隠し子 藤原紀香に関するニュース

愛之助の隠し子騒動で試される”梨園の妻”藤原紀香の器量

デイリーニュースオンライン / 2016年04月19日15時05分

4月14日発売の『週刊文春』で、歌舞伎俳優・片岡愛之助(44)が隠し子の母親にDNA鑑定を要求したと報じられた。同誌では、隠し子(現在高校二年生の男児)の母親が、愛之助の行動に怒りをぶちまけている。 2011年に『女性セブン』で隠し子の存在を報じられた際は、認知はしていないものの「自分の息子だ」と認めている。しかし、息子と最後に会ったのは幼稚園の年中の頃で [全文を読む]

梨園の常識は世の非常識 歌舞伎役者は艶聞に事欠かない

NEWSポストセブン / 2016年09月28日16時00分

歌舞伎役者には“血を守る”という使命もあるためなのか、「隠し子」が存在した役者も多い。 1997年、市川染五郎(43)は6歳年上の元女優との間に隠し子がいたことが発覚。2003年には海老蔵も隠し子の存在が明らかになる。大河ドラマ主演中だっただけに大騒動となった。また2011年には愛之助も京都のホステスとの間に男子をもうけていたことが報じられた。 隠し子[全文を読む]

山田孝之ほか「隠し子」発覚は好感度を下げない?

日刊大衆 / 2017年01月05日10時00分

しかし、過去には、事実として世間を仰天させた隠し子報道もある。中でも有名どころが、2003年に発覚し、記者会見まで行った歌舞伎役者の市川海老蔵(39)である。相手は元歌手の女性で、2002年に女児を出産し、認知。海老蔵は2010年3月にフリーの小林麻央アナウンサー(34)と結婚し、2児の父となったのだが、いまでも毎月100万円といわれる仕送りをしたり、進 [全文を読む]

愛人報道の文春砲も不発 紀香と愛之助は意外とお似合い?

NEWSポストセブン / 2016年10月09日07時00分

愛之助と紀香が金屏風の前で結婚会見を行った直後も、愛之助の“隠し子の母”といわれる女性の近況や、愛之助サイドから「DNA鑑定」の要望があったことが『週刊文春』に報じられている。 このときも、芸能関係者らの会話における“陰の主役”は藤原紀香であり、出産を望んでいる彼女が、隠し子の存在をスルーするハズがない。白黒はっきりつけたいのは愛之助ではなく紀香であり、 [全文を読む]

片岡愛之助、今さらな「DNA鑑定要求」は“紀香の子ども”との財産争いを危惧?

アサジョ / 2016年05月04日17時58分

4月14日発売の「週刊文春」で、元交際相手のAさんに対して隠し子のDNA鑑定を要求していることが暴露された片岡愛之助。隠し子が発覚した際の記者会見では養育費を支払っていること、認知はしていないが、「子どもが20歳くらいになってから本人の考えに沿いたいと考えている」と答えていた。だが、ここにきて藤原紀香との結婚会見の翌日に弁護士を通じ、DNA鑑定を要求してき [全文を読む]

愛之助・紀香、性格の悪さの証明

NewsCafe / 2016年04月22日16時00分

幸せの絶頂に文春砲がさく裂し、先日の「週刊文春」では、愛之助が隠し子に対してDNA鑑定を要求していることが報じられた。 「愛之助は2011年、元ホステスの女性Aさん(47)との間に男児(17)がいることが発覚。彼は当時この事実を認め、別居中だが養育費は支払っていること、認知はしていないことをコメントしました。一方、文春の記事では、結婚会見翌日、愛之助がA [全文を読む]

片岡愛之助、隠し子DNA鑑定要求疑惑に批判噴出「姑息」「エゴイスト」

Business Journal / 2016年04月16日07時00分

そんな幸せの絶頂のなかにいる片岡の隠し子を産み育てている一般女性が、4月14日発売の「週刊文春」(文藝春秋)上で、片岡サイドから子どものDNA鑑定を要求されているなどと暴露した。 「片岡は2011年、『女性セブン』(小学館)の報道により、元ホステスの女性Aさんとの間に隠し子の男児がいることが発覚。当時、片岡は『おおむね事実』と認め、別居中だが養育費は支払っ [全文を読む]

