野球 長嶋茂雄に関するニュース

【プロ野球】80歳を迎えた長嶋茂雄の功績を10年刻みで振り返る

デイリーニュースオンライン / 2016年02月20日16時00分

大の長嶋茂雄ファンとして知られるビートたけしは、近著『野球小僧の戦後史』の中で「俺にとっちゃ、長嶋さんは絶対的な神様だから」と、その敬愛ぶりを綴っている。 といっても、若い世代の野球ファンには、現役時代はおろか監督時代についてもリアルタイムで見ていない、という層がどんどん増えているはず。そこで、長嶋茂雄と野球界がどのような80年を歩んできたのかをざっくりと [全文を読む]

『「野球」の真髄 なぜこのゲームに魅せられるのか』(小林信也・著/集英社新書)が10月14日(金)に発売!

DreamNews / 2016年10月14日16時00分

日本人はなぜこんなにも野球が好きなのか? その理由を探るため、著者は野球の歴史やゲームの本質をひもとき、さらに、昭和から平成へ、野球と日本人がどのように変化していったのかを考察する。プレイヤーとして、取材者として、そして少年野球の監督として、長年このスポーツに携わってきた著者の野球論の集大成!かつて、野球は娯楽・スポーツの中心で、日本人の多くが胸踊らせた時 [全文を読む]

【巨人】桑田真澄&清原和博「KKコンビがいた時代」

文春オンライン / 2017年08月10日11時00分

清原はライバル桑田に負けじとバットを振り、高校野球史を変えてみせた。そんな出来過ぎた青春ストーリーもあの85年秋のドラフト会議が引き裂くことになる。 6球団の1位入札がありながら希望の巨人からは指名されずに悔し涙を流した清原と、早稲田大学進学を表明しながらも巨人単独1位指名を受けた桑田。「巨人と桑田に裏切られた。埼玉ってどこやねん」と西武ライオンズで逆襲を [全文を読む]

“リアル星一徹”の父が語る首位打者・角中勝也の育て方 「2回獲って満足するなよ!」

週プレNEWS / 2016年10月14日06時00分

「僕も七尾工業で野球やっとった。ただ、運動神経はいいけど、努力は嫌いやった。だから大成せなんだ。それがわかってるから勝也に押しつけた部分もある」 角中に素質を見いだした稔さんは、あるときから「こいつが1億円プレーヤーになる確率のほうがはるかに高いと思った」と宝くじを買うことをやめたという。 そんなエピソードをある記事で紹介したのだ。 「参ったよ。言ったこ [全文を読む]

【プロ野球】イチローも苦言?”敬遠”が生んだ名場面と名選手

デイリーニュースオンライン / 2016年06月02日17時05分

「それも野球の一部であり変えるべきではない。なぜなら敬遠で苦しむ投手もいるから」「本塁打でベースを1周しなくてもいいという理屈にもなる。野球を変えてしまうのではないかと心配」といったコメントを残したという。 そう。我々は過去に、敬遠で苦しんだ投手、打ってしまった個性派打者たちのことを知っている。今こそ、「敬遠が生んだ想定外のドラマ」を振り返っておこう。 [全文を読む]

【プロ野球】球春到来を盛り上げる”野球をテーマ”にした往年の名曲

デイリーニュースオンライン / 2016年02月15日16時00分

2月1日、プロ野球の各球団がキャンプイン。スポーツニュースで各地の様子を伝える報道に触れて、ようやく「野球界の正月」を迎えたことを実感する野球ファンも多いだろう。 これからオープン戦、センバツ高校野球開幕、そして3月25日のプロ野球開幕と、待ちに待った「野球の季節」がやってくる。その時に向けてテンションを上げていくような、有名アーティストが歌った「野球をテ [全文を読む]

レジェンドたちが伝えたい野球への愛。ON対談初の書籍化『ONの”メッセージ”』発売!

