大関 白鵬に関するニュース

【大相撲初場所】待望の「日本人横綱」誕生なるか

デイリーニュースオンライン / 2015年01月23日06時50分

相撲人気復活の一方で不甲斐ない大関陣 大相撲の人気が復活の兆しを見せている。東京・両国国技館で開催中の大相撲初場所(一月場所/1月11日〜1月25日)が、東京場所としては18年ぶりに一場所全15日間「満員御礼」となることが21日にわかった。これは、若乃花・貴乃花兄弟の「若貴フィーバー」が続いていた1997年の初場所以来で、東京場所以外を含めても2001年の [全文を読む]

<「一発でKOしました!」とアナが叫ぶ相撲実況>ルール違反でないなら何でもありか?横綱白鵬

メディアゴン / 2016年06月05日07時40分

両角敏明[テレビディレクター/プロデューサー]* * *5月27日、大関豪栄道が横綱白鵬の肘打ちにより左眼窩(がんか)壁を骨折していたことが明らかになりました。K‐1ですら禁止している『肘打ち』を『かち上げ』と相撲関係者が強弁し続けている結果です。白鵬の危険な取り口の典型は2012年9月場所12日目、対関脇妙義龍戦でしょう。立ち合い、白鵬の右『肘打ち』が左 [全文を読む]

日本人横綱誕生なるか?大相撲九州場所は「混戦模様の土俵」

しらべぇ / 2016年11月16日10時00分

(画像は日本相撲協会公式サイトのスクリーンショット)大相撲九州場所は、大関豪栄道の綱取りが期待されている。今年に入り、「久々の日本人横綱誕生」の話題が叫ばれてきた。これは今年初場所の琴奨菊優勝がきっかけだが、残念ながらあとが続かなかったのだ。琴奨菊と稀勢の里、どちらも大いに期待されながらも綱取りの可能性を皆無にしてしまった。だからこそ、豪栄道にはすべての不 [全文を読む]

<ベテラン相撲記者が注目する大相撲春場所>白鵬の「13日目優勝」を阻止した照ノ富士

メディアゴン / 2015年03月27日01時44分

しかし、終盤の土俵を盛り上げたのは、横綱、大関陣ではなく春場所が新関脇の23歳の新鋭照ノ富士だった。13日目の取組で全勝街道を突き進んでいた白鵬を見事に寄り切って土をつけ、まれに見る名勝負を演じた。白鵬が照ノ富士に勝って13日目に優勝を決めていたら、輪島以来42年ぶりに2場所続けて13日目に優勝が決まるという記録が達成されていたのだ。その白鵬にストップをか [全文を読む]

<白鵬はまた取材拒否>成長続ける新大関・照ノ富士の名古屋場所に注目

メディアゴン / 2015年05月30日19時07分

照ノ富士は春場所白鵬に土をつけて千秋楽まで優勝争いに踏みとどまる活躍で、夏場所が始まる前には成績次第で大関と言われて注目が集まっていた。夏場所初日、その照ノ富士は強引な取り口で墓穴を掘って佐田の海に寄り切られた。一方、白鵬は逸ノ城に立ち合い一瞬の突き落としで敗れた。照ノ富士、白鵬ともに黒星発進で“荒れる春場所”ならぬ“荒れる夏場所”の予感がした。一度は消え [全文を読む]

大相撲夏場所 モンゴル勢率いる白鵬VS新世代対決が見もの

NEWSポストセブン / 2015年05月09日07時00分

春場所で白鵬を破って13勝を挙げて準優勝し、今場所に大関取りがかかる関脇・照ノ富士や、人気力士の小結・逸ノ城らが形成する「鳥取城北高グループ」である。 同校は過去、琴光喜(元大関)、星風(元十両)など10人の関取を輩出した名門。最近はモンゴルからの留学生も多いが、「高校OB会の結束が固く、他のモンゴル人力士と違って、巡業先で食事に行く時も白鵬のグループと交 [全文を読む]

照ノ富士?逸ノ城?白鵬が引導を渡されたいと願っている後継者はなんと!?

