出身 谷原章介に関するニュース

「ショッピングデートしたい」男性芸能人1位妻夫木と同率は裸のあの人

Menjoy / 2016年05月10日19時20分

女性にとっては、もう最高にテンション上がっちゃうシチュエーションなのではないでしょうか? そこで、今回は『Menjoy!』が女性限定500名に実施した調査をもとに「一緒にショッピングデートしてみたいモデル出身男性芸能人」のランキング結果を発表してみたいと思います。 さぁ、あなたの大好きなあの人はランクインしているでしょうか? ■3位:松坂桃李さん・・・1 [全文を読む]

男臭いハードなサスペンスドラマ 地上波とBSコラボの相乗効果を期待 <「犯罪症候群 Season1」(東海テレビ)≪フジテレビ系≫>

J-CASTテレビウォッチ / 2017年04月12日12時00分

モデル出身俳優陣のすてきなスーツ着こなし ドラマの内容はダークだが、玉山、谷原、渡部、主要キャスト3人がいずれもモデル出身ということで、スーツの着こなしがGOOD。男性視聴者には参考に、スーツ男子好きの女子には目の保養になること間違いなし!? 初回は、主要キャスト3人のほか、ミムラ、鶴田真由、甲本雅裕、要潤、桜田ひよりが出演していて、これだけでも深夜ドラマ [全文を読む]

下積み長かった谷原章介 鼻っ柱折られた結果培った「気遣い」

NEWSポストセブン / 2016年04月20日07時00分

モデル出身だけに高身長でイケメン。低く落ち着いた声。おまけに6児の父という安心感。これだけプラス要素があれば、人気も当然だろうと毒づきたくなるかもしれないが、谷原章介の強みはそこにはない。彼は、“気遣い”の人なのである。それも、ちょっとした気配りのレベルではない。「浮いている子に目が行ってしまいます。ミスが目立って怒られやすい子、元気な子たちの中でひとり [全文を読む]

ホラン千秋、千葉雄大に期待「内に秘めて持っているものが多い」<インタビュー>

モデルプレス / 2015年07月19日07時00分

私のルーツがアイルランドにあるので、アイルランド出身のKODALINEやTHE SCRIPTもぜひ生で観てみたいと思っています。縁のあるアーティストのパフォーマンスを生で観られるのは感動しますね。またCARLY RAE JEPSENも2年前に出演した時もすごく盛り上がりましたから、今年も盛り上げてくれるんじゃないかなって思います。 もちろん日本人アーティス [全文を読む]

谷原章介「普通に加齢臭しますよ」意外な一面が判明

Entame Plex / 2017年04月04日22時30分

ともに関西出身で過去にバラエティ番組で共演していたこともあり、息の合った2人がゲストの若い頃の写真や、映像などをネタに様々な話題を引き出す。 今回のゲストは谷原章介と田村淳(ロンドンブーツ1号2号)。2人は何十年も前の話に赤面したり爆笑したりしながらもその頃の思いを語り、現在に至るまでを振り返った。 今や司会者としても活躍する谷原はモデルとして芸能界デビュ [全文を読む]

谷原章介 「僕らの商売は霞を掴むようなもの」

NEWSポストセブン / 2016年04月22日07時00分

【プロフィール】たにはら・しょうすけ/1972年、神奈川県出身。身長183cm。雑誌『メンズノンノ』の専属モデルを経て、1995年に俳優デビュー。2007年より『王様のブランチ』の司会者に。今月12日からは司会を務める新番組『うたコン』がスタート。22日には主演ドラマ『ドクター調査班~医療事故の闇を暴け~』も始まる。 ■撮影/国府田利光 ■取材・文/角山 [全文を読む]

フリー転身のカトパン CMやMCで引っ張りだこ確実

NEWSポストセブン / 2016年01月23日07時00分

入社試験のときは音大出身のため「慶応」「早稲田」出身の学生が集まるなか、「受かるハズがない」と学歴コンプレックスで涙した…とは『ボクらの時代』で告白した話。その音大で思い出すのは、“スーパー綾子”として、各在京局の最終面接まで進んでいた彼女が、泊まりがけの研修会場だかどこかにグランドピアノを用意させたという“噂”である。卒業試験の練習だかのために、ピアノ [全文を読む]

森星が嵐を1人残らず公開処刑!? テレビ業界ではコントロール不能の華

messy / 2015年10月20日15時00分

『王様のブランチ』(TBS系)で共演していた、モデル出身の谷原章介(身長183cm)でようやく釣り合いがとれるといったところだ。小柄な男性タレントが非常に多いジャニーズ事務所としては、なるべく共演したくないタイプのタレントだろう。 しかし、そんな森だが、嵐との共演回数が比較的多い。「櫻井翔と慶應出身という繋がりがあるからか、『嵐にしやがれ』(日本テレビ系) [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】東村アキコさん、マンガ大賞『かくかくしかじか』の“スパルタ指導”に「ウソは描いてない」

TechinsightJapan / 2015年04月02日10時35分

本作は、宮崎県出身の東村アキコさんが片田舎で過ごして漫画家を目指す姿を描いた自伝的な作品となっている。今回、マンガ大賞2015を受賞した彼女は、あいさつで「色々な人に“ここはさすがに作ったでしょう?”と言われるが、ウソを描いたら日高先生に“ぶっころされる”という恐怖心が残っているので、ウソは無いです」とキッパリ言い切った。 3月28日の『王様のブランチ』 [全文を読む]

反町隆史&谷原章介、モデル時代の“戦友”共演に感激

モデルプレス / 2015年01月23日16時58分

また、当時モデル出身の俳優やタレントたちが多数輩出されるも、多くが芸能界を去っていったことに言及。「歳は1つ違いなのですが、戦友といいますか」と反町との再会を喜び、「20数年経ってこうやって一緒にやることができました」、「ああ、生き残って来れたんだ」と感慨に浸った。(modelpress編集部) [全文を読む]

フォーカス