映画 内田裕也に関するニュース

吉本主催「第1回京都国際映画祭」盛り上がらず……内田裕也の登場に違和感

日刊サイゾー / 2014年10月27日09時00分

芸能取材歴30年以上、タブー知らずのベテランジャーナリストが、縦横無尽に話題の芸能トピックの「裏側」を語り尽くす! 10月16日から19日の4日間にわたり、“映画もアートもその他もぜんぶ”というコンセプトで、日本映画発祥の地である京都で「第1回京都国際映画祭」が、吉本興業の祇園花月がある祇園会館をメインに、京都市内15カ所の会場で開催された。 この映画祭は [全文を読む]

内田裕也と指原莉乃のコラボ曲「シェキナベイベー」MVに豪華メンバーが出演

okmusic UP's / 2014年05月31日13時00分

監督は映画「のぼうの城」の監督でも有名な犬童一心監督。冒頭、堺正章によるアーティスト紹介からはじまり、内田裕也と指原莉乃が全面ゴールドのステージに最近では見かけない"サイドカー"をカッコ良く乗りこなして登場。 主役が主役たる魅力を放ち、観るだけで夢を感じ、ワクワクし、仕掛けに捉われることなく何度でもハッピーになれるMVになっている。この夏、この異色のカッ [全文を読む]

菅田将暉&桐谷健太「火花」を初上映 「京都国際映画祭2017」詳細発表

モデルプレス / 2017年09月07日11時36分

【京都国際映画祭/モデルプレス=9月7日】6日、よしもと祇園花月にて、10月12~16日に開催される「京都国際映画祭2017」の概要発表会見が行われた。「京都映画祭」の伝統と志を引き継ぎ、「映画もアートもその他もぜんぶ」をテーマに持つ同映画祭。4回目を迎えた今回は、『京都三泊四日。』をキャッチコピーに京都の街に新鮮な驚き、感動のステージを創り上げる。◆オー [全文を読む]

内田裕也、満身創痍で登壇!高畑淳子の若き日のドタキャンを暴露

Movie Walker / 2016年12月08日19時57分

内田は「本当に因縁のある映画です。本当に腹の立つ女優がいて。いよいよ明日から撮影だって時に、プロデューサーから『主演女優が降りたので、一旦中止させてください』と言われ、俺もキレまくって」と静かな怒りを露わにする。 「前日に降板するなんて、この世界にいる価値がない。森光子さんの作品をやってえらいウケたとかいうけどね。そしたらその人の息子が2、3か月前に強姦で [全文を読む]

小津安二郎の本邦初公開作品も!京都国際映画祭が開幕

Walkerplus / 2016年10月14日02時43分

「京都国際映画祭」が、10月13日に開幕した。京都市内各所で、10月16日(日)までの4日間、映画の上映、アート作品の展示、ワークショップなど、さまざまなイベントが催される。 同映画祭は、京都映画祭からその伝統と志を引き継ぎ、今年で3回目を迎える。“映画もアートもその他もぜんぶ”をテーマとし、京都の歴史や伝統を踏まえつつ新たな文化の創造を目指す。 初日には [全文を読む]

内田裕也のかっこいい頃がヤバイ! 高画質・ビートルズ来日公演“前座”動画公開で判明

tocana / 2016年02月14日19時00分

内田といえば年越しイベントである「ニューイヤーロックフェスティバル」の主催や、『魚からダイオキシン!!』『コミック雑誌なんかいらない!』などのクレイジーな日本映画への出演、91年の東京都知事選出馬など、何かとその言動が話題になることが多い。一方で肝心のミュージシャン活動は「代表曲、ヒット曲なし」「アルバムリリースが少ない」「実は下手なのでは」といった声が聞 [全文を読む]

樹木希林、エレノア監督&ダイアン・レインと初対面 「私は夫に仕えておりませんので」と“希林節”も

エンタメOVO / 2017年06月07日16時51分

映画『ボンジュール、アン』の来日記者会見が7日、東京都内で行われ、主演のダイアン・レイン、エレノア・コッポラ監督、ゲストとして女優の樹木希林が出席した。 フランシス・フォード・コッポラの妻エレノア・コッポラが、自身の体験を基に描いた長編劇映画監督デビュー作。仕事ばかりの夫を持つアンが、夫の友人ジャックと共にカンヌからパリを旅する中で、自分を見つめ直し、人生 [全文を読む]

