ドラマ 渡辺えりに関するニュース

のん女優復帰への布石? 演劇・映画界重鎮との華麗なる交友

しらべぇ / 2017年06月10日15時00分

(写真は公式インスタグラムのスクリーンショット)女優・タレントの、のん(23)が、公式インスタグラムにドラマ『あまちゃん』(NHK系)で共演した渡辺えり(62)と、ものまねタレントの福田彩乃(28)とのスリーショット写真を掲載し注目を浴びている。■渡辺えりは意外に顔が小さい?のんが、渡辺の舞台『黒塚家の娘』(シス・カンパニー)を見に行った写真をアップしたの [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】篠田麻里子と渡辺えりが打ち合わせ。「何かを計画中」と期待させる。

TechinsightJapan / 2015年01月27日15時55分

2人はドラマで共演したこともあり、舞台に立つ篠田麻里子の姿も期待される。 篠田麻里子は昨年、2014年4月にフジテレビ系で放送された渡辺えり主演のスペシャルドラマ・希代の悪女シリーズ『銭女(ぜにじょ)』に出演した。バブル崩壊で人生の歯車が狂い始める料亭のおかみ・蓮見恵役の渡辺と、おかみと行動を共にし、株取引にどっぷりと浸かる白井美保役の篠田。ドラマの要を演 [全文を読む]

渡辺えりの天然ぶりに片瀬那奈も驚き!

Smartザテレビジョン / 2015年07月16日11時25分

NHK BSプレミアムで8月4日(火)から放送されるプレミアムよるドラマ「オンナミチ」の試写会・取材会が同局で行われ、主演の片瀬那奈と徳重聡、合田雅吏、渕上泰史が登壇した。今回京都での舞台公演のために出席できなかった渡辺えりは、“等身大パネル”での出席となった。本作は、人生に悩む32歳の梨花(片瀬)の元に、20年後からやって来たという未来の梨花(渡辺えり) [全文を読む]

空前のテレビドラマ人気 小劇場出身の舞台役者が支えている

NEWSポストセブン / 2013年08月10日16時00分

久々のドラマブームといえるかもしれない。作家で五感生活研究所代表の山下柚実氏が、その内実を分析した。 * * * この夏は「半沢直樹」「あまちゃん」の大ヒットで、俄然テレビドラマに注目が集まっています。銀行員の間でドラマが話題になったり。ドラマ視聴が男性にも広く根をおろしつつあることが、この夏の特徴と言えるのではないでしょうか。 ほんの少し前までは、「テレ [全文を読む]

『あまちゃん』脚本家の宮藤官九郎 実は朝ドラにピッタリ

NEWSポストセブン / 2013年04月04日07時00分

お会いして『明るく、元気』という朝ドラの核を守りつつ、面白いドラマが作れると確信しました。ドラマは“笑わせる”のではなく生きている人間が自然に“笑える”喜劇にしたいですね」 実際、第1週放送では岩手の伝統料理・まめぶ汁を「甘いのか辛いのかわからない。おかずなのかおやつなのかもわからない」と紹介したり、夏の手で海に突き落とされたアキが「何すんだこのババア!」 [全文を読む]

杉咲花、アカデミー賞受賞前に起きた“異変”とは!?「おしゃれイズム」

CinemaCafe.net / 2017年07月09日14時06分

CMでおいしそうに回鍋肉を食べる美少女として話題になり、湊かなえの小説をドラマ化した「夜行観覧車」では一転、学校でいじめを受け家庭内暴力に走る中学生の少女を演じて、その演技力の高さが評判をよんだ杉咲さん。その後はドラマ「緊急取調室」をはじめ『メアリと魔女の花』と同じ米林宏昌監督作の『思い出のマーニー』や『イン・ザ・ヒーロー』、ドラマから映画へと展開した『 [全文を読む]

第22回「未来のテレビは一社提供番組がカギを握る」

ソーシャルトレンドニュース / 2017年06月16日17時30分

通常のCMに比べ、それはストーリーがあり、笑いがあり、感動があり――まるでミニドラマを見るような楽しさがある。■東京ガス・ストーリー 関東ローカルの番組に、毎週土曜日、テレ朝で朝9時半から放送される『食彩の王国』というものがある。東京ガスの一社提供番組である。 毎週、1つの「食材」に光を当て、その産地や調理法を通じて、その魅力を語るという番組だ。だが、同番 [全文を読む]

20代男性へのセクハラ増加 女性上司が肩を叩いただけでもNG?

