巨人 長嶋茂雄に関するニュース

巨人軍復活に「長嶋茂雄監督」を提案する

プレジデントオンライン / 2017年06月25日11時15分

1945年生まれで、「由緒正しい巨人ファン」を自認する元「週刊現代」編集長の元木昌彦氏は、巨人軍復活のための極め付きのアイデアがあるという。その中身とは――。 ■川上哲治にもらったキャラメル 私は由緒正しい巨人ファンである。父子2代であることはもちろん、小学校へ上がる前、父親が読売新聞社の野球部に入っていたので、多摩川の練習場に連れて行かれたことがあった。 [全文を読む]

よみがえる名場面。プロ野球・日本シリーズ伝説の瞬間「激闘!昭和編1」

週プレNEWS / 2016年10月25日06時00分

【1971 巨人vs阪急】 若きアンダースロー、山田久志の快投をひと振りで粉砕! 世界の王貞治が逆転サヨナラ3ラン 敗れた若きサブマリンはマウンド上でうずくまり、そのバックで殊勲のヒーローがダイヤモンドを悠然と回る。 日本シリーズ史上屈指の名場面とされる、王貞治(巨人)が山田久志(阪急)から放った逆転サヨナラ3ランのシーンだ。 昭和40年代のプロ野球は、 [全文を読む]

「国民栄誉賞」松井秀喜、来季は巨人監督に就任か?

週プレNEWS / 2013年05月14日18時00分

国民栄誉賞を受賞した松井秀喜氏(38歳)の巨人復帰が一気に現実味を帯びてきた。 “唯一の任命責任者”であるナベツネこと渡邉恒雄球団会長(86歳)は、松井氏を「次期監督候補」と公言。当の松井氏も5月5日の東京ドームでの授賞セレモニーで「また皆さんの前に戻ってきたいという気持ちはあります。野球から離れることはない。何か恩返ししたい気持ちがある」と語るなど、巨人 [全文を読む]

打率ワンツー独占の価値と難しさ

ベースボールキング / 2017年05月22日17時00分

トップを快走していた坂本勇人(巨人)がここ4戦で16打数1安打と調子を落とすと、チームメイトのケーシー・マギーが15打数8安打の固め打ちで急上昇。打率を.336とし、坂本を1厘差で上回ってリーグトップに立った。 マギーといえば、2013年に1年間楽天でプレーした経験を持つ助っ人。中軸として打率.292、28本塁打、93打点の好成績を残し、球団初の日本一に [全文を読む]

夢のON対決に史上最大の下剋上!プロ野球・日本シリーズ伝説の瞬間「熱狂!平成編2」

週プレNEWS / 2016年10月28日10時00分

球界でも巨人中心から12球団すべてが主役となり熱狂は全国各地へと広がっていった。【熱狂!平成編1】に続く第2弾! * * * 【2000 巨人vsダイエー】 ミレニアムイヤーに球界の2大巨星がついに相まみえた 夢の“ON監督対決”は長嶋巨人に軍配 20世記の終わりを告げるミレニアムイヤーに、長嶋茂雄と王貞治という、日本プロ野球を象徴するふたりによる夢の対決 [全文を読む]

名将対決に舌禍事件。プロ野球・日本シリーズ伝説の瞬間「熱狂!平成編1」

週プレNEWS / 2016年10月27日06時00分

球界でも巨人中心から12球団すべてが主役となり熱狂は全国各地へと広がっていった。 * * * 【1993 ヤクルトvs西武】 ID野球で前年のリベンジ、ついに西武王国の牙城が陥落 野村vs森、2年続けて名将が激突 最後の打者、鈴木健を空振り三振に切って取ると、ヤクルトの守護神・高津臣吾は、両腕を高々と上げながら天空へ吠えた。15年ぶりの日本一。それは、西武 [全文を読む]

【プロ野球】イチローも苦言?”敬遠”が生んだ名場面と名選手

デイリーニュースオンライン / 2016年06月02日17時05分

※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■1960年:敬遠球をランニングホームランにした長嶋茂雄 1960年7月17日の巨人対大洋戦。5回2死二塁の場面で、打席には巨人の長嶋茂雄。大洋バッテリーは、立ち上がって敬遠球のようなボールを投げたかと思えば、次は座ってストライクという幻惑作戦で長嶋に挑んだ。 迎えた4球目。捕手は立ち上が [全文を読む]

