俳優 渡瀬恒彦に関するニュース

現場で国会議員を一喝! “ケンカ最強”故・渡瀬恒彦さんの知られざる武勇伝

日刊サイゾー / 2017年03月18日11時00分

人気俳優の渡瀬恒彦さんが3月14日、胆のうがんによる多臓器不全のため、都内の病院で死去した。72歳だった。4月スタートのテレビ朝日系ドラマ『警視庁捜査一課9係』に出演予定だったが、所属事務所の発表では、2月中ごろ左肺に気胸を発症し、入院治療していたという。 「2015年の秋に、胆のうがんで闘病中であることを告白しましたが、ドラマの撮影現場で、闘病の話は一切 [全文を読む]

渡瀬恒彦「ケンカ最強伝説」の真実とは

日刊大衆 / 2017年04月04日07時35分

死去した演技派俳優の“腕っぷし”の強さは業界内で有名だったという。俳優仲間や関係者の証言を聞くと……。 また一人、昭和の名優がこの世を去った。3月14日、俳優の渡瀬恒彦さんが多臓器不全のため、都内の病院で亡くなったのだ。享年72。『仁義なき戦い』シリーズや『事件』『天城越え』などで日本映画の黄金期を支え、ドラマでは『十津川警部』(TBS系)、『おみやさん』 [全文を読む]

渡瀬恒彦が亡くなってしまった…『相棒』より断然面白い『警視庁9係』はどうなっちゃうのか

Business Journal / 2017年03月16日21時00分

俳優の渡瀬恒彦が亡くなった。訃報を知ったとき、思わず声を上げてしまった。私の大好きなシリーズモノ『警視庁捜査一課9係』(テレビ朝日系)はどうなるんだ……。正直、『相棒』や『ドクターX』(共にテレ朝系)よりも面白かったと思っている。『タクシードライバーの推理日誌』(同)も大好きだったけれど、連ドラとしては9係、渡瀬といえば9係なのである。 渡瀬恒彦の素晴らし [全文を読む]

渡瀬恒彦「兄貴程度の芝居しかできなかったら消えていた」

NEWSポストセブン / 2017年03月24日16時00分

本当にかっこいい人でした」 3月14日、壮絶ながん闘病の末、天国へと旅立った俳優・渡瀬恒彦との出会いについて、語ったのは1990年から約2年半、渡瀬の付き人を務めた俳優・永井なおき(48)だ。バイオレンスに満ちた東映やくざ映画を観て育った彼にとって、渡瀬は畏怖の念を抱く存在だった。 近年は『おみやさん』、『警視庁捜査一課9係』(ともにテレビ朝日系)などに出 [全文を読む]

渡瀬恒彦さん追悼特別編成「おみやさんスペシャル」「タクシードライバーの推理日誌32」を再放送

Smartザテレビジョン / 2017年03月17日21時08分

俳優の渡瀬恒彦さんが逝去されたことを受け、テレビ朝日は3月18日と19日に、渡瀬さんの主演作「おみやさんスペシャル」と「タクシードライバーの推理日誌32」を放送すると発表した。 3月18日土曜日は「渡瀬恒彦さん追悼 おみやさんスペシャル」を昼0.00-2.20に関東ローカルにて放送。過去の迷宮入り事件を捜査資料から解決する資料係のおみやさんこと鳥居勘三郎( [全文を読む]

渡瀬恒彦 死の淵でも弱みを見せなかった強さと優しさ

NEWSポストセブン / 2017年03月30日07時00分

がん闘病の末、3月14日に天国へと旅立った俳優・渡瀬恒彦(享年72)。近年は人情味あふれる芝居でお茶の間を魅了したが、芸能界一の「武闘派」としても知られた。一方で渡瀬は、めっぽう優しかった。特に川谷拓三、室田日出男、小林稔侍ら、東映京都撮影所専属の“大部屋役者”をよく世話した。渡瀬が発起人となって「ピラニア軍団」を結成し、まだ俳優として芽が出ていなかった彼 [全文を読む]

ドラマ「そして誰もいなくなった」は渡瀬恒彦からのラストメッセージ?

アサ芸プラス / 2017年03月28日17時59分

3月25日、26日放送の「2夜連続ドラマスペシャル アガサ・クリスティ そして誰もいなくなった」(テレビ朝日系)が遺作となった俳優の渡瀬恒彦。15年夏頃から胆のうガンと闘病し、多臓器不全で今月14日に亡くなった渡瀬だが、ドラマでも肺がんの末期患者である犯人役を見事に演じた。 トリックを明かすビデオレターでは、狂気を感じさせる犯行動機を鼻に酸素吸入のためのチ [全文を読む]

芸能界最強説の渡瀬恒彦「怒らせちゃダメ」と安岡力也も恐怖

NEWSポストセブン / 2017年03月28日07時00分

3月14日、がん闘病の末、天国へと旅だった俳優・渡瀬恒彦(享年72)。近年は『おみやさん』、『警視庁捜査一課9係』(ともにテレビ朝日系)などに出演、人情味あふれる芝居でお茶の間を魅了したが、若かりし日は危険なシーンも代役を拒否し凶暴な跳ねっ返り者のリアルさを追求した。そのため『北陸代理戦争』(1977年、深作欣二監督)では、雪原で横転したジープの下敷きにな [全文を読む]

「顔を見ただけで怪しい!」2時間ドラマの犯人役といえばこの人たち

しらべぇ / 2017年01月14日19時00分

完全犯罪を企む犯人に、渡瀬恒彦や片平なぎさら実力派俳優演じる主人公が、トリックを解き明かすストーリーが最大の見どころだ。ところが、様々な謎を解明する前に出演者を見ただけで、「だいたいこいつが犯人だな」とわかってしまうという視聴者がいるらしい。本当だろうか?■出演者だけで犯人がわかる?そこでしらべぇ編集部では全国の20代から60代の2時間ドラマを見たことがあ [全文を読む]

「劣化」じゃなかった!松山ケンイチ、役作りで20キロ増量のすさまじい役者魂

アサジョ / 2016年10月13日09時58分

10月5日、俳優の松山ケンイチが都内で行われた主演映画「聖の青春」(森義隆監督)の完成披露試写会に登場した。 同映画は29歳という若さで早世した天才棋士・村山聖の生涯を描いた感動作で、松山は役作りのために20キロも体重を増やしたという。「一時は役作りとは知らない人たちから『劣化した』『顔がパンパン』などと囁かれ、激太りはネガティブな方向で話題になりました。 [全文を読む]

フォーカス