オリックス 大引啓次に関するニュース

ちょっと早い「セ・パ12球団」ペナント大予想!(3)大補強の“オリックス”は今年こそ優勝?

アサ芸プラス / 2015年01月27日09時55分

さて、パ・リーグに目を移せば、大補強でストーブリーグの話題をさらったオリックスと昨年の日本一チーム、ソフトバンクの2強は揺るぎない勢い。特に昨年2位に躍進したオリックスは中島裕之(32)、小谷野栄一(34)、バリントン(34)、ブランコ(34)ら大物を獲得。エース・金子千尋(31)も残留し、投打ともに盤石の布陣だ。 ただ、一新されたコーチとうまくかみ合う [全文を読む]

12球団補強新戦力の「V貢献度」を最速査定(1)「阪神を後悔させてやる!」

アサ芸プラス / 2013年02月12日09時59分

その巨人からトレード志願し、あっさりと認められた東野は新天地・オリックスで復活を期す。 「もともと故障があったわけではない。本来なら出さないはずの戦力なのに、巨人はあっさりと出しました。古巣に対する意地もあって、今年はやると思いますよ」(前出・伊原氏) オリックス移籍で阪神への意趣返しを狙うのは、平野恵一(33)も同様である。 「昨年後半には上本にセカン [全文を読む]

燕の1番大引&2番坂口が痛烈な恩返し打 金子に連打浴びせ二人で先制!

ベースボールキング / 2017年05月30日18時40分

オリックス時代も1、2番コンビとして活躍 ヤクルトの大引啓次と坂口智隆が30日、かつての本拠地で痛烈な“恩返し連打”をマークした。 ヤクルトは初回、オリックス先発・金子に対し、1番大引が粘った末に二塁打を放ち先制機を演出。続く2番坂口は初球を叩くと、これが一、二塁間を破る先制適時打となった。 大引と坂口はオリックスでプロのキャリアをスタートさせ、それぞ [全文を読む]

【プロ野球】ロッテ大谷、ヤクルト大引…開幕直後に戦線離脱した主力選手

デイリーニュースオンライン / 2016年04月06日16時04分

■近藤大亮(オリックス) 右肩腱板炎 <今季成績> 1試合/3回/0勝0敗/防御率0.00 <オープン戦> 2試合/9回/0勝0敗/防御率3.00 今年の開幕故障の嵐でもっとも悔しい思いをしているのは、オリックスの近藤ではないだろうか。ドラフト2位で入団した近藤はキャンプ、オープン戦で実力を示し、開幕ローテ入り。第2戦の先発投手に指名された。 その試合、 [全文を読む]

【プロ野球】さすが育成のハム!日ハムから他球団に渡った選手たち

デイリーニュースオンライン / 2016年05月20日16時04分

※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■日本ハムからドラフト指名を受け、後にトレードで移籍した主な現役選手 糸井嘉男(2003年:自由獲得枠) 2013年、木佐貫洋、大引啓次、赤田将吾とのトレードで、八木智哉とともにオリックスへ移籍。今季成績は38試合/打率.278/5本塁打/26打点。 今成亮太(2005年:高校生ドラフト4 [全文を読む]

パ・リーグ予測 打力のSBと投手力のオリックスの一騎打ちか

NEWSポストセブン / 2015年03月11日07時00分

ロペス(巨人→横浜)やバリントン(広島→オリックス)、ブランコ(横浜→オリックス)、ミコライオ(広島→楽天)が注目される。 「新外国人では150キロ右腕の李大恩(ロッテ)や、韓国リーグの最多奪三振と最優秀防御率のバンデンハーク(ソフトバンク=SB)など。もちろん、メジャー帰りの黒田博樹(広島)と松坂大輔(SB)も期待されているし、中島裕之(オリックス)にも [全文を読む]

活性化予測された捕手FA事情 嶋残留で「大山鳴動して鼠一匹」

NEWSポストセブン / 2014年11月11日07時00分

今年のプロ野球FA市場は投手では金子千尋(オリックス)、平野佳寿(オリックス)、成瀬善久(ロッテ)ら、野手では鳥谷敬(阪神)のほか大引啓次(日本ハム)らが争奪戦になると見られていた。 中でも水面下で目まぐるしく動いたのが主力捕手だった。嶋基宏(楽天)、炭谷銀仁朗(西武)、細川亨(ソフトバンク)、相川亮二(ヤクルト)らが揃ってFA権を取得。特に昨年の楽天日本 [全文を読む]

【プロ野球】試合を締めるのは投手だけじゃない! “守備のクローザー” 飯山裕志(日本ハム)の安定感

デイリーニュースオンライン / 2016年09月24日16時05分

その結果、大引啓次(ヤクルト)や小谷野栄一(オリックス)など、試合の出場機会を求めてチームを去る選手も多くいる。 そんなチーム方針のもとで、飯山の存在は極めて稀有だ。どうしても目立たない役割ではあるが、「実は奇跡的な守備」を一度は確認してみてほしい。 文=サトウタカシ (さとう・たかし) 【関連記事】 [全文を読む]

フォーカス