大学 長嶋茂雄に関するニュース

イケメン大学生もテイクアウト可!? 狙い目の大学食堂5つ【後編】

Menjoy / 2013年07月02日08時30分

そんな現状を打破すべく、イケメン率の高い大学の学生食堂に潜入して、安くて美味しい食事と共に、イケメンも味わってしまおう! ということで、絶対狙い目の有名大学の学生食堂をランキング形式で紹介しています。 【前編】にひきつづき今回も、学生のためのウェブサイト『Canpus Magazine』の「彼氏にしたい!イケメンが多い大学ランキング BEST5」を参考に、 [全文を読む]

なぜ由伸監督はクジを引かなかった? 華がない巨人・阪神のドラフト戦略

週プレNEWS / 2016年10月24日08時00分

大学BIG3」「高校BIG4」と、投手に人材が揃ったと言われた今年のドラフト会議。 フタを開けてみれば、田中正義(創価大)に5球団が1位入札と人気が集中し、もうひとりの主役と評された佐々木千隼(ちはや・桜美林大)にはなんと入札なし、外れ1位で史上最多の5球団が競合するという予想外の展開。 そんな間隙を縫って「高校BIG4」をまんまと一本釣りする球団もあり [全文を読む]

【プロ野球】あわや初登板ノーヒットノーランのルーキー・加藤拓也。慶応義塾大出身の先輩名投手に続けるか!?

デイリーニュースオンライン / 2017年04月13日17時05分

※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■「悲運のエース」藤田元司 愛媛の西条高から慶應義塾大に進み、大学時代は通算31勝を挙げた藤田元司(元巨人)。日本石油を経て、大学の先輩・水原茂(当時の登録名は水原円裕)が監督を務める巨人に入団すると、1年目の1957年に17勝で新人王を獲得する。さらに1958年に29勝、1959年には2 [全文を読む]

【プロ野球】かつてはラッキーゾーンがあった? 今年で開場90周年。神宮球場トリビア

デイリーニュースオンライン / 2016年09月12日17時05分

先週から東都大学野球、東京六大学野球も開催されている神宮球場は、この秋、開場90周年の節目を迎える。プロ野球も開催される日本の本格野球場としては、1924年開場の甲子園球場に次ぐ歴史だ。このメモリヤルイヤーにちなみ、神宮球場の歴史から9つのトリビアを紹介したい。 ※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■《1》建設費は約53万円! [全文を読む]

王会長が断言「11球団は清宮1位指名でいく」 ドラフト史上最多で“野茂超え”必至

夕刊フジ / 2017年06月17日17時06分

大学に進学し本当の野球の実力を身につけてからプロ入りした方がいい」 一方で清宮に関しては「プロでやっていける」とお墨付き。それにしても、12球団中「11球団は1位指名でいく」というのはどういう意味なのか。王会長と親交のある球界関係者はこう解き明かす。 「これまでのドラフト史上最多重複1位指名(新日鉄堺・野茂英雄と亜大・小池秀郎の8球団)を超えるのは間違いな [全文を読む]

第18回「王者日テレの歴史」(前編)

ソーシャルトレンドニュース / 2017年03月10日20時00分

慶応大学時代の53年、まだ開局前の日テレで働きはじめ、その後、入社する。親戚に朝日新聞の村山社主がおり、日テレの編成局長も朝日新聞から出向で来ていたので、そのツテだった。 そう、驚くことに開局時の日テレの首脳陣は、読売新聞だけでなく、朝日新聞と毎日新聞の三社体制で構成されていた。正力松太郎の方針は「新聞は新聞、巨人軍は巨人軍、テレビはテレビ」だったのだ。■ [全文を読む]

「ミスター・長嶋茂雄」を育んだ佐倉ものがたり(8)父・利が最期に遺した言葉

アサ芸プラス / 2016年12月09日12時56分

茂雄は立教大学1年生で、砂押邦信監督から“月下の千本ノック”を見舞われているとき、「チチキトク スグカエレ ハハ」という電報を受け取ったのである。茂雄が息せき切って実家に駆けつけると、利は声を振り絞った。「野球をやるなら、東京六大学で一番の選手になれ。プロ野球でも一番の選手になれ。富士山のような日本一の選手になるんだぞ」 茂雄は頷き、泣きながら父の手足をさ [全文を読む]

甲子園のスター選手を獲得しない巨人 人気凋落心配する声も

NEWSポストセブン / 2015年10月31日16時00分

22日のプロ野球ドラフト会議で、巨人は立命館大学の桜井俊貴投手の単独指名に成功。公立高校出身で甲子園不出場ながら、大学でエースに上り詰め、今年は春5勝、秋はここまで6勝を上げ、春秋連覇の立役者となった大器である。巨人のドラフト戦略について、野球担当記者が語る。 「巨人の傾向としては、目先の勝利が至上命題であるためか、社会人や大学生の1位指名が目立ちます。特 [全文を読む]

落合福嗣クンだけじゃない、名選手たちが輩出した“ドラ息子”たち

アサ芸プラス / 2015年06月27日17時59分

2010年に一般女性との結婚を明かした福嗣クンだが、じつは大学を卒業できたのは2013年のことだった。「その間、歌手デビュー、コラム執筆とマルチな活動を続ける一方で、安定した職には就いていなかった。父である落合GM、母の信子さんとも、内心ではかなり心配していたようですね」(スポーツ紙記者) 一方、ネット上では「27歳で定職かよ。負けた」「親の七光り実写版 [全文を読む]

野村克也氏の「長嶋は向日葵、俺は月見草」に異議した二冠王

NEWSポストセブン / 2014年03月01日16時00分

ごく一部の試合を除いでスタンドには閑古鳥が泣いている大学野球だが、かつては東京六大学野球がプロ野球以上の人気を誇っていた時期もあった。六大学野球が生んだ最大のスターが長嶋茂雄だが、その長嶋と同時期に早大で活躍しプロに進んだ森徹について、スポーツライターの永谷脩氏が綴る。 * * * 長嶋茂雄が一目置いていた男が、2月6日に急逝した。東京六大学野球華やかなり [全文を読む]

フォーカス