番組 大泉洋に関するニュース

「辞書」から「えん罪」まで ドキュメンタリー界の“異端児”佐々木健一とは何者か?

文春オンライン / 2017年07月09日07時00分

何より特徴的なのは、いずれの番組も見終わると、取り上げている人物を、そのすさまじい経歴以上に人間的に好きになってしまうことだ。 こうしたドキュメンタリー番組を作り続ける佐々木健一とは一体、何者なのか? ◆ 忘れられない北海道ローカルバラエティ『モザイクな夜』 ―― 自在なテーマに取り組むドキュメンタリストである佐々木さんの「テレビの履歴書」をお伺いしていき [全文を読む]

ローカル番組好調で関西芸人の大阪回帰が進行中

デイリーニュースオンライン / 2015年01月23日10時50分

東京で作られる番組の多くは潤沢な予算で作られていて、日本全国にネットされている。出演者の顔ぶれもセットも豪華で、内容も練りに練られている。そんな東京の番組に対して、地方制作の番組が太刀打ちできるはずがない、というのが一般的なイメージだった。 実際、地方局で制作されるのは地域密着型のニュース番組や情報番組が多く、エンタメ要素の強いバラエティ番組はあまり作られ [全文を読む]

北海道ローカル『水曜どうでしょう』名物D2人が語る制作方針

NEWSポストセブン / 2017年02月23日07時00分

常識にとらわれない番組作りは、ローカル番組というよりテレビ番組のあり方を変えたといってもいいだろう。 番組のキーマン・藤村忠寿と嬉野雅道の両ディレクターは、ローカル局、ローカル番組について、どう考えているのか。番組の聖地『北海道テレビ放送』でWインタビューを行った。藤村さん:ローカル局は、番組を作らなくてもいいんです。キー局の番組で、ほとんどの放送時間を埋 [全文を読む]

「視聴率至上主義は東京の論理」『水曜どうでしょう』ディレクターのテレビ論

日刊サイゾー / 2013年11月18日13時00分

ヤラセに至った構造的問題について、いまだフジテレビからの説明は一切行われてない状態だが、過去にはギャラクシー賞や日本民間放送連盟賞などを受賞し、ゴールデン昇格後は高視聴率を誇ったこともある番組だけに、「最近の低視聴率を食い止めるため、過剰演出に走ったのでは」と、業界関係者の間ではささやかれている。 視聴者を裏切っても、数字を重視する――このような視聴率主義 [全文を読む]

独立TV局の「勝ち組」幹部が語るキー局への提言

アサ芸プラス / 2013年01月11日10時00分

* キー局が苦戦する中、視聴者の間で「おもしろい番組が多い」と評判なのが、「独立局」と呼ばれるテレビ局だ。 テレビ埼玉や千葉テレビ、神奈川テレビの首都圏の独立系3局と、三重テレビ、関西のKBS京都とサンテレビは「東名阪ネット6」を立ち上げ、番組を共同制作。アンタッチャブルの柴田英嗣(37)がサバイバル生活を送る「今夜野宿になりまして」、地方出身の女性アイ [全文を読む]

ローカル局の話題作…第2の『水曜どうでしょう』はどれ?

WEB女性自身 / 2016年01月14日06時00分

地球のどこにいても、面白い地方の番組が見られるようになったんですから!」 そう語るのは、地方番組ウオッチャーの大本知司さん。 15年12月から、映像配信サービスの「GYAO!」が、地方の人気テレビ番組を一覧できる特集ページを開始したのだ。特設サイトの名前は「ご当地テレビ特集」。大本さんによれば、地方からスタートして全国的な評価を得た番組は、これまでにもたく [全文を読む]

「ハナタレナックス」番組Pが語る番組の裏側とは!?

