現在 沢田研二に関するニュース

『ROYAL STRAIGHT FLUSH』シリーズに見る、スーパースター 沢田研二の軌跡

okmusic UP's / 2015年11月04日18時00分

現在はほとんどテレビ出演がないこともあり、若い読者の中にはジュリーと言ってもピンとこない人も少なくなかろう。氏は70~80年代の最盛期にいかなる活動を展開し、シーンに何を遺したか? 手元にあるベストアルバム『ROYAL STRAIGHT FLUSH』(I~III)から検証してみよう。■ジョンが亡くなっても、俺たちには沢田研二がいた矢作俊彦作、大友克洋画によ [全文を読む]

CS放送「TBSチャンネル1」で、沢田研二主演『悪魔のようなあいつ』12/3(火)放送開始!38年間一度も再放送されなかった衝撃の問題作がいま甦る!

PR TIMES / 2013年11月29日16時48分

現在TBS系地上波で放送中の『金曜ドラマ「クロコーチ」』と同様、20世紀最大の未解決事件のひとつ“三億円事件”を題材にした作品で、物語全編に退廃と背徳のロマンを漂わせつつ、強奪犯の屈折した愛、そして挫折を描く。実際に事件が時効となる1975年(昭和50年)6月から9月に放送され、挿入歌「時の過ぎゆくままに」が大ヒットするなど、社会現象となった。 手口のあざ [全文を読む]

宮崎あおいに中居正広…劇場型犯罪の“犯人役”を演じた意外な俳優たち

dmenu映画 / 2017年06月05日07時00分

あまりにもタブーが多い映画ゆえ、現在でもテレビ放送は不可能と思われます。 その他にも、82歳の老婆が政府やマスコミを手玉にとり、100億円の奪取に成功した事件を描いた『大誘拐 RAINBOW KIDS』(1991年)や、誘拐事件の犯人が身代金の受け渡しをTV中継で公開するよう要求する『誘拐』(1997年)など、劇場型犯罪を扱う名作は他にもまだまだ存在してい [全文を読む]

昇竜の勢いみせるBOYS AND MEN ニューシングル発売決定

dwango.jp news / 2017年04月28日19時14分

現在、日本全国47都道府県を巡る“社長が言ったから有言実行!ボイメン47都道府県ツアー”中のが新曲を発売することが決定した。 大きな期待の中、満を持してリリースする新曲は、「夢は諦めなければ必ず叶う」その熱い思いを胸に、日本中の人たちの背中を押し続けてきた彼らの男気溢れるド派手なボイメンワールド炸裂の最高潮の楽曲になっている。制作陣は現在の日本音楽シーン [全文を読む]

ともさかりえ離婚・南果歩は不倫され…略奪婚の行方、死後の愛人発覚も

messy / 2017年04月01日20時00分

以降はおしどり夫婦として知られ“理想の夫婦”ランキングにも頻繁に名前が上がる夫婦なだけに、その馴れ初めも現在の不倫発覚もファンには意外だっただろう。 昨年のベッキーとゲスの極み乙女・川谷絵音の不倫愛発覚から、世間では不倫を強く糾弾する処罰感情が高まっており、ともさかや南の例を見て「罰が当たったのだ」と嘲笑する向きもある。しかし不倫略奪婚だったからといって、 [全文を読む]

BOYS AND MEN『TOKIO』47都道府県全ver.を一気に配信

dwango.jp news / 2017年03月28日10時07分

現在、日本全国47都道府県を巡る“社長が言ったから有言実行!ボイメン47都道府県ツアー”中のBOYS AND MENが、本日3月28日に『TOKIO 47』を配信リリースすることが発表された。 発表されたのは、全国ツアー各地で披露し話題となっている沢田研二『TOKIO』のカバー曲。全国ツアーのためにメンバーが用意した楽曲がファンからの強い要望により急遽配信 [全文を読む]

