事務所 太田光に関するニュース

芸能人共演NG事情 元恋人、トラブル、共演者キラー回避も

NEWSポストセブン / 2014年03月16日07時00分

報道されていない元恋人同士だと、テレビ局サイドが把握していないことも多いので、その場合は、事務所が共演者リストを見てNGを出すようです」(民放のディレクター) タレント同士の“トラブル”ということも多いようだ。 爆笑問題とダウンタウンの共演NGの理由はこれ。約20年前、まだブレーク前だった太田光が松本人志の服装センスについてラジオでネタに。激怒した松本が楽 [全文を読む]

上田晋也「あのオヤジ!」TBS名物Pの秘話を語る

日刊大衆 / 2017年03月07日18時05分

太田は冒頭で、事務所のマネージャーに所属タレントのネタには口を出さないよう指示していると発言。その理由について「もう誰が化けるか分かんない」とし、「うちのタイタンライブ、ずーっと小島よしお(36)を落としてたからね。それが大ブレイクした過去があるし。そういう意味じゃ、何が面白いかなんて誰にも分からないから、アドバイスは一切するなって言ってある」と理由を説 [全文を読む]

太田光代が語る“野心”「発想したらとにかくやる」

WEB女性自身 / 2013年09月06日07時00分

’89年同じ事務所に所属していた太田光と出会い、翌’90年に26歳で結婚。同年、爆笑問題は事務所から独立し、仕事がない状態だった。「2人をなんとかしなきゃ! と。太田はワガママだし。同じコンビニでバイトしていた田中は、店長になりそうだし。もう、私がやるしかないなと、事務所を設立したんです。専業主婦が夢だったのに、私、願っているものと逆になるんですよ(笑)」 [全文を読む]

爆笑問題・太田光&光代に、バーニング憤怒! レコ大買収疑惑めぐる発言で『サンジャポ』危機 !?

サイゾーウーマン / 2017年03月19日11時45分

「2015年、三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBEがレコード大賞を受賞したのですが、同誌はそれを、LDHが大手事務所・バーニングプロダクションに1億円を支払って“買った”のではないかと伝えました。このスキャンダルに引っかけて、太田はピコ太郎をイジり、さらに『周防さん、ごめんなさい! 消さないで!』と、バーニングの周防郁雄 [全文を読む]

田中裕二結婚、太田社長が異常対応の謎 報告会見で記者全員へブランド品贈呈の意味

Business Journal / 2015年10月05日22時00分

2013年に2人の交際が報じられてから、田中の相方・太田光の妻で所属事務所タイタン社長の太田光代氏は、頑なにこれを否定。当初はマスコミの前に姿を見せるイベントなどで田中本人が、たまにデートをする良い関係であることをうれしそうに認めていたにもかかわらず、それを横で見ていた太田社長が「本人の勘違い」と否定するという事態も起きていた。今年7月には結婚・同棲報道 [全文を読む]

<明石家さんまの新番組は次回が勝負?>新番組『さんまのお笑い向上委員会』はどこを笑えば良いのか?

メディアゴン / 2015年04月21日08時40分

続いて、それぞれの所属事務所である。吉本興業の今田耕司、秋山竜次。個人事務所タイタンの太田光、昔、太田プロダクションから移籍し今はワタナベエンターテインメントの堀内健、澤部佑、太田プロの土田晃之、人力舎の児嶋一哉、そして浅井企画のずんと、新人の流れ星。ここに、ホリプロ、松竹芸能が揃えば日本の笑いをやるプロダクションが全部揃ったと言うことになる。しかも、各プ [全文を読む]

太田光、妻が焦った深ソウ

NewsCafe / 2015年04月15日17時00分

「太田の妻で所属事務所タイタンの太田光代社長(50)が6日、ツイッターで『意見を言っているときに使う言葉ではない』と夫をたしなめたのも、"炎上"を心配してのことでしょう」というのはスポーツ紙記者。 どういうこと? 「発言をプレーバックすると、先月29日に太田は『爆笑問題の日曜サンデー』(TBSラジオ)で、米軍普天間飛行場の沖縄・名護市辺野古移設問題に関し [全文を読む]

