オリックス 大引啓次に関するニュース

ちょっと早い「セ・パ12球団」ペナント大予想!(3)大補強の“オリックス”は今年こそ優勝?

アサ芸プラス / 2015年01月27日09時55分

さて、パ・リーグに目を移せば、大補強でストーブリーグの話題をさらったオリックスと昨年の日本一チーム、ソフトバンクの2強は揺るぎない勢い。特に昨年2位に躍進したオリックスは中島裕之(32)、小谷野栄一(34)、バリントン(34)、ブランコ(34)ら大物を獲得。エース・金子千尋(31)も残留し、投打ともに盤石の布陣だ。 ただ、一新されたコーチとうまくかみ合う [全文を読む]

12球団補強新戦力の「V貢献度」を最速査定(1)「阪神を後悔させてやる!」

アサ芸プラス / 2013年02月12日09時59分

その巨人からトレード志願し、あっさりと認められた東野は新天地・オリックスで復活を期す。 「もともと故障があったわけではない。本来なら出さないはずの戦力なのに、巨人はあっさりと出しました。古巣に対する意地もあって、今年はやると思いますよ」(前出・伊原氏) オリックス移籍で阪神への意趣返しを狙うのは、平野恵一(33)も同様である。 「昨年後半には上本にセカン [全文を読む]

燕の1番大引&2番坂口が痛烈な恩返し打 金子に連打浴びせ二人で先制!

ベースボールキング / 2017年05月30日18時40分

オリックス時代も1、2番コンビとして活躍 ヤクルトの大引啓次と坂口智隆が30日、かつての本拠地で痛烈な“恩返し連打”をマークした。 ヤクルトは初回、オリックス先発・金子に対し、1番大引が粘った末に二塁打を放ち先制機を演出。続く2番坂口は初球を叩くと、これが一、二塁間を破る先制適時打となった。 大引と坂口はオリックスでプロのキャリアをスタートさせ、それぞ [全文を読む]

【5月11日プロ野球全試合結果】ヤクルト・山田哲人が4安打、ソフトバンク・川崎宗則が日米通算1500安打達成

サイクルスタイル / 2017年05月11日22時29分

■ソフトバンク、投打でオリックスを圧倒し4連勝…川崎宗則が日米通算1500安打達成 ソフトバンクは5月11日、ヤフオクドームでオリックスと対戦。投打ががっちりとかみ合い、7-0で快勝した。 ソフトバンクは2回裏、走者満塁の好機を作ると、上林誠知外野手が犠飛を放って1点を先制。6回裏に相手バッテリーのミスで2-0とすると、7回裏には内川聖一内野手の適時二塁 [全文を読む]

【プロ野球】ロッテ大谷、ヤクルト大引…開幕直後に戦線離脱した主力選手

デイリーニュースオンライン / 2016年04月06日16時04分

■近藤大亮(オリックス) 右肩腱板炎 <今季成績> 1試合/3回/0勝0敗/防御率0.00 <オープン戦> 2試合/9回/0勝0敗/防御率3.00 今年の開幕故障の嵐でもっとも悔しい思いをしているのは、オリックスの近藤ではないだろうか。ドラフト2位で入団した近藤はキャンプ、オープン戦で実力を示し、開幕ローテ入り。第2戦の先発投手に指名された。 その試合、 [全文を読む]

【5月28日プロ野球全試合結果】広島が首位浮上、オリックスのドラ1・山岡泰輔がプロ初勝利、ソフトバンク・千賀滉大が今季6勝目

サイクルスタイル / 2017年05月28日19時39分

■広島、代打・西川龍馬が延長10回に決勝打…巨人はカミネロが誤算広島は5月28日、東京ドームで巨人と対戦。代打・西川龍馬が延長10回に決勝打を放ち、3-2で勝利した。広島は0-2と2点ビハインドで迎えた7回表、エルドレッド内野手が今季第13号となる起死回生の2点本塁打を放ち同点とすると、延長10回表、2死二塁の場面で西川が適時打を放ち、勝ち越しに成功した。 [全文を読む]

【オリックス】糸井嘉男はいないけど、大丈夫、俺たちには安達了一がいる!

文春オンライン / 2017年04月11日11時00分

猛れ雄々しく行け本能の侭に 気魄出してここで今見せろ力振り絞れ 猛れ雄々しく行け本能の侭に 気魄出してここで今見せろ力振り絞れ 我武者羅に喰らいつけ上州男が 張っ飛ばす! 了一! 了一! 張っ飛ばせ! それ! 張っ飛ばせ! <安達了一選手応援歌:詞・オリックスバファローズ私設応援団> ◆ ◆ ◆ ※「文春野球コラム ペナントレース2017」実施中。この企 [全文を読む]

「おぜとともに」…金子千尋の投稿にファン感動

ベースボールキング / 2017年02月06日17時30分

◆ 悲劇から7年... オリックス・金子千尋のInstagram投稿がファンの間で話題になっている。 2月5日、「ヨコからのアングル」と題されて投稿された動画には、ブルペンで投球する金子千尋の姿が。一見すると何の変哲もない動画なのだが、そこには“ある仕掛け”が隠されていた。 投稿に付けられたタグを見ると、「#おおきく振りかぶってみました」「#ぜんりょくでは [全文を読む]

打てる遊撃手が減少 打撃に期待がもてる選手は?

ベースボールキング / 2017年01月15日11時00分

一方のパ・リーグはベストナインを受賞した鈴木大地(ロッテ)の打率.285が最高で、次いで茂木栄五郎(楽天)の.278、安達了一(オリックス)の.273と続き、今宮健太(ソフトバンク)と中島卓也(日本ハム)の2人は、打率2割5分に届かなかった。 【12球団の主な遊撃手の成績】 中島卓也(日本ハム) 143試 率.243 本0 点28 今宮健太(ソフトバンク [全文を読む]

【プロ野球】さすが育成のハム!日ハムから他球団に渡った選手たち

デイリーニュースオンライン / 2016年05月20日16時04分

※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■日本ハムからドラフト指名を受け、後にトレードで移籍した主な現役選手 糸井嘉男(2003年:自由獲得枠) 2013年、木佐貫洋、大引啓次、赤田将吾とのトレードで、八木智哉とともにオリックスへ移籍。今季成績は38試合/打率.278/5本塁打/26打点。 今成亮太(2005年:高校生ドラフト4 [全文を読む]

フォーカス