査では早期発見が難しい。たとえば、新たに診断される膵がんの7割はIV期の進行がんだ。進行スピードも大腸がんに比べると段違いに速い。 したが [全文を読む]

手術は再発の原因か 川島なお美「がん治療」で論争【後編】

NEWSポストセブン / 2015年11月06日07時00分

そして、近藤医師は川島に外科手術の無意味さを説き、別の治療法を提案したと明かしたのだ。 近藤医師は、女性セブンの取材に対し、「メスを入れた正常組織にがん細胞が集まり、暴れることが多いんです。また、初発病巣を手術で取り除くと、潜んでいた転移巣が急激に増殖するケースも多々ある。“このまま放っておいても1年で死ぬことはない。1年以内で死ぬとすれば、手術や抗がん剤 [全文を読む]

川島なお美も受けた肝内胆管がん腹腔鏡手術に医師から疑問の声

NEWSポストセブン / 2017年09月14日16時00分

現実には高額なわりに成果が望めない、「コスパの悪い」手術が存在している。 かつて故・川島なお美さんが、肝内胆管がんの治療で腹腔鏡手術を選んだことが話題になった。 開腹せずに腹部に小さな内視鏡を入れて行なうこの手術の費用自体は20万円程度だが、除去しきれずに再発する可能性が高いため、手術の費用は膨れ上がることが多い。しかもその効果について専門医からは疑問の声 [全文を読む]

原千晶 自身が受けたがん告知時の状況と治療後の後悔を語る

NEWSポストセブン / 2015年11月29日07時00分

しかし、その段階ではがんかどうかはわからないということで、大学病院で円錐切除手術を受けました。その病理検査の結果、がんだとわかったんです。 告知を受けた時は本当に青天の霹靂でした。医師には「この間手術で取った部分はがんでした」とストレートに言われました。母と2人で聞いたのですが、「えっ? 何?」「自分のこと?」という感じで本当に頭が真っ白になりました。子宮 [全文を読む]

川島なお美による「迷医」の見分け方 患者の目を見ないなど

NEWSポストセブン / 2015年12月12日07時00分

しかし、舞台出演を優先したいという川島の意向を無視して外科手術をすすめ、拒否すると、抗がん剤治療を提案された。 《何が何でも切りたくてウズウズしている》 《この病院には二度と戻って来ない》 2番目に訪れたのは、『がん放置療法』で有名な医師。 「何もしないで大丈夫」 そんな言葉を期待していた川島だが、診察結果は予想外のものだった。 《「ほうっておいたらいずれ [全文を読む]

克服芸能人が明かした“ガンからの生還”「元ゆーとぴあ・ホープの場合」

アサ芸プラス / 2015年10月21日17時57分

3度のガン手術を経てなお、生き延びていた。「大腸に始まって、症例の少ない小腸でもガンをやった。左の肺は全部取っちゃったし、胃も大部分を摘出したから、内臓が半分になった感覚だよ(笑)」 最初のガン手術は07年。自覚症状はなく、たまたま受けた検査で大腸に8個のポリープが見つかった。だが当人は落ち込むどころか大ハシャギだったという。「たまたま保険に入っていたから [全文を読む]

川島なお美にスティーブ・ジョブズ…がん患者が最後にすがる民間療法の闇

デイリーニュースオンライン / 2015年09月28日08時00分

2014年1月28日、12時間にわたる胆管がんの腹腔鏡手術を受け、胆のうを摘出した。その後、川島なお美は自身が実践している民間療法について、ブログで紹介してきた。 2014年3月27日のブログには、 「素晴らしい民間療法との出会いがありました」 というコメントともに、安易に外科手術や抗がん剤を薦める医師に辟易してきたことも記されていた。腫瘍発見から手術まで [全文を読む]

これが真実!川島なお美さん「抗がん剤治療」しない理由が明らかに

秒刊SUNDAY / 2015年09月25日17時49分

―「この人になら命を預けられる」そう思える先生と出会うまで手術はしたくありませんでした川島なお美さんのブログには、なぜ抗がん剤治療を行わなかったのか「真実」というタイトルで2014年3月27日に投稿されておりました。その記事の内容によると以下の様な記載がされております。言われるがままわけもわからずただ切られる、とか不必要な抗がん治療を受ける、とか私は反対で [全文を読む]

がん治療は是か非か 専門医が語る「がん放置療法」の現状

NEWSポストセブン / 2016年12月11日16時00分

かなり前から「がんは治る病気になった」「手術も抗がん剤も目ざましく進歩」「とにかく早期発見・早期治療を」と、国も医療界も連呼している。しかし、がんで死ぬ人は1981年以来増え続けて、なんと35年以上も「日本人の死因のトップ」に君臨。「治る病気」には、全くなっていないのが現状だ。「早期発見・早期治療」が功を奏していないことも、前立腺がんのPSA検診や、乳がん [全文を読む]