東海テレビ“ファンタジーな現実”の映し方

ソーシャルトレンドニュース / 2016年12月27日18時30分

その2人を撮った映画『人生フルーツ』が、2017年1月2日より公開される。作家・重松清が“ときをためるドキュメンタリー”と評した本作。東海テレビの劇場ドキュメンタリー、第10作となるが、これまで評判の高かった東海テレビドキュメンタリーとは、また趣のことなったものとなっている。“永遠のオトナ童貞のための文化系マガジン”を標榜しながら、良質のドキュメンタリー作 [全文を読む]

「消えた主役」名作ドラマ・映画の知られざる“交代劇”(2)観月ありさが「高校教師」女子高生役を断った理由

アサ芸プラス / 2016年09月11日17時57分

出世作となった「さまよえる脳髄」(93年、ヒーロー)は、映画初出演にして、神田正輝に「ガラス窓に乳房を押しつけられる」激しいカラミも披露。一気に知名度を上げ、テレビや映画で売れっ子になった。ところが‥‥、「最初は秋吉久美子に決まっていて、撮影もスタートしたんです。ところが、クランクイン直後に『降りる!』と言い出し、急きょ、高島が駆り出されることになりました [全文を読む]

北野武監督×アル北郷「龍三と七人の子分たち」大ヒット記念対談!(2)カット割りしたら「えっ!」

アサ芸プラス / 2015年05月22日05時56分

北郷 北野映画での中尾さんは、誰よりも悲惨な目にあうという設定が定番になってます。でも、最後のカーチェイスからの中尾さんのマクり具合はすごかったですね。たけし あのギョロッとした眼とボウズ頭が何とも言えないんだよ。北郷 あそこは最高です。「中尾」さんの“あの扱い”は絶対ハリウッドでもマネされますよ。あそこだけでも著作権を取っておいたほうがいいですよ。たけし [全文を読む]

内田裕也、29年ぶりのシングルで指原莉乃との異色コラボが実現!

okmusic UP's / 2014年04月23日18時00分

【その他の画像】内田裕也今回のシングルは5月30日公開の指原莉乃 主演映画『薔薇色のブー子』の主題歌に決定。楽曲には指原莉乃も参加し、53歳差の異色コラボレーションが実現している。 内田裕也は「今回の楽曲は正攻法で歌うんじゃなくて、ロックンローラーのリラックスさで、感じを出せるかがポイントだった。語りから始まるイントロでは、さっしーが「裕也」と呼び捨てにす [全文を読む]

「やっぱりハンパじゃない!」樹木希林の認知症CMに業界内外から絶賛の声

日刊サイゾー / 2012年04月07日08時00分

これは同様に認知症老人の役を演じた映画『わが母の記』(4月28日公開)との"コラボ企画"であると推察されるが、それでも一線級の女優が自ら認知症の役を演じたことに、業界は騒然となっている。 芸能プロ関係者は「CMは何度もハッピーバースデーの曲を歌うよう催促する認知症の樹木さんに、家族は困惑しながらも笑顔で応じるというもの。樹木さんの迫真の演技に思わず見入って [全文を読む]

伝説のカルトムービーがパワーアップ!「星くず兄弟の新たな伝説」ビジュアル&特報完成

映画.com / 2017年08月03日17時00分

映画.com ニュース] 1985年に公開された近田春夫原案、手塚眞監督によるロックミュージカル映画「星くず兄弟の伝説」から30年以上の時を経て、リメイクでも続編でもない、新たなコンセプトで製作された映画「星くず兄弟の新たな伝説」のティザービジュアルと特報動画が完成した。 映画は、近未来を舞台にスターダスト・ブラザーズというロッカー二人が月へ行ったり女性 [全文を読む]

