右翼 田母神俊雄に関するニュース

老害右翼に「NO!」を。愛国ラッパー、魂の叫び

日刊SPA! / 2017年04月25日08時52分

だが、そんな彼もまた、昨今の極端な右翼には懐疑的だ。 「僕はライブハウスだけでなく、右派政治団体のデモや靖国神社で路上ラップを披露しているのですが、理解されずに抗議を受けることも多い。重要なのはレッテル貼りすることではなく、自分で何が正しいのか考えて行動すること」 CDやネット配信、路上ライブなどさまざまな方法で自らのメッセージを発信し、「政治を語り合える [全文を読む]

失言が原因で辞任した日本の政治家たち―日本華字紙

Record China / 2017年04月30日01時40分

日本社会には最近大きな右翼回帰の流れが見られるが、政治家の極端な発言がプラスに働いているとはいえない。日本人は極論には必ずしも反対しないが、極論を言う政治家には反感を抱く。これは日本の民族性に大きくかかわるといえよう。(翻訳・編集/大宮) [全文を読む]

南京大虐殺否定の「アパホテル」が中国のSNSで大炎上! 「DHC」にも飛び火か

日刊サイゾー / 2017年01月17日15時00分

「こんな本を置くホテルが東京にあるの? 五輪を開く資格などない!」 「右翼ホテルに泊まる中国人は売国奴だ」 「HPがつながらないな。中国の黒客(ハッカー)の仕業なのか?」 騒動は今も拡大中で、中国の各メディアも続々とニュースを配信し始めたようだが、さらに、ある日本企業も標的になりつつある。百田尚樹氏らが出演する番組など、過激な保守系チャンネルとして有名な [全文を読む]

“サムライの帰還” 日本の右傾化を豪公共放送が報道

NewSphere / 2014年08月25日18時39分

また、日本国内での右翼グループの台頭や、侵略戦争を認めない田母神俊雄氏が、都知事選に出馬し、若い世代から多くの票を得たことも紹介し、ナショナリズムの高まりを示唆している。 【過去を受け入れたうえで】 マコーナック氏は、ジョージ・オーウェルの『ナショナリスト覚書』の「ナショナリストは、自身の側によって犯した残虐行為を非としないだけでなく、それを聞きさえしな [全文を読む]

都知事は誰にする?悩む方にわかりやすいチャートが出回る

秒刊SUNDAY / 2014年01月31日11時51分

―その他立候補者上記以外の立候補者について掲載いたします(敬称略・立候補届け出順)・ひめじけんじ・宇都宮健児・ドクター・中松・田母神俊雄・鈴木達夫・中川智晴・舛添要一・細川護熙・マック赤坂・家入一真・内藤久遠・金子博・五十嵐政一・酒向英一・松山親憲・根上隆―ネットの反応・これは分かり易い・候補者少なっ!・なんで四択よ!・家入君は?・これのどこが客観的なんだ [全文を読む]

フォーカス