離婚 内田裕也に関するニュース

「ウチの舞台に怖い人いないから」浅田美代子のトークが面白すぎる

アサジョ / 2017年09月20日10時15分

結婚するつもりです』と返され、2人は納得して帰りましたけど」 8月25日放送の「ダウンタウンなう」(フジテレビ系)の「本音でハシゴ酒」では、拓郎との離婚後の話。1983年に協議離婚してからは「会ったことは全然ない。偶然もない。電話番号も知らない。離婚ってそういうものよ」と語り、一人になってから3人の男からプロポーズされたことを打ち明けた。 その前日、8月2 [全文を読む]

川崎麻世ほか“別居婚”夫婦の「それぞれの理由」

日刊大衆 / 2017年08月17日07時35分

結婚していても一緒に住まず、かといって離婚もしないという“別居婚”。有名人の中にも、”別居婚”というスタイルを選択し、独特な夫婦生活を送るカップルが存在する――。 別居婚の大先輩と言っても過言ではないのは、やはり樹木希林(74)と内田裕也(77)だろう。二人は1973年に結婚後、娘の内田也哉子(41)を授かったが、1年半後には別居を開始。それ以来、現在まで [全文を読む]

加護ちゃん夫だけじゃなかった!!伊勢谷友介、井戸田潤…芸能界のDV男たち

アサ芸プラス / 2015年06月19日17時59分

■事例【1】 漫才コンビ「キングコング」の梶原雄太が前妻と離婚したのが04年4月。入籍からわずか1年1カ月のスピード破局だった。梶原の浮気発覚によって前妻が家出をしたのがキッカケだったと言われるが、直後に発売された「フラッシュ」(04年6月1日号)が、離婚の大きな要因となったのは梶原のDVであると報じた。記事では、前妻が荷物を取りに来たときに口論となり、梶 [全文を読む]

内田有紀と交際の柏原崇 杖つくも「内田のお陰で癒し」の声

NEWSポストセブン / 2012年11月21日07時00分

ともに結婚・離婚を経験したふたりは2009年末、友人を介して再会し、交際がスタートした。 「ふたりとも高校時代から芸能界で仕事をしてきたから、互いに同級生のような存在なんだそうです。何でも相談できるし、再会したときも、離婚のことを、“本当はこんな家庭が作りたかった”とか、本音で話せたそうです。真面目なふたりですから、交際を始めることにも慎重になっていました [全文を読む]

樹木希林、50年近く別居中の夫・内田裕也と離婚しない理由とは?

Smartザテレビジョン / 2017年05月21日10時20分

一方、樹木は自身の家族について、50年近く別居しているロックミュージシャンで夫の内田裕也と離婚しない理由について明かした。 橋爪が「別居を続けるって、かなりのエネルギーがいるじゃん?」と疑問を投げかけると、樹木は同意し、「社会的な問題が起きても、こっちにも責任が来る」と苦労をにじませた。 それでも別れない理由について、樹木は強い口調で「これはねぇ、いい重 [全文を読む]

内田裕也と樹木希林のツーショットに黒柳徹子も興奮!

Smartザテレビジョン / 2016年07月13日06時02分

結婚から別居、離婚騒動まで、知られざる夫婦の真相に黒柳が鋭く斬り込んでいく。 今回、内田と黒柳は、昨年秋ごろにプライベートで会って以来の再会。サプライズという演出な上に、テレビスタジオで初&トークバラエティーでも初の夫婦ツーショットとなる内田は、「珍しく上がった」と緊張したよう。 一方、樹木は「照れます」と終始伏し目がち。40年以上にも及ぶ別居生活を黒柳か [全文を読む]

オセロ・中島知子の洗脳騒動で垣間見た、女優・樹木希林“不動産王”の素顔

日刊サイゾー / 2012年12月29日10時00分

もちろん、生活費も渡しているようですよ」(テレビ局関係者) この夫婦が離婚しないのも不思議なのだが、どうやって彼女がそこまでの“不動産王”にまで上り詰めたのかが一番の疑問である。 「希林さんは独学で不動産を学んだそうです。彼女いわく『とにかく、自分の足と目で見ることよ』と。なんでも、いろいろなところに情報網があって、いい物件があるとすぐに彼女に連絡がくるそ [全文を読む]

