歌手 沢田研二に関するニュース

お金払っている観客に対して「嫌なら帰れ!」ってアリなの?

シェアしたくなる法律相談所 / 2015年02月04日20時16分

歌手の沢田研二さんが、コンサート中にイスラム国の人質事件について言及していると、お客さんから「歌をうたって!」という声が飛んだことに対して、お客さんに対して「黙っとれ」とか「嫌なら帰れ」と発言したと報じられています。 歌を聞きに行ったお客さんからしたら、人質事件についての話には興味が無いということも十分考えられますし、なにより高いお金を払って歌を聞きにいっ [全文を読む]

沢田研二は劣化などしていない! 69歳のジュリーが今こそ愛しい理由

CREA WEB / 2017年08月29日12時00分

言わずもがな、「ダーリング」「カサブランカ・ダンディ」など大ヒットを飛ばしまくり、1970年代から80年代にかけて一世を風靡した歌手であり美の化身である。 そして今彼は、数十年の空を超え時を超え、再び世間の熱い注目を集め始めている。かくいう私も彼に心を奪われた一人! ある気だるい昼下がり、目に飛び込んできた沢田研二デビュー50周年ツアーが華々しく開幕した [全文を読む]

“黒歴史“ではなくなっていた!? やしきたかじんが抱えた『ガンダム』への葛藤

おたぽる / 2014年01月14日21時00分

体調不良のため長期療養中だった歌手のやしきたかじんさんが、今月3日に亡くなった。 たかじんさんといえば、歌手として「やっぱ好きやねん」や「東京」などのヒット曲を世に放ち、歯に衣着せぬ過激トークで"関西のバラエティー界"を牽引していた人気タレントでもあった。 個人的には「やっぱ好きやねん」も「東京」も好きな曲であり、1990年代に関東でも放送されていた『た [全文を読む]

カラオケでジュリー!昭和歌謡が20代女子に人気の理由

citrus / 2017年08月04日22時00分

年相応にお腹の出た体型と薄くなった頭髪を隠さず、歌手として純粋にノドだけで勝負する生き様は「後輩歌手の指針となるかもしれない」と、本記事の筆者であるジャーナリストの二田一比古氏は語る。じつにいい話である。さて。話はガラッと変わるのだが、私は最近不思議に思えてならないことが一つある。たとえばカラオケに行って、私が70年代~80年代前半あたりに流行った、いわゆ [全文を読む]

沢田研二「黙っとれ」「嫌なら帰れ」の暴言でファン離れが進行か

デイリーニュースオンライン / 2015年01月27日15時50分

1月20日、東京国際フォーラムで、ジュリーこと歌手・沢田研二(66)のコンサート『2015 沢田研二 正月LIVE~昭和90年のVOICE∞』が開催された。同コンサート内で、沢田が観客に向かって突然怒鳴りつける一幕があったことを、1月26日付の『日刊ゲンダイ』が伝え話題となっている。 1月8日に東京から始まったコンサートは、名古屋、大阪などを回って20日に [全文を読む]

【TBSオンデマンド】連続ドラマ「悪魔のようなあいつ」12月1日(日)深夜0:00より配信スタート!!

PR TIMES / 2013年11月29日16時48分

彼は野々村(藤竜也)が経営する高級クラブの歌手だが、裏の仕事も・・・。ある日、激しい頭痛におそわれた良は病院へ。医師は入院をすすめるが病名は告げなかった。その帰り道、良は不気味な雰囲気を持つ男と出会う。三億円事件の誤認逮捕の責任をとって刑事を辞めた野々村のかつての同僚・白戸(若山富三郎)だった。《TBSオンデマンドとは》「TBSオンデマンド」とは、TBSの [全文を読む]

安室奈美恵など、大物アーティストによるアニメ主題歌が増えているのはなぜ

THE PAGE / 2017年09月17日17時10分

歌手・安室奈美恵の新曲『Hope』が、フジテレビ系アニメ番組「ワンピース」の主題歌に起用されることが発表された。 同曲は、同アニメのために制作期間約半年間をかけて書き下ろされた曲で、仲間同士の“絆”が未来への答えを導く“希望”となることを歌っているという。 最近は、日本を代表する演歌歌手の一人である氷川きよしが同局系人気アニメ「ドラゴンボール超」の主題歌『 [全文を読む]