渡瀬恒彦 胆のうに腫瘍、闘病しながらドラマ撮影継続

NEWSポストセブン / 2016年05月25日16時00分

発見したらすぐに手術で摘出することが一般的ですが、見つかった時には他部位に転移していて、手術ができない場合も多い。そうすると、1年生存率は20%ほど、3年生存率は3%まで下がります。腫瘍が悪性か良性かを見分けるのが難しいという難点もあります。10mm以上の腫瘍ならがんの可能性が高いため切除しますが、5mm程度の腫瘍なら手術をせずに様子を見る選択肢もあります [全文を読む]

手術は再発の原因か 川島なお美「がん治療」で論争【前編】

NEWSポストセブン / 2015年11月06日07時00分

手術回避か、即メスを入れるべきだったのか。どんなに議論をつくしても彼女が帰ってくるわけではないが、2人の医師の主張から、がん治療の難しい現実が見えてくる──。 川島なお美(享年54)が胆管がんで亡くなってひと月あまり。都心の高級マンションに残された夫の鎧塚俊彦氏(50才)は計り知れない喪失感を抱えながら、ようやく前を向き始めている。「先日、すれ違ったら“そ [全文を読む]

川島なお美さん「読めるのは生きてる証」と遺書を読み返した

NEWSポストセブン / 2015年10月01日16時00分

舞台出演を控えていた彼女は治療より仕事を優先させ、手術に踏み切ったのは発覚から半年後の2014年1月だった。「川島さんはがんが発覚した時点で“余命1年”と宣告されていたんです」 川島と家族ぐるみの親交があった山田邦子(55才)は川島の死後、テレビの生放送でこう明かした。弔問に訪れた山田に、夫・鎧塚俊彦氏(49才)は、「手術までの半年が悔やまれる。早く病院に [全文を読む]

邪気を除去?川島なお美さんが取り入れた民間療法は「ごしんじょう療法」という気功と判明!

秒刊SUNDAY / 2015年09月26日11時25分

「この人になら命を預けられる」そう思える先生と出会うまで手術はしたくありませんでした幸い覚悟を決めてお任せできるドクターに出会えたのですがそこに至るまでにはとんでもない医者もいました(中略)素晴らしい民間療法との出会いもありました引用:川島なお美オフィシャルブログhttp://ameblo.jp/naomi-kawashima/entry-11806042 [全文を読む]

夫婦で闘病に臨む川島なお美「朝からシャンパン」復活なるか

デイリーニュースオンライン / 2015年09月24日12時00分

早期発見が難しく、治療も簡単ではないそうで、膵臓がんや食道がんと並んで手術が難しいがんでもあるとのことだ。 10年生存率は30% 川島は自らブログで、 「私が乗り越えた病気は 5年生存率50% 10年生存率2~30%という厳しいものです」 と発表するだけあって、有効な抗がん剤がなく、放射線の治療もままならない。再発したら手術を繰り返すしかないという厳しいも [全文を読む]

川島なお美が遺著で近藤誠医師のセカンドオピニオンを告発していた!「あれは何だったの」「がんを放置しないで」

リテラ / 2015年12月14日08時00分

もともとは近藤医師自身が「文藝春秋」11月号で川島が2年前に近藤医師の外来を訪れ、がん治療のセカンドオピニオンを受けていた事実を明らかにしたのだが、その近藤医師のセカンドオピニオンの内容に対して医学界から「近藤氏の診断のせいで、手術を遅らせ、治るチャンスを逸してしまった」という批判の声が上がったのだ。 だが、川島自身も近藤医師の診断に怒りをもっていたようだ [全文を読む]

川島なお美さん直筆の闘病日記や秘蔵映像を初公開

Smartザテレビジョン / 2015年11月27日06時03分

結果的にみて、手術は(がんが)見つかってから半年ぐらいしなかったわけです。そこに関して妻は一切その判断が間違っていたという考え方を持っていなかったです」と話した。 そして、'14年1月の最初の手術の時に腹腔鏡手術を選択したことについては、「人間の体というのは、楽器のようなものなので、ベンツ切開することによって変化してしまうと考えておりました」などと語った。 [全文を読む]

川島なお美の手術が遅れたのは「がんと闘うな」近藤誠医師の診断のせいだった? がん専門医からも誤診との批判が

リテラ / 2015年10月28日09時00分

川島さんご自身がそのことを周辺に話していたようですね」「川島さんが切除手術を受けなければ、余命がさらに延びた可能性は高く、あれほど痩せることもなかたと、僕は思っています」 こう語るのは近藤誠医師。今年9月に54歳で胆管がんで亡くなった女優・川島なお美も2013年9月に近藤医師が13年に渋谷に開いた「セカンドオピニオン外来」への診察にやってきたことを「文藝春 [全文を読む]

【ウラ芸能】川島なお美さん、つきまとうあの話

NewsCafe / 2015年10月06日15時00分

デスク「9月24日に胆管がんで女優、川島なお美さん(享年54)が亡くなったけど…」記者「その同じ日に、タレント、北斗晶(48)が乳がんの手術をしました」デスク「3日に退院した北斗のほうは、夫で元プロレスラーのタレント、佐々木健介(49)とそろって会見。医者に『5年の生存率は50%』と言われたと告白したね」記者「夫とそろってがんと闘うことを宣言したのは共感を [全文を読む]

フォーカス