大学 長嶋茂雄に関するニュース

なぜ由伸監督はクジを引かなかった? 華がない巨人・阪神のドラフト戦略

週プレNEWS / 2016年10月24日08時00分

大学BIG3」「高校BIG4」と、投手に人材が揃ったと言われた今年のドラフト会議。 フタを開けてみれば、田中正義(創価大)に5球団が1位入札と人気が集中し、もうひとりの主役と評された佐々木千隼(ちはや・桜美林大)にはなんと入札なし、外れ1位で史上最多の5球団が競合するという予想外の展開。 そんな間隙を縫って「高校BIG4」をまんまと一本釣りする球団もあり [全文を読む]

【プロ野球】あわや初登板ノーヒットノーランのルーキー・加藤拓也。慶応義塾大出身の先輩名投手に続けるか!?

デイリーニュースオンライン / 2017年04月13日17時05分

※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■「悲運のエース」藤田元司 愛媛の西条高から慶應義塾大に進み、大学時代は通算31勝を挙げた藤田元司(元巨人)。日本石油を経て、大学の先輩・水原茂(当時の登録名は水原円裕)が監督を務める巨人に入団すると、1年目の1957年に17勝で新人王を獲得する。さらに1958年に29勝、1959年には2 [全文を読む]

【プロ野球】かつてはラッキーゾーンがあった? 今年で開場90周年。神宮球場トリビア

デイリーニュースオンライン / 2016年09月12日17時05分

先週から東都大学野球、東京六大学野球も開催されている神宮球場は、この秋、開場90周年の節目を迎える。プロ野球も開催される日本の本格野球場としては、1924年開場の甲子園球場に次ぐ歴史だ。このメモリヤルイヤーにちなみ、神宮球場の歴史から9つのトリビアを紹介したい。 ※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■《1》建設費は約53万円! [全文を読む]

ドラフト競合を避けがちの巨人、早実・清宮の指名はあるか

NEWSポストセブン / 2017年06月15日16時00分

昨年は5球団が集中した田中正義、佐々木千隼を指名したものの、3球団以上の抽選に挑んだのは2007年の大学生・社会人1巡目で大場翔太を指名して以来、9年ぶりの出来事だった。 「実際、松井秀喜を指名した1992年オフと状況が酷似しています。1981年入団の4番・原辰徳がベテランの域に差し掛かり、他の野手も吉村禎章、駒田徳広、岡崎郁などが30歳前後。今と違い、当 [全文を読む]

第18回「王者日テレの歴史」(前編)

ソーシャルトレンドニュース / 2017年03月10日20時00分

慶応大学時代の53年、まだ開局前の日テレで働きはじめ、その後、入社する。親戚に朝日新聞の村山社主がおり、日テレの編成局長も朝日新聞から出向で来ていたので、そのツテだった。 そう、驚くことに開局時の日テレの首脳陣は、読売新聞だけでなく、朝日新聞と毎日新聞の三社体制で構成されていた。正力松太郎の方針は「新聞は新聞、巨人軍は巨人軍、テレビはテレビ」だったのだ。■ [全文を読む]

「ミスター・長嶋茂雄」を育んだ佐倉ものがたり(8)父・利が最期に遺した言葉

アサ芸プラス / 2016年12月09日12時56分

茂雄は立教大学1年生で、砂押邦信監督から“月下の千本ノック”を見舞われているとき、「チチキトク スグカエレ ハハ」という電報を受け取ったのである。茂雄が息せき切って実家に駆けつけると、利は声を振り絞った。「野球をやるなら、東京六大学で一番の選手になれ。プロ野球でも一番の選手になれ。富士山のような日本一の選手になるんだぞ」 茂雄は頷き、泣きながら父の手足をさ [全文を読む]