本木雅弘主演作に義母・樹木希林がサプライズで駆け付けるも「身内が来るという事はよほど友達がいないということ」と希林節炸裂! 『永い言い訳』特別試写会

AOLニュース / 2016年10月04日16時00分

2人は映画イベントとしては2012年以来の親子共演となったという。本作で本木が演じる主人公の衣笠幸夫は、不倫相手と密会中に、突然の事故で妻を亡くすも、その死に一滴の涙も流すことができない男。劇中では、同じ事故で亡くなった妻の親友の、遺された夫とその子供たちに出会い、ふとした思いつきから幼い彼らの世話を買って出る様が描かれる。映画について、樹木は「ここまでこ [全文を読む]

消えたヒロシ、意外な稼ぎ…10月会見雑感(下)

NewsCafe / 2016年11月02日10時45分

ジャニーズとかAKB48関連以外で印象的だったのは?」 記者「俳優の本木雅弘(50)の主演映画『永い言い訳』のイベントですね。特別試写会に本木の義母の女優、樹木希林(73)がサプライズで登場し、盛り上げました」 デスク「本木はPRでテレビにも出まくってたね。SMAPの解散を意識してか、元ジャニタレとして在籍したシブがき隊の解散にまで言及するサービスぶりだっ [全文を読む]

『情報7days』欠席はホントに映画撮影? 内田裕也も激怒したビートたけし“欠席伝説”とは

日刊サイゾー / 2016年08月12日18時00分

今回の欠席の理由は「映画撮影」とされたが、たけしは過去には、驚くべき理由で番組を休むことで知られた。 「人気深夜ラジオ番組『オールナイトニッポン』(ニッポン放送)での一幕ですね。ラジオは生放送でしたが、直前になっても来ないことがたびたびあったようです。理由も『お化けが出たから』といった信じられないものでした。内田裕也をゲストに招いた回に来ず、なおかつ仕切 [全文を読む]

デヴィッド・ボウイ入門映画『戦メリ』に登場する5人の名優/ミュージシャン

okmusic UP's / 2016年02月15日18時00分

デヴィッド・ボウイの訃報を耳にした時、そのあまりの衝撃から周囲の人間と悲しみとやるせなさ分かち合おうとしたんですけど、日頃音楽を聴かないアラサー以下だといまいち通じないのですね。こちらとしても「グラムロックの〜」「吉井和哉はボウイのインスタレーションとしてイエモンを〜」等といったところから始めてもキリがないので、吐き気がするほどベタではあるものの『戦場のメ [全文を読む]

小島瑠璃子もハマる漫画「東京喰種」の実写版キャストをファンが大激論!

アサ芸プラス / 2015年01月23日12時30分

昨今は漫画原作の映画やドラマがひっきりなしだが、今回のアニメ化を受け、ネット上では早くもファンによる実写版のキャスティング予想で大盛り上がりとなっているのだ。 まずは、主人公のカネキ役から。元人間で半喰種という絶望を演じられるのは誰か? 「ファンの声は、神木隆之介、本郷奏多、池松壮亮の3つに割れてますね。年齢と身長的にもぴったりな神木を推す声が一番多いです [全文を読む]

【ウラ芸能】内田裕也、さしこプロジェクト大不発

NewsCafe / 2014年07月13日15時00分

初動で5000枚ほど出て初登場16位は記録したものの、その後すぐにフェードアウトしました」デスク「生き方はロックンローラーでも、内田ってヒット曲はないし、さしこの握手券がなければ売れないのは当たり前だよな」記者「内田は最近、作家の林真理子(60)と対談してますが、そこでは自分が企画・主演した映画『コミック雑誌なんかいらない』(1986年)の思い出ばかり語っ [全文を読む]

内田裕也に「俺の目に狂いはなかったね」と言わしめた指原莉乃 魅力は抜群の“イジられ力”?

メンズサイゾー / 2014年07月11日20時10分

同曲は5月に公開された指原主演の映画『薔薇色のブー子』の主題歌にもなっているが、この楽曲の宣伝で内田が10日に放送された『情報ライブ ミヤネ屋』(日本テレビ系)に生出演した。 同番組司会の宮根誠二(51)に、今回のコラボについて問われた内田は、「俺の目に狂いはなかったね」「意外な人と組みたいと思って(指原を)密かにマークしてた」と指原のロックンローラーぶり [全文を読む]

フォーカス