<30年目「アッコにおまかせ」>和田アキ子と力道山と柔道とプロレス

メディアゴン / 2015年10月02日15時00分

デビュー後まもない長身の女性歌手が歌謡曲の番組の中で自己紹介をしていた。 「大阪でクラブ歌手をしていたが、メジャーになりたくて上京した。」と彼女は言った。 「父親が大阪で柔道場を経営している。自分も初段を持っている」とも、彼女は言った。これは「シューティング」や「総合格闘技」、「ブラジリアン柔術」などがブームになる前の30年も前のことなのでやむを得ないが、 [全文を読む]

久本雅美、百田尚樹…タレントの選挙応援演説、人気投票化や「ファンの集い化」を加速

Business Journal / 2014年12月10日06時00分

一例を挙げれば、1999年と2003年の都知事選では舘ひろしさんをはじめとする石原軍団、07年の大阪市長選では歌手の杉良太郎さん、同年の参議院選挙ではタレントの久本雅美さん、10年の参議院選挙では実業家の堀江貴文さん、12年の衆議院選挙では歌手の沢田研二さんや松山千春さん、12年の都知事選ではベストセラー作家の百田尚樹さんが選挙の応援演説に駆けつけている。 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】増田恵子&MAX『UFO』から“亀梨ジュリー”の『勝手にしやがれ』まで “阿久悠メドレー”に沸く

TechinsightJapan / 2017年08月27日18時23分

ドラマでは紹介しきれなかった歌手とのエピソードにも触れており、阿久悠さんが才能を見込みながら「1位」に恵まれない和田アキ子に「これも1位にはなれないかもしれないが、お前が歌い続ける限りずっと歌っていける歌だ」と渡したのが『あの鐘を鳴らすのはあなた』(1972年)だった。 また、オーディション番組『スター誕生!』からデビューした岩崎宏美は当時、父親から芸能界 [全文を読む]

「激太り」沢田研二がさらに激変で「渋くてカッコいい」「ガッカリ」の大激論!

アサ芸プラス / 2017年07月20日17時59分

歌手の沢田研二が、デビュー50周年を記念するライブツアーを7月16日からスタートさせた。ところが、ジュリーの容姿が激変していたため、ファンから悲鳴が上がっている。「ジュリーは数年前から激太りしています。それだけでもファンにはショッキングですが、なんと今回、ほぼ丸刈りでステージに登場しました。なんでも先月まで舞台で僧侶役を演じていたため丸刈りにしていたそうで [全文を読む]

大ヒット歌手・力士の増位山 紅白出演オファーあった

NEWSポストセブン / 2017年02月05日16時00分

力士になる前は歌手になるのが夢だったね。 昔は福祉相撲やテレビ番組で力士が歌を披露する場面が結構あったし、地方巡業する際に「力士が歌ったり、野球をしたりするなら、興行を受けましょう」という契約条件もあったんだよね。取組以外の部分でも、お客さんを呼ぼうとする風習があった。 まだ前頭の頃、部屋の千秋楽パーティーで歌っていたら、小林旭さんの歌を書いたこともある文 [全文を読む]

沢田研二が相模原殺傷事件の犯人と「ポケモンGO」を結びつけ非難が殺到!

アサ芸プラス / 2016年07月27日17時59分

7月27日、歌手の沢田研二が東京の東京国際フォーラムで全国ツアーをスタートさせた。 まもなく70歳とは思えないエネルギッシュなステージに往年のファンが黄色い声を上げる一幕も。幸先のいいスタートと思いきや、裏ではジュリーの“迷走”が囁かれている。「ジュリーはかねてから政治問題にご執心で、昨年1月に同じ東京国際フォーラムで行われたコンサートではイスラム国の人質 [全文を読む]

現場リポート!玉袋筋太郎マスター「スナック玉ちゃん」で紅白歌合戦!