金子哲雄氏「癌との戦いは情報戦。いかに良い医者探せるか」

NEWSポストセブン / 2012年10月04日07時00分

用意できる」樹木希林は“宗教者” 離婚せぬのは堕ちた内田裕也救うためYOUにイケメン歯科医と映画デートの後“お泊り”との報道暴れる内田裕也に本木雅弘タックル、希林鉄パイプでボコボコ [全文を読む]

「実はドタキャンだった!?」日テレ『芸能★BANG+』に"洗脳"占い師が出演しなかった全真相

日刊サイゾー / 2012年05月14日08時00分

ただ、番組では高嶋政伸と離婚裁判中の美元をめぐるコーナーが「ついに離婚を決意」とあおったほどの話になっていなかったり、淡路恵子と遠野なぎこのバトルをあおりながら次回放送という予告で終わったりと、ほかにも誇大広告のような部分は見受けられた。 番組内では、元サッカー選手の本田泰人が再婚したばかりの一般人との離婚を決意したと打ち明け、フリーライターの片岡亮がIの [全文を読む]

樹木希林、エレノア監督&ダイアン・レインと初対面 「私は夫に仕えておりませんので」と“希林節”も

エンタメOVO / 2017年06月07日16時51分

そして離婚しようかなと迷い、踏みとどまっている。そういう人たちがこの映画を見た時に、何か胸に落ちるのでないかと思います」と見どころをアピールした。 一方で「アンという女性に共感した部分は?」と尋ねられた樹木は、夫の内田裕也を引き合いに「私はエレノアさんのように夫に仕えていませんので。長い間、50年近く別居しておりますので何も苦労していません。なので、共感で [全文を読む]

「芸能界の都市伝説」これが真相だ!<ドリフ加入をいかりや長介に口説かれた桑田佳祐>

アサ芸プラス / 2017年02月27日12時57分

最後はカリスマ中のカリスマ・矢沢永吉であるが、前夫人との離婚の際に語った言葉こそ、グレート。「慰謝料? ポルシェ3台分かな」 YAZAWAが口にするのだから、最高級の3台分に違いない。 [全文を読む]

勝ち組? 負け組? 婿養子タレントの明暗

日刊大衆 / 2017年02月27日11時00分

妻が有名な企業の社長の一人娘だったため婿養子になり、“逆玉”婚と話題になったものの、2015年に離婚。理由は、鈴木が浪費家で家に金を入れなかったのが原因の一つだといわれている。いくら妻の実家が金持ちでも、稼がない男は愛想を尽かされる!? 最近の婿養子の注目株は、タレントの関根麻里(32)と結婚した韓国人男性歌手のK(33)だ。関根麻里は言わずと知れたお笑い [全文を読む]

さんまが2人の若手女優に「美人の特権を使え!」

Smartザテレビジョン / 2016年09月24日14時30分

さらに、本木は不思議な夫婦の形を維持し続けている義理の父母の内田裕也と樹木希林を例に挙げ、「(明石家)さんまさんが大竹しのぶさんと離婚した後も、誰とも再婚しないのは、やっぱり大竹さんは別格だからなんですか?」と、鋭い質問でさんまの再婚について切り込む。 また、番組の最後には、朝ドラ「とと姉ちゃん」(毎週月~土曜朝8:00-8:15、NHK総合)で主人公の [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】川崎麻世、夫婦関係継続も自宅に居場所なく カイヤ「この家は私のもの!」

TechinsightJapan / 2016年05月11日18時00分

先日出演したインターネットテレビ局の番組で「離婚はゼロですね!」と断言した川崎麻世。4月には、十数年ぶりに2日連続でカイヤと食事を共にしたという。長年別居を続ける夫婦として内田裕也・樹木希林夫妻が有名だが、2人は別居生活が30年以上経ってからやっと一緒に食事をするようになったそうだ。 川崎・カイヤ夫妻の息子は、秋には20歳になる。川崎のブログにカイヤの話 [全文を読む]

森三中・大島の第1子は「笑福(えふ)」! 空詩(らら)、宝冠(てぃあら)……芸能界キラリンネーム王は誰だ!?

