人気 沢田研二に関するニュース

沢田研二主演 音楽劇「悪名」 CS放送「TBSチャンネル2」で7月27日(日)TV初独占放送!

PR TIMES / 2014年07月25日09時27分

そんな混沌とした時代に、強きを挫き弱きを助く「八尾の暴れん坊朝吉」が、弟分の清次(野田晋市)と共に、女房のお絹の新たな人生への旅立ちに向けて、悪の組織を相手に大暴れ! 【収録:2014年4月5日 東京・紀伊國屋サザンシアター】 ■放送概要 『沢田研二主演 音楽劇「悪名」』 〈放送チャンネル〉CS放送「TBSチャンネル2」 〈放送日時〉2014年7月27日( [全文を読む]

20代~80代女性が選ぶ好きな男調査 1位は福山雅治と高倉健

NEWSポストセブン / 2014年04月25日07時00分

第1位:福山雅治、高倉健 第3位:木村拓哉、タモリ 第5位:竹野内豊 第6位:ビートたけし 第7位:羽生結弦、稲葉浩志 第9位:中居正広、沢田研二 最も人気が高かったのは、福山雅治(45才)と高倉健(83才)。 昨年、高倉は文化勲章を受章し、福山は自身の主演映画がカンヌ映画祭審査員賞に輝いた。整った容姿のみならず、そんな優れた才能が世に認められている彼ら [全文を読む]

吉田沙保里CDは“珍盤”殿堂入りなるか? アスリート歌手の歴史から考察

日刊サイゾー / 2015年09月05日09時00分

1982年には当時、プロ野球・読売ジャイアンツの新星として絶大な人気を誇っていた原辰徳が、シングル「どこまでも愛」とアルバム『サムシング』を発売している。『サムシング』の作家陣には、吉田拓郎、長渕剛、沢田研二、弾厚作(加山雄三)とそうそうたるメンツが名を連ねており、時代が透けて見える珍盤として、今も好事家たちから人気だ。 元バレーボール選手の大林素子が、2 [全文を読む]

【TBSオンデマンド】連続ドラマ「悪魔のようなあいつ」12月1日(日)深夜0:00より配信スタート!!

PR TIMES / 2013年11月29日16時48分

1975年にTBS系地上波で放送された本作は、昭和の未解決事件“三億円事件”を題材に、当時人気絶頂だった沢田研二を主演に起用。巨匠・久世光彦による、退廃と背徳のロマンを漂わせた過激な内容が大きな話題となりました。しかしその後一度も再放送されず、テレビドラマファンの間では“幻の作品”と呼ばれています。また、同じく“三億円事件”を描いた、長瀬智也主演の金曜ドラ [全文を読む]

竹の子族誕生35周年記念!竹の子ディスコ NON STOP MIX CD登場!!

PR TIMES / 2012年12月18日18時03分

1980年頃、原宿のホコ天を中心に出没し社会現象にまでなった竹の子族の人気ヒット曲をノンストップ・ミックスしたCD『ヤンキーロックスpresents 竹の子ディスコNON-STOP MIX』が12月19日にリリースされる。ヤンキーの好きそうな音楽をカバーした人気のノン・ストップ・ミックスCD、ヤンキーロックス・シリーズの最新作で、第3弾となる本作では竹の子 [全文を読む]

美容院で「有名人と同じ髪型」を注文するのはどんな人?

しらべぇ / 2016年07月15日08時30分

とさかを立てていた」(40代女性)そのとき人気の有名人は定番。だが、こんな経験をした人も...。「吉田羊。ただ、鏡を見たらメイプル超合金の安藤なつがいた」(40代女性)似た髪型で、全然違う有名人になることもあり、「似合う・似合わない」は大事だ。中には、性別を超えているものまで。「THE ALFEEの高見沢俊彦さん」(40代女性)「昔の沢田研二」(60代女性 [全文を読む]

坂上忍のブレイクをいち早く予想した吉田豪が、次に推す意外な名前とは?

週プレNEWS / 2015年01月30日11時00分

カブキロックスは、バンドブームに火をつけた人気音楽番組『イカ天(三宅裕司のいかすバンド天国)』でブレイクしたバンドで、沢田研二の『TOKIO』をアレンジした『お江戸-O・EDO-』でメジャーデビュー。歌舞伎役者をイメージした奇抜なメイクや衣装などで人気を集め、1990年の全日本有線大賞新人賞を受賞した。 しかし、イカ天の終了やバンドブームの終息とともに人 [全文を読む]

久本雅美、百田尚樹…タレントの選挙応援演説、人気投票化や「ファンの集い化」を加速

Business Journal / 2014年12月10日06時00分

そうしたことから「選挙が人気投票化している」といった批判も聞かれる。 しかし、まったく知らない人よりもテレビで親しみを感じるタレントに一票を投じてしまう有権者の心情は十分に理解できる。その一方で、タレントは知名度があっても政治の素人であるのも事実であり、素人に国の運営を任せるのは不安だと考える有権者がいることも仕方がないだろう。 ●芸能人に間近で会えるイベ [全文を読む]

76年の木之内みどりと岡田奈々(1)水島新司や倉本聰がシンパ

アサ芸プラス / 2013年07月12日10時00分

みどりはことさら前に出るタイプじゃなかったから、いろんなスタッフに愛されていったよ」 そして76年──ロッキード事件で田中角栄が逮捕され、ナディア・コマネチが10点満点を連発した年に、みどりの人気は急騰した。残念ながらヒット曲はなかったものの、雑誌でのグラビア人気は群を抜いて高く、山口百恵や桜田淳子を上回ることもあった。 若者たちばかりではなく、みどりに魅 [全文を読む]

“名脇役女優”小池栄子・谷村美月「巨乳コンビ」に期待

アサ芸プラス / 2013年03月06日10時00分

アンケートでダントツ1位に君臨した脇役女王は、74年に放送されたドラマ「寺内貫太郎一家」で、当時人気絶頂の沢田研二のポスターの前で腰を振りながら、「ジュリー!!」と叫ぶシーンを演じて世に名を知らしめた樹木希林(70)だ。芸能ジャーナリストの二田一比古氏も太鼓判を押す。 「あまたいる脇役の中でも、シリアスからコメディまで演じられる幅広い芸を持つ“名脇役”と呼 [全文を読む]

フォーカス