アサ芸プラス / 2015年05月24日17時59分

その筆頭が今場所に大関昇進をかけている照ノ富士、二番手は三役昇進後に足踏みをしているが人気者の逸ノ城ではないのか。「照ノ富士と逸ノ城? 世間では確かにそう言われてますが違います。白鵬にとって同じモンゴル出身の力士はライバルでしかありません。モンゴル人力士に負けたときの悔しがりっぷりは凄まじいですから。じつは白鵬が後継者として出てきてほしいと願っているのは日 [全文を読む]

モンゴル人力士 初場所前に全員で休場しようとの動きあった

NEWSポストセブン / 2015年05月20日07時00分

なぜなら、逸ノ城に加え、今場所で大関取りを狙う関脇・照ノ富士という2人の出世頭は、同じモンゴル人でありながら白鵬が束ねる派閥から外れ、母校・鳥取城北高出身者で固まっているからだ。 動揺の理由はもう一つある。最近、白鵬が率いるモンゴル人軍団の足並みが揃っていないというのだ。 「日馬富士が白鵬から距離を置き始めている。実は今年の初場所前、モンゴル人力士の間で“ [全文を読む]

大相撲がっぷりよつ座談会 佐藤祥子×南伸坊×能町みね子

文春オンライン / 2017年06月11日17時00分

「ああ、もうこの人は大関で終わるんだ。もうこれから期待するのはやめよう」と、諦めの境地に至っていたんですけれど。 南 じゃあ、もう最高じゃないすか。 能町 実は今でも信じられないくらいで。 佐藤 わかる気がします。稀勢の里ファンは、何度も期待を裏切られていて耐性ができちゃっていた。期待しないようにしないように、見て見ぬふりをしよう、みたいな感じだったんです [全文を読む]

やくみつる×貴闘力 大熱戦「五月場所」副音声“裏解説”(2)謙虚でスケールが大きい正代

アサ芸プラス / 2017年05月20日17時56分

──高安は大関獲りの場所。彼を次期横綱の筆頭にあげる人もいました。貴闘力 横綱にA、B、Cのランクがあるとすれば、Cランクの横綱くらいにはなれるかもしれない。やく (相手の攻撃を)受けると、そんなに強くない。攻撃相撲ですからね。──遠藤、御嶽海、正代、三代目豊山、貴乃花部屋の貴源治という新鋭にも注目が集まっています。正代は東京農業大学2年次の実績から幕下付 [全文を読む]

白鵬、初場所で「協会に恥をかかせてやる」と反発か

NEWSポストセブン / 2017年01月30日07時00分

初場所千秋楽の翌日に開かれた横綱審議委員会は、初優勝した大関・稀勢の里の昇進を全会一致で「推挙」するとの答申を出した。大相撲ファンが待ち望んだ日本人横綱の誕生となったわけだが、その議論は異例のものだった。 「協議はたったの15分間。また、直近の4横綱(朝青龍、白鵬、日馬富士、鶴竜)の昇進前『6場所』の成績を載せた資料が配られたことも異例でした。稀勢の里が過 [全文を読む]

豪栄道以外も!? 「将来の日本人横綱」大予測!!

日刊大衆 / 2016年10月05日18時00分

「鬼の居ぬ間」ならぬ「白鵬の居ぬ間」とばかりに、綱取りに挑んだ大関・稀勢の里(30)は、その白鵬本人から、「このチャンスをものにしてほしいね」とエールを送られたものの、序盤で2敗する波乱の展開となり、11日目に大関・豪栄道(32)に3敗目を喫して今場所後の綱取りは絶望的になった。 3横綱、1大関をモンゴル人力士が占める中、日本人横綱の誕生は大相撲ファンの悲 [全文を読む]

市川紗椰が語る大相撲愛 「豪栄道の優勝を見るために予定より早く海外から帰国しました(笑)」

週プレNEWS / 2016年10月22日11時00分

今回は“相撲女子”でもある彼女が、大相撲秋場所で初優勝した大関・豪栄道への思いを語った! * * * 大相撲秋場所で、大関・豪栄道(ごうえいどう)が初優勝を果たしました! おめでとうございます!! 実は私は豪栄道の大ファンで、知り合いからも「おめでとうメール」をたくさんもらいました。こんなに祝福してもらったのは人生で初めてだったので、思わず「ありがとう! [全文を読む]

