小説 筒井康隆に関するニュース

全作家とその志望者、本好き、文章を書く人(ブロガーも?)も必読! 筒井康隆による「小説作法」

ダ・ヴィンチニュース / 2014年04月22日12時10分

小説を読んで「これなら自分にも書けそうだ」と思って書いてみたがすぐ挫折した、という人は結構いると思う。それは、文章を書くことのハードルが低く思えることが原因なのではないだろうか。例えばミュージシャンなら歌を歌ったり楽器をこなすスキルや作詞作曲をする技量とセンスが必要だし、スポーツ選手になろうと思ったら常人離れした体格や身体能力がないと到底ムリだ。画家やマン [全文を読む]

古谷経衡氏 筒井康隆氏を「ネトウヨ」と呼ぶ者に苦言

NEWSポストセブン / 2017年05月05日07時00分

ぼくの小説を読んでいない連中が(批判を)言っているんでしょう。(中略)ぼくは戦争前から生きている人間だから、韓国の人たちをどれだけ日本人がひどいめに遭わせたかよく知っています。韓国の人たちにどうこういう気持ちは何もない」(4月7日・朝日、括弧内筆者) [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】押切もえ、新作小説発表に「嬉しくて胸が一杯」。その筆力に阿川佐和子も「ずっと書き続けて」。

TechinsightJapan / 2014年12月24日19時25分

雑誌『AneCan』の専属モデルとして知られ、昨年小説『浅き夢見し』で作家デビューした押切もえが、このたび新作小説を発表した。この新作短編小説『抱擁とハンカチーフ』(80枚)は、今月22日に発売された『小説新潮』1月号に掲載されているが、同誌には林真理子氏、角田光代氏、筒井康隆氏らの短編小説も収められている。錚々たる人気作家と並んで掲載され、押切も「嬉しく [全文を読む]

<期限切れのトリックスター・桑田佳祐>勲章をポケットから出し、紅白で平和の歌を歌ったことに「謝罪文」を出す悲しさ

メディアゴン / 2015年02月19日02時08分

たとえば、小説界のトリックスターは、筒井康隆さんだった。「アフリカの爆弾」はアフリカの未開民族が、ミサイルを手にしたらどうなるかと言う小説だ。直木賞の候補にはなったが獲れなかった。獲れなくてよかった。獲れないからこそファンは熱狂した。筒井さんは「小説の秩序」を壊した。壊す者を、時に人は熱狂を持って迎える。落語会のトリックスターは立川談志さん。正統と称する落 [全文を読む]

『たんときれいに召し上がれ 美食文学精選』(芸術新聞社)刊行記念「食の思ひ出 コンテスト」開催のお知らせ

DreamNews / 2015年02月06日10時00分

◆企画主旨芸術新聞社刊行の『たんときれいに召し上がれ 美食文学精選』の刊行記念「食の思ひ出 コンテスト」では、食にまつわる思い出を描いた小説や随想を募集いたします。監修者であり、審査員をつとめる小説家の津原泰水氏は「〝食〟とは生きると同義であり、味わうはその最も鮮やかな冒険である」と言います。懐かしい「おふくろ」の味、二度と食べられない旅先の味、大切なあの [全文を読む]

ええ~ッ。そんな繋がりあったの!? 三島由紀夫と石原慎太郎の“アヤシイ“関係!

tocana / 2014年04月26日21時00分

「十一月半ばのよく晴れた夜半すぎ、埼玉県飯能市の大きな邸の車庫から、五十一年型のフォルクスワーゲンがけたたましい音を立てて走り出した」(『美しい星』より引用) 三島由紀夫の小説『美しい星』の冒頭である。ちなみに車の行き先は街の外れにある羅漢山。そして目的はなんと、空飛ぶ円盤との交流である。 小説が発表されたのは昭和37年。以前からUFO観測に熱中していた三 [全文を読む]

女の子は美人すぎす可愛すぎず...!?“青春“と“SF“ ラノベの源流を実写化した『なぞの転校生』

おたぽる / 2014年03月25日13時00分

■『なぞの転校生』 このドラマ、原作はもう47年も前に書かれた小説なんですが、読んだことがない人でもなんとなく聞いたことあるな......? って感じがするはずです。ここに『なぞの転校生』と同じ著者・眉村卓の『ねらわれた学園』、筒井康隆の『時をかける少女』を加えてみると、ぐっと知名度が上がって、知ってる、見たことある! と思うのではないでしょうか? これら [全文を読む]

規格外の面白さ、ここにあり。第7回山田風太郎賞、候補作品決定!

PR TIMES / 2016年09月30日10時00分

山田風太郎賞とは、過去一年間で最も「面白い」と評価されたエンタテインメント小説に贈られる文学賞です。 第7回山田風太郎賞の候補作品が下記のように決定しました。 [画像1: http://prtimes.jp/i/7006/2698/resize/d7006-2698-323566-0.jpg ] ■垣根涼介『室町無頼』(新潮社) http://www.sh [全文を読む]

NEWS加藤シゲアキが“高校教師”役 「勉強頑張れる」「学校が楽しそう」憧れ相次ぐ

モデルプレス / 2016年06月08日06時30分

◆加藤シゲアキが数学の教師に 同作は、累計250万部を超えるロングセラーを記録し、幾度となく実写映像化・アニメ化・舞台化してきた筒井康隆氏の同名小説が原作。 理科実験室でラベンダーの香りをかいでから「時を自在に超える能力」を身につけた主人公・芳山未羽(黒島)が、不思議な出来事を経験しながら、深町翔平(実は未来人ケン・ソゴル/菊池)と出会い、彼に抱く初めての [全文を読む]

NEWS加藤シゲアキ、実写版「時をかける少女」で3種の大役 才能をフル発揮<本人コメント>

モデルプレス / 2016年06月07日16時30分

さらに、同作の出演に合わせて「時をかける少女」へのオマージュとして「タイムリープという設定を絡めた短編小説」をエンターテインメント小説誌「小説 野性時代」8月号(KADOKAWA)に執筆することと、NEWSがエンディングテーマを歌うことも発表。俳優・作家・歌手という3つのカテゴリーに渡って才能を遺憾なく発揮する。◆加藤シゲアキが数学の教師に 同作は、累計2 [全文を読む]

フォーカス