甲子園のスター選手を獲得しない巨人 人気凋落心配する声も

NEWSポストセブン / 2015年10月31日16時00分

22日のプロ野球ドラフト会議で、巨人は立命館大学の桜井俊貴投手の単独指名に成功。公立高校出身で甲子園不出場ながら、大学でエースに上り詰め、今年は春5勝、秋はここまで6勝を上げ、春秋連覇の立役者となった大器である。巨人のドラフト戦略について、野球担当記者が語る。 「巨人の傾向としては、目先の勝利が至上命題であるためか、社会人や大学生の1位指名が目立ちます。特 [全文を読む]

落合福嗣クンだけじゃない、名選手たちが輩出した“ドラ息子”たち

アサ芸プラス / 2015年06月27日17時59分

2010年に一般女性との結婚を明かした福嗣クンだが、じつは大学を卒業できたのは2013年のことだった。「その間、歌手デビュー、コラム執筆とマルチな活動を続ける一方で、安定した職には就いていなかった。父である落合GM、母の信子さんとも、内心ではかなり心配していたようですね」(スポーツ紙記者) 一方、ネット上では「27歳で定職かよ。負けた」「親の七光り実写版 [全文を読む]

野村克也氏の「長嶋は向日葵、俺は月見草」に異議した二冠王

NEWSポストセブン / 2014年03月01日16時00分

ごく一部の試合を除いでスタンドには閑古鳥が泣いている大学野球だが、かつては東京六大学野球がプロ野球以上の人気を誇っていた時期もあった。六大学野球が生んだ最大のスターが長嶋茂雄だが、その長嶋と同時期に早大で活躍しプロに進んだ森徹について、スポーツライターの永谷脩氏が綴る。 * * * 長嶋茂雄が一目置いていた男が、2月6日に急逝した。東京六大学野球華やかなり [全文を読む]

「シュッ!」「ドバッ!」「ヒュ~」…なぜ関西人は擬音を駆使してしゃべるのか?

citrus / 2017年08月02日22時00分

だからこそ、仲間意識を持たせることができる」と、武庫川女子大学の言語文化研究所長、佐竹秀雄さん(64)は言う。いくつかの取材を重ね、この関東生まれの記者さんは商人の街では、相手を自分の土俵に引き込むツールとしてオノマトペが重宝された、ということなのかもしれない──。では、このあたりでぼちぼち失礼しましょか。……と文章を〆るが、たしかに大学卒業までの22年間 [全文を読む]

新入社員に優しい「ホワイト企業」トップ500 2017年最新版!「新卒3年後定着率」の全貌

東洋経済オンライン / 2017年04月21日08時00分

厚生労働省の調査によると、新入社員が入社3年以内に辞めてしまう比率は、直近2013年入社者のデータで大学卒が31.9%、高校卒で40.9%に達している。新人の側からすれば、厳しい就活を乗り越えて入社したのに……、会社側から見れば、コストをかけてせっかく優秀な(と思われる)人材を採用したのに……と、数字だけ見れば双方ともに残念な結果ではある。個別企業の状況は [全文を読む]

青学の陸上・原監督、脱「上下関係」管理術…なぜ20~30代前半の能力を最大限発揮?

Business Journal / 2017年02月01日06時00分

●スポーツの世界と、企業経営の世界 今年の箱根駅伝で3年連続優勝とともに大学駅伝の3冠を達成した青山学院大学の原晋監督、そしてプロ野球・北海道日本ハムファイターズの監督として昨年日本一に輝いた栗山英樹監督。今、日本のスポーツ界で最も注目を浴びている監督といえば、この2人ではないだろうか。この2人の監督はともに、それまでの業界の常識とされてきた人材育成や戦い [全文を読む]

合氣道をなぜ世界のアスリートが学ぶのか

プレジデントオンライン / 2016年12月09日15時15分

その際には英語での指導になるのでしょうが、先生は昔から英語は得意で、大学入試のセンター試験は満点だったとお聞きしています。TOEICのテストでも素晴らしいスコアをお持ちです。私も出席させていただいた藤平光一先生のお別れ会では海外からたくさんの関係者、お弟子さんが何百人も来ておられて、そこで英語で素晴らしいスピーチをされましたね。 【藤平】とんでもありません [全文を読む]

