舞台 川島なお美に関するニュース

鎧塚氏が語った 川島なお美臨終間際の壮絶な闘病の日々

NEWSポストセブン / 2015年12月13日07時00分

彼がこの章で初めて明かしたのは、がんの再発から舞台降板、亡くなるまでの壮絶な1年間である。 2014年7月、夫婦でゴルフを楽しんだ帰り道、川島の携帯が鳴った。最も恐れていた、がん再発の知らせだった。川島はそれ以上なにも聞こうとしなかった。しかし、鎧塚氏はパンドラの箱を開けてしまう。《女房が近くにいないことを確認してから、私は(主治医の)K先生に電話を入れ、 [全文を読む]

川島なお美にスティーブ・ジョブズ…がん患者が最後にすがる民間療法の闇

デイリーニュースオンライン / 2015年09月28日08時00分

「激やせ」と報じられたこの日の会見から10日後、出演していた舞台「パルレ」を降板。その1週間後に、川島さんは早すぎる死を遂げてしまった。 亡くなる直前まで舞台に立っていた川島の死には衝撃と悲しみが走ったが、川島が取り組んでいた民間療法の内容が判明すると、ネット上がザワついた。その内容とは、「ごしんじょう療法」と呼ばれる金の延べ棒だったからだ。 ごしんじょう [全文を読む]

花火と命

クオリティ埼玉 / 2015年09月27日20時06分

花火はその夜空の舞台で一瞬に生きる。 観客を魅了し散っていく。引き際も美しい。 川島なお美さんの最期も美しかった。 桜のように、花火のように美しく散った。 テレビに最後に映った姿はあまりに痩せていた。その姿に非難や批判を浴びた。 彼女はそれをわかっていたはず。なのに最後まで女優を演じていた。そしてその舞台を最後に命の幕をおろす。 花火は一瞬で消える。 で [全文を読む]

川島なお美、女優としての仕事とその人柄ーー岡田惠和作品ではコメディのセンスも

リアルサウンド / 2015年09月26日08時22分

最後まで女優として生き、再び舞台に立つことを願ったうえでの選択だったとのことだ。 参考:浜辺美波は『あの花』めんま役にふさわしい? 女優としてのポテンシャルを検証 川島なお美は1979年、青山学院大学文学部在学中に女子大生アイドルとして芸能界デビュー。ラジオ番組『ミスDJリクエストパレード』(1981年、文化放送)のDJや、テレビ番組『お笑いマンガ道場』( [全文を読む]

川島なお美さんが死去 大学時代にデビュー/略歴

モデルプレス / 2015年09月24日23時56分

以後女優、テレビ、映画、舞台など幅広く活躍。1997年に主演したドラマ「失楽園」で大きな注目を集めた。ほか映画「鍵」、ドラマ「イグアナの娘」など出演作多数。 またワインエキスパート、名誉ソムリエの称号を保有するなど、ワイン好きとしても知られ、ワインのプロデュースや本を出版するほど。趣味は茶道、料理、フランス語、クラシックバレエなど。 2009年にパティシエ [全文を読む]

夫・鎧塚氏が語った、川島なお美さん「最期の17日間」

Smartザテレビジョン / 2015年12月24日23時09分

9月2日から主演ミュージカル「パルレ~洗濯~」に出演していた川島さんは、公演の合間に再び腹水を抜く治療を受けるなど、満身創痍で舞台に立ち続けた。15日からは長野公演で再び舞台に立ったが、身体はもう限界を超えていたという。亡くなる8日前、16日に鎧塚氏に送ったLINEのメッセージには「かなりかなりやばい。のりきれるかわからない」と書かれていた。17日には「 [全文を読む]

川島なお美さん「読めるのは生きてる証」と遺書を読み返した

NEWSポストセブン / 2015年10月01日16時00分

舞台出演を控えていた彼女は治療より仕事を優先させ、手術に踏み切ったのは発覚から半年後の2014年1月だった。「川島さんはがんが発覚した時点で“余命1年”と宣告されていたんです」 川島と家族ぐるみの親交があった山田邦子(55才)は川島の死後、テレビの生放送でこう明かした。弔問に訪れた山田に、夫・鎧塚俊彦氏(49才)は、「手術までの半年が悔やまれる。早く病院に [全文を読む]

草刈正雄主演ミュージカル「クリスマス・キャロル」初演から一年。全国からの熱い要望に応え、日本縦断25公演が実現! ―川島なお美が、少女から老婆まで一人三役、そして最後には約5メートルに巨大化!?―

DreamNews / 2014年09月05日11時00分

草刈は、守銭奴スクルージをシリアスにまたコミカルに演じ、川島は17歳の少女から老婆までを多彩に演じ分け、最後には舞台演出で約5メートルにまで巨大化し、客席を圧倒する。 見どころは、何と言っても劇団スイセイ・ミュージカル独自の、躍動感溢れるコメディタッチのストーリー運び。クリスマスにぴったりの、煌びやかなショーナンバー。そして、初演で好評を得た草刈の演技と [全文を読む]

川島なお美さん、生前の日記を初公開 本音・闘病生活の全貌が明らかに

モデルプレス / 2015年11月26日11時36分

突然の舞台降板から、入院、そして死の間際、鎧塚氏にだけ見せた衝撃的な最後の様子が初めて明らかとなる。 編成企画の情野誠人氏は川島さんについて「夫の鎧塚俊彦氏をはじめ関係各所の方々に取材させていただくと、病を抱えながら決して弱音を吐かず、ブレることなく人生を全うした川島なお美さんの生き方は、皆さん口をそろえて“カッコイイ生き方だった”と言います。また亡くなる [全文を読む]

川島なお美さんバースデー、降板舞台の観客1500人が天国へ祝福

モデルプレス / 2015年11月10日19時29分

川島さんが出演する予定だった舞台「クリスマス・キャロル」にも出演する川崎は、同日に岐阜で行われた公演に1500人の観客が集まったことを報告。 同日は川島さんのバースデー。最後の挨拶で川崎が「今日は川島なお美ちゃんの誕生日です 本来ならこの舞台で皆さんとハッピーバースデーをお祝い出来るはずだったのですが残念な事にお亡くなりになりました 皆さんへのお願いです [全文を読む]

フォーカス