研究 大村智に関するニュース

ノーベル賞を受賞した大村智教授、成功の秘訣は「出会いを大事にすること」

まぐまぐニュース! / 2016年01月01日22時00分

彼の研究はアフリカに住む多くの人々を失明する病から救いました。そんな彼の足跡についてメルマガ『Japan on the Globe-国際派日本人養成講座』の著者・伊勢雅臣さんが紹介しています。 大村智教授、一期一会のノーベル賞 大村智(さとし)が東京・墨田区の夜間高校で物理と化学の試験を監督している際、ふと目にしたのは、1人の生徒が鉛筆を握っている手の指に [全文を読む]

数億人の未来を変えた!「ノーベル医学生理学賞」受賞の大村智氏とメルク社が行った無償の国際貢献

FUTURUS / 2015年10月06日18時00分

source:http://www.shutterstock.com/ 既に『FUTURUS』でも速報としてお知らせした通り、スウェーデンのカロリンスカ医科大が10月5日に発表したノーベル医学生理学賞の受賞者は、日本人の大村智・北里大特別栄誉教授(80歳)とアイルランド出身で米ドリュー大名誉研究フェローのWilliam C. Campbell氏、そして中国 [全文を読む]

日本人のノーベル賞受賞、米韓報道に違い 「日本人」に主眼の韓国、研究内容の米国

NewSphere / 2015年10月08日17時45分

今年のノーベル物理学賞は、東京大学宇宙線研究所所長の梶田隆章氏とカナダ・クイーンズ大学名誉教授のアーサー・マクドナルド氏が共同受賞した。また、ノーベル生理学・医学賞は北里大学特別栄誉教授の大村智氏とアイルランド出身で米ドリュー大のウィリアム・キャンベル氏及び中国人科学者の屠呦呦(ツー・ヨウヨウ)氏が受賞した。 2人の日本人が受賞したことで、国内メディアは、 [全文を読む]

なぜ日本ばかりが?中韓で図らずも一致した、ノーベル賞が取れない理由

Record China / 2016年10月15日13時30分

2016年10月14日、今年のノーベル医学・生理学賞の受賞者に、細胞が不要なたんぱく質などを分解する「オートファジー」の仕組みの研究に取り組んできた東京工業大学の大隅良典栄誉教授が選ばれた。この受賞が、中国と韓国で大きな波紋を広げている。日本人のノーベル賞受賞者は25人目。医学・生理学賞の日本人の受賞は、昨年の大村智氏(北里大学特別栄誉教授)に続いて2年連 [全文を読む]

大隅氏のノーベル賞受賞を決めた「オートファジー」で目指すアルツハイマー病の治療

ZUU online / 2017年01月01日12時10分

京都大iPS細胞研究所の山中伸弥教授は、iPS細胞の発見により2012年にノーベル生理学・医学賞を受賞した。他にも大村智・北里大学特別栄誉教授や、理研MIT神経回路遺伝学研究センターでセンター長を務める利根川進氏もノーベル生理学・医学賞を受賞している。そして2016年10月には、東京工業大の大隅良典栄誉教授がノーベル生理学・医学賞を受賞した。大隈氏はオート [全文を読む]

【クイズ】ノーベル賞受賞の日本人教授、最初の職業はどれ?

まぐまぐニュース! / 2015年11月09日08時00分

その研究の内容もさることながら、彼の一風変わった経歴も話題になっています。英語塾の講師を務めている由紀さんのメルマガ『世界の人と話そう! やさしい英語ニュース』では、大村教授のことを英語の勉強も交えて、紹介しています。 大村智教授 ノーベル医学生理学賞を受賞 やさしいニュース英語QUIZ Q1 大村さんの大学卒業後の最初の職業は何でしたか。 a.大学の助教 [全文を読む]

「サワコの朝」ノーベル賞受賞者・大村智の原点に迫る

Smartザテレビジョン / 2016年01月28日00時00分

授賞式後初のトーク番組出演となる大村氏の“絶対にあきらめない心”と研究への熱意に阿川佐和子が迫る。 「サワコの朝」は、司会の阿川が俳優や芸人、スポーツ選手、文化人などさまざまな人物をゲストに迎え、彼らの転機や成功をつかむ原動力となったその「原点」を、阿川ならではの視点で聞き出していくトークバラエティー。 今回ゲストに迎えるのは、北里大学の大村特別栄誉教授。 [全文を読む]

北里大学が初めてとなる「大村賞」を授与

Digital PR Platform / 2017年03月17日20時05分

この「大村賞」は、大村智特別栄誉教授の2015年ノーベル生理学・医学賞受賞を記念して今年度創設したもので、大学院博士課程を修了する学生のうち、卓越した研究業績を上げた者に授与される。 ●大村賞について 北里大学では、大村智博士(特別栄誉教授)の2015年ノーベル生理学・医学賞受賞を記念して、博士の名を冠した、新しい賞「大村賞」を平成28年度に創設した。 「 [全文を読む]

韓国科学界が考える「日本のノーベル賞受賞の原動力」とは?=韓国ネット「今さら後悔しても遅い」「韓国には無理!」

Record China / 2016年10月04日16時20分

2016年10月3日、韓国・聯合ニュースによると、韓国科学界が「日本の“基礎研究を重視する文化”が再びノーベル医学生理学賞を生んだ」と評価した。 リュ・フン韓国科学技術研究院(KIST)兼任研究員は、「ノーベル賞受賞は日本の長年の基礎研究への投資が生んだ結果」とし、「基礎研究は忍耐強く待つことが特に必要となるが、日本はこうした政策を展開している。これは韓国 [全文を読む]

ビル・ゲイツの夢「感染症根絶」

Forbes JAPAN / 2016年03月08日10時30分

マラリアも、現状3日分必要なところを1錠で完治できるように、併用薬物療法を共同で研究しています。こうした問題に挑戦し続けるのは、難しい中にも成功事例があるからです。ポリオは根絶に近づいています。薬が見つかれば、今、困難と見られる病気を根絶することは可能なのです。--{生涯をかけて、感染症根絶を目指す}--高野: GHITの取り組みは、グローバルヘルスにどの [全文を読む]

フォーカス