俳優 内野聖陽に関するニュース

市川紗椰ほか、“早慶出身”タレントはなぜ多い?

日刊大衆 / 2016年12月31日16時00分

イケメン俳優の藤木直人(44)もその一人だ。藤木は進学校として知られる千葉県立佐倉高等学校を卒業後、1年の浪人生活を経て、早稲田大学の理工学部に入学した。在学中に映画『花より男子』(東映配給)で俳優デビューし、芸能活動のために1年留年することになったが、無事に卒業を果たしている。 また、報道番組『ユアタイム~あなたの時間~』(フジテレビ系)でメインキャスタ [全文を読む]

井上芳雄「全方位に好かれるのは無理」 30代で気づいたこと

anan NEWS / 2016年11月11日08時00分

近年は、新たな分野にも挑戦し、貫禄や逞しさも身につけ、王子から大人の俳優へと成長を遂げている井上芳雄さん。そんな井上さんにインタビューを敢行しました。 * * * 井上芳雄さんのデビューは20歳の時。大作ミュージカル『エリザベート』で演じたのは、繊細な心を持った孤独な皇太子。美しい歌声と端正なルックスは、リアルプリンスの誕生と大きな話題になった。その井上さ [全文を読む]

「刀剣乱舞-ONLINE-」「刀剣乱舞-ONLINE- Pocket」新テレビCM放映開始

PR TIMES / 2016年08月05日13時20分

新人俳優の栗原吾郎を起用したバージョンのCMもあります。[画像2: http://prtimes.jp/i/2581/1224/resize/d2581-1224-872282-2.jpg ][画像3: http://prtimes.jp/i/2581/1224/resize/d2581-1224-496552-3.jpg ][画像4: http://pr [全文を読む]

「刀剣乱舞-ONLINE-」「刀剣乱舞-ONLINE- Pocket」 新テレビCM放映開始

デイリーニュースオンライン / 2016年08月05日12時30分

新人俳優の栗原吾郎を起用したバージョンのCMもあります。 【出演者プロフィール】内野聖陽-俳優(演劇・テレビドラマ・映画)1993年にNHKドラマ「街角」でデビュー。主な代表作として「エリザベート」(舞台)、「ベガーズ・オペラ」(舞台)、「風林火山」(NHKテレビ)、「臨場-劇場版-」(映画)などがある。 栗原吾郎-1996年1月12日生まれ。埼玉県出身。 [全文を読む]

志尊淳がNY修行の日々を語る!『AERA English 2017春夏号』3月24日発売

PR TIMES / 2017年03月22日16時16分

4月から始まるNHKテレビ・ラジオ英語講座を大特集しているほか、インタビューには、俳優の志尊淳さんが登場。昨年体験したNYの俳優修行や、ドラマ「きみはペット」撮影時のエピソードなどを語っています。 [画像1: https://prtimes.jp/i/4702/181/resize/d4702-181-454950-0.jpg ] 英語力をUPさせたいすべ [全文を読む]

「今までで1番かわいい龍馬」キャリア20年のベテラン俳優・神木隆之介が坂本龍馬に挑戦!

ダ・ヴィンチニュース / 2015年09月17日17時30分

22歳にして芸能活動20年のベテラン俳優・神木は、キャリアの中で多くのマンガ原作の実写作品に出演している。 荒俣宏(原作・原案)&水木しげる(作画)の『妖怪大戦争』では、ひ弱な都会っ子のタダシ、『金田一少年の事件簿』のコンビ・天樹征丸(原作)&さとうふみや(作画)の『探偵学園Q』では、推理力に長ける中学生・究、浦沢直樹の『20世紀少年』では物語の鍵を握るカ [全文を読む]

新婚・田中圭がさくらとの夫婦事情について、あの内野聖陽に相談していた!?

