息子 長嶋一茂に関するニュース

声優・俳優・芸人に!? 偉大なるプロ野球選手の息子たち【ザ・ギース尾関しらべぇ】

しらべぇ / 2015年07月26日06時30分

プロ野球選手のお子様の中でもとくに息子さんたちは、父親の影響を大いに受けてしまうことが多いのではないでしょうか。 男であるがゆえに父親の後を追う選択肢もあれば、そのプレッシャーから違う道に進む方もおられるでしょう。そんなプロ野球選手の息子さんたちのその後をご紹介します。 ①落合福嗣さん 画像はTwitterのスクリーンショット https://twitt [全文を読む]

浅草キッド・逸見太郎・吉田豪が“激笑”選考 2014年下半期「有名人スキャンダル大賞」!(1)

アサ芸プラス / 2014年12月30日09時54分

「バカ息子」の落書き騒動で幕を開けた2014年下半期。故やしきたかじん氏が思わぬ形で話題となり、日テレ女子アナ内定取り消しは裁判ざたにと、実に味わい深いスキャンダルがズラリと並んだ。今回は逸見太郎、吉田豪を選考委員に迎え、白熱した審査を展開。笑い納めのトークバトルをここに! 水 下半期の出来事といえば、まずは江角マキコの落書き事件。あの居座り感というか、騒 [全文を読む]

長嶋一茂、“落書き事件”のウラ事情を明かす

日刊大衆 / 2017年09月13日10時05分

2012年に元女優のマネージャー(当時)から自宅の壁に「バカ息子」と落書きされた騒動について振り返る場面が見られた。 この日は、一茂がゲストとして登場し、アンケートによる世間のさまざまな声を基に、MCを務めるお笑い芸人の劇団ひとり(40)らとトークを展開した。その中で、一茂について「ご自宅の壁に“バカ”と落書きをされていたが、確かに賢そうには見えない。ただ [全文を読む]

詐欺や離婚だけじゃなかった?江角マキコの壮絶すぎる”トラブル人生”

デイリーニュースオンライン / 2017年01月24日11時50分

「江角を巡っては、自らの子供と同じ有名私立小学校に通う長嶋一茂(50)家とママ友問題でトラブルになり、元マネージャーが一茂の自宅に“バカ息子”と落書きした事件を『週刊文春』(文藝春秋)が2014年に報じました。この一件以降、江角は『ぐるナイ』(日本テレビ系)などのレギュラー番組を降板する羽目に。この2年間は実質上、休業状態でした」 “バカ息子”事件は、長 [全文を読む]

長嶋一茂、落書き騒動で笑いを取る! 辻仁成はあの名言をギャグ化!? タブー解禁の芸能人

サイゾーウーマン / 2015年02月08日16時00分

松ちゃんも、あの「バカ息子」っていう落書きにハマったんだろうね。B美 そうそう。で、今回の『DX』でも不動産屋の話から、自分の家を「例の家」って言ったり、内田恭子が壁塗りにハマってるという話をしてたら、松ちゃんが「壁を塗ったりとかする話はヤメてもらって……」とイジってた。一茂も内田の家の写真を指して、「これ塗ってほしかったよ!」と、乗っかってみたりね。A子 [全文を読む]

高橋真麻の育ちすぎたバストに大興奮して思わずセクハラしてしまったタレントは…

しらべぇ / 2016年12月16日06時00分

真麻のおっぱい見ながらコオロギラーメン食べる長嶋一茂、「バカ息子」の落書きされても仕方ない #ダレトク pic.twitter.com/7dZDMeHMjx— てれツイ (@cafeindrunker) 2016年12月13日長嶋一茂、真麻のおっぱい見ながらってwww#ダレトク— ♡ゆかちん♡ (@sscsnpk1006) 2016年12月13日#ダレトク [全文を読む]

過熱する江角マキコ報道「被害妄想」「パパ友を誘惑してた」

messy / 2014年09月18日20時00分

ブログでママ友からのいじめを告白したことが発端となり、自身の元マネジャーが長嶋一茂(48)宅に「バカ息子」と落書きをしていたことまで明るみになるなど大騒動の渦中にいる江角マキコ(47)。 その後、ブログで落書きの件への関与を否定しつつ謝罪した江角だったが、一連の騒動が原因で彼女の長女が転校したとの情報や、件の元マネジャーが勤務先を退職したとの話もあり、続報 [全文を読む]

