再婚 中山美穂に関するニュース

中山美穂、再婚は最悪の選択

NewsCafe / 2014年10月28日17時00分

女優、中山美穂(44)と交際中の音楽家、渋谷慶一郎氏(41)が、パリで中山の髪にキスしている2ショット写真を画像共有サイト「インスタグラム」に公開し、大きな批判を浴びているという。 「この写真公開で、中山の女優復帰は絶望的になりました」と語るのは女性誌記者。 どういうこと? 「今年3月末に芥川賞作家の辻仁成(55)と離婚調停中であった中山なのに、実は不倫し [全文を読む]

「被害者」の立場が一変…中山美穂、辻仁成との離婚成立で浮かび上がった無責任ぶり

メンズサイゾー / 2014年07月09日16時30分

離婚届を辻に渡した後に中山が向かったパリには渋谷氏が滞在しており、彼女はカレとの再婚を強く望んでいる。子どもがいれば、再婚の“障害”になるという気持ちもあって辻に親権を譲ったようです。たとえ、親権をめぐって争っても『不倫』の事実がある中山が不利になり、仮に勝ち目があったとしても泥沼化は避けられませんから彼女に選択の余地はなかったでしょうが…」(芸能関係者) [全文を読む]

「辻仁成を通った女性はみんな幸せに!?」三谷幸喜夫人の懐妊に見た、中山美穂“再婚への光”

日刊サイゾー / 2014年04月10日20時30分

昨年8月に19歳年下の夫人と再婚した脚本家の三谷幸喜氏が9日、52歳にしてパパになることを発表した。夫人は妊娠8カ月で、6月初旬に出産予定だという。 「三谷は再婚相手を一般人だと言っていますが、実際は“yuma”という芸名で女優・歌手として活動していた元芸能人。かつてはオーディションなどを受け、映画に3本ほど出演したものの、人知れず活動を休止。超売れっ子作 [全文を読む]

中山美穂と“離婚報道”の辻仁成に、前妻・南果歩は「やっぱりね」!?

日刊サイゾー / 2014年04月01日11時00分

ちなみに彼女は現在、芸能界を退いており、劇作家の三谷幸喜と再婚しています」(同) だが、南と辻の離婚にはほかにも理由があり、南が辻の能力を見限ったからだという。 「南は男性の才能に惚れるようなところがあって、辻との結婚も、純文学作家でありミュージシャンでもあった彼の多彩な才能に惹かれたところが大きかった。確かに、南と結婚当時の辻は、文学者として97年に『海 [全文を読む]

親権を持たないのは“悪い母親”か? 葉月里緒奈「奔放愛」、小日向しえ「浮気疑惑」、そして中山美穂

messy / 2017年05月16日23時00分

しかし2004年に再婚した(一度目の結婚はハワイ在住の寿司職人、即離婚)不動産会社勤務の一般男性との間に長女をもうけて以来、テレビドラマはおろか、映画やCMからもひっそりと姿を消していた。筆者は2017年2月に彼女が久々に女優仕事をしたという記事を書いたばかりである。その葉月が、実は2年前に離婚していたことを5月16日発売の「女性自身」(光文社)がスクープ [全文を読む]

パリの路上で中山美穂の肩を組む…渋谷慶一郎インスタでラブラブアピール

messy / 2014年10月21日11時50分

再婚も視野に入れている」という報道が盛んにされたが、やはりその日は近いのだろうか。 それにしても、辻と中山は交際スタート時に「やっと会えたね」という名言を交わしたという伝説がある。そんな運命的な2人でさえも10年の月日が経てば破局し、次の恋愛に身を焦がすことができる。そう考えると、人生のあまりの長さに目が眩む。(清水美早紀) [全文を読む]

中山美穂と明暗くっきり……元夫・辻仁成の好感度が急上昇!「テレビ、イベントのオファーが殺到中」

日刊サイゾー / 2014年08月21日09時00分

話題になりそうなことといえば、残るは久々の歌手活動再開ぐらいか」(テレビ関係者) 中山の場合、芸能活動よりも、堂々と交際できるようになった渋谷氏との再婚があるかどうかが注目されることになりそうだ。 [全文を読む]