サイゾーウーマン / 2012年07月17日12時00分

昨年11月に女優・さくらと結婚し、今年2月には待望の長女が出まれ、一児のパパとなった俳優・田中圭。プライベートだけでなく、映画『サンゴレンジャー』や『相棒』のスピンオフ映画に主演するなど、俳優としても上り調子。3月には、内野聖陽とW主演で舞台『幻蝶』に出演し、その演技力で観客を魅了していた。 そんな、公私ともに順風満帆のように見える田中だが、実は最近、ある [全文を読む]

阿部サダヲ、『直虎』徳川家康役で好評価の理由 少年時代演じきる怪優ぶりも

リアルサウンド / 2017年03月12日06時00分

当然のことながら、これまでの大河ドラマでも、 寺尾聰(軍師官兵衛)、北大路欣也(江〜姫たちの戦国〜)、松方弘樹(天地人)、西田敏行(功名が辻)、津川雅彦(葵 徳川三代)など数々の俳優が家康を演じてきた。一番近いところで言えば、昨年放送の『真田丸』で内野聖陽が、これまでの「神君」家康像を、コミカルかつ庶民的な人物という土台を提示しながら、年齢と共に変わりゆく [全文を読む]

嵐・二宮和也の日本アカデミー賞出席で露呈したジャニーズの”身長サバ読み”事情

デイリーニュースオンライン / 2016年03月11日17時05分

二宮がアカデミー賞に出席した他の男性俳優陣と立ち並ぶオフィシャル写真が、いわゆる“公開処刑”状態となってしまったのだ。 ■嵐・二宮より深刻?SMAPの身長”サバ読み”問題 「二宮が不幸だったのはこの日、高身長の俳優が揃っていたことです。公称168センチの二宮を囲むように177センチの内野聖陽、178センチの大泉洋、182センチの佐藤浩市、179センチの役所 [全文を読む]

嵐・二宮和也、日本アカデミー賞「公開処刑」でバレた“身長詐称疑惑”

おたぽる / 2016年03月11日09時00分

ところが、授賞式のステージに立つ途中、高身長の男性俳優と行進している写真が「公開処刑されている」と、話題を呼んでいる。 「俳優陣の並びは、向かって左から内野聖陽(身長177cm)、大泉洋(178cm)、佐藤浩市(182cm)、二宮和也(168cm)、役所広司(179cm)でした。ネット上では、二宮の身長詐称疑惑を検証するサイトも登場。少しカラダを傾けてい [全文を読む]

内野聖陽や向井理も 朝ドラは大ブレイクする俳優を続々と輩出

NEWSポストセブン / 2016年01月02日07時00分

一方、ヒロインの相手役の男性、いわば“ヒーロー”を演じたことでブレークした俳優は少なくない。 ちょっと前なら『ひまわり』の上川隆也(50才)も、『ふたりっ子』の内野聖陽(47才)、『あまちゃん』の福士蒼汰(22才)や、『ごちそうさん』の東出昌大(27才)も、それまで若手イケメン俳優のひとりにすぎなかったのが、朝ドラをきっかけに大ブレークを果たした。『花子と [全文を読む]

内野聖陽、トルコ人俳優にジェラシー「相変わらずイイ男」

Movie Walker / 2015年12月01日19時53分

【取材・文/山崎伸子】 [全文を読む]

内野聖陽 オフの過ごし方や再婚等プライベートについて語る

NEWSポストセブン / 2015年10月03日07時00分

映画『罪の余白』で、娘を亡くした父親を熱演している俳優・内野聖陽さん(47才)。内野さん扮する安藤聡と、娘の死の真相にかかわりのある娘のクラスメート・咲(吉本実憂)の心理戦が見どころ。吉本演じる恐ろしい女子高生に翻弄され、苦悩する父親に引き込まれます! 劇中ではそんな姿を見せる内野さんですが、普段はどんな男性なのでしょうか?(取材・文/活動屋映子)―─月並 [全文を読む]

