ファン 沢田研二に関するニュース

まだ応援してる?年を重ねたアイドルが嫌いになった人の割合は…

しらべぇ / 2016年01月08日16時00分

そのような場合、長年応援してきたファンはどのように対応を取っているのだろうか?■アイドルが年齢を重ねて嫌いになったことがある?そこでしらべぇ編集部では「好きだったアイドルが年齢を重ねて嫌いになったことがあるか」を調査してみた。嫌いになったことがあると答えた人は4人に1人に留まり、年齢を重ねてもファンを続けている人が多いことが判明。■年をとってもやはり「若い [全文を読む]

「頑張って・出待ち・双眼鏡」が沢田研二コンサートのNG事項

NEWSポストセブン / 2015年02月07日16時00分

この騒動からもわかる通り、ジュリーはもともと怒りっぽいアーティストで、それゆえファンの間では、ライブ時にやってはいけない“鉄の掟”があるのだという。 「いちばんまずいのが、MCの時の声かけ。なかでも“歌って”と“頑張って”は最大のNGワードなんです。“言われなくても歌いたい時には歌うわ!”って、途端に不機嫌になってしまうんですよ」(ファンの女性) 今回は [全文を読む]

沢田研二「黙っとれ」「嫌なら帰れ」の暴言でファン離れが進行か

デイリーニュースオンライン / 2015年01月27日15時50分

グループサウンズ時代からのファンも詰めかける中、開演から2時間ほど経過した頃にMCタイムがスタート。20日は、イスラム国による日本人人質事件が報じられた当日ということもあり、ジュリーは「皆さん、大変な事態になりました。日本の将来を憂うのではなく、自分自身の頭と心で考えなければなりません」と、持論を展開。 ところが、このタイミングで客席から「歌って~!」の声 [全文を読む]

【プロ野球】秋吉亮(ヤクルト)の登場曲「No.1」を縦読みすると…。秋吉、山田哲人、原樹理の「登場曲」ドラマ

デイリーニュースオンライン / 2017年05月13日16時05分

今回はヤクルトファンの筆者が、神宮球場に流れる登場曲のアレコレを紹介しよう。 ※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■野球部の先輩が贈った秋吉亮の登場曲 ヤクルトファンにとって、9回表に流れると安心するのが秋吉亮の登場曲「No.1」(SEita)だろう。ヤクルトファンに馴染みの曲だが、聞いたことのない方に説明すると、この曲は秋 [全文を読む]

沢田研二へのバッシングに反論した、ジュリーファンのブログがカッコよすぎて必見

AOLニュース / 2015年02月05日12時00分

大きくとり上げられたヤフー!ニュースでも「プロ失格」や「金を払った客に対してけしからん」「本当に今のジュリーは残念」といったコメントが相次いだが、これらのバッシングに対して、あるライブ常連のファンが書いたブログが一部で話題となっている。 一連の報道の反論となるだろう『「沢田研二論」 ~黙っとれ!の窮状~』と題されたこのブログ、筆者は過去に43回もライブに [全文を読む]

昼間からガード下で浴びるように酒摂取 心配される沢田研二

NEWSポストセブン / 2015年02月06日16時00分

MC中でイスラム国の拘束事件について話している時、客席から「歌って~」という声が飛び、「黙っとれ!」と激怒したというのだが、古参ファンに言わせると「いつものこと」だという。 どうやらこのブチギレ騒動についてファンは心配していないようだが、別の心配の声があがっている。それが、彼の過剰なまでのアルコール摂取だ。 「ジュリーがお酒好きなのはファンの間でも有名です [全文を読む]

【TBSオンデマンド】連続ドラマ「悪魔のようなあいつ」12月1日(日)深夜0:00より配信スタート!!

PR TIMES / 2013年11月29日16時48分

しかしその後一度も再放送されず、テレビドラマファンの間では“幻の作品”と呼ばれています。また、同じく“三億円事件”を描いた、長瀬智也主演の金曜ドラマ「クロコーチ」(TBS系で金曜よる10時~放送中)もTBSオンデマンドで好評配信中。「悪魔のようなあいつ」から38年の時を経て、新たな視点で描かれる事件の真相とは!?同じテーマを全く違った視点で描いた2つのドラ [全文を読む]

沢田研二が相模原殺傷事件の犯人と「ポケモンGO」を結びつけ非難が殺到!

アサ芸プラス / 2016年07月27日17時59分

まもなく70歳とは思えないエネルギッシュなステージに往年のファンが黄色い声を上げる一幕も。幸先のいいスタートと思いきや、裏ではジュリーの“迷走”が囁かれている。「ジュリーはかねてから政治問題にご執心で、昨年1月に同じ東京国際フォーラムで行われたコンサートではイスラム国の人質問題について延々と自説を展開したことがありました。話の長さにしびれを切らしたファン [全文を読む]

生涯“恋は遠い日の花火ではない”田中裕子の手本のような「女の生きる道」

messy / 2015年05月12日17時00分

ジュリーがフロントを努めていたザ・タイガースのコンサートに田中裕子が訪れた際、お互いファンだったことから仲良くなった2人。同年末の『男はつらいよ 花も嵐も寅次郎』の共演でさらに拍車がかかったのか、当時、妻子持ちだったジュリーと付き合い始めたとのこと(あくまでも週刊誌情報)。それから約7年の歳月を経て、1989年に入籍。大人気アイドルだったジュリーとの不倫略 [全文を読む]

“歌謡ショーはやりたくない“沢田研二ブチ切れ騒動の真相

tocana / 2015年01月31日09時00分

26日に配信された「日刊ゲンダイ」の記事で、1月20日に開催された沢田研二がコンサートで、イスラム国の人質事件について話している最中、ファンが「歌って~」と声を上げたところ「嫌なら帰れ!」とブチ切れたことが報道された。ネット上では「帰れというならチケット代を返せ」「エンターテイナーとして酷すぎる」と波紋を呼んでいる。 だが、これは、見方によっては、TV出演 [全文を読む]

フォーカス