大学 藤原紀香に関するニュース

失言&勘違い発言が止まらない?藤原紀香&広瀬すずの“嫌われ度”

デイリーニュースオンライン / 2016年11月30日07時50分

大学在学中にフリーライターとして活動を始め、『東京ガールズジャーナル』(セブン&アイ出版)、『パチンコ攻略の帝王』などに寄稿。現在は女性向け読み物系の記者・編集者として活躍中。 [全文を読む]

モノマネが気に入らなかった?友近と藤原紀香の初会話が噛み合わず

アサジョ / 2017年06月15日07時15分

友近が大学を卒業して、道後温泉の旅館の仲居になったのは有名な話だが、その理由は“2時間ドラマでよく温泉旅館が殺人事件の舞台になっていて面白そうだったから”だとか。 その勤め先の温泉旅館にはコワモテの客もやってくるが、ほかの仲居たちが尻込みする中、率先して担当になったという。というのも、当時からすでにお笑い志望で、そういう人たちを観察することでネタが拾えると [全文を読む]

同性からも…藤原紀香に「梨園の妻一本でがんばるべき」の声

しらべぇ / 2016年12月25日06時30分

■業界の評判は良かった大学在学中に第24回(1992年度)ミス日本グランプリコンテストに応募し、グランプリを受賞したことをきっかけに芸能界デビューした藤原。日本人離れしたルックスと気さくな人柄が愛され、ファンのみならず業界関係者の評判も高く、CM女王とも呼ばれていた。しかし女優業に転身したあたりから、やや人気に陰りが出始める。当時、藤原を応援したいと考える [全文を読む]

梨園の妻は裏方なので…藤原紀香の”勘違い言動”に反感広がる

デイリーニュースオンライン / 2016年11月22日07時01分

大学在学中にフリーライターとして活動を始め、『東京ダークサイドリポート』(ワニマガジン社)、『週刊宝島』(宝島社)、『Hot Dog Press』(講談社)などに寄稿。現在は週刊誌の記者・編集者として事件、芸能取材に奔走する [全文を読む]

再婚でも白無垢?藤原紀香の神前式に漂う”痛さと違和感”

デイリーニュースオンライン / 2016年09月23日20時05分

大学卒業後、週刊誌記者を経てフリーライターに。週刊誌で執筆し、芸能界のタブーから子供貧困など社会問題にも取り組む。主な著書に『格差社会の真実』(宙出版)ほか多数。 [全文を読む]

水素水に満月ダイエット?藤原紀香のスピリチュアル趣味への不安

デイリーニュースオンライン / 2016年05月27日08時01分

大学卒業後、週刊誌記者を経てフリーライターに。週刊誌で執筆し、芸能界のタブーから子供貧困など社会問題にも取り組む。主な著書に『格差社会の真実』(宙出版)ほか多数。 [全文を読む]

更年期的な彼女!? “彼女”シリーズ最終章の問題児ヒロインに注目

anan NEWS / 2016年04月08日22時00分

大学の卒業式会場に向かってウェディングドレス姿で疾走するチー・ジア。北京の企業に就職も決まっている成績優秀な恋人にプロポーズして、卒業と結婚を同時に祝おうという計画なのだ。大学きっての美女と評判の彼女は自分の行為に夢中で、「あなたと結婚してあげる」と超上から目線のプロポーズにドン引きな恋人リウ・チョンの表情にも気づかない。こんな押し掛け花嫁、いくらなんで [全文を読む]

結婚生活に暗雲?藤原紀香の“目立ちたい願望”が仇となる梨園の掟

デイリーニュースオンライン / 2016年04月02日18時35分

大学卒業後、週刊誌記者を経てフリーライターに。週刊誌で執筆し、芸能界のタブーから子供貧困など社会問題にも取り組む。主な著書に『格差社会の真実』(宙出版)ほか多数。 [全文を読む]

キュレーションメディア「@heaaart(アットハート)」が「アジアの彼女三部作・完結編」映画『更年奇的な彼女』に協賛

DreamNews / 2016年03月15日09時00分

大学でいちばん有名な美男美女カップルよ!と自信に満ち溢れていた彼女・・・卒業式にウェディングドレスで出席し、同棲中の恋人にサプライズでプロポーズを 計画!しかし、彼からの返事は─「結婚は考えられない」公衆の面前で放たれた一言に、彼女の自信とプライドは見事に崩れ去る。大学卒業後も北京へ就職した彼を忘れられない。トラウマを引きずりながら26歳になった彼女は、医 [全文を読む]

“女医の怖い復讐”が大反響! 上野樹里主演『アリスの棘』DVD&Blu-rayボックス発売開始!

ダ・ヴィンチニュース / 2014年09月26日19時30分

そしてそれが今を生きる目的 明日美の復讐の相手は、父の命と名誉までをも奪った、聖林大学附属病院の医師、看護師、顧問弁護士など。 この病院に医師として潜入し、“父の復讐”を果たす──。 それだけが医師になった理由であり、今を生きる唯一の目的。そんな明日美には将来への希望も、復讐相手への少しの情けも、持ち合わす余裕などはなかった。 ■“復讐の戦友” 毎朝新聞医 [全文を読む]

【TBSオンデマンド】金曜ドラマ「アリスの棘」を4月13日(日)よる11:00より見逃し配信スタート!!