愛妻家の関根勤が語る「子育てで大事なのは妻をほめること」

WEB女性自身 / 2016年11月19日18時00分

関根は1974年、大学在学中に出演したテレビ番組で現・所属事務所社長に見出され、芸能界デビュー。千葉真一・ジャイアント馬場・長嶋茂雄など、これまでやり手のいなかった人物のモノマネで次第に注目される。その後、バラエティ番組を中心に第一線で活躍。また、妻や娘でタレントの関根麻里(32)を愛する家庭人としても知られ、老若男女問わず根強い人気に。関根は良好な親子 [全文を読む]

最新号のテーマは「動物園」 雑誌「ケトル」が半額キャンペーン実施中

太田出版ケトルニュース / 2016年11月01日10時53分

5~6億円する」 「神戸市立王子動物園のアリクイは、アリではなくドックフードを食べている」 「長嶋茂雄はプロ入りが決まった際、大学の後輩を動物園に遊びに連れて行った」 といったトリビアなども紹介している。 現在行っているキャンペーンは、申し込み月から3冊連続で半額になり、4冊目以降も15%引きとなるもの。送料も無料となる。【関連リンク】 ・ケトル 半額キャ [全文を読む]

全日本プロレス社長・秋山準が明かした波瀾万丈 「四天王の中に放り込まれて、ついていくのに必死だった」

週プレNEWS / 2016年09月22日11時00分

レスリングを始めたきっかけも、専修大学に入ったのも、プロレスに行ったのも、ノアに行ったのも…。自分で下した決断は結局、ノアを出て全日本に戻るっていう、それが初めてで。 社長就任は、最初は俺じゃムリだって思ってましたよ。本当に葛藤はありました。だけど、最終的にはやっぱり俺じゃなきゃダメなんだろうなと思って、受けることにしたんです。こんなにキツイんだって思いま [全文を読む]

目指せテキトー節!精神科医も勧める高田純次式「おめでたい人」への道

BizLady / 2016年06月28日11時30分

著者は大学教授でもある精神科医の、和田秀樹さん。この中では、おめでたさの勧めが説かれています。<「批判をあまり気にしない」とか、「物事をポジティブにとらえる」といった要素を持つ「おめでたい人」は、停滞を打ち破る可能性を秘めている。>とした上で、こうも書かれています。<現代の日本は「おめでたい人」に有利で、反対に「おめでたくない人」は生きにくいことが多い。> [全文を読む]

子供のために?芸能界引退する江角マキコの”苦しい言い訳”

デイリーニュースオンライン / 2016年05月02日07時05分

大学卒業後、週刊誌記者を経てフリーライターに。週刊誌で執筆し、芸能界のタブーから子供貧困など社会問題にも取り組む。主な著書に『格差社会の真実』(宙出版)ほか多数。 [全文を読む]

力を引き出す!日本におけるライバル関係5選

しらべぇ / 2016年01月04日16時00分

(4)早稲田大学と慶應大学大学の世界でこの両者はライバルと言われる。とくに東京六大学野球では「早慶・慶早戦」が明治時代から行われており、外部の煽り合いも含めて激しくぶつかり合う。今年は「ハンカチ以来パっとしないわね、早稲田さん。ビリギャルがお似合いよ慶應さん」のポスターが話題に。早慶戦のポスター! pic.twitter.com/EfgEMUplvh— S [全文を読む]

東大野球部の補欠、法政野球部のマネージャー…感涙必至の東京六大学野球小説!

ダ・ヴィンチニュース / 2015年12月04日06時30分

東京六大学野球だ。早稲田、慶應、明治、法政、立教、そして東大。年に2回、神宮球場でリーグ戦を行う。長嶋茂雄、怪童と呼ばれた江川卓、来季から巨人で監督を務める高橋由伸、そしてハンカチ王子こと斎藤佑樹――みんな、六大学で神宮を沸かせてきた錚々たるスターたちだ。 【詳しくはこちら】ダ・ヴィンチニュースへ 早見和真『6(シックス)』(集英社)は、そんな六大学野球を [全文を読む]

フォーカス