「日本人」が親方の条件、優勝36回、モンゴル出身の横綱白鵬に立ちはだかる「国籍の壁」

Record China / 2016年04月03日21時40分

大関にも同国出身の照ノ富士が名を連ねる。 春場所の番付で見ると、幕内力士42人中、モンゴルの8人を筆頭に計14人が外国出身。3人に1人の計算になる。国籍もモンゴルのほか、ジョージア(栃ノ心、臥牙丸)、ブルガリア(碧山)、ブラジル(魁聖)、ロシア(阿夢露)、中国(蒼国来)に及ぶ。春場所で十両優勝し、来場所には幕内復帰が確実な大砂嵐はエジプト出身だ。 外国人力 [全文を読む]

白鵬「5月場所で引退をチラつかせる強硬手段」との衝撃情報

NEWSポストセブン / 2015年04月29日07時00分

春場所で重傷を負った遠藤は休場の可能性が高く、土俵の話題はモンゴル人力士の照ノ富士の大関取りと、同じくモンゴル人力士の白鵬の史上初となる二度目の7場所連続優勝とV35に絞られそうだ。 その白鵬に衝撃的な情報が囁かれている。本人はこの5月場所を“大きな区切り”と考えている、というものだ。先の春場所で白鵬は、15日間、支度部屋で壁に向かって座り無言を貫いた。 [全文を読む]

稀勢の里の横綱昇進 モンゴル中心の土俵にくさび打つ期待も

NEWSポストセブン / 2017年01月31日16時00分

モンゴル人大関・照ノ富士が、昨年3回もカド番に追い込まれながら、3月場所は鶴竜、7月、11月場所は白鵬といずれも同郷の先輩横綱から勝ち星をあげ、3回とも8勝7敗でカド番を脱出したことも注目を集めました」(後援会関係者) ところが今場所、モンゴル人横綱が相次いで同郷の後輩相手に星を落とした。「以前は面倒見のいい朝青龍がモンゴル勢をとりまとめていたのですが、 [全文を読む]

原因は年収の低さ? 日本人横綱がなかなか誕生しない理由

まぐまぐニュース! / 2016年06月07日19時00分

高見山は幕内優勝1回、関脇止まりの力士であったが、人気は抜群で、私見によれば、後に大関、横綱に昇進した何人もの外国人力士を凌駕して、大相撲史上、最も人気のあった外国人力士だと思う。それはものすごい数のCMに出演していることからも明らかだろう。CM横綱という異名もあるくらいだ。高見山がなぜ人気があったかというと、日本人のトップ力士より弱かったからだ。横綱輪島 [全文を読む]

稀勢の里を奮起させた白鵬とのガチンコ場外遺恨!(1)稀勢の里の実力は誰もが認めるところ

アサ芸プラス / 2016年05月29日09時56分

横綱に最も近い大関と言われながら、約4年半も足踏み状態が続いていた稀勢の里の変貌ぶりについてこう続ける。「今年初場所での琴奨菊の初優勝が刺激になったのか、先場所あたりから相撲が変わってきた。特に春場所の鶴竜戦では、鶴竜の喉輪攻めからのもろ差しで土俵際まで押し込まれたが、右からの小手投げで逆転勝ちした。あの粘りが夏場所まで続き、優勝戦線に踏みとどまった。もと [全文を読む]

<琴奨菊が初優勝>10年ぶり!日本人力士の大相撲優勝

メディアゴン / 2016年01月28日07時20分

平成23年九州場所に大関に昇進してから、右大胸筋断裂や左膝のじん帯損傷などで5回カド番を経験し、昨年九州場所でも勝ち越しを決めてから左足筋肉のケガで休場していた。最古参の大関として、まさに満身創痍で土俵を務めていたのである。初場所前、優勝争いは白鵬、日馬富士、鶴竜のモンゴルの3横綱を中心に展開して日本人の3大関がどこまで絡んでいけるのかと見られていた。琴奨 [全文を読む]

大物喰い力士に注目 隠岐の海、勢、嘉風、宝富士、逸ノ城ら

NEWSポストセブン / 2017年02月25日07時00分

昨年は3場所で2ケタ勝利をあげて三役昇進を果たしたものの、九州場所は6勝9敗の成績で大関獲りは白紙に戻っていた。 「それが、前頭筆頭だった初場所で2横綱2大関に勝って11勝。平幕ながら初場所の懸賞獲得数では3位(1位白鵬、2位稀勢の里)に入った。再び大関候補に浮上している」(古参力士の一人) 4横綱時代(白鵬・日馬富士、鶴竜、稀勢の里)を迎えたことで、“大 [全文を読む]

フォーカス