藤原紀香はなぜ叩かれる?”隠し子”騒動再燃と孤立無援の背景

デイリーニュースオンライン / 2016年04月15日18時05分

「週刊文春」(文藝春秋/4月21日号)では、片岡愛之助が隠し子に対してDNA鑑定を要求したと報じられたが、これさえも“紀香の差し金説”が浮上してしまう始末だ。 そもそも、交際報道当初から「夫を陰ながら立てる梨園の妻を、紀香が演じるのは不可能」と梨園関係者からは指摘されていた。ただでさえ自己アピールが強い紀香が、結婚後も芸能活動を行う意向であることも報じられ [全文を読む]

隠し子騒動再燃! 片岡愛之助・藤原紀香夫妻の深刻な孤立ぶり「もう味方はブログ読者だけ……」

日刊サイゾー / 2016年04月15日13時00分

愛之助といえば、2011年2月に“隠し子スキャンダル”が発覚。発覚直後の会見で、隠し子の母親である元ホステスと入籍はせず、子どもの認知はしていないが、将来的には本人の意思に任せる意向であり、養育費は支払っていることを明かしていた。 ところが、「週刊文春」(文藝春秋/4月21日号)によると、紀香との会見翌日、すでに高校2年生になっている隠し子の母親に対し、 [全文を読む]

トリンドル玲奈「梨園入り」を噂されるも二股疑惑…歌舞伎俳優に一途を求めることは無理筋か

messy / 2015年10月11日13時00分

それも熱愛のみならず浮気や不倫、隠し子などの話が度々聞かれる。97年には、七代目市川染五郎(42)に隠し子が発覚、その後、染五郎は高校時代からの友人である女性と結婚している。「海老蔵暴行事件」の頃の面影もなくなり、このところブログなどで良きパパぶりを見せている市川海老蔵(37)も、結婚前に隠し子の存在が明らかになった。ちなみに独身時代は、佐藤江梨子(33) [全文を読む]

菊川怜に罪悪感?真面目な性格から”婚外子騒動”に言及の可能性も

デイリーニュースオンライン / 2017年06月05日11時45分

菊川怜(39)の夫である実業家の穐田誉輝氏(48)に、4人目の隠し子が発覚した。次々明らかになるゴシップに『とくだね!』で共演する小倉智昭キャスター(70)も驚いているようだ。 「フジテレビ系情報番組『とくダネ!』では、小倉さんも菊川さん本人も結婚については発表時に触れただけで、それ以上は何も語っていません。小倉さんが菊川さんの夫を『いい男』と評価したから [全文を読む]

隠し子や熊切問題が未解決?藤原紀香を悩ます”結婚後の火種”とは

デイリーニュースオンライン / 2016年10月03日13時05分

そんな幸せの絶頂にいる二人だが、結婚発表後に明らかになった“隠し子騒動”など、片岡の女性絡みのスキャンダルが相次いで報道され、メディアを騒がせてきた。特にタレントの熊切あさ美(36)との破局に関しては注目を集めたのが記憶に新しい。 まさに“悲劇のヒロイン”となった熊切だが、先日にはプロ野球・ヤクルトスワローズの山田哲人内野手(24)との熱愛が報じられ話題 [全文を読む]

二股交際にDNA鑑定まで?片岡愛之助が祝福されない背景

デイリーニュースオンライン / 2016年04月19日07時10分

週刊文春が4月14日発売の4月21日号で片岡愛之助の隠し子のDNA鑑定疑惑が報じられて以降、世論を巻き込み、各メディアで取り上げられている。新婚ホヤホヤの片岡愛之助だが、過去に付き合った熊切あさ美(35)や佐藤江梨子(34)らに続いて、"泣く女"をまた一人増やしている格好だ。 ■泣かせた女は数知れず? 片岡がDNA鑑定を要求したと報じられているのは、201 [全文を読む]