【プロ野球】80歳を迎えた長嶋茂雄の功績を10年刻みで振り返る

デイリーニュースオンライン / 2016年02月20日16時00分

長嶋が生まれる2週間前、2月5日に7チームによる日本職業野球連盟創立総会が開催され、2月9日には名古屋の鳴海球場で我が国初のプロ野球同士の試合、巨人対金鯱戦で行われた。 当時の巨人軍はといえば、長嶋の誕生日と重なるように第2回のアメリカ遠征に赴き、帰国後は「伝説の千本ノック」で知られる茂林寺の猛練習を経て、9月にタイガースを破って職業野球の王座に就いてい [全文を読む]

かつて多かった「アンチ巨人」 減少してしまった数々の理由

NEWSポストセブン / 2016年02月05日11時00分

「アンチ巨人」が消えたのだ。一昔前なら、前日の巨人の結果を気にして「負け」だと、やたらと機嫌のいいおじさんが近所に必ずいた。居酒屋などではファンとアンチが激しく討論する姿も見られたし、巨人選手の欠点や監督采配のおかしさを語らせたら右に出る者はいないほど、「嫌いなのに詳しい」人がいたものである。ライバル・阪神タイガースの情報にめっぽう強い『デイリースポーツ』 [全文を読む]

開幕直前ワイド!プロ野球「黒いスタートダッシュ」 熱烈ファン1000人&野球有名人「緊急アンケート」

アサ芸プラス / 2012年04月04日10時59分

裏契約金報道「巨人vs朝日」どっちが正しい!? 「キミたちは結局カネが好きだってことでしょ」 ペナントレース開幕直前に、「巨人VS朝日新聞」のガチンコバトルが勃発した。朝日の「裏金」スッパ抜きに対し、巨人は「謝罪しろ」。醜すぎる場外乱闘に、蚊帳の外に置かれた野球ファンは怒り心頭なのである。 * 3月15日、朝日新聞の1面に球界を激震させるスクープが掲載され [全文を読む]

名シーン、名セリフだらけ! 昭和・平成の日本シリーズ伝説の瞬間

週プレNEWS / 2016年10月19日15時00分

中でも日本シリーズ史上屈指の名場面とされるのが、王貞治(巨人)が山田久志(阪急)から放った逆転サヨナラ3ランのシーンだ。 昭和40年代のプロ野球は、ミスタープロ野球こと長嶋茂雄と、一本足打法の王による「ON砲」が円熟期を迎えていた。一方のパ・リーグは、闘将・西本幸雄監督率いる阪急がリーグ制覇の常連となるものの、日本シリーズでは3度巨人に敗れていた。そして [全文を読む]

長嶋茂雄が“清原逮捕”で漏らしていた慟哭肉声!(3)引退後の清原氏を心配していた

アサ芸プラス / 2016年03月06日09時56分

巨人番記者が語る。「桑田氏は記者の質問に答えて、『よくない噂が出ているのはよくないと何度も注意した。非常に耳障りだったようで、清原からもう一切関わらないでくれと言われた』などと話していた。いくら何でも自分を美化したカッコつけ話に鼻白みましたよ。清原の人生転落の原因を作った“張本人”の一人がマスコミの前に出てきて、突き放すような発言をしたわけで、記者の間か [全文を読む]

長嶋茂雄が“清原逮捕”で漏らしていた慟哭肉声!(2)ミスターが惚れ込んだ野球選手としての才能

アサ芸プラス / 2016年03月05日17時56分

巨人と密約を結んでいたPL学園同僚の桑田真澄氏(48)に念願の巨人入りの夢を打ち砕かれ、清原は西武入りした。しかし、西武から憧れの長嶋さんと同じ背番号『3』を与えられると、『いつかは背番号3と言ったら清原と言われるようになりたい』と勇ましい発言をしていた。しかし、プロ入り後は所沢にあった西武の球団寮の門限破りを何度もしたり、あっち系の女優との密会を写真誌 [全文を読む]