かつての“絶対タブー”も……現在の中山美穂は、事務所にとって「どうでもいい」存在なのか

日刊サイゾー / 2014年07月15日13時00分

関係者によると、渋谷氏とは「再婚秒読み」という。 一連の離婚騒動で判明したのは、中山の暴走ぶりに対する冷ややかな目だ。 「ミポリンといえば、芸能界のドンであるS社長が面倒を見ていることで知られ、マスコミの間では『ミポリンは、触れてはならないタブー』という意識が働いていた。しかし、今回感じたのは『そこまででもない』という感覚だった」とはワイドショー関係者。 [全文を読む]

不倫、演技下手、電波系…離婚を経て中山美穂のイメージ急降下

messy / 2014年07月09日18時00分

中山と渋谷氏は離婚協議中から人目も憚らずデートを楽しんでおり、このまま再婚するのも時間の問題かもしれない。 2人の離婚原因には、当初は辻の“中性化”や愛人の存在などが取り沙汰されていたが、中山と渋谷氏のデート現場がスクープされてからは見方が一変。離婚協議中の身であるにも関わらず子供と夫を放って堂々と不倫デートをする中山にバッシングが相次いだ。 今回の離婚に [全文を読む]

中山美穂 新恋人の年収は夫・辻仁成の10分の1

WEB女性自身 / 2014年05月28日16時00分

5月下旬の夜、仕事場から出てきた彼に、「再婚を考えているのか」と直撃した。「時期がきたら話しますので。察してください。申し訳ないですけど」 口調こそ穏やかだが、不快感がありありと浮かぶ。美穂との関係は良好かと訊ねると、少しだけ笑みを浮かべ、「ちょっと今、恥ずかしいので……」と表情を崩しながら「彼女にはこういうこと(直撃)をしないで」と念を押す。 パリで子 [全文を読む]

芸能界「結婚しない美女」の“ムラムラ身の下”事情!(3)宮沢りえとV6・森田剛の恋の行方は?

アサ芸プラス / 2017年04月27日05時57分

姉御肌で慕われるキョンキョンも、決して家庭的とは言えず、今後、共演相手と一時的に燃え上がることはあっても、再婚はないでしょう」(前出・芸能デスク) その「小泉会」でのキョンキョンの指導のタマモノか、2年越しで離婚が成立したのが7位の米倉涼子(41)。「ドラマでは、言いたいことをズバズバ言う強気女を演じることが多い米倉さんですが、素は寂しがり屋なんです。親し [全文を読む]

『NEWS23』に抜擢された雨宮塔子に「離婚した元夫に子供押しつけ」と理不尽バッシング! なぜ母親だけが責任を問われるのか

リテラ / 2016年07月15日11時26分

しかしそれに対し、青木氏の再婚した妻が憤慨しているというのだ。「2人の子供を押しつけておいて、自分は帰国するなんてあまりに身勝手。私はベビーシッターじゃない!」「女性自身」は現妻から直接ではなく、その知人からの又聞きとしてこのコメントを紹介しているが、これに対しネットを中心として「中山美穂と同じ臭いがする」「離婚だけでも身勝手なのに仕事のために子供を捨てる [全文を読む]

雨宮塔子、新生活の不安要素

NewsCafe / 2016年07月08日13時06分

雨宮は共同親権とはいえ、仕事を理由に子供を再婚したばかりの元夫に預けたことで、継母となったその」新妻の心中複雑でしょう」 雨宮は局アナ時代、バラエティー番組などの司会で人気を得たが、キャスターとしての力量はどうなのか。 「メーンキャスターといっても1人で背負うわけではなく、専門家らのフォローがあるでしょうから、台本通りにこなせばいいだけ。これまでパリ生活や [全文を読む]