日刊サイゾー / 2015年06月25日17時00分

ほかにも、ダンカンの長男の「甲子園(こうしえん)」、04年に大鶴義丹と離婚したマルシアの長女「弥安(びあん)」、古田新太の長女「アロエ」など、枚挙にいとまがないが、今年の芸能界は空前の“妊娠報告ラッシュ”といわれるだけに、今後も世間を楽しませてくれそうだ。 [全文を読む]

川崎希「ダメ男の愛し方」発表に、アレクは「男は浮気くらいできないと女の人を幸せにできない」

Woman Insight / 2015年02月24日19時37分

♪アレクさんの浮気に、川崎さんが“浮気返し”したときが「離婚」のとき。でもアレクさんには自信があるようで、「俺で満足できない人はいないと思うから」と。 フォトセッションで、川崎さんの耳を噛んで撮影したり……と自由なアレクさんに付き合う川崎さんという、終始ラブラブなふたり。“夫婦の危機”ってなかったのでしょうか? 「私たち、2月22日が結婚記念日なんですけ [全文を読む]

内田裕也「俺にも取材しろ」!? 樹木希林の「全身がん」告白に便乗か

サイゾーウーマン / 2013年03月22日13時00分

それでも離婚しないところを見ると、2人の絆を感じなくはないが、前出スタッフは、内田の行動に疑問を呈する。 「オセロ・中島知子の洗脳事件の時、マスコミはネタを欲しがるあまりに、マンションの家主である本木雅弘だけでなく、義母である樹木、さらには内田にまで話を聞きに行った。そのことで内田は味をしめたのかもしれませんが……妻の病気をネタに出しゃばるのでは、さすがに [全文を読む]

熊谷真実 妹・松田美由紀の影響もあり18才年下書道家と結婚

NEWSポストセブン / 2012年11月19日07時00分

熊谷は1980年に、劇作家・つかこうへいさん(享年62)と結婚したが、わずか2年で離婚。以降、30年もの間、独身を貫いてきた。 「私、鉄のパンツをはいているから」 そう自虐的にいうこともあったほどだったが、今回ひと回り以上も離れた年下夫を選んだのには、実妹の松田美由紀(51才)の強い影響があったという。 松田は、松田優作さん(享年40)をがんで亡くして以 [全文を読む]

桑名正博亡き後、「夜の帝王」の名を継ぐミュージシャンは?

日刊サイゾー / 2012年11月03日12時00分

「桑名さんは若い頃からプレイボーイで有名で、前妻のアン・ルイスとの離婚も、桑名さんの度重なる浮気が一因でした。内田裕也さんを中心とするグループでは年少世代でしたが、女性関係は一番派手で、意外とシャイな裕也さんが『ほどほどにしとけ』と説教した逸話もあるほど。手を出したファンを含めると、数百人と関係を持ったはず」(レコード会社関係者) 酒グセも悪く、盛り場の [全文を読む]

「坊さん見ると死を思い出す」被災地で僧侶の慰問拒否の例も

NEWSポストセブン / 2012年03月30日16時00分

※週刊ポスト2012年4月6日号 【関連ニュース】直木賞候補「新興宗教の教祖になるならルックスと声が大事」中学生ボランティアに「毛布がない」と不満ぶつける被災者も1kWh原発コスト10.69円で火力9.90円と比べ安くないと専門家 創価学会、霊友会、真如苑…世界で支持される日本の新宗教樹木希林は“宗教者” 離婚せぬのは堕ちた内田裕也救うため [全文を読む]

フォーカス