ポスト原監督 若手育成力やスター性で中畑清氏を推す意見も

NEWSポストセブン / 2015年10月10日16時00分

終盤のデッドヒートでヤクルトに競り負け、4連覇を逃した巨人。現在、クライマックスシリーズ(以下CS)を戦っているものの、今季で2年契約が切れる原辰徳監督退任の報道が飛び交っている。5日、渡邊恒雄巨人軍最高顧問と会談したものの、去就に関する話は出なかった。昨年はペナントレースで優勝こそしたもののCSで破れ日本シリーズに進出できず。2年連続で日本シリーズを逃す [全文を読む]

<中居正広「金スマ」が清原和博を浮き彫り>報道やドキュメンタリーでも追えない現在進行形の清原の事実を描く

メディアゴン / 2015年04月08日03時46分

巨人フロントの思惑からか、王貞治監督は投手補強を主張し、早大進学を表明していた桑田を強行単独指名。巨人スカウト陣に翻弄された二人の仲は引き裂かれる。巨人以外の6球団に重複指名を受けた清原は、堤義明オーナー自ら引き当てた西武に入団する。高卒の四番打者として活躍し新人王を獲得、2年後の日本シリーズ対決で、王監督率いる巨人のエース・桑田を打ち込んで優勝。運命のド [全文を読む]

【巨人】桑田真澄&清原和博「KKコンビがいた時代」

文春オンライン / 2017年08月10日11時00分

6球団の1位入札がありながら希望の巨人からは指名されずに悔し涙を流した清原と、早稲田大学進学を表明しながらも巨人単独1位指名を受けた桑田。「巨人と桑田に裏切られた。埼玉ってどこやねん」と西武ライオンズで逆襲を誓った清原は1年目から高卒新人記録の31本塁打をかっ飛ばし、桑田は2年目に15勝を挙げ19歳で沢村賞に輝く。そして、ともに高卒2年目ながらも両チーム [全文を読む]

【プロ野球】かつてはオープン戦で引退試合? 江川卓、村山実、杉下茂らのアツいラストピッチを振り返る

デイリーニュースオンライン / 2017年03月23日16時05分

※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■長嶋茂雄との同期対決で幕を下ろした杉浦忠 立教大時代は長嶋茂雄(元巨人)、本屋敷錦吾(元阪神)とともに「立教三羽ガラス」と呼ばれ、南海(現ソフトバンク)入団後はエースとして活躍した杉浦忠。 プロ3年目の1959年には38勝4敗、防御率1.40で最多勝と最優秀防御率を獲得し、シーズンMVP [全文を読む]

松井秀喜が巨人から本気で逃げ出した!(1)ゴジラコーチは好評だったが…

アサ芸プラス / 2017年02月05日09時56分

空前の巨大補強をした巨人。早くもセ・リーグ優勝の最右翼にあげる声が数多く出ているが、どうにも随所で綻びが見え隠れしている。2月1日スタートの春季キャンプでも、近年話題を独占してきたスターからそっぽを向かれていたのである。 巨人は宮崎キャンプに大物OB・松井秀喜氏(42)を臨時コーチとして招こうと、昨オフから水面下で本人に打診していた。ところが、最後まで色よ [全文を読む]

【プロ野球】《巨人・大補強》補強の本気度と順位はリンクする? FAで2選手を獲得した翌年の成績を独自検証!

デイリーニュースオンライン / 2016年12月08日16時06分

FA、トレード、外国人補強などあらゆる手を使って国内外から戦力を集めている巨人。 もちろん今年のFA戦線でも抜かりなく、森福允彦(ソフトバンク)と山口俊(DeNA)の契約が完了。さらには髪を黒く染めた陽岱鋼(日本ハム)の獲得も秒読みで、来季への本気度が伺える。 巨人は今年だけでなく、過去に7回、1年で2人のFA選手を獲得しているが、その翌年の成績はどうだっ [全文を読む]

巨人・高橋由伸は監督就任を断れない!? “球団”と“カネ”に翻弄され続けるその半生とは……

日刊サイゾー / 2015年10月21日20時30分

20日、プロ野球・巨人の高橋由伸外野手兼任コーチが、球団から正式に次期監督の要請を受けた。都内ホテルで約50分間、久保博球団社長と堤辰佳GMとの初交渉に臨んだ高橋は「来季の監督を、という要請です」「引き受けるなら(選手)兼任はないと思います」とはっきりとした口調で答えた。現状は保留だが、受託するなら専任監督になる意思を語っている。 だが、高橋はシリーズ全日 [全文を読む]

フォーカス