【ウラ芸能】エレキ連合、ダメ出したい相手

NewsCafe / 2014年09月17日15時00分

アルバイトで借金返済をしてたそうです」デスク「今は、爆笑問題の太田光(50)の妻、太田光代社長(50)率いる事務所・タイタン所属だよね。ヤリ手で有名な光代社長が2人を発掘したってか」記者「いや違うんですよ。彼女らは光代社長のスカウトでなく、10年に行われたオーディションに合格したんです。そもそも光代社長は、何があったのか知りませんが『女性は扱いにくいから、 [全文を読む]

板東英二の“植毛告白”で蒸し返される爆笑問題・太田光と小倉智昭のガチバトル!「共演は永久にNG」

日刊サイゾー / 2013年11月26日13時00分

昨年12月に発覚した個人事務所の約7,500万円の申告漏れについて、板東は約20年近く続けている植毛で「カツラが経費で落ちると聞いていたので、植毛も落ちると思っていた」と説明。その翌日、朝の情報番組『とくダネ!』(フジテレビ系)の中でこの話題に言及した小倉は「なんか植毛に7,000万円かかったような言い方でしたけど、フフッ」と疑問を呈した。 これにネット [全文を読む]

“Fワード女優”大島優子が崖っぷち! 岡村隆史「あんなん被ってられへんやろ」、太田光「スケバンの先輩」

日刊サイゾー / 2017年06月23日17時00分

同じ事務所の先輩にあたる有吉弘行も、18日のラジオ番組で「運動部でもなんでもそうだけど、OBとかOGが学校来て文句言うのが一番ウザったい」とチクリ。「お前24、5の女が、どういうつもりでどういう口調でしゃべってるんだ? っていう」「楽屋でやってくれる分にはいいけれど、公で私たちの目に触れるようなところであれば気をつけないと」と苦言を呈した 一方、爆笑問題の [全文を読む]

「バカじゃねぇの!」爆笑問題・太田光の「橋下徹批判」はエールの裏返し?

アサ芸プラス / 2017年04月02日17時59分

橋下氏といえば、爆笑問題と同じ事務所の所属で、同事務所の顧問弁護士まで務めている。なのになぜ、太田は突然、橋下氏を痛烈に批判したのか。さるジャーナリストは、「『橋下氏の発言がもっと話題になるように』という太田なりのサポートなのではないでしょうか」と分析し、次のように続けた。「これまでの発言を見ても、太田の政治観は橋下氏の考えと大きな隔たりがあるのは間違い [全文を読む]

山本裕典「芸能活動は続けたい」加藤紗里が暴露

日刊大衆 / 2017年03月31日14時05分

所属事務所を契約解除された俳優の山本裕典(29)の現状について、爆笑問題の太田光(51)、田中裕二(52)らに明かす場面が見られた。 番組では山本が契約を解除されたことを紹介した後、加藤が『フライデー』(講談社)で交際を報道されたホストクラブ経営者の男性が、山本と2年ほど前から友人関係だったことを伝えた。その後、男性に直接取材したVTRが流され、その中で男 [全文を読む]

ピコ太郎に便乗!? あのボキャブラ芸人が復活していた

日刊大衆 / 2017年02月24日12時00分

事務所を辞めてお笑いの仕事を一切断り、CDを出したものの、パッとせず手売りの日々。それでも売れずに無収入の生活が続き、貯金がいよいよなくなった頃、「見るに見かねた知り合いが“声優っていう仕事があるよ”って教えてくれて」、人気ゲームソフト『龍が如く』のチョイ役をもらうことができたのだという。そうすると、その仕事をきっかけに声優のオファーがくるようになり、現在 [全文を読む]

太田光、実は青木裕子アナを狙っていた!?