吉田羊、又吉直樹へ「ちょっと引く」ほどの猛烈アプローチ

messy / 2015年12月01日17時30分

「もともと音楽活動をしていて、97年に『海峡の光』で第116回芥川賞を受賞した辻は、その後、今は渡辺謙の妻である女優の南果歩と結婚していた時期もあり、三谷幸喜の再婚相手で元女優のyumaと交際していたというウワサが流れるなど、女優にスキャンダルをもたらしてきた。地味な印象が拭えない純文学作家にとっては、希望の星ともいえる存在で、有名女優とのスキャンダルは本 [全文を読む]

中山美穂に続いて雨宮塔子も離婚!憧れの「パリ暮らし」はなぜ不幸になる?

アサ芸プラス / 2015年08月24日09時59分

その一方で再婚率も非常に高く、こうした環境に身をおいていると、日本人に比べて離婚に対するイメージが違うのかもしれませんね」 いまや幸せなパリジェンヌ暮らしをしているのは、後藤久美子か中村江里子くらいか。女性の誰もが憧れるパリ暮らしを、きらびやかにエッセイで綴っていた雨宮だったが、実態は華やかなものではなかったようだ。(佐藤マコト) [全文を読む]

辻仁成が『アウト×デラックス』で明かした男気トークに好感度が爆上がり中

AOLニュース / 2015年05月23日12時00分

また、「再婚は?」との質問に、苦い表情を見せながら「もう女はいい」と一蹴。「すっかり忘れてはいるものの、家族として12年もいたから」と心の傷は癒えてないことを明かした。 マツコと矢部の強者2人に対し自虐ネタを入れつつも軽快なトークで対応する辻に、ネット上からは「こんな人だっけ?」「いい人に思えてきた」「見直した」「イメージ変わった」「お父さん頑張ってるんだ [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】辻仁成が“遺品整理”の実態に涙。「僕は捨てられない…」と息子への思い明かす。

TechinsightJapan / 2015年03月07日21時15分

彼は1995年に再婚した南果歩との間に1男が生まれている。その後、2002年に中山美穂と再々婚し、2004年に男の子が誕生するも、昨年2014年7月8日に離婚した。現在、辻は中山との間にもうけた息子と2人でパリに暮らしており、「離婚した時に、写真立ての写真を全部、段ボール箱に片付けた」という。「自分はもう開けないから、お前が大人になったら開けろ」と伝えて、 [全文を読む]

2015年、新イクメン王は谷原章介とあの人

NewsCafe / 2015年02月01日17時00分

「三宅が前夫の俳優、いしだ壱成(40)との間に生んだ子を連れて谷原と再婚した時は、すぐに離婚するだろうという見方が多かった中、どっこいラブラブ状態なんですよ」 谷原は長く司会を務めるバラエティー番組「王様のブランチ」(TBS系)では物腰の柔らかい美声でそもそも好感度が高かった。 「司会交代がないのは性格の良さと言われています。ドッキリ企画などでは仕掛け人 [全文を読む]

辻仁成、お笑いで“覚醒”? 目標は「タイタンライブ出演」

WEB女性自身 / 2015年01月20日21時00分

「皆さん幸せになってもらいたいなと思います」と話したものの、自身の再婚については「息子がダメだって言っている」と否定した。 同映画は『レオン』など数々の映画を手がけてきたリュック・ベッソン監督の最新作。“10%しか機能していない人間の脳が、もし覚醒したら?”という謎を元にストーリーが展開していく。辻は以前、自身のシナリオをベッソン監督の会社『ヨーロッパ・コ [全文を読む]

中山美穂のCMギャラ未払い訴訟で、バーニングの“ミポリン切り”方針が明確に!?

日刊サイゾー / 2014年10月07日11時00分

もう中山が稼働しなくても、まったく問題ない」(芸能デスク) 音楽家と再婚間近ともいわれる中山だが、芸能界での活躍は絶望的かもしれない。 [全文を読む]

フォーカス