反江角派 江角が受験関連で妄言吹聴しパパ友を誘惑疑惑解説

NEWSポストセブン / 2014年09月18日07時00分

『週刊文春』(9月4日号)では、2012年に江角の当時のマネジャーが長嶋一茂邸に「バカ息子」などを落書きをしたと報じた。長嶋と江角の子供は、名門私立小学校の同級生で、長嶋の妻こそが“反江角派”の中心人物だという。 江角のマネジャーが落書きをした背景には反江角派による、江角に対するいじめともいうべき厳しい仕打ちがあったとの声がある。また、江角の息子が、上の娘 [全文を読む]

長嶋一茂、“バカ息子”落書き「さんまさんだと思った」

ザテレビジョン / 2017年09月07日11時00分

自宅の壁に「バカ息子」と落書きされた事件に言及した。 MC陣との「弁償にならないんですか?」「ならないよ」「じゃあ、泣き寝入りじゃないけど、まあいいかっていう風に判断したんですか?」「まあ、そういうことだ」というトークに、スタジオでは「へえ~っ!」と驚きの声。 「別に俺自身は何とも思ってないから」と言う長嶋に、澤部が「最初、『バカ息子』って書いてあって…」 [全文を読む]

「飛行機を揺らさないでください」…長嶋一茂のおバカ発言が止まらない!

アサジョ / 2017年04月29日10時14分

「象徴的だったのは『バカ息子』事件の時ですよ。落書きは江角マキコの元マネージャーの仕業でしたが、一茂は『バカ息子と呼ぶのは(明石家)さんまさんだけだから、てっきりさんまさんだと思った』とのんきにテレビで発言。江角と一茂夫人の子供をめぐる確執がバンバン報じられていたときに、当人があまりにあっけらかんとしているので肩透かしでした」(週刊誌記者) そんな一茂への [全文を読む]

松本人志、長嶋一茂の落書き注意喚起に絶句

WEB女性自身 / 2016年11月27日17時00分

一茂も2012年、自宅へ「バカ息子」などの落書き被害に遭っている。 「私も所さんも被害者なんで。好き勝手なことを言わせていただくと、自分たちがどう思うかですよね。(所さんの落書きは)ボクとは次元が異質ですね、『死刑』というのは。ボクの場合、『バカ息子』っていうことなんで、さもありなんていう文言なんですけど。いつも言われてるんで、 あぁ、(明石家)さんまさん [全文を読む]

子供のために?芸能界引退する江角マキコの”苦しい言い訳”

デイリーニュースオンライン / 2016年05月02日07時05分

昨年末から始まった“降板ラッシュ”の発端は、2014年に発覚した元プロ野球選手で長嶋茂雄(80)の息子・長嶋一茂(50)宅への落書き騒動だ。 江角は2014年に自身のブログで、“長女が幼稚園時代にママ友たちからイジメを受けた”という内容の記事を投稿。これに対し、そのママ友とされる人々は猛反発し、「江角は、むしろ加害者だった」という反論を週刊誌で激白してい [全文を読む]

“バカ息子の代表”長嶋一茂コメンテーターに呆れる声多数! トーク番組を我がものに……

日刊サイゾー / 2015年11月09日20時30分

自身は『俺はバカ息子キャラとして生きていく』とテレビで発言しているように、完全に開き直った状態。もう怖いものなどないのでしょうね」(同) ためらいもなく過激な発言を連発できるあたりは、さすが“大物の息子”といったところか。彼の発言がお茶の間を呆れさせ、賑わせる日は当分続きそうだ。 [全文を読む]

長嶋茂雄一族も“後妻”トラブル!? ミスター利権をしゃぶる謎の“おばさん”とは?

