選挙 田母神俊雄に関するニュース

【永田町炎上】”選挙マニア”に成り果てた田母神閣下のバカさ加減

デイリーニュースオンライン / 2016年04月30日13時05分

【朝倉秀雄の永田町炎上】 世の中には趣味か道楽か知らないが「選挙マニア」と呼ばれる奇態な人種がいる。およそ当選する見込みがないのに、とにかく片っ端から選挙に立候補して落選。世間の物笑いになり、供託金を没収されて大損している連中だ。まあ、一種のパラノイア(偏執狂)の類であろう。 そんな「閣下」などと呼ばれ、「極右」の連中が主催する講演会などに引っ張りだこなの [全文を読む]

田母神政経塾 ー解散・総選挙は総理に追い風 党内で対抗する勢力は不在にー

アサ芸プラス / 2015年01月17日09時55分

さて、大義なき選挙と言われた昨年の総選挙は、安倍晋三総理が党内基盤を強化するための選挙でした。 かつて安倍総理の大叔父である佐藤栄作総理は「内閣改造をするほど総理の権力は弱まり、解散をするほど強まる」と述べました。改造をすると議員が群がるため対応が難しくなりますが、解散をすると公認を得たい議員は下手に出ざるをえません。 「解散・総選挙で勝利をし、総裁に再 [全文を読む]

「池田大作に疎まれた」公明党のプリンス・太田昭弘氏の意外な経歴

デイリーニュースオンライン / 2014年12月05日08時50分

来る衆院選で、元航空幕僚長・田母神俊雄候補の出馬で、一躍、注目の選挙区となった衆院・東京12区。ここは公明現職の太田昭弘国交相の牙城として知られる。“公明のプリンス”と呼ばれる太田昭弘国交相だが、公明党の支持母体で創立団体でもある創価学会関係者はこの見立てに異を唱える向きが多い。 なぜなら創価学会・公明党のエリートは決して選挙になど出されることなないからだ [全文を読む]

【東京都知事選】新聞・テレビが伝えない12人の立候補者に迫る「マック赤坂」

週プレNEWS / 2014年02月03日11時00分

選挙があるときもないときも、渋谷駅ハチ公前で音楽を流し、満面の笑みで“スマイルダンス”を踊り続けてきたマック赤坂氏だ。 「皆さんも逆の立場になったらどれだけ悔しいか! 私は選挙に立つのは10回目(都知事選は3回目)だけど、朝起きて新聞を見たら私が出ていないんだよ! こんな悔しいことがありますか!?」 日本の選挙供託金は世界でもバカ高い部類に入る。しかも有 [全文を読む]

都知事選は、いくらで立候補できる?

政治山 / 2016年05月26日11時50分

東京都選挙管理委員会によると、2014年2月に行われた都知事選では46億円強の費用がかかったようですが、立候補者は最低額いくらで出馬できるのでしょうか。 立候補にかかる最低費用は? 最低限かかる費用として、一定票に届かなかった場合に没収される供託金を法務局に供託しなければなりません。都道府県知事選の場合は300万円で、7月10日投開票とみられる参議院議員選 [全文を読む]

石原慎太郎引退表明に学会員「次世代の党は敵にもならない」

デイリーニュースオンライン / 2014年12月08日11時50分

今回の選挙も各種報道によると自民・公明が圧勝やゆうやないか。次の次の選挙くらいで、公明がほんまに単独で政権とるんちゃうか」 長年、政治家・石原慎太郎氏が嫌っていた公明党の支持母体・創価学会で支部長を務める関西の地元有力学会幹部は、石原氏の政界引退表明に喜びの声をこう表す。 連立に違和感を持つ人は公明=自民ハト派と思って 公明党嫌いで知られる石原慎太郎氏につ [全文を読む]

田母神俊雄が「民間防衛大臣」に激辛提言(1)

アサ芸プラス / 2012年06月19日11時00分

民間人初の防衛トップとして注目が集まるが、お膝元の民主党内部からも「選挙で当選していない人物でいいのか」と批判の声も上がる始末だ。そこで、森本新大臣と因縁浅からぬ田母神俊雄元航空幕僚長が緊急提言。文民統制の是非から、揺らぐ日本の安全保障の今後まで全てを語り尽くした─。 石破氏の「文民統制発言」を笑う 「防衛大学校の卒業生で自衛官の先輩である森本敏氏(71) [全文を読む]

田母神氏が認めた運動員への報酬、知らなかったでは済まない?

政治山 / 2016年04月08日11時50分

元航空幕僚長の田母神俊雄氏が、2014年2月に行われた東京都知事選で、自らの選挙を手伝った運動員に少なくとも計数百万円を配っていたと報じられ、東京地検特捜部が捜査しています。選挙運動員への報酬は一律禁止されているのでしょうか?また、違反すればどんな罪に問われるのでしょうか? 無登録運動員への報酬は買収罪 公職選挙法では運動員への報酬は原則禁止されていますが [全文を読む]

【解散総選挙】自衛官は次世代の党に期待!?「公明党を与党から追い出してくれ」

デイリーニュースオンライン / 2014年12月01日08時00分

「次の衆院選挙で田母神元空幕長や次世代の党が躍進して貰いたい。ここが躍進すれば公明が自民と連立する理由はなくなります。この時期に衆院選を行うのはきっと“公明外し”が目的だと、私たち自衛官は安倍総理のお気持ちをお察ししています」(前出の2等海尉) 事実、自衛官たちから人気高い田母神俊雄元空幕長は、次世代の党公認で衆院・東京12区から出馬する。ここは元公明党 [全文を読む]

都知事選もいよいよ終盤! 本日都知事選各候補がニコ生でネット選挙最後の訴え

ITライフハック / 2014年02月08日02時00分

今朝、都内は雪が降っており、非常に寒さが強い中で東京都都知事選挙が寒さを吹き飛ばす熱気で選挙戦最終日を迎えようとしている。株式会社ドワンゴ及び株式会社ニワンゴは、両社が運営する日本最大級の動画サービス「niconico」の「ニコニコ生放送」で、本日2月8日に東京都知事選候補者の街頭最後の訴えおよびネット選挙での最後の訴え、そして明日の投票日2月9日には2つ [全文を読む]

フォーカス