Smartザテレビジョン / 2015年02月10日06時00分

TEAM NACSが出演する北海道のローカル番組「ハナタレナックス」の特番が全国放送されることを受け、番組プロデューサーの杉山順一氏が番組の魅力と、大泉洋らTEAM NACSのメンバー秘話を明かした。「ハナタレナックス」(HTB)は、'03年1月に放送を開始した北海道ローカル番組。全国で唯一、TEAM NACS全員がそろって出演する番組だ。TEAM NAC [全文を読む]

「圧倒的人気番組」Eテレ『おかあさんといっしょ』の真実…子供がピタッと泣きやむ謎と膨大なノウハウ

Business Journal / 2017年03月28日20時00分

まさに国民的といっていい、NHK Eテレが放送する幼児番組だ。 特に子育て中の家庭にとっては、Eテレを見せれば子供がピタッと泣きやむことから、非常にありがたい存在として重宝されている。『おかあさんといっしょ』や『いないいないばあっ!』は、なぜ長い間子供たちに支持され続けるのだろうか。●小栗旬、生田斗真もハマるEテレの魅力 1959年に放送が開始された『おか [全文を読む]

水どう名物Dの野望「今年は大泉洋さんの好感度を下げたい」

NEWSポストセブン / 2014年01月01日07時00分

2002年にレギュラー放送を終了したものの、いまだに人気が衰えずに不定期で新作を発表している旅バラエティー番組の『水曜どうでしょう』(北海道テレビ制作)。 昨年は2年半ぶりとなる新作『初めてのアフリカ』が放送されたほか、夏には札幌に5万人を集めたイベント「水曜どうでしょう祭UNITE2013」が行われるなど、水どうファンにはたまらない1年になった。 人気の [全文を読む]

累計33万部突破!大泉洋『大泉エッセイ 僕が綴った16年』文庫化決定!& 『ダ・ヴィンチ』6月号(5/7発売)にて「TEAM NACS大特集」アンケート募集のお知らせ

ダ・ヴィンチニュース / 2015年03月25日12時00分

大泉洋が考える『どうでしょう』、そして番組出演者への秘めたメッセージとはーー。また、ローカルタレントから全国区へ、急激な変貌を遂げた心情と自負について、大泉洋が「大泉洋という奴」について独白するなど、本音が詰め込まれた大泉洋凝縮の一冊に! ●そして文庫版では、2015年度版エッセイを大量書き下ろし!(家族&結婚について語る)『大泉エッセイ』の装画を手掛けた [全文を読む]

大泉洋 ナゾの変顔のワケとは?…プロ野球開幕戦・始球式の舞台裏に密着!~STV『1×8いこうよ!』4/9・16(日)に放送!

PR TIMES / 2017年04月01日11時10分

その舞台裏の模様を4月9日(日)から2週にわたり、STV制作バラエティー番組『1×8いこうよ!』で放送します。 【番組内容】 この日、プロ野球開幕戦の始球式という大舞台に備えて、朝から入念な準備をする大泉洋と、それに付き添う大家彩香アナウンサー。ピッチング練習はもちろん、メンタルを鍛えるトレーニングにも余念がない大泉。これで準備は万端!? 『始球式は、大泉 [全文を読む]

男ふたり旅第2弾!気分は大泉洋な息子【溜池ゴローの子育てコラム】

しらべぇ / 2016年06月15日20時00分

しかし、息子が興味を持ったり良かれと思った番組は、DVDやYouTubeなどで、しっかり何度も見ている。■『水曜どうでしょう』にハマる息子息子がまだ保育園にいた頃から、NHKの『ピタゴラスイッチ』や『プラネットアース』などは、DVD全巻を購入し、繰り返し見ている。当時幼い息子は、よく進行役の故・緒形拳氏のモノマネをしていたものだ......ちょっとマニアッ [全文を読む]

マツコにミッツ、中島知子まで!攻めるTOKYOMXに大注目

しらべぇ / 2016年01月20日16時00分

当初は「誰も観ていない」、「存在価値がない」などと揶揄されていたが、最近は充実したアニメ番組や全国的人気を持つ『5時に夢中!』が好評。関西地区でも放送中だ。MXのバラエティ番組には、芸能界や他局でトラブルを起こし「訳あり」となったタレントが次々と出演。出演者もストレートな意見をぶつける者が多く「MXは攻めている」と感じている人も多い。東京MXテレビの年越し [全文を読む]