PR TIMES / 2015年09月18日12時43分

長嶋:だから野球はね、本当にね、すばらしいね。 王 そう、すばらしいですね、すばらしい。 ~NHK『サンデースポーツ』司会:星野仙一 「長嶋茂雄×王貞治 対談」 完全版~『ONの"メッセージ"』 2015年10月1日(木)、ぴあ株式会社より発売致します。 [画像: http://prtimes.jp/i/11710/110/resize/d11710-1 [全文を読む]

巨人軍復活に「長嶋茂雄監督」を提案する

プレジデントオンライン / 2017年06月25日11時15分

プロ野球・読売ジャイアンツが低迷している。1945年生まれで、「由緒正しい巨人ファン」を自認する元「週刊現代」編集長の元木昌彦氏は、巨人軍復活のための極め付きのアイデアがあるという。その中身とは――。 ■川上哲治にもらったキャラメル 私は由緒正しい巨人ファンである。父子2代であることはもちろん、小学校へ上がる前、父親が読売新聞社の野球部に入っていたので、多 [全文を読む]

東大野球部の補欠、法政野球部のマネージャー…感涙必至の東京六大学野球小説!

ダ・ヴィンチニュース / 2015年12月04日06時30分

東京六大学野球だ。早稲田、慶應、明治、法政、立教、そして東大。年に2回、神宮球場でリーグ戦を行う。長嶋茂雄、怪童と呼ばれた江川卓、来季から巨人で監督を務める高橋由伸、そしてハンカチ王子こと斎藤佑樹――みんな、六大学で神宮を沸かせてきた錚々たるスターたちだ。 【詳しくはこちら】ダ・ヴィンチニュースへ 早見和真『6(シックス)』(集英社)は、そんな六大学野球[全文を読む]

【日本ハム】西川遥輝は電光石火の男だ!

文春オンライン / 2017年09月02日11時00分

だけど、日本最北のナイターで順位通りにことが運ぶかというと、それはわからないというのが野球の面白いところだ。ファイターズは3対1で快勝してしまった。驚いたことに5連勝だ。有原は今シーズンのベストピッチだった。9回4被安打、1失点(99球)の7勝目(7勝11敗)。MOM(マン・オブ・ザ・マッチ)を挙げるとしたら有原を措いてない。やっと本来の姿を取り戻してく [全文を読む]

【オリックス】「監督」の仕事とは「ミキシングエンジニア」である?

文春オンライン / 2017年06月08日11時00分

文春野球の関西ダービー、お題は「監督」 拝啓 阪神タイガースファンの皆さま。その後糸井嘉男選手の調子はいかがでしょうか。上下黒のユニフォームで打席に立つ彼を見た時、まさにリアルバットマンの登場かと、久々に私の中の少年の心が彼に鷲掴みにされました。 また、福留孝介選手と並んでヒーローインタビューのお立ち台に上がったとも聞きました。Bs時代はどれ程勝利に貢献し [全文を読む]

野村克也が“堕ちた巨人はこうして再生する”大咆哮!「松井監督にして有能なヘッドを付けるなら私」

アサ芸プラス / 2017年03月06日09時56分

先頃、ノムさんこと野球評論家の野村克也氏(81)が「暗黒の巨人軍論」(角川新書)を上梓した。オフに大型補強を行い、優勝奪還を目指す巨人の現状について一刀両断しているのである。 同書の冒頭で、ノムさんは、阿部慎之助(37)や坂本勇人(28)など、巨人の主力選手が自己中心的なプレーに走り、球界の盟主にあるまじき凡ミスが続出していることを嘆いている。そして、巨人 [全文を読む]

野村克也氏 王・長嶋が監督としてまったく怖くなかった理由

NEWSポストセブン / 2015年12月28日11時00分

2016年、日本プロ野球は高橋由伸(巨人)、金本知憲(阪神)、アレックス・ラミレス(横浜)という3人の新監督を迎える。球界きっての智将・野村克也氏が名選手は名監督になれるのかという疑問に答える。 * * * 最近の監督は、手腕ではなく、人気取りだけで選ばれているように思えてならない。特に今回の人事は、スター選手を据えれば観客も入るだろうという、安直な考えが [全文を読む]