PR TIMES / 2014年04月11日15時35分

本作は、大学病院を舞台に、愛情も未来も何もかも捨てた主人公が自らも医師となり、父親を死に追いやった医者たちに鉄槌を下していく復讐サスペンスです。共演にはオダギリジョー、栗山千明、中村梅雀、中村蒼、藤原紀香、田中直樹、岩城滉一、國村隼ら豪華俳優陣が顔を揃えます。見逃した方も、もういちど見たい方も、ぜひTBSオンデマンドでお楽しみください!アリスの棘【出演】上 [全文を読む]

菊川怜に罪悪感?真面目な性格から”婚外子騒動”に言及の可能性も

デイリーニュースオンライン / 2017年06月05日11時45分

大学在学中にフリーライターとして活動を始め、『東京ダークサイドリポート』(ワニマガジン社)、『週刊宝島』(宝島社)、『Hot Dog Press』(講談社)などに寄稿。現在は週刊誌の記者・編集者として事件、芸能取材に奔走する [全文を読む]

藤原紀香 忙しさ倍のなか喜劇に挑戦「イジり倒されたい!」

WEB女性自身 / 2017年05月19日16時00分

神戸の大学に在学中の'92年にミス日本グランプリを受賞。'95年、兵庫県西宮市在住中に阪神・淡路大震災を経験。「人生いつ終わるかわからない。したいことをしておこう」と一念発起し、上京。以来、芸能界の第一線で活躍を続ける。女優としての仕事以外に社会貢献活動も継続しながら、梨園の妻としても夫を支える。 本来は三枚目で、お笑いが好き。中学の卒業式の日に、自ら中心 [全文を読む]

藤原紀香に自覚なし?梨園の妻でも”仕事セーブせず”に広がる嫌悪感

デイリーニュースオンライン / 2016年12月01日07時05分

大学在学中にフリーライターとして活動を始め、『東京ダークサイドリポート』(ワニマガジン社)、『週刊宝島』(宝島社)、『Hot Dog Press』(講談社)などに寄稿。現在は週刊誌の記者・編集者として事件、芸能取材に奔走する [全文を読む]

藤原紀香に続いて嵐・松本潤まで?相次ぐ“水素水アピール”の背景

デイリーニュースオンライン / 2016年11月28日07時06分

大学在学中にフリーライターとして活動を始め、『東京ダークサイドリポート』(ワニマガジン社)、『週刊宝島』(宝島社)、『Hot Dog Press』(講談社)などに寄稿。現在は週刊誌の記者・編集者として事件、芸能取材に奔走する [全文を読む]

多忙すぎて無理?藤原紀香はなぜ“国際活動”から遠ざかったのか

デイリーニュースオンライン / 2016年10月12日15時05分

大学在学中から社会貢献活動を多く経験したことで、「もっと世の中の役に立ちたい」という気持ちが芽生えていたという藤原。その後、阪神淡路大震災を目の前で経験したことによって、さらに強い思いを抱くようになった、という触れ込みだったはずだったが。 「そもそも藤原が“国際活動”で注目されるようになったのは02年の日韓W杯で親善大使に就任したこと。その後、ニューヨーク [全文を読む]

芸能界のドンも三行半?藤原紀香を待ち受ける“梨園の非常識”

デイリーニュースオンライン / 2016年10月10日21時06分

大学在学中にフリーライターとして活動を始め、『東京ダークサイドリポート』(ワニマガジン社)、『週刊宝島』(宝島社)、『Hot Dog Press』(講談社)などに寄稿。現在は週刊誌の記者・編集者として事件、芸能取材に奔走する [全文を読む]

女優はやめる気なし?藤原紀香の”梨園妻デビュー”に周囲が冷視線

デイリーニュースオンライン / 2016年10月10日12時05分

大学卒業後、週刊誌記者を経てフリーライターに。週刊誌で執筆し、芸能界のタブーから子供貧困など社会問題にも取り組む。主な著書に『格差社会の真実』(宙出版)ほか多数。 [全文を読む]

引き出物の水素水だけじゃない?新婚・藤原紀香の”トンデモ趣味”の数々

デイリーニュースオンライン / 2016年10月05日21時05分

大学卒業後、週刊誌記者を経てフリーライターに。週刊誌で執筆し、芸能界のタブーから子供貧困など社会問題にも取り組む。主な著書に『格差社会の真実』(宙出版)ほか多数。 [全文を読む]

藤原紀香の白無垢で再注目?”和装婚”した芸能人たちの思惑

デイリーニュースオンライン / 2016年10月04日14時05分

大学在学中にフリーライターとして活動を始め、『東京ガールズジャーナル』(セブン&アイ出版)などに寄稿。現在は女性向け読み物の記者・編集者として活躍中。 [全文を読む]

フォーカス