NHK「のど自慢」をTwitterのハッシュタグを追いながら観るべき理由【原田専門家のTVのみかた】

しらべぇ / 2015年07月27日07時00分

「#Mステ」や「#笑神様」など、Twitter上でのつぶやきの後ろにスペースを空けて「#番組名」を入れることを“ハッシュタグをつける”というのですが、このハッシュタグが付いているツイートだけをまとめて見ることができます。 フォローしていない人のつぶやきもハッシュタグさえ付いていれば見ることができ、同じ番組の感想を言い合うことで新たな繋がりができるというわけ [全文を読む]

「花宵道中」のテーマ曲を歌う異色のユニット・黒色すみれに直撃!後編

Smartザテレビジョン / 2014年11月27日12時47分

ひょんなことから知り合って、番組フェスにも呼んでいただいて、かわいがってもらっています。私たちがその番組の大ファンで、お会いするに当たってコラボレーション曲を勝手に書いていったんです。その曲を(フェスで)演奏したら番組のファンも喜んでくれて、私たちのような風貌でこの番組をイメージした曲を歌うというギャップが良かったのかも。それから「黒色すみれって面白いね」 [全文を読む]

とんねるずの高額商品”買うシリーズ”はヤラセか?関係者からは驚きの証言

デイリーニュースオンライン / 2014年11月23日10時00分

この番組はとんねるずが突然楽屋に乗り込んで、 「○○を買いに行くから!」 「行くよ!」 と、無理やり連れだすパターンがお約束。番組行きつけの高額時計や高額アクセサリーを扱う店へと引きづり込む。 「俺これ知ってるもん。なんか、時計買うやつ……」 と、高額なものを買わされることを知っている澤部は泣きっ面。結局、奥さんと澤部の2本で約380万円、なぜか相方も約 [全文を読む]

三谷幸喜さんが、生放送で豪華ゲストとトークショーを開催!

PR TIMES / 2013年11月27日18時39分

番組の司会に三谷幸喜さんと八木亜希子さんをお迎えし、今冬の一押し番組を一挙にご案内いたします。 さらに当日は、三谷幸喜さんが生放送で“筋書きのないトークショー” を開催!全九幕にそれぞれ登場するゲストも豪華です。 三谷作品おなじみの、大泉洋さん、竹内結子さん、ココリコ田中直樹さん、松たか子さん、中村勘九郎さん、妻夫木聡さん。 三谷さんが会いたい人として名 [全文を読む]

未来の大泉洋も?HTBが“実験バラエティー”を制作

Smartザテレビジョン / 2015年10月09日13時00分

番組オリジナルの出演者で同名のグループを結成し、彼らが自由な発想と企画を立案してさまざまなことに挑戦していく実験バラエティーだ。 初回の企画は「OKT48」。正式名称はO(オモシロイを)K(考え)T(続ける)48(48時間)ということで、「48時間起き続けたら、人はどうなってしまうのか?」をテーマに、出演者5人が48時間にわたって「面白いテレビとは?」を考 [全文を読む]

サカナクションをフィーチャーした音楽ドキュメンタリー番組の放送が決定

okmusic UP's / 2014年12月24日17時00分

2014年12月26日に放送されるフジテレビの音楽ドキュメンタリー番組「ライナーノーツ」でサカナクションを特集され、フロントマンである山口一郎が出演する事が決定した。【その他の画像】サカナクションどうして音楽を作りはじめたのか? どうやって今の音楽が誕生したのか? あの歌詞に秘められた想いは? 山口一郎を突き動かすものとは? これから、どんな想いで音楽を作 [全文を読む]

【イベントレポ】Asia Variety TV Forum「花よりお姉さん」「1泊2日」の超人気PDが、撮影秘話を披露!

Wow!Korea / 2014年03月05日15時16分

制作者が頻繁に画面に登場するのも両番組の共通点だ。司会は韓国と日本でタレント活動経験を持つタレントの藤原倫己。日韓のバラエティの達人たちが、バラエティに賭ける思いや、撮影のエピソードについて大いに語り合った。「私はナPDです。今日、がんばります!」ステージに登場したナ・ヨンソクPDが日本語で挨拶すると、大きな拍手と歓声が。まるでアイドルスターを迎えた時のよ [全文を読む]

フォーカス