隠し子 藤原紀香に関するニュース

愛之助の隠し子騒動で試される”梨園の妻”藤原紀香の器量

デイリーニュースオンライン / 2016年04月19日15時05分

4月14日発売の『週刊文春』で、歌舞伎俳優・片岡愛之助(44)が隠し子の母親にDNA鑑定を要求したと報じられた。同誌では、隠し子(現在高校二年生の男児)の母親が、愛之助の行動に怒りをぶちまけている。 2011年に『女性セブン』で隠し子の存在を報じられた際は、認知はしていないものの「自分の息子だ」と認めている。しかし、息子と最後に会ったのは幼稚園の年中の頃で [全文を読む]

梨園の常識は世の非常識 歌舞伎役者は艶聞に事欠かない

NEWSポストセブン / 2016年09月28日16時00分

歌舞伎役者には“血を守る”という使命もあるためなのか、「隠し子」が存在した役者も多い。 1997年、市川染五郎(43)は6歳年上の元女優との間に隠し子がいたことが発覚。2003年には海老蔵も隠し子の存在が明らかになる。大河ドラマ主演中だっただけに大騒動となった。また2011年には愛之助も京都のホステスとの間に男子をもうけていたことが報じられた。 隠し子[全文を読む]

山田孝之ほか「隠し子」発覚は好感度を下げない?

日刊大衆 / 2017年01月05日10時00分

しかし、過去には、事実として世間を仰天させた隠し子報道もある。中でも有名どころが、2003年に発覚し、記者会見まで行った歌舞伎役者の市川海老蔵(39)である。相手は元歌手の女性で、2002年に女児を出産し、認知。海老蔵は2010年3月にフリーの小林麻央アナウンサー(34)と結婚し、2児の父となったのだが、いまでも毎月100万円といわれる仕送りをしたり、進 [全文を読む]

愛人報道の文春砲も不発 紀香と愛之助は意外とお似合い?

NEWSポストセブン / 2016年10月09日07時00分

愛之助と紀香が金屏風の前で結婚会見を行った直後も、愛之助の“隠し子の母”といわれる女性の近況や、愛之助サイドから「DNA鑑定」の要望があったことが『週刊文春』に報じられている。 このときも、芸能関係者らの会話における“陰の主役”は藤原紀香であり、出産を望んでいる彼女が、隠し子の存在をスルーするハズがない。白黒はっきりつけたいのは愛之助ではなく紀香であり、 [全文を読む]

それテレビ用でしょ?3位藤原紀香「発言がウソっぽい芸能人」1位は

VenusTap / 2016年08月21日21時40分

宮根誠司には、2012年に長年の愛人がいてその愛人との間に子どもまでいるという“隠し子発覚”事件が。自分は隠し子がいながら、ワイドショーで他人の不倫などにとやかく言っていた経緯が「なに言ってもウソっぽい」と思われてしまう理由なのだろう。■3歩下がってラブリンの妻! 全て仕込みっぽい……藤原紀香3位にランクインしたのは、今年3月に歌舞伎俳優・片岡愛之助と結婚 [全文を読む]

片岡愛之助、今さらな「DNA鑑定要求」は“紀香の子ども”との財産争いを危惧?

アサジョ / 2016年05月04日17時58分

4月14日発売の「週刊文春」で、元交際相手のAさんに対して隠し子のDNA鑑定を要求していることが暴露された片岡愛之助。隠し子が発覚した際の記者会見では養育費を支払っていること、認知はしていないが、「子どもが20歳くらいになってから本人の考えに沿いたいと考えている」と答えていた。だが、ここにきて藤原紀香との結婚会見の翌日に弁護士を通じ、DNA鑑定を要求してき [全文を読む]

愛之助・紀香、性格の悪さの証明

NewsCafe / 2016年04月22日16時00分

幸せの絶頂に文春砲がさく裂し、先日の「週刊文春」では、愛之助が隠し子に対してDNA鑑定を要求していることが報じられた。 「愛之助は2011年、元ホステスの女性Aさん(47)との間に男児(17)がいることが発覚。彼は当時この事実を認め、別居中だが養育費は支払っていること、認知はしていないことをコメントしました。一方、文春の記事では、結婚会見翌日、愛之助がA [全文を読む]

片岡愛之助、隠し子DNA鑑定要求疑惑に批判噴出「姑息」「エゴイスト」

Business Journal / 2016年04月16日07時00分

そんな幸せの絶頂のなかにいる片岡の隠し子を産み育てている一般女性が、4月14日発売の「週刊文春」(文藝春秋)上で、片岡サイドから子どものDNA鑑定を要求されているなどと暴露した。 「片岡は2011年、『女性セブン』(小学館)の報道により、元ホステスの女性Aさんとの間に隠し子の男児がいることが発覚。当時、片岡は『おおむね事実』と認め、別居中だが養育費は支払っ [全文を読む]

藤原紀香はなぜ叩かれる?”隠し子”騒動再燃と孤立無援の背景

デイリーニュースオンライン / 2016年04月15日18時05分

「週刊文春」(文藝春秋/4月21日号)では、片岡愛之助が隠し子に対してDNA鑑定を要求したと報じられたが、これさえも“紀香の差し金説”が浮上してしまう始末だ。 そもそも、交際報道当初から「夫を陰ながら立てる梨園の妻を、紀香が演じるのは不可能」と梨園関係者からは指摘されていた。ただでさえ自己アピールが強い紀香が、結婚後も芸能活動を行う意向であることも報じられ [全文を読む]

隠し子騒動再燃! 片岡愛之助・藤原紀香夫妻の深刻な孤立ぶり「もう味方はブログ読者だけ……」

日刊サイゾー / 2016年04月15日13時00分

愛之助といえば、2011年2月に“隠し子スキャンダル”が発覚。発覚直後の会見で、隠し子の母親である元ホステスと入籍はせず、子どもの認知はしていないが、将来的には本人の意思に任せる意向であり、養育費は支払っていることを明かしていた。 ところが、「週刊文春」(文藝春秋/4月21日号)によると、紀香との会見翌日、すでに高校2年生になっている隠し子の母親に対し、 [全文を読む]

フォーカス