バット 長野久義に関するニュース

「ダレノガレ明美、あびる優とのウワサも……」巨人・長野久義“夜のバット”が大爆発中!?

日刊サイゾー / 2013年12月12日09時00分

7月には地方のキャバクラに行ったところ、キャバ嬢に隠し撮りされ、Twitterに掲載されてしまった」(同)というだけに、“夜のバット”も大爆発。現在、写真誌が“本命”の女性を狙うべく徹底マークしているようだ。 「本命といわれているのが、都内の小箱のクラブに勤務する同年代の女性だが、頻繁に通い、かなり熱を上げているようだ。ほかには、坂本とウワサになったモデル [全文を読む]

【プロ野球】《引退選手のドラフトをプレイバック》派手さはないが存在感抜群。サブロー(ロッテ)がバットを置いた

デイリーニュースオンライン / 2016年10月03日16時05分

文=藤山剣(ふじやま・けん) 【関連記事】 [全文を読む]

侍ジャパン3連覇への咆哮を聞け(2)「僕もアメリカに行きたい」

アサ芸プラス / 2013年02月06日09時59分

バットもしっかり出てるし、守備で足も動いてる。いいんじゃないですかね」 明るい表情を見せ、スリムな体形は見た目に変わらないが、体重は約3キロ増量したという。充実したトレーニングによる、パワーアップに手応えを感じている様子が伝わってきた。 明るさ、爽やかさが先に立つ坂本からは、ストイックさが想像できない。 しかし、昔から陰でバットを振り込んできた坂本は、人に [全文を読む]

解説陣も評価する中日・高橋周平の守備力

ベースボールキング / 2017年08月24日10時00分

中日の高橋周平は巨人との2連戦、初戦にライトへ今季第1号を放つと、2戦目もライト前に運ぶなどバットで存在感を示したが、守備でも好守を連発した。 22日の試合では、2回に長野久義が放った痛烈な三塁へのゴロを正面には入らず、グラブを横に出してキャッチしアウトにした。このプレーに同日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 中日-巨人戦』で解説を務めた田尾 [全文を読む]

低迷する由伸巨人にOBとファンから勝利への提言

NEWSポストセブン / 2017年07月13日11時00分

巧みなバットコントロールと華麗な守備で活躍した篠塚和典氏も、巨人ナインの実力を高く評価している。 「個々の選手の力量は十分にある。あとは、選手の士気を高め、チームの雰囲気を良くするか。勝っても負けても同じ雰囲気でやっていては、選手に緊張感が生まれない。ベンチ内に“怒られ役”の選手を作るのも手だと思う」 すると適任は、チーム生え抜きの坂本勇人や長野久義とい [全文を読む]

【プロ野球】2017年に「神っちゃう」のはこの男だ! カープのネクストブレイク選手を占う!!

デイリーニュースオンライン / 2017年01月06日17時05分

これらの共通点に加え、美間のバットを下にして振る打席での動作がどことなく江藤氏と似てみえる。 江藤氏はプロ5年目に本塁打王のタイトルを獲得している。今はレギュラーの厚い壁にぶつかって2軍で鍛錬している美間だが、その壁を突き破れば江藤氏のようなスラッガーになれるはず。5年目の今シーズンは、大器の覚醒を大いに期待したい。 ■堂林翔太と野間峻祥の再ブレイクも期待 [全文を読む]

巨人ファンは最後まで諦めない!!

@Press / 2016年09月07日10時00分

8月末、雨の降る中思うようなピッチングができず、捕手・小林にブチ切れ、ベンチに帰るとバットでペットボトルを叩き潰すという新たな御乱心スタイルを披露してみせ、応援ポイントも伸びたものと思われる。美人妻とうまくいっていないのか、と勘繰ってしまうほどこの日はイライラしていた。少し気が早いがCSまでには連勝を続けていた「良い方のマイコラス」を取り戻してほしい。ちな [全文を読む]

【プロ野球】奮闘する巨人のベテラン勢! 鬼軍曹・阿部慎之助らがCSでひと暴れがを見せるか!?

デイリーニュースオンライン / 2016年08月24日16時05分

連続試合安打が途切れて以降は、バットがやや湿り気味なだけに、もうひと踏ん張りしたいところだ。 ※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■巨人のホットコーナーは譲れない! 昨季は打率.236と、ルーキーイヤーに次ぐ低打率に終わった村田修一(ルーキーイヤーの打率は.224)。正念場となった今季だが、現在のところ全試合に出場し(村田以外 [全文を読む]

甲子園の虎ファン 巨人・立岡に「タピオカ~」と連呼

NEWSポストセブン / 2016年05月09日16時00分

1回表、巨人の先頭打者・長野久義の四球出塁に、「1回ぐらいバット振れよ~」と声が飛んだのを皮切りに、次々とヤジが続く。2番・立岡宗一郎が打席に入るとスタンドからは、 「タピオカ~! タピオカ~!」 とダミ声の連呼。その立岡が2球目でバントを決めると、「おい、ヨシノブ~、動きすぎちゃうか! アニキならそんな野球はせぇへんぞ。坊ちゃん顔して案外セコイんやな」と [全文を読む]

芸能美女たちの“年下誘惑現場”を一斉調査!(3)小林麻耶が妹・麻央の家に頻繁に通っていたワケ

アサ芸プラス / 2016年05月01日09時57分

バレるのを恐れているというより、ソワソワして一刻も早く帰りたそうなしぐさを見せるそうです」(球界関係者) イケメンプレーヤーの“夜のバット”を完全にコントロールする下平アナの知られざる素顔を、同僚のテレビ朝日局員が明かす。「下平アナは一時期、警視庁担当の記者職も兼任していたんです。警察幹部に受けがよく、警視庁内の懇親会にしょっちゅうお呼ばれしていた。男性の [全文を読む]

女子アナと交際・結婚のプロ野球選手、なぜ軒並み絶不調?広島・堂林、巨人・小林&長野

Business Journal / 2015年11月09日22時00分

阿部が打率.688と驚異的な数字を残したにもかかわらず、長野のバットが湿ったことで、巨人は日本シリーズ進出を逃してしまったともいえる。 もう1人、昨年8月にフジテレビの三田友梨佳アナとの交際が発覚した、埼玉西武ライオンズの金子侑司内野手はどうだろうか。こちらも、今季はわずか57試合の出場で打率.224と低迷した。三田アナの誕生日にデートしているところを写真 [全文を読む]

打撃不振の長野と村田 守備は良いためG党は阿部よりも評価

NEWSポストセブン / 2015年09月11日16時00分

これができない限り、右投手のインコースは意識しないとバットに当たらないし、当たったとしてもファウルという最悪の状態のまま」 中堅として打線を支えてほしい長野久義(30)の成績も芳しくない。入団2年目に首位打者(2011年)を獲得。だが近年は故障に苦しみ、オフには手術も受けた。 今年は5番として起用され続けるも不振。8月28日の中日戦では3三振を喫し、4回の [全文を読む]

かつてない“超大混セ”のベンチ裏騒乱「原巨人は監督・選手間の信頼関係がガタガタ」

アサ芸プラス / 2015年07月06日17時56分

バットとボールが離れすぎていて動体視力がおかしいのでは、というわけである。前出・スポーツ紙デスクが言う。「長野は昨オフ、右肘と右膝を手術してキャンプもまともに参加できず、開幕1週間前に、ようやく実戦復帰。急調整して無理やり開幕出場しました。明らかに復帰は尚早だった。あげくに原監督には『目が悪い』と言われて検査までさせられた。そりゃ、おもしろくないですよ。強 [全文を読む]

フォーカス