香取慎吾に疑惑浮上の「隠し子」、あの有名芸能人たちにも…舛添前都知事にも3人

Business Journal / 2017年04月07日17時00分

元SMAPの香取慎吾に“隠し子疑惑”が浮上している。「週刊文春」(文藝春秋/4月13日号)が、20年以上交際を続けているという2歳年上の女性とのデートや少年と2人で後楽園遊園地で遊ぶ様子を報じているのだ。香取と女性、少年は3人でハワイ旅行に行ったこともあるという。 記事内で、ジャニーズ事務所は香取の結婚や香取の子供であることについて否定しているが、インター [全文を読む]

藤原紀香との披露宴は罰ゲーム? 大島優子の事故原因、祝、上野樹里結婚!……週末芸能ニュース雑話

日刊サイゾー / 2016年05月29日13時00分

今回も「愛之助の隠し子いたんだがwww」とか「熊切いたんだがwww」とか、やってほしいところだね。記者H 帝国ホテルは、ほかでも「情報が取りやすい」って、マスコミの間では重宝されてるみたいですよ。まあ紀香の場合はわざわざリークしなくてもブログで勝手に自慢してくれるだろうから、マスコミとしては助かります。デスクT あと、注目は愛之助がどんな曲をピアノで引き語 [全文を読む]

藤原紀香、今度は土足で楽屋?梨園関係者が絶句する”非常識さ”

デイリーニュースオンライン / 2016年04月21日19時10分

片岡愛之助(44)との結婚を金屏風前で発表し、晴れて梨園の妻の仲間入りを果たしたが、片岡愛之助の隠し子騒動が再燃、ブログの写真加工疑惑、そして震災関連のトンデモ発言が取り沙汰されるなど、どうもポジティブなイメージに欠ける日々が続いている。そんな紀香を、週刊文春の最新号が追撃した。『紀香大炎上』と題して見開き2ページの特集を組んでいる。 「4月21日発売号で [全文を読む]

片岡愛之助、隠し子発覚で被害者ヅラ的発言…DNA鑑定要求の「本当の目的」

Business Journal / 2016年04月21日07時00分

愛之助の隠し子を産み育てている一般女性Aさんが、4月14日発売の「週刊文春」(文藝春秋)上で、片岡サイドから子供のDNA鑑定を要求されているなどと暴露。Aさんは大阪・北新地の元ホステスで、愛之助が紀香との結婚後に息子のDNA鑑定を求めてきたことにショックを受けているなど、これまでの愛之助の息子に対する不誠実な対応などを告発した。 愛之助の隠し子の存在が初 [全文を読む]

片岡愛之助 紀香と結婚で売却急いだ「隠し子とのマンション」

WEB女性自身 / 2016年04月21日06時00分

この日発売された『週刊文春』に《片岡愛之助「隠し子の母」怒りの告発》と題された特集記事が掲載された。芸能関係者は言う。 「かつて愛之助は大阪のホステスA子さん(47)と交際しており、彼女は 00年に男の子を出産しています。 11年にはこのことが明るみになり、愛之助も 隠し子 の存在を認めたのです。文春の記事では、そのA子さんが最近、愛之助から息子のDNA鑑 [全文を読む]

隠し子にDNA鑑定要求も!? “ゲス歌舞伎役者”片岡愛之助が持つ「特殊能力」って?

日刊サイゾー / 2016年04月18日13時00分

14日発売の「週刊文春」(文藝春秋)は、愛之助の隠し子問題を詳報。5年前に発覚し、1度は「自分の子ども」と認めた隠し子(男児)に対し、愛之助がDNA鑑定を要求しているというのだ。 息子の母親は「今まで十何年間、息子に対して『一回会ってご飯でも食べようか』という話もないし、『元気か』の一言も一度のメールもない。それで今度はDNA鑑定。息子をどうするつもりな [全文を読む]

藤原紀香、週刊誌記事への「品位なき反論」に梨園から冷ややかな視線が…

アサ芸プラス / 2016年04月18日09時58分

歌舞伎役者の妻は夫を陰で支えるものとされるので、一部の梨園からは冷ややかな目で見られています」(歌舞伎関係者) しかも、ここにきて愛之助の「隠し子へのDNA鑑定要求」問題も急浮上。果たして、うまく乗り切って梨園の妻の座を守れるのか。最初の結婚の時よりも重い課題が、紀香の肩にはのしかかっている。 [全文を読む]

フォーカス