日刊大衆 / 2016年11月12日15時00分

11月10日放送の『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)に、爆笑問題の太田光(51)の妻であり、所属する事務所の社長である太田光代(52)が出演。太田の浮気について聞かれ意外な事実を明かし、ダウンタウンの松本人志(53)らを驚かせる場面が見られた。 この日は“芸能人の個人情報流出”というテーマで、光代の私生活が紹介された。忙しく働いて帰宅した後は、1人でお酒 [全文を読む]

中居“新事務所”に3人集結? SMAP「解散後の5人」の行方

日刊大衆 / 2016年11月06日12時00分

事務所もメンバーも、そういった事情から紅白出演を拒否しているのでは」 解散後は個人活動となる彼らの仕事状況はというと、まずひと安心なのが、木村拓哉と草なぎ剛。「両者とも来年1月からドラマで主演を務めます。木村はTBS系の日曜劇場枠で『その男、医師・平幸太郎』(仮)に、草なぎは『嘘の戦争』(フジテレビ系)に出演することが決定しています」(女性誌デスク) だが [全文を読む]

キムタクのバラエティ参戦で芸能界に”木村派vs.中居派”の新構図

デイリーニュースオンライン / 2016年10月04日07時05分

それだけに、共演者にも事細かく事務所チェックが入るはずです。特にさんまは以前自身の番組で、“俺は木村派や”と明言しています。そんなことを言っているので尚更、解散以降さんま・中居の共演はなくなってしまう可能性もあります』(前出・関係者) これまでドラマをメーンに出演していた木村にとって、バラエティでの適応力は未知数。そのため木村派となるタレントにとっては、終 [全文を読む]

有吉弘行も震え上がった!?夏目三久の“バック”にあの芸人も干される寸前だった!

アサ芸プラス / 2016年09月01日17時59分

他のメディアも事務所が発表した否定コメントを伝えるだけに留まり、有吉本人も多くは語りませんでした。そのため一部からは、何か業界の大きな力が働いているのではないかという憶測が噴出しています」(芸能記者) また今回の熱愛報道に関して、普段はスキャンダルに切り込んでいく芸人仲間すらも、固く口を閉ざしている。まずお笑いコンビ・おぎやはぎの2人は、ラジオ番組にて「言 [全文を読む]

2017年は「SMAP」が業界の“NGワード”に!? 爆笑問題・太田光も「ジャニーズの恥部として記録」と指摘

日刊サイゾー / 2016年08月17日20時30分

しかし、ジャニーズ事務所はそれよりも、ファンが耳を塞ぎたくなるようなメンバーの不和ばかりを御用メディアに流し、時代遅れの情報操作に勤しんでいるのが現状だ。 「嘘でも美談に持っていかないと、12月31日の解散後、SMAPが業界内でアンタッチャブルな存在になるのは自明。来年は、テレビでソロになったメンバーや、ほかのジャニタレに対しても、“SMAP”という言葉を [全文を読む]

能年玲奈が「のん」改名で前事務所に「仕事も名前も奪うのは酷すぎる!」の声

アサ芸プラス / 2016年07月19日17時59分

お笑い芸人の土田晃之は、7月17日放送のラジオ番組「土田晃之の日曜のへそ」で、「前の事務所を辞めちゃったんですね。事務所との兼ね合いも、色々あったんでしょう。加勢大周さんの坂本一生問題と一緒でしょ」とコメント。また、爆笑問題・太田光も同日放送のラジオ番組「爆笑問題の日曜サンデー」で、能年の改名について「いいよね」と好意的に受け止めつつ、「今は“能年ちゃん” [全文を読む]

「解散?冗談じゃない」ジャニー社長の発言をマジ擁護した太田光の「SMAP愛」

アサジョ / 2016年05月12日09時58分

それは、ジャニーズ事務所のジャニー喜多川氏が、SMAPの解散騒動について「SMAPは我が子と同じ。解散だとか何だかって、冗談じゃない」と明言した記事が紹介されたときだった。 太田は「マネジャー同士のトラブルはあっても、商品であるタレントが憎いと思う社長なんているはずがない」と、大真面目な顔で援護射撃のコメント。さらに、SMAPが2010年に発売した「We [全文を読む]

フォーカス