最近 川島なお美に関するニュース

【訃報】川島なお美さん死去。ネットにも衝撃「早すぎる」

秒刊SUNDAY / 2015年09月25日00時26分

最近では自宅療養を行っていたということではあったが復帰はかなわなかったようだ―オフィシャルブログにも訃報を伝えるコメント川島なお美さんのオフィシャルブログにも以下の様なコメントが掲載されている。弊社所属の女優、川島なお美は、都内病院にて9月24日19時55分、胆管がんにより逝去いたしました。享年54。ここに川島なお美の生前に賜りましたファンの皆様からの励ま [全文を読む]

ビートたけしとの“ガチンコバトル”で和田アキ子の「リストラ」が早まる!?

日刊サイゾー / 2016年02月25日11時00分

「共に30年近い歴史のある両番組ですが、最近は視聴率低迷のためか、打ち切り説もささやかれてきました。『TVタックル』は時事問題、『おまかせ!』は芸能情報メインという違いはありますが、どちらも話題のニュースを扱うという点では同じ。最近は『サンデー・ジャポン』(TBS系)と『ワイドナショー』(フジテレビ系)が刺激し合い、共に高視聴率を記録している。“ラーメン [全文を読む]

ホリプロ・こじるりには優しく山田菜々は叱責、和田アキ子のイビリに非難の声

アサ芸プラス / 2015年10月28日09時58分

「芸能界のご意見番」の異名を取る和田アキ子が最近、数々の舌禍で不興を買っている。10月25日には冠番組「アッコにおまかせ!」(TBS系)にて、42歳も年下の元NMB48・山田菜々に対して生放送中にダメ出しを行い、若手イジメが過ぎると非難の声があがっているのだ。 この日は“一度は言ったことがあるダジャレ”をテーマに、そのベスト5を出演者が回答。スピードワゴン [全文を読む]

川島なお美 夫・鎧塚氏との大ゲンカを「鎧塚祭り」と呼ぶ

NEWSポストセブン / 2012年11月03日07時00分

最近でも1か月ほど前の9月中旬に泊まっているという。 ※女性セブン2012年11月15日号 【関連ニュース】鎧塚俊彦氏 川島なお美の過干渉に辟易してサウナに入り浸り夫・鎧塚俊彦氏の失明危機に川島なお美、手料理でサポート大塚範一キャスター 最愛の母が死去し無菌室でむせび泣き一時退院の大塚範一アナ めざましスタッフと寿司店で酒もめざまし卒業の大塚アナ 93歳母 [全文を読む]

スタッフから人気の西川史子、更年期障害ではと心配の声も

NEWSポストセブン / 2016年12月11日16時00分

最近は局の廊下を一歩一歩確かめるようにゆっくり歩き、時折その足元すらもふらつきを見せていた。挨拶の声も張りがない。そして激やせ…。「夏頃から急に細くなり、あまりに以前とは違う雰囲気に声もかけづらくなっていました」(テレビ局関係者) 12月1日に急性胃腸炎で入院。『サンデー・ジャポン』(TBS系)の生放送を欠席し、事務所は「この機会に少しの間お仕事をお休み [全文を読む]

いよいよ船越英一郎に見限られた!? 離婚騒動の渦中にいる松居一代が怖すぎる

日刊サイゾー / 2016年01月18日11時00分

おしどり夫婦として知られた2人だったが、ここ最近では船越に対する松居の度を超えた束縛に対し、世間から非難を浴びることもあった。また、過去に昨年死去した女優の川島なお美と船越に交際のウワサがあり、それを松居の自著の出版会見で記者にたずねられた際、事実だと認め交際を暴露。それが川島の死去から2週間という出来事で、なおかつ自著の出版会見の席であったため、とんだ売 [全文を読む]

二宮和也、がん騒動浮上のワケ

NewsCafe / 2015年12月20日16時00分

最近の二宮は声がかすれたり、頬がこけたり、髪の生え際が後退したりという劣化に加え、うつろな雰囲気になっており、これは喫煙者に見られる癌の進行症状だ、と。ひいては二宮に禁煙を奨励しようという呼びかけでした」 え? 言われてみると二宮は最近、痩せて頬がこけた印象だが、たびたび役づくりのために減量することもあると聞く。 「もともと太りやすい体質で、ぽっこりおなか [全文を読む]

北斗晶に川島なお美…がんリスクが劇的に上がっちゃうNG習慣まとめ

VenusTap / 2015年10月21日20時40分

ここ最近、北斗晶さんなど著名人のがんに罹患するニュースが相次ぎました。では、がんはどういった生活習慣でリスクが増大してしまうのでしょうか? そこで今回は『VenusTap』でも過去に紹介された、有名人のがんとそのリスクが上がるNG生活習慣をまとめます。 ■死亡者数ワースト1……今井雅之が苦しんだ大腸がんリスクを高めるのは? 俳優・今井雅之さんが大腸がんにな [全文を読む]

川島なお美さんの抗がん剤拒否や代替療法、間違っていたのかは「わからない」

Business Journal / 2015年10月13日22時00分

一方で、遺伝子に支配されない、でも遺伝する情報を最近はエピジェネティクスなどとも呼んでいます。また、環境が同じであれば、結構同じ病気になります。当然に遺伝子が違う夫婦や、血のつながりがない子供が、同じような病気に罹患することも実はあるのです。つまり人はいろいろなのです。 サイエンスは20世紀以降ものすごく進歩しました。しかし、「人はいろいろ」ということに [全文を読む]

川島なお美さん訃報に際し考える がんの早期発見・治療は本当に正しいのか?

Business Journal / 2015年10月09日06時00分

最近、芸能人の方のがんの報道が続きます。がんについて教えてください」 そうですね。今井雅之さん、川島なお美さん、北斗晶さん、今いくよさん、愛川欽也さん、坂東三津五郎さん、桑田佳祐さん、つんくさんなどなど、多くの方ががんに罹患しています。がんの治療に成功した方もいれば、何人かの方はがんで亡くなり、またがんを持ったまま現在も治療中の方もいます。 いったい、が [全文を読む]

フォーカス