手術 南果歩に関するニュース

12人に1人がかかる乳がん 進行度、悪性度で治療法異なる

NEWSポストセブン / 2016年05月02日07時00分

昨年9月24日に右乳房の全摘手術を受けた北斗晶(48才)。約6か月、計9回にわたる抗がん剤治療がようやく終わった。薬の影響でパンパンにむくみ、結婚指輪はまだはめられずにいる。全身の毛が脱け、しばらくは帽子が手放せない生活。「これが本当に最後でありますように…」──北斗は夫で元プロレスラーの佐々木健介(49才)ら家族とともに祈っている。 そしてもう1人、南 [全文を読む]

俳優・渡辺謙、南果歩さんの「夫婦受診物語」~妻が救い、夫も救い返した!

ヘルスプレス / 2016年03月20日20時38分

夫で俳優・渡辺謙さん(56)の胃がん手術に次ぎ、自らも初期の乳がんを患って3月11日に手術していた事実が判明した女優の南果歩さん(52)。 まるでドラマ! 妻の直感が夫の病を突き止め、その人間ドック効果が自らの罹患発見にも繋がるという婦唱夫随劇となった。 関係筋の情報によれば南さんの乳がんが判明したのは2月下旬のこと。つまり南さんの助言(そこから人間ドック [全文を読む]

現在の乳がん治療は「切る」「切らない」の二択ではない

NEWSポストセブン / 2016年06月27日16時00分

タレントの北斗晶(48才)は、2cmと大きな腫瘍が見つかり、右乳房全摘手術と抗がん剤治療を受けた。女優の南果歩(52才)は早期の乳がんで手術を受け、フリーアナウンサーの小林麻央(33才)は、1年8か月前から乳がんの治療を受けていることがわかった。 これまで乳がんの治療は「切る」ことを前提に「どのタイミングで」「どこまで」「いつ切るか」と議論されてきた。 し [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】南果歩新CMに視聴者困惑 「夫にも感謝」と言われても…

TechinsightJapan / 2017年04月05日15時47分

2人の関係は渡辺の妻である南果歩が2016年乳がん発覚・手術後も続いていたようで、同誌は今年2月ニューヨークで共に過ごす様子を掲載している。 そもそも南が夫に人間ドックを受けるようにすすめ、そこで渡辺の早期の胃がんが見つかり2016年の初めに手術を受けていた。これをきっかけに彼女も夫を看病中に人間ドックを受けたところ、こちらも早期の乳がんが発見され3月に手 [全文を読む]

小林麻央ほか「乳がんと闘う」女性の“過酷な闘病生活”

日刊大衆 / 2016年10月11日19時00分

腫瘍のある部分を切除する乳房温存手術を受けるも、二度の再発に見舞われ、結局、右胸の全摘手術を行った。その後、乳房の再建手術を受けた彼女は、9月に安倍晋三首相が主宰する「働き方改革実現会議」の有識者メンバーに起用されることが発表された。これは乳がん発覚後も治療しながら女優業を続けた経験から、がん患者が働きやすい環境整備に意見を反映させるため、といわれている。 [全文を読む]

乳がん 増殖の活発さを示す4つのタイプで治療法も異なる

NEWSポストセブン / 2016年06月28日07時00分

見つかった腫瘍は2cmと大きく、右乳房全摘手術と抗がん剤治療を受けた。一方で女優の南果歩(52才)は人間ドックを受診して異常が見つかり、2016年3月に早期の乳がんで手術を受けた。女優の生稲晃子(48才)は43才で乳がんにかかり、その後計5回の手術を受けて乳房を再建している。 そんななか歌舞伎俳優・市川海老蔵(38才)の妻でフリーアナウンサーの小林麻央(3 [全文を読む]

乳がん治療は日々進歩、樹木希林の元気ぶりがその証明

NEWSポストセブン / 2016年06月28日07時00分

見つかった腫瘍は2cmと大きく、右乳房全摘手術と抗がん剤治療を受けた。 一方で女優の南果歩(52才)は人間ドックを受診して異常が見つかり、2016年3月に早期の乳がんで手術を受けた。女優の生稲晃子(48才)は43才で乳がんにかかり、その後計5回の手術を受けて乳房を再建している。このように女性にとって「乳がん」は、決して他人事ではない。 そんななか歌舞伎俳優 [全文を読む]

注目高まる乳がん検診 マンモグラフィー効果は多様な見解

NEWSポストセブン / 2016年06月18日16時00分

治療法もさまざまで、腫瘍部分を取る「部分切除」や乳房全体を切除する「全摘」など手術にもいくつか種類があるが、併せて抗がん剤やホルモン治療などを行うのが一般的だ。乳腺外科・ベルーガクリニックの富永祐司院長が話す。「抗がん剤でがんを小さくしてから手術をするケースが多いですが、手術まではだいたい半年前後。1年8か月もの間、手術に踏み切っていないとすれば転移の可能 [全文を読む]

渡辺謙「不倫」に甘いテレビ ベッキーの時と「まるで違う」

J-CASTニュース / 2017年03月30日13時43分

「夫婦間の問題だから」?渡辺さんの妻である女優の南果歩さん(53)は16年3月に乳がんの手術を受け、その後も9月まで放射線や投薬での治療を続けていた。今回の文春記事によれば、渡辺さんはこうした妻の闘病中にも、不倫相手の一般女性と「逢瀬」を重ねていたという。乳がん治療の経過を詳細に報告した南さんの17年3月11日のブログでは、手術後の自身の体調について、「薬 [全文を読む]

故・川島なお美さんの「選択」に惜しむこと 医師への「反発」でも「従属」でもない関係とは

東洋経済オンライン / 2017年01月17日08時00分

がんの手術後に抗がん剤治療を受けなかったこと、発酵玄米や豆乳ヨーグルトを中心とする食事療法をしたり、ビタミンCの濃縮点滴治療・電磁波などを使った民間療法を受けていたことなどが、主な批判の内容です。私はこれらの民間療法に効果があると思っていません。それでも川島さんが療養生活について自分で一生懸命に調べ、納得しながら続けてこられたことを高く評価します。亡くなら [全文を読む]

フォーカス