大学 藤原紀香に関するニュース

失言&勘違い発言が止まらない?藤原紀香&広瀬すずの“嫌われ度”

デイリーニュースオンライン / 2016年11月30日07時50分

大学在学中にフリーライターとして活動を始め、『東京ガールズジャーナル』(セブン&アイ出版)、『パチンコ攻略の帝王』などに寄稿。現在は女性向け読み物系の記者・編集者として活躍中。 [全文を読む]

同性からも…藤原紀香に「梨園の妻一本でがんばるべき」の声

しらべぇ / 2016年12月25日06時30分

■業界の評判は良かった大学在学中に第24回(1992年度)ミス日本グランプリコンテストに応募し、グランプリを受賞したことをきっかけに芸能界デビューした藤原。日本人離れしたルックスと気さくな人柄が愛され、ファンのみならず業界関係者の評判も高く、CM女王とも呼ばれていた。しかし女優業に転身したあたりから、やや人気に陰りが出始める。当時、藤原を応援したいと考える [全文を読む]

梨園の妻は裏方なので…藤原紀香の”勘違い言動”に反感広がる

デイリーニュースオンライン / 2016年11月22日07時01分

大学在学中にフリーライターとして活動を始め、『東京ダークサイドリポート』(ワニマガジン社)、『週刊宝島』(宝島社)、『Hot Dog Press』(講談社)などに寄稿。現在は週刊誌の記者・編集者として事件、芸能取材に奔走する [全文を読む]

再婚でも白無垢?藤原紀香の神前式に漂う”痛さと違和感”

デイリーニュースオンライン / 2016年09月23日20時05分

大学卒業後、週刊誌記者を経てフリーライターに。週刊誌で執筆し、芸能界のタブーから子供貧困など社会問題にも取り組む。主な著書に『格差社会の真実』(宙出版)ほか多数。 [全文を読む]

水素水に満月ダイエット?藤原紀香のスピリチュアル趣味への不安

デイリーニュースオンライン / 2016年05月27日08時01分

大学卒業後、週刊誌記者を経てフリーライターに。週刊誌で執筆し、芸能界のタブーから子供貧困など社会問題にも取り組む。主な著書に『格差社会の真実』(宙出版)ほか多数。 [全文を読む]

二度の離婚からの入院…芸能活動復帰「上原さくら」の再出発を占う

Menjoy / 2016年05月12日10時00分

実質的な引退状態にあったとされる上原さんですが、その間も大学に通いながら色々と書きためてきた作品があるとのこと。 現在大学二年の上原さんはしばらくは学業優先で進んでいきたいとのお話でしたが、執筆活動に意欲的で、今後は文化人としての活動が期待されているといいます。 それでは数秘研究家で占星術師でもある筆者が、上原さんの本質と運勢を読み解いてみたいと思います。 [全文を読む]

更年期的な彼女!? “彼女”シリーズ最終章の問題児ヒロインに注目

anan NEWS / 2016年04月08日22時00分

大学の卒業式会場に向かってウェディングドレス姿で疾走するチー・ジア。北京の企業に就職も決まっている成績優秀な恋人にプロポーズして、卒業と結婚を同時に祝おうという計画なのだ。大学きっての美女と評判の彼女は自分の行為に夢中で、「あなたと結婚してあげる」と超上から目線のプロポーズにドン引きな恋人リウ・チョンの表情にも気づかない。こんな押し掛け花嫁、いくらなんで [全文を読む]

結婚生活に暗雲?藤原紀香の“目立ちたい願望”が仇となる梨園の掟

デイリーニュースオンライン / 2016年04月02日18時35分

大学卒業後、週刊誌記者を経てフリーライターに。週刊誌で執筆し、芸能界のタブーから子供貧困など社会問題にも取り組む。主な著書に『格差社会の真実』(宙出版)ほか多数。 [全文を読む]

キュレーションメディア「@heaaart(アットハート)」が「アジアの彼女三部作・完結編」映画『更年奇的な彼女』に協賛

DreamNews / 2016年03月15日09時00分

大学でいちばん有名な美男美女カップルよ!と自信に満ち溢れていた彼女・・・卒業式にウェディングドレスで出席し、同棲中の恋人にサプライズでプロポーズを 計画!しかし、彼からの返事は─「結婚は考えられない」公衆の面前で放たれた一言に、彼女の自信とプライドは見事に崩れ去る。大学卒業後も北京へ就職した彼を忘れられない。トラウマを引きずりながら26歳になった彼女は、医 [全文を読む]

“女医の怖い復讐”が大反響! 上野樹里主演『アリスの棘』DVD&Blu-rayボックス発売開始!

ダ・ヴィンチニュース / 2014年09月26日19時30分

そしてそれが今を生きる目的 明日美の復讐の相手は、父の命と名誉までをも奪った、聖林大学附属病院の医師、看護師、顧問弁護士など。 この病院に医師として潜入し、“父の復讐”を果たす──。 それだけが医師になった理由であり、今を生きる唯一の目的。そんな明日美には将来への希望も、復讐相手への少しの情けも、持ち合わす余裕などはなかった。 ■“復讐の戦友” 毎朝新聞医 [全文を読む]

フォーカス