35周年記念作発売の大沢誉志幸 「ハッピーな作品を作るのが今のテーマ」

太田出版ケトルニュース / 2017年03月20日10時22分

ヴォーカリストとして、またソングライターとして数々の名曲を残してきた大澤だが、活動の原点はどこだったのか? 現在発売中の『クイック・ジャパン』vol.130で、大澤はこう語っている。 「最初はクラウディ・スカイ(学生時代に組んだロックバンド)だけど、メジャーで活動したのは8か月。その後ソロでデビューするまでは、沢田研二さんとか山下久美子とかに曲を書く仕事を [全文を読む]

田村直美、8年ぶりとなる全新曲オリジナルアルバムを9月21日にリリース

okmusic UP's / 2016年09月14日00時00分

参加ミュージシャンには、ドラマーとしてGLAYのサポートでおなじみの永井利光、jaco:necoのドラムで沢田研二のサポートを含め数多くのサポートワークなども行なっているGRACE、MIYAVI、OLDCODEX、INORANなど多くのサポートをするRyo Yamagata、ベースには元COSA NOSTRAの太田要、Supaer Junky Monke [全文を読む]

ザ・ピーナッツ伊藤ユミ 姉と沢田研二の子と暮らした家売却

NEWSポストセブン / 2014年05月31日07時01分

自宅を残しておくことも考えたそうですが、維持費もかかるので、売ることにしたそうです」(ユミさんの知人) 現在、ユミさんとAさんは車で10分ほど離れたマンションでそれぞれ暮らしている。 「寂しすぎますね」 ユミさんは近所の人にそうつぶやくこともあるのだという。 「ユミさんはAさんのことが気がかりで、よく彼の自宅へ行って洗濯物をクリーニング店に出したり、掃除を [全文を読む]

八木亜希子が語る「壊れた大人がいっぱいいた」バブルとフジテレビ

文春オンライン / 2017年06月02日11時00分

しかし、いまなお、テレビは面白い! そんな話をテレビを愛する「テレビっ子」たちから聞いてみたいというシリーズ連載の4人目のゲストは、元フジテレビのアナウンサーで、現在はフリーとして活躍する八木亜希子さん。 報道や情報、音楽、トーク、バラエティ番組はもちろん、朝ドラや大河といったドラマまで、あらゆるジャンルのテレビ番組に出演している「テレビの申し子」と言っ [全文を読む]

マルベル堂 キャンディーズやピンク・レディーに見たプロ技

NEWSポストセブン / 2017年02月18日07時00分

現在、日本で唯一プロマイド販売を行なう、東京・浅草にあるマルベル堂。娯楽の王様が映画からテレビに移行し、『スター誕生!』(日本テレビ系)などから新星が誕生した昭和40年代以降、プロマイドの王座もアイドルに替わる。 昭和46年には“新三人娘”と呼ばれた南沙織、天地真理、小柳ルミ子、昭和50年には桜田淳子、山口百恵、キャンディーズが、歌手部門の売り上げベスト3 [全文を読む]

レコ大の凋落 転機はジャニーズ撤退やミスチルの大賞受賞

NEWSポストセブン / 2016年12月25日16時00分

以後、現在に至るまで視聴率10%台に留まっている。 追い打ちをかけたのが、「ジャニーズ事務所の辞退」だった。それまでは大賞を受賞した近藤真彦、光GENJI(1988年)のほか、最優秀新人賞のシブがき隊(1982年)、少年隊(1986年)、男闘呼組(1988年)らジャニーズのアイドルが華を添えてきた。「きっかけは1990年に起きた『忍者』問題でした。1990 [全文を読む]

週刊アサヒ芸能「創刊60年の騒然男女」芸能スキャンダルの真相!(3)芸能レポーター座談会「石川敏男・二田一比古・長谷川まさ子が見た戦国ウラ現場」

アサ芸プラス / 2016年10月12日05時57分

現在も男性誌等で健筆を振るう。長谷川まさ子(53):ラジオアシスタントを経て、87年よりレポーターに。歯切れよい語り口に定評がある。 [全文を読む]

新しいモノを追い続ける学生の街、京都から生まれた独自の音楽性とは?