サイゾーウーマン / 2015年01月30日13時00分

09年、保管されていた茂雄ゆかりの品々(新人王のトロフィーや記念品、愛用品など)を、息子である一茂が無断で売却していたことが報じられたのだ。この出来事に対し、長嶋家次女の三奈が、「窃盗罪で訴えるしかない」と激怒したことも一部で伝えられた。 「三奈が代表を務める『オフィスエヌ』が取得していた『長嶋茂雄』という名前の商標登録を、その登録期限が切れたタイミングで [全文を読む]

江角マキコ、ママ友いじめ騒動で長女転校先の“評判” 芸能人ご用達、派閥争い存在か

Business Journal / 2014年11月26日06時00分

シングルマザーで1人息子を育てている安室奈美恵も、中学まで息子をこのスクールに通わせていた。同スクールに子供を通わせる父兄が語る。「うちのスクールは、週に2回の日本語の授業以外は全部英語ですから、英語力が必須です。子供の入学試験はもちろん、親子面接でも英語力を問われます。噂では、芸能人の子弟だと英語が話せなくても入学しやすいといわれています。例えば布袋寅泰 [全文を読む]

「もう叩いちゃっていいから!」各事務所の“お墨付き”で、江角マキコのスキャンダル報道が止まらない!?

日刊サイゾー / 2014年09月10日11時00分

とりわけシャレにならなかったのは、「週刊文春」(文藝春秋)が報じた“バカ息子報道”だ。 これは、長嶋一茂の息子と同じ学校に通う江角の娘がイジメに遭い、その報復に江角が当時のマネジャーに、長嶋邸の壁に「バカ息子」と落書きさせたとされる件。江角はこの報道以降、頻繁に更新していたブログを休止。9日になって「私自身、週刊誌でこの件を初めて知った次第で、その後、元マ [全文を読む]

江角マキコ 長嶋一茂宅落書き騒動でCM打ち切りの可能性検討

NEWSポストセブン / 2014年09月08日16時00分

報じた『週刊文春』によると2年前に江角が元マネージャーに命じて長嶋一茂宅の壁やガレージに「アホ」「バカ息子」などと落書きさせたというものだ。 「最近、江角が自身のブログでかつてママ友にいじめられていたことを告白しましたが、その時に江角さんと対立した相手が長嶋一茂さんの奥さんだったと噂された。その話を芸能マスコミが取材するなかで落書き事件が明るみに出てしまっ [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】江角マキコ、“落書き事件”に「頭の良い人だと思ってたけど…」の声。

TechinsightJapan / 2014年08月29日17時55分

約2年前、江角が大手芸能事務所に所属していた当時のマネージャーに命じ、“バカ息子”などと落書きをさせたというのだ。落書きされた様子は写真で残っており、当時のマネージャーは事実を認めるような発言をしているという。江角側はこの件に関しノーコメント、長嶋側の代理人は“落書きの犯人は把握している”としながらも、詳細の公表は拒んでる。ただ江角は無関係だと、両者とも否 [全文を読む]

江角マキコ、ママ友バトルの陰湿すぎる報復...長嶋一茂の自宅に「バカ息子」と落書き指示か

メンズサイゾー / 2014年08月28日19時15分

発売中の「週刊文春」(文藝春秋)が、江角がマネジャー(当時)に指示し、長嶋一茂(48)の自宅に「バカ息子」などと落書きをさせたと報じたのだ。 同誌によると、江角と一茂の娘は同じ名門小学校に通う同級生で両家は家族ぐるみの付き合いをしていた。ところが、4年ほど前から江角と一茂の妻の関係が悪化し、ママ友バトルに発展した。 そんな中、江角は2012年暮れに当時所属 [全文を読む]

長嶋一茂、生放送中に「北朝鮮ミサイルより野球だろ」発言で番組混乱の背景

デイリーニュースオンライン / 2017年09月15日21時18分

江角マキコでなくとも視聴者の多くの心に「バカ息子」の文字が浮かんだことだろう。 文・麻布市兵衛(あざぶ・いちべい)※1972年大阪府出身。映像作家、劇団座付き作家などを経て取材記者に。著書は『日本の黒幕』、『不祥事を起こした大企業』(宙出版)など多数あり。 [全文を読む]

フォーカス