試合 田中将大に関するニュース

【プロ野球】中村紀洋、松井稼頭央、筒香嘉智、清宮幸太郎…。歴史の目撃者となった元野球少年たち~甲子園球場編

デイリーニュースオンライン / 2017年02月20日17時05分

この試合を球場で目撃し、のちに甲子園に出場。プロ野球でも大成した人物がいた。1人が中村紀洋(元近鉄ほか)。そしてもう1人が松井稼頭央(楽天)。2000本安打を達成した2人のレジェンドだ。 中村は当時11歳(小学6年生)。左翼席からこのバックスクリーン3連発を目撃した。この試合をきっかけに「ホームラン」に大きな憧れを抱くようになり、大阪府立渋谷高校では、2 [全文を読む]

フジ、視聴率壊滅的でついに異常な暴走!野球中継4回表で終了の暴挙

Business Journal / 2015年06月03日06時00分

「正直、これならプロ野球・読売ジャイアンツ(以下、巨人)の試合を中継したほうが視聴率を獲れるでしょう。巨人戦の視聴率は7~8%はいきますから、今のフジなら悪くない数字です。それに、野球中継をしていれば、クライマックスシリーズ(CS)や日本シリーズの放映権を獲得しやすくなります。昨年の日本シリーズは、関東地区で低視聴率でしたが、巨人が出場すれば視聴率は2桁 [全文を読む]

今や偽者まで出現! 甲子園バックネット裏に陣取る“ラガーさん”って誰?

週プレNEWS / 2014年08月15日06時00分

ラガーシャツを着て、全試合をバックネット裏から観戦、テレビ中継に必ず映っている人物として有名なのだ。いったい何者なのか……本人に直撃した! ■「印象に残っている試合? うーん、“決勝戦”ですね」 ――えー、まずは自己紹介をお願いできますか? ラガー はい。甲子園のバックネット裏の最前列で、高校野球全試合を観戦している「ラガーさん」です。 ――いつもラガーシ [全文を読む]

2014メジャーリーグ、日本人選手17人の現在地

週プレNEWS / 2014年04月01日11時00分

本拠地で「0-1」の敗戦が4試合もあったのは24年ぶりの珍事だった。 これに対し黒田は、登板時、味方の援護が2点以下だった試合がなんと16試合もあり、これは昨年、メジャーでも3人しかいない“不幸な投手”のひとり。それでも11勝13敗なのだから、打線の援護があれば、さらに勝ち星を積み上げられるはず。 メジャー3年目のダルビッシュは今年こそサイヤング賞を、黒田 [全文を読む]

メジャー選手妻 見た目に厳格、移動時GパンNGなどの規定も

NEWSポストセブン / 2014年02月04日07時00分

日本のプロ野球選手の妻といえば、試合に向かう夫を見送り、家でご飯を作って待っているというイメージが強いが、メジャーではそんな生活も一変する。 「そもそも、メジャー妻たちは基本的に夕食は作りません。ナイターの場合、食事はすべて試合後、球場に用意されているんです」 と話すのはセントルイス・カージナルスなどで活躍した元メジャーリーガー・田口壮氏(44才)の妻で [全文を読む]

【プロ野球】祝新成人! 成人式を迎える選手は? そして日本人メジャーリーガーたちの高卒3年目での成績は?

デイリーニュースオンライン / 2017年01月03日17時05分

※カッコ内の年数は高卒3年目の年、球団名は当時の在籍チーム ※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■新庄剛志(1992年・阪神) 95試合:打率.278(353打数98安打)/11本塁打/46打点/5盗塁/OPS.753 高卒3年目で一気にブレイク。チームの好調もあり、亀山努とともに「亀新フィーバー」を巻き起こした。 ■イチロ [全文を読む]

朝日新聞がスポンサーの「甲子園」をテーマにしたテレ朝「アメトーーク」の眉唾感

メディアゴン / 2015年07月20日07時10分

それ以外の部分は、基本的に甲子園の「凄い選手」や「凄い試合」の紹介に終始していた。個人的には興味深くはあったので、退屈ではなかったが、ファニーだったわけではない。ザキヤマや狩野に頼らずに、甲子園の選手や内容自体からファニーを出すとなると、いわゆる珍プレーやら、風貌や挙動のおかしな球児やら監督やら、バカにできる何かを甲子園から見つけてくる必要がある。今回も、 [全文を読む]

日ハム・大谷の20勝&30本塁打は絵空事なのか?

週プレNEWS / 2015年03月16日06時00分

大谷は昨年、24試合に先発して11勝4敗。勝ち星を増やす単純な方法は登板数を増やすことだ。昨年は主に中6日だったが、中8日、10日と間隔が空くことも数回あった。これをなくすだけで、年間26試合ほど先発できる。 ただし、それ以上増やすために中5日で…というのは現実的ではない。かつて大洋、横浜のエース左腕として活躍した野村弘樹氏も言う。 「他の投手なら多少無 [全文を読む]

NMB48山本彩&AKB48横山由依、Wセンターに抜擢 愛を熱弁「本当に、好きやねん」

モデルプレス / 2016年06月23日04時00分

「あの一騎打ちの試合に心を打たれて、そこから高校野球の応援を続けているので、高校野球で言うと試合なんですけど、私たちはステージだったりパフォーマンスで見ている方に勇気を与えたい」と思いを馳せた。 「一緒!」と声を上げた横山も、「再試合になったとき、部活を休んで中継を観たくらい」と告白。「本当にパワー貰ってます」と愛を語った。◆高校野球の魅力は? また、高校 [全文を読む]

【巨人】江川、斎藤、上原……古すぎて新しい男・菅野智之は過去の大エースを超えていく

文春オンライン / 2017年05月23日11時00分

80年代初頭、全盛期の江川卓登板試合の後楽園球場では、売店の売り上げが通常時よりも低かったという。ほとんどチャンスを与えないため試合テンポが異様に早く、味方ファンだけでなく、敵チームのファンも怪物右腕の投球を見るために座席から立たなかったからだ。 そう言われてみれば、今シーズンの菅野先発試合でも俺はほとんど東京ドームの席を離れていない。トイレに行く暇もない [全文を読む]

フォーカス