有名人家族「骨肉の修羅」全真相(1) 「長島茂雄」商標で一茂と美奈の抗争激化

アサ芸プラス / 2012年01月27日10時59分

* 一茂氏といえば、昨年1月に6年間務めてきた読売新聞グループ本社社長室付スポーツアドバイザーならびに巨人球団代表特別補佐から、野球振興アドバイザーに就任した。 「アドバイザーという立ち位置は変わっていませんが、実質的には閑職に追いやられたと言ってもいいでしょう」 と解説するのはスポーツ紙の野球担当記者だ。 一茂氏と巨人との間には明らかに以前よりも距離が [全文を読む]

【西武】松坂大輔の運命を変えた? 1998年の日本シリーズ

文春オンライン / 2017年06月11日11時00分

しかし、地元に戻れば普段の野球ができるのでは、の思いはありました。 この年から「西武ドーム」に球場名を変更した本拠地球場ですが、工事はまだ半分。客席部のみに屋根が架かっているだけで、グラウンドの部分は青空十分状態でした。そして、第3戦は雨のため順延。巨人・長嶋茂雄監督の「ん~、何でドームなのに中止なんだ~」の言葉が印象に残っています。当時は交流戦もなく、日 [全文を読む]

「視聴率はもう一つの打率」長嶋茂雄が語ったテレビに対する思いとは【昭和のテレビ王たちの証言3】

サライ.jp / 2017年05月14日21時00分

■1:「ああ、テレビに出られるなんておれは野球をやっていてよかったな、という思いのあったことは覚えています」長嶋さんといえば、巨人軍のV9に大きく貢献し、昭和49年に現役を引退後、監督として読売巨人軍を2回日本一に導いた“ミスター・ジャイアンツ”。そんな長嶋さんとテレビの出会いは、テレビ放送が開始されて2年ほどが経った昭和30年。長嶋さんが立教大学2年生の [全文を読む]

プロ野球開幕!野球ファンの特徴は「ギャンブルとツイッターが好き」

しらべぇ / 2017年04月04日06時00分

(Chad Mcdermott/iStock/Thinkstock)今年もプロ野球が開幕した。野球ファンには、待ちに待ったシーズン到来だろう。しらべぇ編集部が全国20〜60代の男女1,363名に聞いたところ、全体の30.5%が「自分は野球ファンだ」と回答した。こうした野球好きの人たちには、どのような特徴があるのだろうか? さらに調査を続けたところ、3つのポ [全文を読む]

「実はボクシング界のすごい人」具志堅用高に聞く、“あの伝説”の真相

日刊サイゾー / 2015年10月24日13時00分

――子どもの頃はボクシングじゃなくて、野球に興味があったそうですね?具志堅 小学生の頃、石垣島ってテレビはNHKしかなかったからね。プロ野球はNHKで流れてるからさぁ~。――サイン入りの野球ボールを手に入れて、そこに自分の名前を書いちゃったという伝説がありますけど、それはいつ頃の話ですか?具志堅 それはいつだったかな……。そんなことあったかな……?――えー [全文を読む]

ソフトバンク・今宮、阪神・鳥谷…「守備の名手」に注目|愛甲猛コラム

デイリーニュースオンライン / 2015年02月14日07時50分

現在のプロ野球界で「No.1ショート」の呼び声がある通り、守備範囲の広さは群を抜いている。レフト前のテキサスヒットはショートフライ。難しい当たりを捕球した後の送球も速くて正確だ。今は身体能力で守っている面もあるが、球際のさばきを覚えれば、もっと上手くなる選手である。 セカンドは12球団でもっとも守備範囲が広い菊池涼介(広島)だ。二遊間の難しい当たりをあれだ [全文を読む]

王貞治氏 長嶋茂雄氏の関係と同室にならなかった理由を語る

NEWSポストセブン / 2014年09月08日11時00分

ただ、長嶋さんは何をいわれても、そんなの関係ないというくらい自分の世界で野球をやっていましたね。 僕はというと、川上さんから叱られた記憶はあまりありません。まァ、怒られるようなことはやっていませんでしたからね(笑い)。1966年に結婚してからは私生活面でも叱られることはありませんでしたよ。その頃はホームランを量産できるようになってきて、どうすれば打てるかと [全文を読む]

フォーカス