NEWSポストセブン / 2015年09月16日16時00分

』(日本テレビ系)など年下男性との恋を描いたドラマが大ヒット。ドラマ『セカンドバージン』(NHK)で共演した鈴木京香(47才)と長谷川博己(38才)は、ドラマさながらの年の差愛を育んでいたし、奥菜恵(36才)はバツ2の子連れながら、木村了(26才)と再々婚へ向けて交際宣言をしたばかりだ。 ついつい「私も!」となる女性も多いだろう。たとえば、女優の渡辺えり( [全文を読む]

片瀬那奈が連ドラ初主演で崖っぷち三十路女子に!?

Smartザテレビジョン / 2015年05月13日20時55分

8月4日(火)からスタートするNHK BSプレミアムドラマ「オンナミチ」で、片瀬那奈が連続ドラマ初主演を務めることが分かった。 「オンナミチ」は「ビッグコミックスペリオール」(小学館)に連載された、北沢バンビの同名マンガが原作。連載中は、男性誌にもかかわらず、アラサー女性の奮闘ぶりをリアルにコメディータッチで描き、同世代女性の共感を呼び、大きな話題を集めた [全文を読む]

舞台女優は、演技力があっても主役になれない!? 俳優と女優の“評価“のズレ

tocana / 2014年04月08日08時00分

劇団「大人計画」出身のクドカンは、自身が脚本を担当するドラマに多くの「大人計画」俳優、また、劇団で活躍している俳優を起用した。阿部サダヲがその最たる例である。 当初は脇役ばかりだった阿部サダヲだったが、視聴者から高い評価を受け、今では主役を張るまでになった。 実は、昨年ブレイクした堺雅人も、そんな劇団系俳優の1人といえるだろう。「現在の所属事務所である田辺 [全文を読む]

「なぜ、ぺこを出すんだ!」硬派ドラマのキャスティングに視聴者激怒

アサジョ / 2017年04月18日10時14分

内藤剛志主演ドラマ「警視庁・捜査一課長 -season2-」が4月13日スタートし、平均視聴率14.5%の好発進となった。 同ドラマは、ヒラ刑事からはい上がった“たたき上げ”の主人公・大岩純一が精鋭刑事を率いて難事件に立ち向かう姿を描く。 主な出演者は、内藤をはじめ田中圭、床嶋佳子、本田博太郎、矢野浩二、鈴木裕樹、金田明夫、斉藤由貴ら、いぶし銀の芸達者たち [全文を読む]

【Yahoo!映画ユーザーが選ぶ】今週末みたい映画ランキング(2月9日付)

ガジェット通信 / 2017年02月10日17時00分

■【2月9日】『今週末みたい映画ランキング』 対象:2月6日(月)~2月12日(日)劇場公開作品 ブラッド・ピット『マリアンヌ』、トム・ハンクス『王様のためのホログラム』から小日向文世『サバイバルファミリー』まで、今週末は邦画も洋画もベテラン俳優主演の大作が充実! 水谷豊主演の大人気テレビシリーズ『相棒』劇場版最新作もランクイン! 1位 『サバイバルファ [全文を読む]

高畑淳子の居ぬ間に……「私でどう?」営業攻勢をかけまくる“アノ女優”とは

日刊サイゾー / 2016年11月13日12時00分

「高畑さんのギャラはドラマ1本あたり70~80万円、一方のえりさんは80~90万円といったところです。えりさんは、プロデューサーに高畑さんのことを指して『アノ人も大変でしょう?』と言って、高畑さんの枠に入り込もうと必死ですよ(苦笑)。ただ高畑さんも、以前は同じように、えりさん枠に入り込もうと営業していましたが」(同) そういったやりとりを知っている人たち [全文を読む]