マイナビ進学U17 / 2016年07月06日12時02分

1967年、京都で開催された『第1回フォークキャンプ』に出演した彼らは、演歌や歌謡曲が主流だったこの時代に、メッセージ性の強いプロテスト・ソングで若者の心をつかみ、自主的な音楽活動(現在でいうインディーズ)の中心的な役割を果たす存在となったそうです。いつしか“アンダーグラウンド・ミュージック”と呼ばれるようになった新たな若者文化に呼応するように、全国から数 [全文を読む]

TUBEは『夜のヒットスタジオ』にU2代役で初出演しブレーク

NEWSポストセブン / 2016年06月04日16時00分

現在は数少ない音楽番組だが、かつては、多くの音楽番組が存在していた。そのひとつである『夜のヒットスタジオ』(フジテレビ系)には、こんな裏話がある。当時の番組プロデューサー・疋田拓さんが語る。 ■サザン出演で初の歌詞テロップ デビュー直後のサザンオールスターズが『勝手にシンドバッド』で初出演したのは1978年7月。 「桑田さん独特のボーカルで、何を言っている [全文を読む]

ベッキー&ゲス極は最悪の結果も…GLAY・TERU&PUFFY・亜美、略奪愛から理想の夫婦に?

messy / 2016年05月18日20時00分

これにも当初は多くの批判が集まったが、現在は3人の子供を授かり夫婦円満、Mr.Childrenも「好感度の高いアーティスト」アンケートが行われれば、必ずと言っても良いほど上位にランクインするなど、世間から愛されている。また、布袋寅泰と今井美樹も不倫の末に結婚したと囁かれているが、今も何事もなくテレビやイベント、イメージを重要視するというCMにまで出演してい [全文を読む]

著名人不倫続出も「元は不倫」で驚かれるいい夫婦も

NEWSポストセブン / 2016年03月11日07時00分

現在もラブラブで夫婦仲はいいようです。 A:近年でもミスチルの桜井和寿(45)やGLAYのTERU(44)みたいに無名時代から支えた糟糠の妻と離婚して、タレントと再婚するケースはよくあります。そう考えるとベッキー(32)とゲス(川谷絵音・27)は発覚するタイミングが悪すぎたのかも。途中で周囲にバレちゃったのが痛いところです。「センテンススプリング」には恨み [全文を読む]

<SMAP解散騒動の本質>ジャニー喜多川氏の発明「アイドル量産システム」はもはや特許

メディアゴン / 2016年01月20日07時30分

現在のジャニーズ事務所の役員構成は以下の通り。1. 代表取締役社長:ジャニー喜多川2. 代表取締役副社長:メリー喜多川3. 代表取締役副社長:藤島ジュリー景子バリバリの同族会社なのである。創業者一族がやっている有名企業という意味では日本一の製造業TOYOTAと同じである。だが、その経営方法は、TOYOTAが中継ぎにプロパーのサラリーマン社長を持ってきて、経 [全文を読む]

まだ応援してる?年を重ねたアイドルが嫌いになった人の割合は…

しらべぇ / 2016年01月08日16時00分

現在アイドルと言われている芸能人には、ファンをがっかりさせないよう年齢を重ねてほしいものだ。(文/しらべえ編集部・佐藤 俊治)【調査概要】方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2015年12月20日~2015年12月24日対象:全国20代~60代の男女1353名 [全文を読む]

語っていいとも! 第11回ゲスト・さとう宗幸「仙八先生の教え子たちが還暦祝いをしてくれて。これもドラマチックなんです」

週プレNEWS / 2015年10月04日12時00分

現在は仙台市在住。東北学院大学在学中にうたごえ喫茶「若人」で歌い始める。1978年にメジャーデビュー曲として発売した『青葉城恋唄』が全国的に大ヒット。紅白歌合戦出場を果たす。1981年に『2年B組仙八先生』で伊達仙八郎役に選ばれ、主演を務めることに。また、1987年には、NHK大河ドラマ『独眼竜正宗』で支倉常長役に抜擢。1995年からはミヤギテレビの夕方ワ [全文を読む]

フォーカス