阪神 大野豊に関するニュース

阪神・金本新監督“来季V逸宣言”の意図とは?「革新的な組閣にこだわったワケ」

アサ芸プラス / 2015年12月07日01時56分

10月19日、第33代阪神タイガース監督への就任を発表した金本知憲監督(47)は、大阪市内で行われた会見で次のように語った。「何とかこのチームを強くしたいと、今はそれしか思っていない。一度(チームを)壊してでも立て直したい、という球団の熱意に、意気に感じた」 現役時代、鉄人と呼ばれた男はその言にのっとり、みずから掲げたスローガン「超変革」そのままの組閣を [全文を読む]

巨人&阪神 V逸で噴出した“監督交代劇”の内幕「金本監督に対する期待とは?」

アサ芸プラス / 2015年10月13日09時56分

阪神では「コーチ経験のない人は監督にしない」という不文律があったが、それを破ってまで金本監督誕生に執心した理由は、ファンの人気と、「アニキ」と呼ばれたリーダーシップへの期待だ。坂井オーナーが、現役時代から金本の持つオーラに引かれていたという点も重要な要素だったという。球界関係者が言う。「ファンは若返っています。ライトスタンドで暴れているファンのほとんどは [全文を読む]

掛布雅之×大野豊 阪神&広島“共闘作戦”で巨人をぶっ潰す!(4)

アサ芸プラス / 2014年05月10日09時57分

(数字は全て4月21日現在) [全文を読む]

掛布雅之×大野豊 阪神&広島“共闘作戦”で巨人をぶっ潰す!(3)

アサ芸プラス / 2014年05月09日09時57分

掛布 今年、阪神と広島のどちらが巨人への挑戦権を得るか。最初の顔合わせだった4月15日からの3連戦(マツダ)は、広島が2勝1敗で勝ち越し。初戦は高卒2年目の藤浪が今季初勝利をあげて、2戦目は大瀬良がプロ初勝利をマークした。この2人、今後の両チームの鍵を握るよ。 大野 大瀬良はキャンプのブルペン、オープン戦でも球の勢いが全然違った。この世界、フレコミと違うこ [全文を読む]

掛布雅之×大野豊 阪神&広島“共闘作戦”で巨人をぶっ潰す!(2)

アサ芸プラス / 2014年05月08日09時57分

阪神は昨季、能見を巨人との3連戦全カードの8試合にぶつけたけど、3勝3敗で貯金は作れなかった。 大野 確かに巨人より、他のチームに投げたほうが勝てる確率が高い。でも、能見も意気に感じて投げている部分もあるだろうし、周りが納得する。広島も阪神も巨人をターゲットにしたローテを組んで、ムキになって叩きにいかないといけないだろうね。 掛布 直接対決がなくなる交流戦 [全文を読む]

DeNA三浦大輔が挑む兼任コーチ職は高確率で2年以内に引退

NEWSポストセブン / 2014年01月03日07時00分

21世紀に入ってから、2001年の阪神・和田豊に始まり、今年の日本ハム・稲葉篤紀、広島・前田智徳まで12選手が兼任コーチの職に就いたが、そのうち9選手が2年以内に引退している。 残りの3選手は、ヤクルト・宮本慎也(2009年から)、日本ハム・中嶋聡(2007年から)、日本ハム・稲葉篤紀(2013年)。中嶋は兼任コーチ1年目こそ60試合に出場したが、2年目に [全文を読む]

【プロ野球】1992年。優勝を逃し「ダメ虎」が首をもたげたあの年と「金本阪神」は似てる? それとも違う?

デイリーニュースオンライン / 2017年06月25日17時05分

交流戦を勝ち越した阪神。ペナントでは、昨季の覇者・広島を3ゲーム差で追走し、ますます両チームの首位争いから目が離せなくなってきた。 もし、阪神がセ・リーグの覇者となれば、2005年以来、実に12年ぶりの優勝となる。 思い起こせば、これまでにも数年間優勝から遠ざかりながら、優勝争いを終盤まで繰り広げたシーズンがあった。特に1985年の日本一から7年が経過した [全文を読む]

各球団の開幕投手最年長は誰?

ベースボールキング / 2017年02月24日09時00分

【広島】 大野豊(42歳7カ月 / 98年) 【オリックス】 佐藤義則(40歳6カ月 / 95年) 【ロッテ】 村田兆治(40歳4カ月 / 90年) 【阪神】 下柳剛(38歳10カ月 / 07年) 【中日】 川上憲伸(38歳9カ月 / 14年) 【西武】 高橋直樹(38歳2カ月 / 83年) 【近鉄】 鈴木啓示(37歳6カ月 / 85年) 【日本ハム】 [全文を読む]

阪神・金本監督 低迷するチーム状態…「シロウト首脳陣」に見切りでもう「新任」探し

アサ芸プラス / 2016年06月18日09時56分

阪神が早くも来季の「首脳陣探し」を始めている。「超変革」を旗印にした阪神は、金本知憲監督(48)が積極的に若手を起用しているが、目立つのは野手ばかり。チーム低迷につながっているのが、投手陣の「未変革」だった。 阪神の裏事情に詳しい関係者が言う。「“能見2世”と言われる岩貞祐太(24)がブレイクしたものの、期待のもう1人の左腕、横山雄哉(22)が故障。代役で [全文を読む]

巨人の救世主ドラ3高木勇人 黒豆携行で「黒豆王子」の愛称

NEWSポストセブン / 2015年04月20日16時00分

阪神で救世主となっているのは5年目で初のローテ入りを果たした岩本輝(22)だ。開花のきっかけは同僚の金田和之とともに、オフに守護神・呉昇桓のグアム合宿に参加したこと。右打者の外角低めへの制球が良くなり、今季は2桁勝利が期待できるといわれる。 もう1人、阪神投手陣の注目は左腕・島本浩也(22)。育成枠から支配下登録され、“第二の山口鉄也”を狙っている。武器 [全文を読む]

フォーカス