能年玲奈の復帰に現実味...小泉今日子の介入で「リアルあまちゃん」復活プランなるか

メンズサイゾー / 2016年05月13日16時00分

そのゴタゴタの間にも現在放送中のドラマ『重版出来!』(TBS系)などのオファーがあったが、独立できずに"飼い殺し"状態だったためにチャンスを逃していた。 だが、現事務所との契約が切れる6月を前に明るい情報が飛び交っている。その象徴といえるのが、能年が5月10日付のブログで公開した小泉今日子(50)とのツーショットだ。 能年は小泉と歌手の浜田真理子(51) [全文を読む]

綾瀬はるか『精霊の守り人』シーズン1終了、視聴率が低くとも「おっぱいシーン」は要らない

messy / 2016年04月12日21時00分

また、NHK大河ドラマ『八重の桜』(13年)、TBS系ドラマ『わたしを離さないで』(今年1月期)で、綾瀬の少女期を演じた縁がある鈴木梨央が、異能の力を持つタルの民の少女・アスラ役で出演し、主人公・バルサ(綾瀬)が、その用心棒を務める。 注目のディーンは、ロタ国王ヨーサム(橋本)の弟・イーハン役で、若い頃にアスラの母・トリーシア(壇蜜)と恋に落ちたことがあり [全文を読む]

「AKB卒業して、アクション映画に出たいと思ってた」三十路キャラ迷子・篠田麻里子の“ブレブレ発言歴”

日刊サイゾー / 2015年08月03日20時30分

迷走ぶりは、誰の目にも明らかでした」(芸能記者) AKB卒業後は、連ドラ『海の上の診療所』や、2時間ドラマ『銭女』(共にフジテレビ系)に渡辺えりに続く2番手として出演。さらに、連ドラ『家族狩り』(TBS系)に出演したりと、それなりに女優としてのキャリアを積んできた。しかし、当時はドラマ宣伝のインタビューであっても、ドラマそっちのけで『ricori』の展望を [全文を読む]

リトグリ 新人役でドラマ初出演!劇中で新曲歌唱も

dwango.jp news / 2015年06月15日20時08分

平均年齢16歳、力強い歌声と高度なアカペラをも歌いこなす透き通ったハーモニーで話題の女子中高生ボーカルユニット、Little Glee Monsterがドラマに初出演することが発表された。出演するのは8月4日(木)よりオンエアのNHKプレミアムよるドラマ「オンナミチ」(連続8回)。「オンナミチ」はレコード会社のA&Rとして働く30代の独身女・山口梨花が、「 [全文を読む]

紅白歌合戦 当初消極的だった小泉・薬師丸が出演決めた理由

NEWSポストセブン / 2014年01月06日07時00分

「小泉さんと、薬師丸さんは歌手としての紅白出場には消極的だったそうですが、歌も含めて今回はドラマ仕立てだったということでOKしたそうです」(スポーツ紙記者) 朝ドラと同じ15分ぴったりで行われた「あまちゃん」コーナーの準備は、ドラマさながらのドタバタだったという。 「スナック『梨明日(リアス)』との中継部分は2分半きっちりに収めなければならなかったため、 [全文を読む]

『クロコーチ』で怪演した渡部豪太に見つけた、「アブなくて怖い演技」の可能性

サイゾーウーマン / 2013年10月26日15時30分

渡部豪太というと、『ホタルノヒカリ』『ヤスコとケンジ』(日本テレビ系)はじめ、さまざまなドラマに出演してきたものの、バラエティ番組やトーク番組に出る時の印象が強く、扱いは決まって「爽やかなイケメン」だった。 そもそもクセの強い天然パーマと、個性的な顔立ち、さらに驚いた時に目をくるくるさせたり、大きなリアクションをしてみせたりする素直さ・落ち着きのなさは、ど [全文を読む]

宮藤官九郎が描くアイドルドラマ『あまちゃん』の「じぇじぇじぇ!」な魅力

日刊サイゾー / 2013年05月02日09時00分

クドカンドラマらしく、小ネタや魅力的なキャラクターは満載。たとえば「北の海女」はリーダー格の夏を演じる宮本信子をはじめ、渡辺えり、木野花、美保純、片桐はいりと、名前を見るだけで胃がもたれるような強烈なメンツ。さらにそれを取り巻く、杉本哲太、尾美としのり、でんでん、荒川良々、吹越満、といった手練たち。そんな強烈な役者たちが「じぇ!」「じぇじぇ!」「じぇじぇ [全文を読む]

フォーカス