アサ芸プラス / 2015年12月24日17時59分

カラオケのリクエストを入れたお客さんを紅組と白組に分けてカラオケの総得点を競うのだが、合間に芸能事情通のマスターが、ここでは一切書けない出場歌手にまつわる裏話を披露して盛り上げる。もちろん、この店“スナ玉”での危ないトークは門外不出。ツイートは厳禁だ。 今年の出場歌手の一部を紹介すると、紅組はレベッカ、中原理恵、渡辺真知子、山口百恵、森昌子、小柳ルミ子。 [全文を読む]

語っていいとも! 第11回ゲスト・さとう宗幸「仙八先生の教え子たちが還暦祝いをしてくれて。これもドラマチックなんです」

週プレNEWS / 2015年10月04日12時00分

第10回のゲスト・三田寛子さんからご紹介いただいたのは、歌手・俳優のさとう宗幸さん。 地元である仙台を歌った『青葉城恋唄』が1978年に大ヒット、81年には金八先生シリーズを継ぐ『2年B組仙八先生』に主演し、デビュー時の三田さんと共演。95年からはミヤギテレビの夕方ワイド番組『OH!バンデス』の司会を務め、いまだ続く、まさに“仙台の顔”だ。 そこで今回は [全文を読む]

吉田沙保里CDは“珍盤”殿堂入りなるか? アスリート歌手の歴史から考察

日刊サイゾー / 2015年09月05日09時00分

レスリング女子五輪3連覇中の吉田沙保里が歌手デビューすることを発表し、話題を呼んでいる。今回リリースするシングル「目を覚ませ」(avex trax)は、TBSの石井大裕アナウンサーと同局に勤務する兄の石井大貴によるユニット「Well stone bros.」とのコラボ作品で、9月1日にYouTubeに公開されたMVでは、強くたくましいイメージとは裏腹に、素 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】青山テルマのギャップに反響。清水翔太とのコラボで“大人の色気”漂わせる。

TechinsightJapan / 2015年05月28日20時25分

歌手の青山テルマが音楽番組『水曜歌謡祭』の生放送にピンクのワンピースで登場。清水翔太とコラボでしっとりと歌う彼女に、視聴者から「いつもと違う」「ギャップにズッキュン」と反響があった。自身のInstagramでは同番組に前回出演した時のファションも公開しているが、今回と比べると別人のようだ。 5月27日放送の『水曜歌謡祭』(フジテレビ系)で、井上陽水の楽曲『 [全文を読む]

布施明デビュー50周年記念! 日本を代表するヴォーカリストの極上の歌声を堪能できるCD全集が完成。

PR TIMES / 2015年05月03日11時23分

[画像: http://prtimes.jp/i/7628/107/resize/d7628-107-273571-0.jpg ] 通信教育・通信販売を手掛ける株式会社ユーキャン(東京都新宿区 代表取締役社長:品川 泰一、以下:ユーキャン)は、歌手・布施明のデビュー50周年を記念したCD全集『布施明の世界』の販売を開始しました。 『布施明の世界』は、19 [全文を読む]

【ウラ芸能】66歳ジュリーが仕掛けた「作戦」

NewsCafe / 2015年01月28日15時00分

デスク「歌手、沢田研二(66)がファンに浴びせた一言が話題になってるってな」記者「一昨年2013年から1年ほどはタイガースの完全再結成で盛り上がったのですが、今年に入って行ったソロコンサートでは昔のヒット曲を封印。さらにイスラム国の人質問題に触れて『日本の将来を憂うのではなく自分自身の頭と心で考えなければなりません…』などとメッセージをとうとうと語り出した [全文を読む]

日本レコード大賞 炎の四番勝負!<第1回>「1972年~ちあきなおみVS小柳ルミ子~」(1)

アサ芸プラス / 2013年11月29日09時58分

ただ、壇上にはスター歌手がずらりと並んでいて、これはいずれ、番組として成立すると思いましたね」 その年は「皇太子ご成婚」でテレビの受信契約が飛躍的に伸び、砂田がにらんだように「レコ大」は人気番組に成長していく。69年(第11回)に大みそかの中継が始まると視聴率は30%台を記録し、そして72年(第14回)は史上2位となる46.5%に達する。 前年より10%以 [全文を読む]

フォーカス