NHK、長澤まさみ起用の大胆戦略

NewsCafe / 2015年07月31日17時00分

「そこで、この危機を乗り切ろうとウチが白羽の矢を立てたのが、今が旬の俳優、真田幸村役の堺雅人(41)と人気脚本家の三谷幸喜氏(54)、それに長澤なんです。内部では彼らを『3本の矢』と呼び、期待を寄せています」 なるほど…。 「今回はその他の俳優陣も精鋭揃いです。幸村の父親である真田昌幸役には草刈正雄(62)、徳川家康に内野聖陽(46)、ほかにも遠藤憲一( [全文を読む]

『とんび』の舞台裏 内野聖陽がリアルさ求めグーで殴られる

NEWSポストセブン / 2013年03月16日16時00分

なかには、将来俳優志望の子がいて、健くんが“頑張ってね”って応援してあげてました。その子は、“健さんみたいな俳優になる”って言ってましたよ」(地元住民) そうしたなか、舞台裏でもやはり主役は内野だった。 「ロケの季節は真冬で、早朝からの撮影も多かったんです。でも、内野さんは、裸足に雪駄姿で、ずっと耐えてました。そして、氷を口に含んで、白い息を消してました。 [全文を読む]

その日人類は、新たな禁断の箱(=パンドラ)を開ける―。脚本家・井上由美子と実力派俳優陣が放つ人気ドラマシリーズ第3弾『パンドラIII 革命前夜』が4月25日より発売中

PR TIMES / 2012年04月27日14時20分

鈴木が生み出したのは救世主なのか、独裁者なのか…? ■「ソニー・ピクチャーズ エンタテイメント」オフィシャルサイト: http://www.sonypictures.jp/企業プレスリリース詳細へPRTIMESトップへ [全文を読む]

「俳優としてより......」内野聖陽を"獲得"したスターダストの真の狙いとは

日刊サイゾー / 2012年02月19日08時00分

それにしても、自分の行いを棚にあげて事務所の大きさを言い訳にするのは、みっともないですよね」(芸能事務所関係者) これらの件で、人としても俳優としてもミソをつけた形になった内野に、以前ほどの"商品価値"があるとは思えないのだが、その辺はスターダストも抜かりがないようだ。「スターダストとしては、"俳優"としての内野さんをそれほど高く評価しているわけではないそ [全文を読む]

第14回「21世紀の連ドラ史」

ソーシャルトレンドニュース / 2016年12月23日11時30分

この作品をキッカケに多くの若手俳優にスポットライトが当たった。主役の長瀬智也は別としても、窪塚洋介、山下智久、妻夫木聡、坂口憲二、小雪、佐藤隆太、阿部サダヲ、高橋一生――今見るとそうそうたるメンツだけど、みんな当時はほとんど無名だった。さて、一躍人気脚本家の仲間入りをしたクドカンを、当然あの局が放っておくはずがない。フジテレビだ。ところが――これが前代未聞 [全文を読む]

西内まりやに尾上松也…“車チュー”恥ずかし事件簿

日刊大衆 / 2016年10月29日11時00分

また“車チュー”といえば、2014年に歌舞伎俳優の尾上松也(31)もその姿を『週刊文春』(文藝春秋)にスクープされている。当時、前田敦子(25)との交際中にもかかわらず、尾上は共演者らを含めた食事会の後、ラジオ局の女性プロデューサーとバーへ。そして、その帰り道に彼女をタクシーで送り届け、自宅前で“車チュー”をしたのだ。しかも尾上は、その足で前田のマンショ [全文を読む]

大河ドラマ 山本耕史ら「さらりと脱ぐ男」に注目集まる

NEWSポストセブン / 2016年08月24日07時00分

大河ドラマでさらりと脱いで大反響を呼んだ俳優といえば『八重の桜』の西島秀俊を思い出す。会津の道場で稽古をするシーン。改めて見直してみると、西島の稽古相手は上半身脱いでいるわけではないので、ここはやっぱり彼の見せ場だったんですな。西島を評した“細マッチョ”は流行語にもなった。 西島にしても山本にしても、いかにも鍛えてますというイメージではなかっただけに、お [全文を読む]

フォーカス